コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » ギフテッドの子どもの共通の性格は?社会性がないのは本当?

ギフテッドの子どもの共通の性格は?社会性がないのは本当?

    IQが高い性格、ギフテッド

    ギフテッドとは、知能指数が非常に高い子どものことを指します。

    頭が良くて勉強ができるイメージがありますが、性格面ではどのような特徴があるのでしょうか。

    実は、この傾向の子どもの性格についてはさまざまな誤解があります。

    「ギフテッドは内向的」「ギフテッドは社会性が低い」といったステレオタイプです。

    果たして、このようなイメージは本当なのでしょうか。

    最近、トルコの研究者が興味深い論文を発表しました。

    論文のタイトルは「Personality differences in gifted versus non-gifted individuals: A three-level meta-analysis」。

    この研究では、この傾向の子どもと普通の子どもの性格特性を比較するメタ分析が行われました。

    その結果、ギフテッドの子どもに特有の性格特性があることが明らかになりました。

    この傾向の子どもの性格を正しく理解することは、教育を考える上でとても重要です。

    そこで今回は、この最新の研究をもとに、ギフテッドの子どもの性格特性について詳しく解説したいと思います。

    ギフテッドとは?知能の高い子どもたちの特徴

    ギフテッドの定義

    ギフテッドとは、知能指数が非常に高い子どものことを指します。

    一般的に、知能指数が130以上の子どもがギフテッドに分類されることが多いようです。

    この傾向の子どもは、同年代の子どもと比べて、優れた知的能力を持っていると言えるでしょう。

    ただし、定義は研究者によって少しずつ異なり、統一された基準があるわけではありません。

    知能指数だけでなく、創造性や特殊な才能なども考慮されることがあります。

    要するに、ギフテッドとは、知的能力が非常に高い子どもたちのことを表す言葉なのです。

    この傾向の子どもは、社会全体から見れば少数派ですが、特別な教育的支援を必要とする存在だと言えます。

    ギフテッドの知的特徴

    ギフテッドの子どもは、優れた知的能力を持っています。
    例えば、次のような特徴が挙げられます。

    • 言語能力が高く、豊富な語彙力を持っている
    • 抽象的な概念を理解することができる
    • 論理的思考力に優れ、因果関係を推理できる
    • 記憶力が良く、膨大な情報を覚えられる
    • 集中力が高く、長時間集中して取り組める

    このように、ギフテッドの子どもは、知的な面で多くの強みを持っているのです。
    しかし、そうした特性ゆえに、学校の通常授業に飽き足らなさを感じてしまうことも少なくありません。
    この傾向の子どもの知的欲求に応えるための、特別な教育的配慮が求められていると言えるでしょう。

    ギフテッドの社会性に関する誤解

    ギフテッドの子どもは、社会性が乏しいというステレオタイプがあります。
    知的能力が高いあまり、周囲の子どもとうまく関われないのではないか、と思われがちなのです。
    しかし、そうした誤解は必ずしも当てはまりません。
    実際には、この傾向の子どもの社会性は、個人差が大きいと言われています。

    • 社交的で、リーダーシップを発揮する子どももいる
    • 内向的で、一人の時間を好む子どももいる
    • 年上の子どもと交友関係を持つ子どももいる

    つまり、ギフテッドの子ども全般に、社会性の問題があるわけではないのです。
    一人ひとりの個性に合わせて、社会性を伸ばすための支援を考えていく必要があるでしょう。
    ギフテッドの社会性については、ステレオタイプにとらわれず、個別の実態を把握することが大切だと言えます。

    ギフテッドの性格特性を探る

    ビッグファイブモデルの5つの性格特性

    ビッグファイブモデルとは、性格特性を5つの次元で捉える理論です。
    5つの次元とは、以下の通りです。

    1. 外向性(Extraversion)
    2. 協調性(Agreeableness)
    3. 誠実性(Conscientiousness)
    4. 神経症傾向(Neuroticism)
    5. 開放性(Openness to Experience)

    これら5つの性格特性は、人格の基本的な構成要素だと考えられています。
    それぞれの特性は、連続体上の両極端を表しており、個人差があると言えます。
    ビッグファイブモデルは、多くの研究で用いられている、性格特性の分類法なのです。
    ギフテッドの性格特性を探る上でも、ビッグファイブモデルは有用な枠組みだと言えるでしょう。

