コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » 性格を変える方法:4つの重要なメカニズムを科学的に解説

性格を変える方法:4つの重要なメカニズムを科学的に解説

    性格を変える方法

    性格を変える方法に興味はありませんか?

    自分の性格を変えたいと思ったことは、誰にでもあるはずです。

    例えば、人見知りを直したい、もっと積極的になりたい、短気な性格を改善したいなど。

    しかし、性格は簡単には変えられないと諦めていませんか?

    実は、最新の心理学研究では、性格は変えられることが明らかになっています。

    米国と欧州の研究チームが行った研究「The process and mechanisms of personality change」によると、性格変化には4つの重要なメカニズムがあるのだとか。

    この研究結果は、性格を変えたいと思っている人にとって、とても心強いものですね。

    性格は生まれつきのものだから変えられない、というのは過去の常識。

    今は、性格を変える方法が科学的に解明されつつあるのです。

    この記事では、性格変化の4つのメカニズムについて詳しく解説します。

    性格を変えるためには、どのような要因が関わっているのでしょうか。

    また、性格変化を妨げる要因にはどのようなものがあるのでしょうか。

    性格を変える具体的な方法とともに、分かりやすく説明していきます。

    自分の性格を変えたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

    目次

    そもそも性格とは?

    性格は色んな方法で知ることができる

    自分の性格を知るためには、様々な性格診断ツールがあります。

    1. ビッグファイブ(Big Five)
      • 性格を5つの主要な特性(外向性、協調性、勤勉性、神経症的傾向、開放性)で捉える理論です。
      • ビッグファイブは、科学的に裏付けられた信頼性の高い性格診断ツールだと言えるでしょう。
    2. HEXACO(ヘキサコ)
      • ビッグファイブの5つの特性に加え、正直・謙虚性(Honesty-Humility)という特性を加えた6つの特性で性格を捉えます。
      • HEXACOは、より詳細に性格を理解するための有用なツールだと言えます。
    3. MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)
      • 4つの尺度(外向性-内向性、感覚-直観、思考-感情、判断-知覚)の組み合わせによって、16のタイプに分類します。
      • MBTIは、自己理解や他者理解を深めるためのツールとして広く活用されています。
    4. 16Personalities(16パーソナリティーズ)
      • MBTIと同様に16のタイプに分類しますが、ビッグファイブの要素も取り入れているのが特徴です。
      • オンラインで無料で診断できるため、気軽に利用できるツールだと言えるでしょう。

    これらの診断結果をふまえて、あなたは性格を変えたいでしょうか?

    お金を稼ぎやすい性格や、幸せを感じやすい性格があります。

    そして性格は遺伝の影響もありますが、環境次第で変わる部分もあります

    自分の目的に合わせて変えていきましょう。

    性格を変える方法 – 4つの重要なメカニズム

    性格は若い頃に形成され、生涯ほとんど変わらないのは本当?

    若い頃に性格が形成され、生涯ほとんど変わらないと言われています。

    しかし、本当にそうでしょうか。

    近年の研究では、性格は長期的には安定していても、人生を通じて適度に変化し得ることが明らかになっています。

    つまり、性格は固定されたものではなく、変化の可能性を秘めているのです。

    それでは、性格を変えるにはどのようなメカニズムが関わっているのでしょうか。

    この記事では、性格変化の4つの重要なメカニズムについて詳しく解説していきます。

    性格変化のプロセスを理解することで、自分の性格を意識的に変えるための手がかりが得られるはずです。

    一緒に、性格変化のメカニズムを探っていきましょう。

    性格は長期的に安定していても、人生を通じて変化し得る

    性格は長期的には安定していても、人生を通じて適度に変化し得ることが研究で示されています。

    これまで、性格は一度形成されると、ほとんど変化しないと考えられてきました。

    しかし、最近の研究では、性格は固定されたものではなく、状況や経験に応じて変化する可能性があることが明らかになっています。

    例えば、重大なライフイベントを経験することで、性格が大きく変化することがあります。

    また、意図的に性格を変えようと努力することで、徐々に性格を変化させることもできるのです。

    性格を変える方法:メカニズムとは?

