コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » 悪者の職務満足:ダークトライアド人材を活かす!論文解説

悪者の職務満足:ダークトライアド人材を活かす!論文解説

    悪者の職務満足、内向的

    悪者の職務満足とは、一体どのようなものでしょうか。

    私たちは、性格の悪い人は職場でも問題を起こすと思いがちですが、実は彼らなりの満足の仕方があるのです。

    性格心理学では、「ダークトライアド」と呼ばれる3つの性格特性が注目されています。

    サイコパシー、マキャベリアニズム、ナルシシズムという特徴を持つ人たちは、一般的に「悪者」とみなされがちですが、彼らにとって理想的な職場環境があるのです。

    最近では、ダークトライアドと職場環境の関係を探る研究も行われており、例えば『Competition, autonomy, and prestige: Mechanisms through which the Dark Triad predict job satisfaction』という論文では、興味深い結果が報告されています。

    この記事では、ダークトライアドの性格特性を持つ人たちが、どのような職場環境で満足度が高くなるのかを解説します。

    また、日本の職場環境での影響や、より良い職場づくりへの応用についても考えていきましょう。

    目次

    悪者の職務満足を左右する3つの性格特性とは?

    サイコパシー:冷淡で倫理観に欠ける

    サイコパシーとは、他者への共感や罪悪感に欠け、衝動的で反社会的な行動をとりやすい性格特性です。
    つまり、良心の呵責を感じることなく、自分の欲求を満たすために行動する傾向があるのです。
    サイコパシーの特徴として以下のようなものが挙げられます。

    • 冷淡で無感情
    • 倫理観や道徳心の欠如
    • 他者への共感力の低さ
    • 衝動的で反社会的な行動

    こうした性格は、職場における対人関係やルールの順守に影響を与える可能性があります。
    サイコパシーの高い人は、同僚への配慮に欠け、自己中心的な行動をとりがちです。
    また、規則や倫理的な基準を軽視し、問題行動を起こすリスクも高くなるでしょう。
    要するに、サイコパシーは職場での適応に困難をもたらす性格特性の一つと言えます。

    マキャベリアニズム:他者を利用し操作する

    マキャベリアニズムは、他者を操作し利用することで自身の目的を達成しようとする性格特性を指します。
    つまり、人を手段として扱い、巧みに操ることで自分の利益を追求する傾向があるのです。
    マキャベリアニズムの特徴は以下の通りです。

    • 他者を操作し利用する
    • 自分の目的達成を最優先する
    • 共感性に乏しい
    • 良心や罪悪感が希薄

    このような性格の持ち主は、職場で同僚を利用し、自分の成功のために他者を犠牲にすることもいとわないでしょう。
    表面的には魅力的に振る舞いながら、裏では打算的に行動するのです。
    マキャベリアニズムの高い人は、政治的駆け引きに長けている一方で、信頼関係の構築が困難という側面もあります。
    要するに、マキャベリアニズムは対人関係の操作を得意とする反面、真の協力関係を築きにくい性格特性と言えるでしょう。

    ナルシシズム:自己愛が強く優越感を持つ

    ナルシシズムとは、自己愛が極端に強く、自分を特別で優れた存在だと信じ込む性格特性です。
    すなわち、自己評価が非常に高く、他者より優位に立とうとする傾向があるのです。
    ナルシシズムの特徴として次のようなものが挙げられます。

    • 自分を特別な存在だと信じる
    • 賞賛や称賛を求める
    • 他者への共感が乏しい
    • 批判に過敏で自尊心が傷つきやすい

    こうした性格の人は、職場で自分の能力を誇示し、他者を見下す態度をとることがあります。
    ナルシシズムの高い人は、自分が注目され称賛されることを強く求めるでしょう。
    その一方で、批判には過敏に反応し、自尊心が傷つくと怒りや攻撃性を示すこともあります。
    要するに、ナルシシズムは自己顕示欲が強く、周囲の評価に依存しやすい性格特性だと言えます。