    外向性(Extraversion)

    外向性は、社交性や活動性の高さを表す性格特性です。
    この傾向の高い人は、次のような特徴を持っていると言われています。

    • 人と交流することを好む
    • 自己主張が強く、リーダーシップを取ることが多い
    • 活動的で、刺激を求める傾向がある
    • ポジティブな感情を抱きやすい

    逆に、外向性の低い人は、内向的な性格だと言えます。
    一人の時間を好んだり、慎重に行動したりする傾向があるのです。
    外向性は、社会的な場面での行動パターンに影響を与える、重要な性格特性の一つだと考えられています。

    協調性(Agreeableness)

    協調性は、他者への親和性や協力的な態度を表す性格特性です。
    この傾向の高い人は、次のような特徴を持っていると言われています。

    • 他者に対して思いやりがある
    • 人の意見を尊重し、協力的である
    • 寛容で、許容力がある
    • 争いを好まず、調和を大切にする

    反対に、協調性の低い人は、自己中心的な傾向があると言えます。
    他者への配慮が少なかったり、競争的であったりするのが特徴です。
    協調性は、対人関係のスムーズさに影響を与える、重要な性格特性の一つだと考えられています。

    誠実性(Conscientiousness)

    誠実性は、目標に向けて努力する姿勢や自制心の強さを表す性格特性です。
    この傾向の高い人は、次のような特徴を持っていると言われています。

    • 計画を立てて、着実に実行する
    • 時間を有効に使い、効率的に行動する
    • 規則正しい生活を送る
    • 自分に厳しく、粘り強く取り組む

    一方、誠実性の低い人は、怠惰な傾向があると言えます。
    計画性がなかったり、誘惑に負けやすかったりするのが特徴です。
    誠実性は、学業や仕事での成功に影響を与える、重要な性格特性の一つだと考えられています。

    神経症傾向(Neuroticism)

    神経症傾向は、情動の不安定さや感情の揺れ動きやすさを表す性格特性です。
    この傾向の高い人は、次のような特徴を持っていると言われています。

    • ストレスに弱く、不安になりやすい
    • 気分の浮き沈みが激しい
    • ネガティブな感情を抱きやすい
    • 自信がなく、劣等感を感じやすい

    逆に、神経症傾向の低い人は、情緒安定的だと言えます。
    ストレス耐性が高く、落ち着いた性格なのが特徴です。
    神経症傾向は、メンタルヘルスの問題に影響を与える、重要な性格特性の一つだと考えられています。

    開放性(Openness to Experience)

    開放性は、新しい経験に対する好奇心や創造性の高さを表す性格特性です。
    この傾向の高い人は、次のような特徴を持っていると言われています。

    • 新しいアイデアを好む
    • 美的感受性が高く、芸術を愛好する
    • 想像力が豊かで、独創的である
    • 既成概念にとらわれない柔軟な思考を持つ

    反対に、開放性の低い人は、保守的な傾向があると言えます。
    伝統を重んじ、変化を好まないのが特徴です。
    開放性は、創造的な仕事での成功に影響を与える、重要な性格特性の一つだと考えられています。