    性格変化のメカニズムには、大きく分けて4つの要因が関わっていると考えられています。

    それは、前提条件、トリガー、強化因子、統合の4つです。

    これらの要因が複雑に絡み合うことで、性格が変化していくのです。

    それでは、それぞれの要因について詳しく見ていきましょう。

    • 前提条件:性格を変えたいという強い意志や動機が必要
    • トリガー:環境の変化や重大なライフイベントがきっかけに
    • 強化因子:新しい習慣を繰り返し、報酬を与えることで性格変化を定着させる
    • 統合:性格変化を日常のあらゆる場面で実践し、自分の一部として取り込む

    これらの要因が揃うことで、性格変化が促進されるのです。

    性格を変える方法:第一歩、前提条件を整える

    性格変化の第一歩は、性格を変えたいという強い意志や動機を持つことです。

    これが前提条件となります。

    性格を変えるためには、まず自分の性格のどの部分を変えたいのかを明確にする必要があります。

    例えば、短気な性格を改善したいと考えるなら、それが具体的な目標になります。

    また、性格変化に対して心理的に開かれた状態であることも重要です。

    変化を恐れずに、新しい自分を受け入れる準備ができていなければなりません。

    性格変化への強い意志と明確な目標、そして心理的な準備。

    これらの前提条件が整ってこそ、性格変化への第一歩を踏み出すことができるのです。

    性格を変える方法:強く願うことが大切

    性格を変えるためには、強い意志と明確な目標を持つことが何より大切です。

    漠然と性格を変えたいと思うだけでは、なかなか行動に移すことができません。
    自分の性格のどの部分を、どのように変えたいのかを具体的にイメージすることが重要なのです。

    また、性格を変える必要性を強く感じることも大切です。
    性格を変えることで、より良い人生を送れると信じられるからこそ、行動を起こす原動力になります。

    性格変化への強い意志は、困難に直面した時にも諦めずに続ける力になってくれるはずです。
    強く願うことが、性格変化の第一歩なのです。

    性格を変える方法:きっかけはトリガーを見つけること

    変化のきっかけとなるのが、トリガーです。
    トリガーとは、性格変化を促す出来事や状況のことを指します。

    例えば、ストレスの多い環境から離れることで、性格が変化するきっかけになることがあります。

    また、結婚や出産、転職などの重大なライフイベントもトリガーになり得ます。
    トリガーは、習慣化された行動を見直すことを促し、性格変化への一歩を後押ししてくれます。

    自分にとってのトリガーを見つけることが、性格変化への第一歩だと言えるでしょう。
    トリガーは人によって異なるため、自分に合ったものを探すことが大切です。

    性格変化のきっかけを掴むことで、新しい自分への扉が開かれるはずです。

    環境を変えることで、性格変化のトリガーに

    性格変化のトリガーの1つが、環境の変化です。
    慣れ親しんだ環境では、性格を変えるのは難しいかもしれません。
    それは、環境が性格を形作る要因の1つだからです。

    例えば、ストレスの多い職場にいると、イライラしやすい性格になってしまうことがあります。
    そのような環境から離れることで、性格が変化するきっかけになるのです。

    新しい環境に身を置くことで、今までの自分とは違う一面を発揮できるかもしれません。
    環境を変えることは、性格変化への第一歩になり得るのです。

    ただし、環境を変えるだけでは不十分で、その後の努力も必要不可欠です。
    環境の変化をトリガーとして、性格変化に取り組んでいくことが大切だと言えるでしょう。

    結婚や出産などのライフイベントもトリガーになり得る

    結婚や出産、転職などの重大なライフイベントも、性格変化のトリガーになり得ます。
    ライフイベントは、人生の転機となる出来事です。
    新しい役割や責任を担うことで、今までとは違う自分になることがあります。

    例えば、子育てを通して、よりのボランティア精神や忍耐力が身につくかもしれません。

    また、転職によって、新しい環境に適応するために、コミュニケーション能力が向上することもあるでしょう。
    ライフイベントは、自分自身を見つめ直すきっかけにもなります。

    今までの自分を振り返り、これからの自分について考えることで、性格変化への意欲が高まるのです。
    ライフイベントを性格変化のチャンスととらえ、前向きに取り組むことが大切だと言えます。

    性格を変える方法:定着させる強化因子の役割

    性格変化を定着させるためには、強化因子が重要な役割を果たします。
    強化因子とは、性格変化を促進し、維持するための要因のことです。

    例えば、新しい習慣を繰り返し行うことで、性格変化が強化されます。
    また、周囲の人から肯定的なフィードバックを受けることも、強化因子になり得ます。
    強化因子は、性格変化への動機づけを高め、挫折しそうになった時の支えになってくれます。