    悪者の職務満足:ダークトライアドの職場での行動

    良好な人間関係より出世を優先する傾向

    ダークトライアドの性格特性を持つ人は、職場での人間関係より自身の出世を優先する傾向があります。
    つまり、同僚との協調性や信頼関係の構築よりも、自分のキャリアアップを重視するのです。
    このような傾向が生じる理由として以下のようなものが考えられます。

    • 自己中心的な価値観
    • 他者への共感性の低さ
    • 個人的な成功への強い欲求

    ダークトライアドの高い人は、他者の感情や立場を考慮することなく、自分の利益を追求しがちです。
    良好な人間関係を築くことよりも、自身の出世や成功を優先するでしょう。
    その結果、同僚との協力関係が損なわれ、職場の士気にも悪影響を及ぼす可能性があります。
    要するに、ダークトライアドの性格特性は、個人の成功を重視するあまり、職場の人間関係を軽視してしまう危険性をはらんでいるのです。

    個人的利益のために他者を利用する

    ダークトライアドの性格を持つ人は、自分の利益のために他者を手段として利用する傾向があります。
    すなわち、同僚を操作し、自身の目的達成に利用しようとするのです。
    このような行動の背景には次のような特徴が関係していると考えられます。

    • 良心や罪悪感の欠如
    • 他者への共感性の低さ
    • 自己中心的な価値観

    ダークトライアドの高い人は、他者の感情や立場を顧みることなく、自分の利益を追求します。
    同僚を味方につけるために巧みに操作し、時には犠牲にすることもいとわないでしょう。
    このような利己的な行動は、職場の人間関係を損ない、信頼関係の構築を妨げる可能性があります。
    要するに、ダークトライアドの性格特性は、個人的な利益のために他者を利用する非倫理的な行動につながりやすいのです。

    周囲から疎外される可能性がある

    ダークトライアドの性格特性を持つ人は、その利己的な行動により周囲から疎外される危険性があります。
    つまり、同僚から信頼を失い、孤立してしまう可能性があるのです。
    疎外される原因として以下のようなものが挙げられます。

    • 他者への配慮の欠如
    • 操作的な行動
    • 倫理観の欠如

    ダークトライアドの高い人は、自分の利益のために他者を利用し、時には非倫理的な行動をとることがあります。
    このような振る舞いは、同僚からの信頼を損ない、協力関係を築くことを困難にするでしょう。
    また、自己中心的な態度は周囲からの反感を買い、疎外される原因となる可能性があります。
    要するに、ダークトライアドの性格特性は、利己的な行動により職場での孤立を招く危険性をはらんでいるのです。

    悪者の職務満足に影響する職場環境の3つの要素

    職場の競争度:高競争環境は満足度に影響

    職場の競争度は、悪者の職務満足に大きな影響を与えます。
    つまり、高い競争環境は彼らの満足度を左右する重要な要素なのです。
    競争度が高い職場では以下のような特徴があります。

    • 出世やキャリアアップの機会が多い
    • 個人の成果が重視される
    • 同僚との競争が激しい

    ダークトライアドの高い人は、自己の成功を強く求める傾向があるため、競争的な環境を好む傾向があります。
    高い競争度は、彼らの達成欲求を刺激し、満足度を高める可能性があるのです。
    一方で、過度な競争は人間関係を損ない、ストレスを増大させるリスクもあります。
    要するに、職場の競争度は、ダークトライアドの性格特性を持つ人の職務満足に影響を及ぼす重要な要素だと言えるでしょう。

    自律性の度合い:制約の多さが不満につながる

    職場における自律性の度合いは、ダークトライアドの性格特性を持つ人の職務満足に影響を与えます。
    すなわち、制約の多い環境は彼らの不満を招く可能性があるのです。
    自律性が低い職場では次のような特徴があります。

    • 上司からの指示や監視が多い
    • 自分の裁量で仕事を進めることが難しい
    • ルールや手順が厳格に定められている

    ダークトライアドの高い人は、自分の意思で行動することを好む傾向があります。
    制約の多い環境では、彼らの自由な行動が制限され、不満を感じやすくなるのです。
    また、自律性の低さは彼らの創造性や革新性を阻害する可能性もあります。
    要するに、職場の自律性の度合いは、ダークトライアドの性格特性を持つ人の職務満足に影響を及ぼす重要な要素だと言えるでしょう。