    ギフテッドと非ギフテッドの性格特性の違いを調べたメタ分析研究

    メタ分析とは

    メタ分析とは、複数の研究結果を統計的に統合し、全体的な傾向を明らかにする手法です。

    個々の研究では、サンプルの特性や測定方法の違いによって、結果にばらつきが生じることがあります。

    メタ分析では、そうしたばらつきを調整した上で、全体的な効果の大きさを推定するのです。

    心理学や教育学の分野でも、メタ分析はよく用いられる研究方法の一つです。

    ギフテッドの性格特性に関する研究も、個々の結果は一貫していないことがあります。

    そこで、メタ分析によって、ギフテッドと非ギフテッドの性格特性の違いを探ろうとしたのが、今回の研究だと言えます。

    メタ分析は、個別の研究では見えにくい全体的な傾向を明らかにする上で、有用な方法だと言えるでしょう。

    13の研究から得られたデータ

    今回のメタ分析では、13の研究から得られたデータが用いられました。

    これらの研究では、ギフテッドの子どもと非ギフテッドの子どもの性格特性が比較されています。

    ギフテッドの子どもは、以下のような方法で選抜されていました。

    • 知能検査での高得点
    • 教師による推薦
    • ギフテッド教育プログラムへの参加

    一方、非ギフテッドの子どもは、通常の学校に通う子どもたちから選ばれていました。

    合計で、ギフテッドの子どもは3,244名、非ギフテッドの子どもは4,732名のデータが集められました。

    両群の性格特性は、ビッグファイブモデルに基づく尺度で測定されていました。

    これらの研究から、ギフテッドと非ギフテッドの性格特性の違いを検討するための、十分なデータが得られたと言えます。

    メタ分析では、こうした大規模なデータを用いることで、より信頼性の高い結果が得られると考えられています。

    ギフテッドは開放性が高い

    メタ分析の結果、ギフテッドの子どもは、非ギフテッドの子どもに比べて、開放性が有意に高いことが示されました。

    開放性の効果量は0.47で、中程度の大きさだと言えます。

    これは、ギフテッドの子どもが、新しい経験に対してより好奇心を持ち、創造的である傾向が強いことを意味しています。

    知的好奇心の旺盛さや、既成の枠にとらわれない柔軟な発想は、ギフテッドの子どもの特徴だと考えられます。

    また、開放性の高さは、知能の高さとも関連していると指摘されています。

    ギフテッドの知的能力の高さが、開放性の高さにつながっているのかもしれません。

    いずれにしても、開放性の高さは、ギフテッドの子どもに共通して見られる性格特性だと言えるでしょう。

    この結果は、ギフテッドの創造性を伸ばすための教育的支援の重要性を示唆していると考えられます。

    外向性、協調性、誠実性、神経症傾向には差がない

    一方で、外向性、協調性、誠実性、神経症傾向については、ギフテッドと非ギフテッドの間に有意な差は見られませんでした。

    つまり、これらの性格特性に関しては、ギフテッドの子どもと非ギフテッドの子どもで、大きな違いはないと言えます。

    外向性の高低は、ギフテッドの子どもの間でも個人差が大きいようです。

    内向的な子どももいれば、外向的な子どももいるのです。

    同様に、協調性や誠実性、神経症傾向も、この傾向の子どもの間で、ばらつきがあると考えられます。

    ギフテッドの子どもが必ずしも協調的というわけではありませんし、怠惰なギフテッドの子どもも存在します。

    また、ギフテッドの子どもが皆、情緒不安定というわけでもないようです。

    要するに、外向性、協調性、誠実性、神経症傾向は、ギフテッドであることと直接的な関係がない性格特性だと言えます。

    これらの特性は、知的能力の高さよりも、個人の気質的な側面を反映していると考えられるでしょう。

    性別、年齢、地域による違いは見られない

    また、ギフテッドの性格特性には、性別、年齢、地域による違いは見られませんでした。

    男女のギフテッドの子どもで、性格特性に大きな違いはないようです。

    年齢が上がるにつれて、性格特性が変化するという傾向も見出されませんでした。

    さらに、ギフテッドの性格特性は、国や地域によって異なるわけでもないと考えられます。

    このように、ギフテッドの性格特性は、比較的普遍的なものだと言えそうです。

    性別や年齢、文化的背景を超えて、ギフテッドの子どもに共通する特徴があるのかもしれません。

    ただし、これはあくまでも全体的な傾向であり、個人差があることは忘れてはいけません。

    性別や年齢、地域に関わらず、一人ひとりのギフテッドの子どもの性格特性を理解することが大切だと言えるでしょう。

    ギフテッドの選抜方法による違いもなし

    ギフテッドの選抜方法によっても、性格特性の違いは見られませんでした。

    知能検査で選抜されたギフテッドの子どもと、教師の推薦で選抜されたギフテッドの子どもで、性格特性に大きな違いはないようです。

    また、ギフテッド教育プログラムに参加している子どもと、そうでない子どもの間にも、性格特性の違いは見出されませんでした。

    つまり、ギフテッドの性格特性は、選抜方法に依存しないと考えられます。

    知能検査の得点が高いことと、ギフテッドに特徴的な性格特性を持つことは、必ずしも一致しないのかもしれません。

    この傾向の選抜には、知的能力だけでなく、性格特性も考慮する必要があるのかもしれません。

    いずれにしても、この傾向の性格特性を理解するためには、選抜方法にとらわれない視点が求められると言えるでしょう。

    ギフテッドに対する性格面でのステレオタイプは本当か

    「ギフテッドは内向的」は本当?