    自分に合った強化因子を見つけ、積極的に取り入れることが大切です。
    強化因子を活用することで、性格変化が日常生活に根付いていくのです。

    性格変化を一時的なものではなく、持続的なものにするために、強化因子の役割を理解することが重要だと言えるでしょう。

    新しい習慣を繰り返し、性格変化を強化する

    性格変化を定着させるためには、新しい習慣を繰り返し行うことが効果的です。
    習慣化することで、意識しなくても自然と新しい行動ができるようになります。

    例えば、人見知りを克服したい場合、毎日少しずつ知らない人に話しかけることを習慣にする。
    健康的な生活を送りたいなら、規則正しい食事と運動を日課にすること。
    新しい習慣を繰り返すことで、望ましい性格が日常生活に根付いていくのです。

    習慣化するためには、小さな目標から始めることが大切。
    無理のない範囲で、毎日行動を積み重ねていきましょう。

    時にはつまずくこともあるかもしれません。
    そんな時こそ、諦めずに続けることが重要です。
    習慣が定着すれば、自然と性格変化が強化されていくはずです。

    報酬を与えることで、望ましい性格を維持する

    性格変化を維持するために、報酬を与えることが効果的な方法の1つです。
    報酬は、望ましい行動を強化し、モチベーションを高めてくれます。

    例えば、職場で勤勉に働くことで、給与が上がるというのは報酬の一種。
    これにより、仕事への意欲が高まり、望ましい性格が維持されるのです。

    報酬は、自分で設定することもできます。
    目標を達成したら、ご褒美を用意しておくのも良いでしょう。

    報酬は、性格変化を維持するための補助的な役割を果たすものだと理解することが大切。
    適度な報酬を活用しながら、自分なりのペースで性格変化に取り組んでいきましょう。

    性格変化を日常のあらゆる場面で実践:統合のプロセス

    性格変化を真に定着させるためには、日常のあらゆる場面で実践することが欠かせません。
    これを統合のプロセスと呼びます。

    統合とは、新しい性格を自分の一部として取り込むことを意味します。例えば、以前は引っ込み思案だった人が、積極性を身につけたとします。
    その積極性を、仕事だけでなく、プライベートでも発揮できるようになることが統合なのです。

    統合が進むと、新しい性格が自然と発揮されるようになります。
    意識しなくても、望ましい行動ができるようになるのが理想的。

    統合のプロセスを経ることで、性格変化が本物になっていくのだと言えるでしょう。

    性格変化を妨げる要因とは?

    馴染みのある環境や自己像を維持しようとする欲求

    性格変化を妨げる要因の1つが、馴染みのある環境や自己像を維持しようとする欲求です。
    人は、慣れ親しんだ環境や自己像に安心感を覚えるものです。
    そのため、変化に抵抗を感じることがあります。

    例えば、長年同じ職場で働いていると、新しい環境に飛び込むことに不安を感じるかもしれません。

    また、「自分はこういう人間だ」という固定観念にとらわれ、変化を拒絶することもあるでしょう。
    このような心理的な抵抗が、性格変化の妨げになることがあるのです。

    馴染みのある環境や自己像を手放すことは、勇気のいることかもしれません。

    性格変化の強化が不十分だと、元の性格に戻ってしまう

    性格変化を定着させるためには、強化が不可欠です。
    強化が不十分だと、せっかく身につけた新しい性格も、元に戻ってしまう可能性があります。

    例えば、人見知りを克服するために、積極的に人と交流するようになったとします。

    しかし、その行動を続けるための強化因子がなければ、徐々に以前の人見知りな性格に戻ってしまうかもしれません。

    強化因子には、周囲からの肯定的なフィードバックや、自分なりのご褒美などがあります。

    これらの強化因子を積極的に取り入れることで、性格変化が定着していくのです。

    また、強化因子が不足していると、性格変化への動機づけが低下することもあります。

    新しい行動を続けることが面倒に感じたり、挫折しそうになったりすることがあるでしょう。

    そんな時こそ、強化因子の重要性を再認識することが大切です。

    性格変化を持続させるために、自分なりの強化因子を見つけ、活用していきましょう。

    強化因子を上手に取り入れることが、性格変化の成功の鍵を握っているのです。

    性格の変化を外的要因に帰属させると、変化が定着しにくい

    性格の変化を外的要因に帰属させることは、変化を定着させる上で問題になることがあります。
    外的要因とは、自分以外の要因、例えば環境や運、他者の影響などを指します。
    性格の変化を外的要因のおかげだと考えてしまうと、自分の努力を軽視することにつながります。

