コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » 適職を性格検査で見つける方法!ビッグファイブの研究を解説

適職を性格検査で見つける方法!ビッグファイブの研究を解説

    適職

    自分の適職ってなんだろう?今の仕事ではなく他にどんな仕事が適職なのか考えたことはありますか?

    自分の性格や価値観からぴったりの職業が見つかったら、仕事ももっと楽しくなりそうですよね。

    実はTwitterの投稿を分析することで、自分に合った仕事が予測できるかもしれません。

    アメリカの研究チームが、Twitterのデータを使って職業と性格の関係を調べました。

    論文のタイトルは「Social media-predicted personality traits and values can help match people to their ideal jobs」。なんだか難しそうなタイトルですが、どういうことなのでしょうか。

    研究ではまず、150万人分のツイートから、性格や価値観を分析。そして、似た性格の人がどんな職業に就いているかを調べたんです。その結果、職業には性格の特徴があることがわかりました。

    逆に考えると、性格ごとに就きやすい仕事がある=適職がある、ということです。

    それでは詳細にみていきましょう。

    目次

    性格と価値観から適職を見つける新しい方法

    Twitterの投稿から性格と価値観を知る

    TwitterのAPIを使って、150万人分の投稿を分析しました。

    この研究では、ユーザーのプロファイルから職業を特定し、言語データから性格特性と価値観のスコアを算出しています。

    つまり、Twitterの投稿内容から、その人の性格や大切にしているものがわかるというわけです。

    研究に使われたデータは、実に128,279人分にもおよびます。

    また、3,513もの職業をカバーしているのも特徴的です。

    これにより、さまざまな職業と性格・価値観の関係性が明らかになりました。

    Twitterの投稿を分析することで、その人の性格や価値観を知ることができます。そして、それらの情報から職業との適合性を探ることが可能になるのです。

    ビッグファイブとは?性格を5つの軸で表す

    ビッグファイブとは、性格を5つの軸で表す理論のことです。

    この5つの軸は以下の通りです。

    • 外向性:社交的かどうか
    • 協調性:思いやりがあるかどうか
    • 誠実性:しっかり者かどうか
    • 神経症傾向:不安になりやすいかどうか
    • 開放性:好奇心が強いかどうか

    つまり、この5つの軸でその人の性格を表現できるというわけです。

    例えば、外向性が高い人は社交的で、協調性が高い人は思いやりがあると言えます。

    一方、神経症傾向が高い人は不安になりやすく、開放性が高い人は好奇心旺盛だと考えられます。

    このビッグファイブは、性格心理学で広く使われている理論の一つです。

    ビッグファイブを使うことで、性格をわかりやすく表現することができます。この研究でも、ビッグファイブが職業との関連性を探るために活用されました。

    人生で大切にしているものは?5つの基本的価値観

    価値観とは、人生で何を大切にしているかを表すものです。

    この研究では、以下の5つの基本的価値観が使われています。

    • 他者への援助:人助けをすることを大切にしているか
    • 伝統:伝統的なものを重んじているか
    • 人生を楽しむこと:楽しみを見つけることを大切にしているか
    • 成功の達成:目標を達成することを重視しているか
    • 興奮:刺激的なことを求めているか

    これらの価値観は、その人の行動や選択に影響を与えます。

    例えば、他者への援助を大切にしている人は、困っている人を助けようとするでしょう。

    また、伝統を重んじる人は、昔ながらのやり方を守ろうとするかもしれません。

    一方、人生を楽しむことを大切にしている人は、自分の幸せを優先するでしょう。

    このように、価値観は生き方に大きな影響を与えるのです。

    性格と並んで、価値観も職業との適合性を探る上で重要な要素だと考えられます。この研究では、性格と価値観の両方を分析することで、より詳細に職業との関連性を探っています。

    プログラマーは開放的、テニス選手は誠実?性格ごとの適職

    職業ごとに、特徴的な性格プロファイルがあることがわかりました。

    例えば、以下のような傾向が見られました。

    • プログラマーや研究者は開放性が高く、協調性と誠実性が低い
    • テニス選手は開放性が低く、誠実性と協調性が高い
    • 建築家やCIO(情報責任者)は開放性と神経症傾向が低く、協調性が高い
    • 図書館司書と医師は色んな性格がいた