    会社の威信:高い評価は満足度を高める

    会社の威信や評判は、悪者の職務満足に影響を与えます。
    つまり、社会的に高い評価を受けている会社は、彼らの満足度を高める傾向があるのです。
    威信の高い会社には以下のような特徴があります。

    • 社会的な認知度が高い
    • 業界内での評価が高い
    • 優秀な人材が集まりやすい

    ダークトライアドの高い人、特にナルシシズムの強い人は、自己の優越感を満たすことを求める傾向があります。
    威信の高い会社に所属することは、彼らの自尊心を高め、満足度を向上させるのです。
    また、高い評価を受ける会社では、彼らの能力を発揮する機会も多くなるでしょう。
    要するに、会社の威信は、ダークトライアドの性格特性を持つ人、特にナルシシズムの高い人の職務満足に影響を及ぼす重要な要素だと言えます。

    悪者の職務満足:サイコパシーとマキャベリアニズムの高い人の場合

    競争的な職場:出世のチャンスが多い

    サイコパシーとマキャベリアニズムの高い人は、競争的な職場環境を好む傾向があります。
    つまり、出世やキャリアアップのチャンスが多い環境に魅力を感じるのです。
    競争的な職場には次のような特徴があります。

    • 個人の成果が重視される
    • 昇進や昇格の機会が多い
    • 同僚との競争が激しい

    サイコパシーとマキャベリアニズムの高い人は、自己の成功を強く求める傾向があります。
    競争的な環境は、彼らの達成欲求を刺激し、出世への意欲を高めるのです。
    また、他者を出し抜くことを厭わない彼らにとって、競争的な職場は能力を発揮する絶好の機会となるでしょう。
    要するに、競争的な職場環境は、サイコパシーとマキャベリアニズムの高い人にとって魅力的であり、彼らの職務満足を高める可能性があるのです。

    自律性の高い仕事:権威を持てる環境

    サイコパシーとマキャベリアニズムの高い人は、自律性の高い仕事を好む傾向があります。
    すなわち、自分の裁量で物事を決定し、権威を持てる環境を求めるのです。
    自律性の高い仕事には以下のような特徴があります。

    • 上司からの指示や監視が少ない
    • 自分の判断で仕事を進められる
    • 部下を持ち、指示を出せる立場にある

    サイコパシーとマキャベリアニズムの高い人は、他者を支配することに喜びを感じる傾向があります。
    自律性の高い仕事は、彼らにとって権力を行使し、支配欲を満たす機会となるのです。
    また、自分の意思で物事を決定できる環境は、彼らの自尊心を高める効果もあるでしょう。
    要するに、自律性の高い仕事は、サイコパシーとマキャベリアニズムの高い人にとって魅力的であり、彼らの職務満足を高める可能性があるのです。

    競争的すぎる職場:不満が高まるリスクも

    一方で、サイコパシーとマキャベリアニズムの高い人にとって、競争的すぎる職場は不満を高めるリスクもあります。
    つまり、過度な競争は彼らにとってもストレスの原因となり得るのです。
    競争的すぎる職場には次のような特徴があります。

    • 常に他者との競争にさらされている
    • 失敗が許されない雰囲気がある
    • 協力関係が築きにくい

    サイコパシーとマキャベリアニズムの高い人は、他者を出し抜くことを厭わない一方で、自分が不利な立場に立たされることを嫌います。
    過度な競争は、彼らにとってもストレスの原因となり、不満を高める可能性があるのです。
    また、常に他者と競い合う必要がある環境では、彼らの操作的な行動が制限される恐れもあります。
    要するに、競争的すぎる職場環境は、サイコパシーとマキャベリアニズムの高い人にとってストレスの原因となり、不満を高めるリスクがあると言えるでしょう。