    例えば、「環境が変わったから、積極的になれたのだ」と考えるのは、外的要因への帰属です。
    確かに環境の変化は性格変化のきっかけにはなります。

    しかし、変化を定着させるためには、自分の努力が不可欠なのです。
    性格の変化を自分の努力の結果だと認識することが、変化を持続させる上で重要になります。

    自分の頑張りを認め、自信を持つことが大切だと言えるでしょう。

    性格を変える方法 – まとめ

    性格変化には強い意志と明確な目標が必要

    変えるためには、強い意志と明確な目標が必要不可欠です。

    漠然と性格を変えたいと思うだけでは、行動に移すことは難しいでしょう。

    まずは、自分の性格のどの部分を、どのように変えたいのかを明確にすることが大切です。

    そして、その目標に向かって強い意志を持って取り組むこと。

    性格変化への道のりは、決して平坦ではありません。

    時には挫折することもあるかもしれません。

    そんな時こそ、目標を思い出し、諦めずに続けることが重要なのです。

    強い意志と明確な目標があれば、必ず道は開けるはずです。

    性格変化への第一歩は、自分自身と向き合い、変化への決意を固めることから始まるのだと言えるでしょう。

    環境を変え、新しい習慣を繰り返すことが性格を変える方法の鍵

    性格を変えるためには、環境を変え、新しい習慣を繰り返すことが鍵となります。

    環境の変化は、性格変化のきっかけを与えてくれます。

    新しい環境に身を置くことで、これまでとは違う自分を発見できるかもしれません。

    ただし、環境を変えるだけでは不十分です。

    そこで重要になるのが、新しい習慣の繰り返しです。

    望ましい行動を習慣化することで、性格変化が定着していくのです。

    例えば、毎日の習慣として積極的に人と交流することで、コミュニケーション能力を高められるでしょう。

    習慣化には時間と努力が必要ですが、諦めずに続けることが大切です。

    環境の変化と新しい習慣の繰り返しが、性格変化の成功の鍵を握っているのです。

    性格を変える方法は日常生活のあらゆる場面で実践しよう

    性格変化を真に定着させるためには、日常生活のあらゆる場面で実践することが重要です。

    新しい性格を、特定の状況だけでなく、生活のあらゆる側面で発揮できるようになることが理想的。

    例えば、仕事では積極的に発言できるようになったとします。

    その積極性を、プライベートでも発揮できるようになることが、性格変化の真の姿だと言えるでしょう。

    日常生活のあらゆる場面で、意識的に新しい性格を実践することが大切です。

    失敗を恐れずに、チャレンジし続けること。

    そうすることで、新しい性格が自然と発揮されるようになっていくはずです。

    性格変化は控えめでも、意味のある変化をもたらす

    性格変化は、たとえ控えめなものであっても、人生に意味のある変化をもたらしてくれます。

    劇的な性格の変化を期待するあまり、小さな変化を見過ごしてしまうことがあるかもしれません。

    しかし、ちょっとした変化でも、人生に大きな影響を与える可能性があるのです。

    例えば、少し積極的になったことで、新しい友人ができたり、チャンスを掴めたりするかもしれません。

    また、些細な変化の積み重ねが、やがて大きな変化につながることもあります。

    性格変化は、一足飛びに達成できるものではありません。

    小さな変化を大切にし、一歩一歩前進していくことが重要なのです。

    控えめな変化でも、自分なりのペースで取り組むこと。

    自分らしさを大切にしながら、より良い自分を目指そう

    性格を変えることは、自分らしさを失うことではありません。

    むしろ、より良い自分になるための努力だと言えるでしょう。

    自分の個性や長所を活かしながら、弱点を克服していくこと。

    それが、性格変化の本質なのです。

    性格を変えることに罪悪感を感じる必要はありません。

    自分らしさを大切にしながら、成長していくことが重要なのです。

    ただし、自分を見失わないようにすることも大切です。

    ※性格ととても似た考え方に「非認知能力」もあります。以下で解説しています。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。言語IQ124。