    このように、職業によって性格の特徴が異なることが明らかになったのです。

    さらに、職業内でも役職によって違いが見られました。

    例えば、ソフトウェア開発者の中でも、トップ開発者は他の開発者よりも、よりプログラマー的な性格の特徴を示しました。

    同様に、プロのテニス選手は、テニス選手全体よりも、よりテニス選手らしい性格だったのです。

    つまり、その職業で成功している人ほど、その職業に特徴的な性格を持っているということですね。

    職業ごとに求められる性格は異なります。そして、そうした性格の特徴を持っている人ほど、その職業で活躍しているようです。性格と職業の適合性を考える上で、重要なポイントだと言えるでしょう。

    AIが自動的に似た職業をグループ化「職業地図」作成

    研究チームは、職業をグループ化した「職業地図」を作成しました。

    職業地図

    この地図は、AIを使って自動的に作られたものです。

    具体的には、以下のようなプロセスを経ています。

    1. 各職業の性格・価値観の中央値を算出し、職業プロファイルを作成
    2. クラスタリング手法を使い、似たプロファイルの職業を自動的にグループ化
    3. グループの中心となる代表的な職業(medoid)を特定
    4. 2次元の地図上に、グループごとに職業を配置

    こうして出来上がったのが、職業地図です。

    地図上では、似たスキルセットを必要とする職業が近くに集まっています。

    例えば、テクノロジー系の職業や、音楽・ファッション・芸術・教育系の職業がグループを形成していました。

    職業地図を見ると、自分の性格の適職が見つかるかもしれません。

    また、似たスキルの職業が近くに集まっていることから、新しいキャリアの可能性を発見できるかもしれません。

    AIによる職業地図は、性格と職業の関係性を視覚的に表現したものです。適職を探すための新しい指標として、活用できる可能性を秘めています。

    言葉の使い方から適職がわかる?驚きの研究結果

    AIによる性格分析の正確さは約90%

    性格分析には、IBM Watsonのシステムが使われました。

    このシステムは、言語データから性格スコアを算出するものです。

    自己報告式の性格検査と比べると、以下のような正確さだったそうです。

    • ビッグファイブ:平均絶対誤差が12%
    • 基本的価値観:平均絶対誤差が11%

    つまり、約90%の確率で、正確に性格や価値観を予測できたということですね。

    言語データを分析することで、かなり正確に性格を知ることができるようです。

    ツイートの内容から、その人の性格をある程度予測できるというのは驚きの結果ではないでしょうか。

    SNSの投稿は、自分を表現する手段の一つです。

    そこで使われる言葉は、無意識のうちにその人の性格を反映しているのかもしれません。

    AIによる分析は、そうした言葉の特徴をとらえることで、高い精度で性格を予測しているのでしょう。

    性格分析にAIを活用することで、客観的かつ大規模なデータを基に、性格を知ることができます。言語データには、性格を表すヒントが潜んでいるようですね。

    性格だけでも70%以上、価値観も合わせると80%近くの確率で適職が当てられる

    研究チームは、性格と価値観から適職を予測することに挑戦しました。

    まず、9,550人分のデータを訓練用とテスト用に分けます。

    そして、訓練用データを使ってAIに職業の予測モデルを作らせました。

    その結果、以下のような予測精度が得られたそうです。

    • 性格データのみ:70%以上
    • 性格と価値観の両方:80%近く

    予測には、AI(ランダムフォレストやXGBoostなど、5つの機械学習手法)が使われています。

    どの手法でも、高い精度で職業・適職を予測できたそうです。

    AIが導き出した予測と、実際の職業がどの程度一致するかを検証したところ、性格だけでも70%以上、価値観の情報も加えると80%近い確率で職業が当てられることがわかったのです。