    この傾向の子どもは内向的だというステレオタイプがありますが、必ずしも当てはまるわけではありません。

    確かに、内向的なギフテッドの子どもは存在します。 一人の時間を好んだり、深く物事を考えたりする傾向があるのです。

    しかし、外向的なギフテッドの子どもも少なくありません。 活発に議論したり、リーダーシップを発揮したりする子どもも存在するのです。

    つまり、ギフテッドの内向性は、個人差が大きい特性だと言えます。 ギフテッドだから内向的というステレオタイプは、正確ではないと考えられます。

    むしろ、この傾向の子どもの外向性-内向性を個別に理解することが大切なのです。

    内向的な子どもには、一人で集中できる環境を整えることが有効かもしれません。

    外向的な子どもには、議論の機会を提供することが重要だと考えられます。

    「ギフテッドは社会性が低い」は本当?

    ギフテッドの子どもは社会性が低いというステレオタイプもありますが、一概には言えません。

    確かに、ギフテッドの子どもの中には、同年代の子どもとうまく関われない子どももいます。

    興味や関心が合わなかったり、言語発達に差があったりするためです。 しかし、社会性の高いギフテッドの子どもも存在します。

    リーダーシップを発揮したり、年上の子どもと交友関係を持ったりする子どもがいるのです。

    要するに、ギフテッドの社会性も、個人差が大きい特性だと言えます。 ギフテッドだから社会性が低いというステレオタイプは、正確ではないと考えられます。

    むしろ、ギフテッドの子どもの社会性を個別に理解し、必要な支援を提供することが大切なのです。

    社会性の低いギフテッドの子どもには、ソーシャルスキルの指導が有効かもしれません。

    社会性の高いギフテッドの子どもには、リーダーシップを発揮する機会を与えることが重要だと考えられます。

    「ギフテッドは情緒が不安定」は本当?

    ギフテッドの子どもは情緒が不安定だというステレオタイプもありますが、必ずしも当てはまりません。

    この傾向の子どもの中には、感受性が豊かで、繊細な心を持つ子どもがいます。

    ストレスを感じやすかったり、感情の起伏が激しかったりするのです。

    しかし、情緒の安定したギフテッドの子どもも存在します。

    ストレス耐性が高く、落ち着いた性格の子どもがいるのです。

    つまり、ギフテッドの情緒安定性も、個人差が大きい特性だと言えます。 ギフテッドだから情緒が不安定というステレオタイプは、正確ではないと考えられます。

    むしろ、ギフテッドの子どもの情緒面を個別に理解し、必要な支援を提供することが大切なのです。

    情緒の不安定なギフテッドの子どもには、ストレスマネジメントの指導が有効かもしれません。

    情緒の安定したギフテッドの子どもには、感情を表現する機会を与えることが重要だと考えられます。

    「ギフテッドは行き当たりばったり」は本当?

    ギフテッドの子どもは行き当たりばったりだというステレオタイプもありますが、一概には言えません。

    この傾向の子どもの中には、衝動的で、計画性に欠ける子どもがいます。

    興味のあることに没頭し、他のことを忘れてしまうのです。

    しかし、計画的で、着実に物事を進めるギフテッドの子どもも存在します。 目標を立てて、粘り強く取り組む子どもがいるのです。

    要するに、ギフテッドの計画性も、個人差が大きい特性だと言えます。

    ギフテッドだから行き当たりばったりというステレオタイプは、正確ではないと考えられます。

    むしろ、ギフテッドの子どもの計画性を個別に理解し、必要な支援を提供することが大切なのです。 計画性の低いギフテッドの子どもには、スケジュール管理の指導が有効かもしれません。