    悪者の職務満足:ナルシシズムの高い人の場合

    一流企業:周囲からの評価が高い

    ナルシシズムの高い人は、一流企業で働くことに満足を感じる傾向があります。
    つまり、周囲から高い評価を受ける会社に所属することで、自尊心を満たすことができるのです。
    一流企業には以下のような特徴があります。

    • 社会的な認知度が高い
    • 業界内での評価が高い
    • 優秀な人材が集まる

    ナルシシズムの高い人は、自分を特別な存在だと信じ、他者からの賞賛を求める傾向があります。
    一流企業に所属することは、彼らの優越感を満たし、自己価値を高める手段となるのです。
    また、優秀な同僚に囲まれることで、自分の能力を誇示する機会も増えるでしょう。
    要するに、一流企業は、ナルシシズムの高い人にとって魅力的な職場環境であり、彼らの職務満足を高める可能性があるのです。

    自由度の高い職場:自己表現の機会が多い

    ナルシシズムの高い人は、自由度の高い職場環境を好む傾向があります。
    すなわち、自分の個性を発揮し、自己表現できる機会が多い環境に満足を感じるのです。
    自由度の高い職場には次のような特徴があります。

    • 創造性が求められる仕事が多い
    • 自分の裁量で仕事を進められる
    • 画一的なルールが少ない

    ナルシシズムの高い人は、自分の優れた能力を示すことに喜びを感じる傾向があります。
    自由度の高い職場では、彼らの創造性や独自のアイデアを発揮する機会が多くなるのです。
    また、自分の裁量で物事を決定できる環境は、彼らの自尊心を高める効果もあるでしょう。
    要するに、自由度の高い職場は、ナルシシズムの高い人にとって魅力的であり、彼らの職務満足を高める可能性があるのです。

    威信の高さ:優越感を満たせる環境

    ナルシシズムの高い人にとって、会社の威信の高さは職務満足に大きな影響を与えます。
    つまり、社会的に高く評価されている会社に所属することで、優越感を満たすことができるのです。
    威信の高い会社には以下のような特徴があります。

    • 社会的な認知度が高い
    • 業界内での評価が高い
    • ステータスのあるブランドイメージ

    ナルシシズムの高い人は、自分を特別で優れた存在だと信じる傾向があります。
    威信の高い会社に所属することは、彼らの自己イメージを強化し、優越感を満たす手段となるのです。
    また、そのような環境では、彼らの能力を認められる機会も多くなるでしょう。
    要するに、会社の威信の高さは、ナルシシズムの高い人にとって重要な要素であり、彼らの職務満足を左右する可能性があるのです。

    悪者の職務満足:環境との適合が満足度を左右

    悪者の職務満足:マキャベリアニズム×自律性

    マキャベリアニズムの高い人にとって、職場の自律性は職務満足に大きな影響を与えます。
    つまり、自分の裁量で仕事を進められる環境は、彼らの満足度を高める傾向があるのです。
    マキャベリアニズムと自律性の組み合わせには次のような効果があります。

    • 他者を巧みに操作できる
    • 自分の意思で物事を決定できる
    • 権力を行使する機会が増える

    マキャベリアニズムの高い人は、他者を操作し、自分の目的を達成することに喜びを感じます。
    高い自律性は、彼らの操作的な行動を可能にし、満足度を高めるのです。
    また、自分の意思で物事を決定できる環境は、彼らの支配欲を満たす機会にもなるでしょう。
    要するに、マキャベリアニズムの高い人にとって、自律性の高い職場は満足度を向上させる重要な要素だと言えます。

    悪者の職務満足:マキャベリアニズム×競争

    マキャベリアニズムの高い人にとって、過度な競争は不満を招く可能性があります。
    つまり、常に他者と競い合わなければならない環境は、彼らのストレスを高める恐れがあるのです。
    マキャベリアニズムと競争の組み合わせには次のようなリスクがあります。

    • 他者からの反発を招く
    • 操作的な行動が制限される
    • ストレスが増大する

    マキャベリアニズムの高い人は、他者を出し抜くことを厭いませんが、自分が不利な立場に立たされることを嫌います。
    過度な競争は、彼らの行動を制限し、ストレスを高める可能性があるのです。
    また、常に競争にさらされる環境では、他者からの反発も招きやすくなるでしょう。
    要するに、マキャベリアニズムの高い人にとって、高競争の職場環境は不満を招くリスクがあり、注意が必要だと言えます。