    言葉の使い方から性格や価値観を読み取ることで、職業・適職を高い確率で予測できることが明らかになりました。

    この結果は、性格と適職の関連性の高さを示すものだと言えるでしょう。

    性格と価値観から適職を予測できるということは、逆に言えば、職業の違いが性格と価値観に表れているということです。

    つまり、職業ごとに求められる性格や価値観があり、言葉の使い方はそれを反映していると考えられます。特定の性格や価値観ごとに適職があるということです。

    適職の傾向:性格が似ている人は同じような職業に就いている

    同じ職業の人は、似たような性格を持っているようです。

    研究チームは、職業をグループ化する際に、「PAM」という手法を使いました。

    PAMは、自動的にグループの中心となるデータ(medoid)を見つけ出します。そして、そのグループの中心となるデータ(medoid)に近いデータを同じグループに分類していくのです。

    この手法を使って職業をグループ化したところ、性格プロファイルが似ている職業が集まってグループを形成していることがわかりました。

    言い換えれば、同じようなプロファイルの人が多い職業がグループになったということですね。

    このことから、性格は職業選択に影響を与えていると考えられます。

    例えば、開放的な人が多い職業、誠実な人が多い職業などがあるのでしょう。

    そして、似たような性格の人が、そうした職業に集まっているのだと推測されます。

    性格が職業選択に与える影響は、これまでも指摘されてきました。

    今回の研究でも、大規模なデータ分析によってそれが裏付けられたと言えるでしょう。自分の性格を知ることは、適職を見つける上で重要なポイントになりそうです。

    適職の傾向:スキルが似ている職業は近くに集まる

    職業地図では、似たスキルを必要とする職業が近くに集まっています。

    例えば、以下のような職業グループが見られました。

    • テクノロジー系の職業
    • 音楽・ファッション・芸術・教育系の職業

    こうしたグループは、求められるスキルが似ているからこそ、近くに集まったのだと考えられます。

    テクノロジー系の職業なら、プログラミングスキルが必要でしょう。

    また、音楽・ファッション・芸術・教育系なら、創造性やコミュニケーション能力が求められるはずです。

    職業地図を見ると、自分のスキルを活かせる職業が見つかるかもしれません。

    また、近くにある職業を見ることで、新しいキャリアの可能性を発見できるかもしれません。

    例えば、プログラマーなら、近くにあるデータサイエンティストという職業に興味を持つかもしれません。

    両者に共通するのは、データ分析のスキルです。

    プログラミングの経験を活かして、データサイエンティストにキャリアチェンジすることも可能でしょう。

    職業地図は、スキルの観点から見た職業の関係性を示してくれます。それは、自分のキャリアを考える上で、大いに参考になるはずです。自分のスキルを活かせる職業を探すのに役立ちそうですね。