    計画性の高いギフテッドの子どもには、自主的に学習を進める機会を与えることが重要だと考えられます。

    認知能力だけでなく性格面の理解も必要

    ギフテッドの子どもを理解するためには、認知能力だけでなく、性格面にも目を向ける必要があります。

    ギフテッドの子どもは、知的能力が高いだけでなく、独自の性格特性を持っていると考えられます。

    開放性の高さは、ギフテッドの子どもに共通する特徴だと言えますが、その他の性格特性は個人差が大きいのです。

    ギフテッドの子ども一人ひとりの性格特性を理解することが、適切な教育的支援につながります。

    内向的なギフテッドの子どもも、外向的なギフテッドの子どもも、その特性に合わせた配慮が求められるのです。

    また、ギフテッドの子どもの社会性や情緒面の問題は、性格特性と関連している可能性があります。 性格特性を理解することで、問題の背景が見えてくるかもしれません。

    要するに、ギフテッドの教育において、認知能力の伸長だけでなく、性格面への理解と支援が不可欠だと言えるでしょう。

    ギフテッドの子どもの可能性を最大限に引き出すためには、多面的なアプローチが求められていると考えられます。

    まとめ:ギフテッドの子どもの性格特性と教育的支援

    知能の高さと開放性の関連性

    メタ分析の結果から、ギフテッドの子どもは開放性が高いという特徴が明らかになりました。

    開放性は、知能の高さとも関連する性格特性だと考えられています。

    知的好奇心が旺盛で、新しいアイデアを好むギフテッドの子どもは、豊かな創造性を発揮する可能性があるのです。

    ギフテッドの子どもの開放性の高さは、教育的支援を考える上で重要な手がかりになるでしょう。

    ギフテッドの子どもの知的探究心を満たすような、刺激的な学習環境を用意することが求められます。

    また、ギフテッドの子どもの創造性を伸ばすための、発散的思考を促す指導も有効だと考えられます。

    開放性の高さは、ギフテッドの子どもの強みだと言えます。

    その強みを生かした教育的支援が望まれるでしょう。

    ギフテッドも性格面では他の子どもと大きな違いはない

    一方で、外向性、協調性、誠実性、神経症傾向といった性格特性では、ギフテッドの子どもと他の子どもで大きな違いは見られませんでした。

    ギフテッドの子どもの中にも、内向的な子どもも外向的な子どももいます。 協調的な子どもも非協調的な子どももいるのです。

    勤勉な子どもも怠惰な子どももいますし、情緒の安定した子どもも不安定な子どももいます。 つまり、ギフテッドの子どもも、性格面では他の子どもと同じように多様だと言えるでしょう。

    ギフテッドの子どもに対する性格面でのステレオタイプは、当てはまらないことが多いのです。 むしろ、ギフテッドの子ども一人ひとりの性格特性を理解することが大切だと考えられます。 画一的な見方ではなく、個別的な理解が求められるでしょう。

    ギフテッドの特性を理解した教育的配慮の重要性

    ギフテッドの子どもの教育では、知的な能力の伸長だけでなく、性格面の特性を理解した対応も重要です。

    開放性の高さを生かした、創造性を育む学習機会の提供が望まれます。 外向的なギフテッドの子どもには、議論の場を設けることが有効かもしれません。

    内向的なギフテッドの子どもには、集中できる環境を整えることが大切でしょう。

    また、ギフテッドの子どもの社会性や情緒面の問題には、性格特性を考慮した支援が求められます。 協調性の低い子どもには、ソーシャルスキルの指導が必要かもしれません。

    神経症傾向の高い子どもには、ストレスマネジメントの支援が有効だと考えられます。

    要するに、ギフテッドの子どもの教育では、知的側面と性格面の両方に目を向けることが不可欠なのです。

    ギフテッドの子ども一人ひとりの特性を多面的に理解し、個別的な支援を行うことが求められているのです。

    そうすることで、ギフテッドの子どもの可能性を最大限に引き出すことができるでしょう。

    最後に

    ギフテッドの子どもの性格特性について、最新の研究結果を紹介しました。

    メタ分析の結果、ギフテッドの子どもは開放性が高いという特徴が明らかになりました。

    新しいアイデアを好む傾向が強く、創造性に優れているのです。

    一方で、外向性や協調性、誠実性、情緒の安定性などの面では、ギフテッドの子どもと普通の子どもに大きな違いはないことがわかりました。

    内向的だったり、社会性が低かったりするのは、ギフテッドの子ども全般の特徴ではないのです。

    つまり、ギフテッドの子どもに対する性格面でのステレオタイプは、当てはまらないことが多いと言えます。

    ギフテッドの子どもも、一人ひとり性格は異なるのです。

    だからこそ、ギフテッドの子ども一人ひとりの性格特性を理解し、個別の教育的支援を行うことが大切だと考えられます。

    知的な能力を伸ばすだけでなく、性格面での配慮も欠かせません。

    ギフテッドの子どもが持つ可能性を最大限に引き出すためには、多面的な理解と支援が必要なのです。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。言語IQ124。