    悪者の職務満足:ナルシシズム×威信

    ナルシシズムの高い人にとって、会社の威信は職務満足に大きな影響を与えます。
    つまり、社会的に高く評価されている会社に所属することは、彼らの満足度を高める傾向があるのです。
    ナルシシズムと威信の組み合わせには次のような効果があります。

    • 自尊心が満たされる
    • 優越感を感じられる
    • 周囲からの賞賛を得やすい

    ナルシシズムの高い人は、自分を特別な存在だと信じ、他者からの称賛を求める傾向があります。
    威信の高い会社に所属することは、彼らの自己イメージを強化し、満足度を高めるのです。
    また、そのような環境では、彼らの能力を認められる機会も多くなるでしょう。
    要するに、ナルシシズムの高い人にとって、会社の威信の高さは職務満足を左右する重要な要素であり、適合性が高いと言えます。

    日本での悪者の職務満足の研究の必要性と展望

    日本の職場環境でのダークトライアドの影響

    ダークトライアドの日本の職場環境での影響については、まだ十分な研究がなされていません。
    つまり、日本特有の組織文化や価値観が、ダークトライアドとどのように関連するのかは明らかになっていないのです。
    日本の職場環境の特徴として以下のようなものが挙げられます。

    • 集団主義的な文化
    • 年功序列型の組織構造
    • 和を重んじる価値観

    日本の職場では、集団の調和を重視し、個人の利益よりも組織の利益を優先する傾向があります。
    このような環境では、ダークトライアドの特徴である自己中心性や操作的な行動が抑制される可能性があるのです。
    一方で、年功序列型の組織構造は、出世欲の強いダークトライアドの人にとって魅力的に映るかもしれません。
    要するに、日本の職場環境におけるダークトライアドの影響を明らかにするには、文化的な文脈を考慮した研究が必要だと言えるでしょう。

    性格特性と職場の適合を探る研究の重要性

    ダークトライアドの性格特性と職場環境の適合性を探る研究は、組織心理学において重要な意義を持ちます。
    つまり、個人の性格特性と職場の特徴のマッチングを理解することは、職務満足や組織の生産性を高める上で欠かせないのです。
    性格特性と職場の適合を探る研究の意義として以下のようなものが挙げられます。

    • 個人と組織のマッチングを促進できる
    • 職務満足や生産性の向上につながる
    • 組織内の人材配置の最適化に役立つ

    ダークトライアドの性格特性を持つ人が、どのような職場環境で満足度が高くなるのかを明らかにすることは、組織にとって重要な示唆を与えます。
    個人の特性に合った職場環境を提供することで、職務満足や生産性の向上が期待できるのです。
    また、性格特性と職場の適合性を考慮した人材配置は、組織力の強化につながるでしょう。
    要するに、性格特性と職場の適合を探る研究は、組織心理学において重要な意義を持ち、組織の効果的なマネジメントに貢献すると言えます。

    より良い職場環境づくりへの応用

    ダークトライアドの性格特性と職場環境の関連性を理解することは、より良い職場環境づくりに役立ちます。
    つまり、個人の特性に合った環境を提供することで、職務満足や生産性を高めることができるのです。
    より良い職場環境づくりへの応用例として以下のようなものが考えられます。

    • 個人の性格特性に合った仕事の割り当て
    • 自律性や競争度などの環境調整
    • 組織文化の改善

    ダークトライアドの性格特性を持つ人に適した仕事を割り当てることで、彼らの能力を最大限に引き出すことができるでしょう。
    また、自律性や競争度などの職場環境を調整することで、彼らの満足度を高める効果も期待できます。
    さらに、組織文化を改善し、多様な性格特性を受け入れる雰囲気を作ることも重要です。
    要するに、ダークトライアドの性格特性と職場環境の関連性を理解し、それを応用することは、より良い職場環境づくりに役立つと言えるでしょう。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。言語IQ124。