    間違えられやすい職業は?校長先生と教師、データサイエンティストとソフトウェアエンジニア

    似た職業は、AIによる予測で間違えられやすいようです。

    例えば、以下のような職業ペアは混同されやすいことがわかりました。

    • 校長先生と教師
    • データサイエンティストとソフトウェアエンジニア

    校長先生と教師は、教育という点で共通しています。

    また、データサイエンティストとソフトウェアエンジニアは、ITスキルが求められる点で似ています。

    こうした共通点から、AIが職業を間違えてしまうのでしょう。

    興味深いのは、混同のしやすさに方向性があることです。

    校長先生は、教師と間違えられやすいのですが、逆はそうでもないそうです。

    これは、多くの校長先生が教師の経験を持っているためだと考えられます。

    新しい時代のキャリアガイダンスの可能性

    自分の性格と向いている職業=適職がわかる

    性格診断は、自己理解を深めるための有効な手段です。

    自分がどんな性格なのか、客観的に知ることができます。

    今回の研究では、TwitterのデータからAIが性格を分析しました。

    これと同じように、自分のSNSの投稿を分析すれば、性格傾向がわかるかもしれません。

    また、研究で明らかになった職業ごとの性格プロファイルを見ると、自分に合った職業=適職が見えてくるでしょう。

    例えば、開放性が高い人なら、研究者やプログラマーなどが向いているかもしれません。

    一方、誠実性が高い人なら、スポーツ選手などが適職だと言えるでしょう。

    自分の性格を知ることで、強みを活かせる職業を見つけられるはずです。

    また、苦手な部分を補うような職業を選ぶこともできるかもしれません。

    性格と職業の適合性を考えることは、キャリア選択の重要な指針になります。

    AIによる性格分析は、そのための客観的な情報を提供してくれるのです。

    自分の性格を知り、それを手がかりに職業・適職を探してみるのは、とても有意義なことだと思います。適職が見つかれば、仕事でより力を発揮できるでしょう。

    今の仕事が適職かどうか客観的にチェックできる

    自分の性格と、今の職業の「適職度合い」を比べてみるのも面白いかもしれません。

    それによって、今の仕事が自分に合っているかどうかを客観的にチェックできます。

    例えば、自分は外向的だけど、今の職業は内向的な人が多い。

    そんなギャップを感じたら、仕事で生かせていない強みがあるのかもしれません。

    逆に、自分の性格と職業のプロファイルがぴったり一致していれば、今の仕事が自分に合っている証拠だと言えるでしょう。

    性格と職業の適合性は、仕事のパフォーマンスにも影響を与えると考えられています。

    適職であれば、モチベーションを高く保ちながら、能力を存分に発揮できるはずです。

    一方、不適合だと、ストレスを感じやすく、力を十分に出し切れないかもしれません。

    だからこそ、自分の性格と職業が合っているかを確認することは大切なのです。

    客観的なデータに基づいて、自分の適性を判断できれば、キャリアの選択肢も広がるでしょう。

    今の仕事に満足できていなければ、性格に合った職業を探してみるのもいいかもしれません。

    性格と職業の「適職度合い」を知ることで、自分らしいキャリアを築くヒントが得られるはずです。

    新しくチャレンジしたい仕事が見つかるかも

    性格と価値観から、新しい職業の可能性を発見できるかもしれません。

    自分の性格プロファイルを手がかりに、職業地図を眺めてみるのはどうでしょうか。

    自分に合いそうな職業が、意外なところに隠れているかもしれません。

    例えば、芸術家を目指していたけれど、教師の仕事に興味を持つ。そんな発見があるかもしれません。

    また、今の仕事の近くにある職業を見ることで、新しいキャリアの選択肢が見つかるかもしれません。

    そんなキャリアチェンジのアイデアが浮かぶかもしれません。

    性格プロファイルと職業地図を組み合わせることで、自分には思いもよらなかった適職に出会えるかもしれないのです。

    そうした新しい可能性は、視野を広げキャリアの選択肢を増やしてくれるでしょう。

    自分の適性を多角的に理解することで、これまで考えたこともなかった職業・適職に興味を持つきっかけになります。

    新しい職業にチャレンジするには勇気がいるものですが、自分に合っていそうだと思えれば、一歩踏み出す後押しになるはずです。

    性格と価値観を手がかりに、新しい職業の可能性を探ってみてはいかがでしょうか。

    思いがけない発見があるかもしれません。

    自分の知らなかった適職に出会えたら、きっとわくわくすることでしょう。

    新しいキャリアへのチャレンジは、自分を成長させるチャンスにもなります。ぜひ、可能性を広げる一歩として、性格と職業の適合性を探ってみてください。

    消えゆく職業から新しい職業へのシフトにも役立つ

    技術の進歩によって、なくなる職業が出てくるかもしれません。

    そんな時は、自分の性格に合った新しい職業を探すことが大切です。

    研究チームによれば、性格プロファイルを使えば、消えゆく職業から新しい職業へのシフトを支援できるそうです。

    例えば、AIの発達によって経理の仕事がなくなったとします。

    その場合、経理担当者の性格に合った別の職業を提案できるかもしれません。

    性格プロファイルを見ると、経理担当者は誠実性が高いことが予想されます。

    そうであれば、同じく誠実性の高い職業、例えばデータ分析などを勧められそうです。

    このように、性格の特徴からマッチする職業を見つけることで、スムーズな転職やキャリアチェンジが可能になるのです。

    また、新しく生まれている職業の中から、自分に合ったものを探すこともできるでしょう。

    職業の変化は、新しいキャリアへのチャンスでもあります。

    性格プロファイルを活用すれば、そのチャンスをつかみやすくなるはずです。

    技術の進歩に伴う職業の変化は、避けられない流れだと言えます。

    大切なのは、変化に対応しながら、自分らしいキャリアを築いていくことです。

    そのためのツールとして、性格プロファイルは大いに役立ちそうです。

    消えゆく職業から新しい職業へのシフトを支援してくれるはずです。

    自分の性格を知り、時代の変化に合わせて職業を選択していく。

    それが、これからのキャリア形成に求められる姿勢なのかもしれません。

    就職活動や採用にも活用できそう

    就職活動では、自分に合った職業を見つけることが大切です。

    性格プロファイルは、そのための指針になるでしょう。

    自分の性格を知ることで、どんな職業が向いているかを探りやすくなります。

    就職先を選ぶ際の判断材料としても役立ちそうです。

    企業の求める人物像と、自分の性格を照らし合わせてみるのはどうでしょうか。

    マッチする企業を見つけることで、自分らしく働ける環境に出会えるかもしれません。

    一方、採用する側にとっても、性格プロファイルは有用だと考えられます。

    応募者の性格を知ることで、適材適所の配置ができそうです。

    職業の性格プロファイルと、応募者の性格を比較してみれば、マッチする人材を見つけやすくなるでしょう。

    また、採用後のミスマッチを防ぐことにもつながります。

    性格と職業の適合性を考慮した採用は、企業にとってもメリットがあると言えます。

    今回の研究成果を応用することで、就職活動や採用プロセスの改善が期待できそうです。

    就職希望者は、自分に合った職業を見つけやすくなるでしょう。

    企業は、適材適所の採用によって、社員の能力を最大限に引き出せるようになります。

    性格プロファイルを活用することで、個人と組織の双方にとって望ましい採用が実現できるのです。

    キャリア選択の指針として、また採用のツールとして、性格プロファイルの可能性は大きいと言えるでしょう。

    まとめ:自分らしい働き方を見つけるヒントに

    SNSの投稿からわかる自分の性格と価値観

    SNSの投稿は、自分の性格と価値観を映す鏡だと言えるかもしれません。

    普段何気なく投稿している内容からも、自分らしさが表れているのです。

    ツイートの言葉遣いや、写真の被写体選び、リアクションの仕方など、すべてが自分を表現しています。

    それらを分析することで、自分の性格傾向や大切にしているものが見えてくるのです。

    SNSは自己表現の場であると同時に、自己理解のツールにもなり得ます。

    自分の投稿を振り返ってみると、新たな気づきがあるかもしれません。

    普段の自分を客観的に見つめることは、なかなか難しいものです。

    でも、SNSの投稿を通して自分を知ることができれば、それは自己理解を深めるチャンスになるでしょう。

    自分らしさを再発見できれば、より自分らしい生き方ができるようになります。

    キャリアの選択もその一つです。

    性格や価値観を理解することは、自分に合った働き方を見つけるヒントになります。

    SNSの投稿を通して自分を知る。

    それが、自分らしいキャリアを築くための第一歩と言えるかもしれません。

    自分の投稿をじっくり見つめ直してみると、意外な発見があるかもしれませんね。

    自分の性格と価値観を知ることで、これからのキャリアの指針が見えてくるはずです。

    ビッグデータとAIによる大規模な分析

    大規模なデータ分析には、ビッグデータとAIの力が不可欠です。

    今回の研究では、128,279人分ものデータが使われました。

    それだけ大量のデータを処理するには、人の手だけでは限界があります。

    そこで活躍するのが、ビッグデータ技術とAIなのです。

    ビッグデータ技術によって、膨大なデータを効率的に扱うことができます。

    また、AIを使えば、複雑なパターンを見つけ出すことも可能です。

    性格と職業の関係性を探るには、まさにこの2つの技術が必要不可欠だったのです。

    大規模なデータ分析は、これまで見えなかった関係性を明らかにしてくれます。

    ビッグデータとAIの力を借りることで、新たな発見が期待できるのです。

    この研究のように、個人の性格と職業の適合性を探ることも、その一つでしょう。

    大量のデータからパターンを見つけ出すことで、個人に合ったキャリアの提案が可能になります。

    また、職業ごとの性格プロファイルを作ることで、新しい職業の創出にもつながるかもしれません。

    ビッグデータとAIは、私たちのキャリアを支援する強力なツールだと言えます。

    これからも、その可能性に注目していきたいですね。

    大規模なデータ分析によって、個人と職業のマッチングはさらに精度が上がるはずです。

    ビッグデータとAIの力を活用することで、キャリア選択の最適解を見つけやすくなるでしょう。

    職業ごとに特徴的な性格プロファイルがある

    職業には、それぞれ特徴的な性格プロファイルがあることがわかりました。

    プログラマーは開放性が高く、スポーツ選手は誠実性が高い。

    そんな具合に、職業ごとに求められる性格の特徴があるようです。

    これは、その職業で活躍するために必要な資質だと考えられます。

    プログラマーに求められる創造性は、開放性の高さと関係しているのかもしれません。

    一方、スポーツ選手に欠かせないのは、練習を積み重ねる誠実さなのでしょう。

    このように、職業ごとに理想的な性格があると言えます。

    その特徴を持ち合わせている人は、その職業で力を発揮しやすいはずです。

    逆に、職業の性格プロファイルと自分の性格がかけ離れていれば、仕事でなじめない可能性もあります。

    適性を見極めるためには、職業の性格プロファイルを知ることが大切だと言えるでしょう。

    企業の採用担当者にとっても、性格プロファイルは参考になるはずです。

    応募者の性格と、職業に求められる性格を照らし合わせることで、最適な人材を見つけ出せるかもしれません。

    職業ごとの性格プロファイルを知ることは、個人にとっても組織にとっても、キャリアマッチングに役立ちそうです。

    性格と職業の適合性を探ることで、ミスマッチを防ぎ、より良いキャリア選択ができるようになるでしょう。

    職業の性格プロファイルは、キャリアを考える上での重要な指標の一つだと言えます。自分の性格と照らし合わせてみることをおすすめします。

    言葉の使い方から高い確率で職業が予測できる

    言葉の使い方は、その人の職業を予測する手がかりになります。

    今回の研究で、言語データから高い精度で職業を当てられることがわかりました。

    性格だけで70%以上、価値観も合わせると80%近くの確率で職業が予測できたのです。

    私たちが普段使っている言葉には、仕事の影響が表れているようですね。

    専門用語を多用するのは、その職業特有の言葉があるからでしょう。

    また、職業によって必要なコミュニケーションのスタイルも異なります。

    そうした違いが、言葉の使い方に反映されているのだと考えられます。

    SNSでの投稿を見れば、その人の職業が何となく想像できるという経験をした人もいるかもしれません。

    今回の研究は、そんな経験的な予測を裏付ける結果だと言えます。

    言葉の使い方は、仕事のスタイルや考え方を反映しているのです。

    だからこそ、言語データからその人の職業を予測することができるのでしょう。

    この発見は、職業を予測するだけでなく、言葉の持つ力を再認識させてくれます。

    言葉は私たちの内面を映し出す鏡なのだと。

    そう考えると、言葉の選び方はとても大切だと気づかされます。

    自分らしさを表現し、良い関係性を築くためにも、言葉への意識を高めていきたいものですね。

    言葉の使い方から職業が予測できるというのは、驚きの結果かもしれません。でも、言葉の持つ力を考えれば、納得できる発見だとも言えるでしょう。

    キャリアの指針となる「職業地図」

    性格と価値観をもとに作られた「職業地図」は、キャリアを考える上で役立ちそうです。

    自分の性格に合った職業が、地図のどのあたりに位置しているかを見ることができます。

    また、近くに配置された職業を見れば、自分の適性に近い仕事も見つかるかもしれません。

    職業地図は、自分の可能性を広げるためのツールだと言えるでしょう。

    さらに、この地図を使えば、新しい職業を生み出すヒントも得られそうです。

    既存の職業の間に、まだ職業として確立していない領域があるかもしれません。

    そこに新しい職種を生み出せば、これからの時代に必要とされる仕事が生まれるかもしれないのです。

    職業地図は、個人のキャリア選択だけでなく、社会全体の職業のあり方を考えるきっかけにもなります。

    技術の進歩によって、職業の変化は加速しています。

    これからの時代に求められる職業を生み出していくためにも、職業地図は役に立ちそうです。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。言語IQ124。