コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » 貧困層こそ非認知能力が重要!理由や鍛え方を解説

貧困層こそ非認知能力が重要!理由や鍛え方を解説

    Adverse Childhood Experiences、貧困層の非認知能力

    貧困層の非認知能力を改善することで、収入アップや貧困脱却に重要な役割を果たすことが明らかになりました。

    今回は、スウェーデンの研究チームが発表した「The labor market returns to cognitive and noncognitive ability: Evidence from the Swedish enlistment」を紹介します。

    非認知能力とは、学力テストでは測れない能力のこと。コミュニケーション力や協調性、自制心など、性格面の能力を指します。一方、認知能力は、学力テストで測れる学習面の能力です。

    これまで、学歴が高いほど収入が上がると考えられてきました。

    しかし、今回の研究で、収入が低い貧困層の場合、学歴よりも非認知能力の方が重要だと分かったのです。

    つまり、貧困層の子供たちも、非認知能力を伸ばせば、将来の収入アップが期待できるということ。

    家庭、学校、地域社会が一体となって、子供たちの非認知能力を育成することが大切だと言えるでしょう。

    目次

    貧困層の非認知能力が収入に与える影響

    非認知能力とは何か

    非認知能力とは、学力テストでは測れない能力のことを指します。

    具体的には、性格や行動特性、社会性などが挙げられます。

    一方、認知能力は、学力テストで測れる能力です。知識や計算力、言語能力などが該当します。

    非認知能力は、学校の成績だけでなく、社会で生きていく上でも重要な能力だと考えられています。

    近年、非認知能力の重要性が注目されるようになってきました。

    特に、貧困層の子供たちの非認知能力の育成が重要だと指摘されています。

    非認知能力を高めることで、貧困の連鎖を断ち切ることができるかもしれません。

    非認知能力は後天的に身につけることができるため、教育の役割が大きいと言えるでしょう。

    非認知能力の例

    非認知能力には、様々な要素が含まれています。主なものとしては、以下のようなものがあります。

    • 自制心や忍耐力
    • コミュニケーション能力
    • リーダーシップ
    • 協調性や社交性
    • 計画性や時間管理能力

    これらの能力は、学校の成績には直接反映されにくいものの、社会人として必要不可欠な能力だと言えます。

    例えば、自制心や忍耐力は、困難な状況でも諦めずに努力を続ける力につながります。

    コミュニケーション能力は、人間関係を円滑に進める上で重要な役割を果たします。

    リーダーシップは、チームをまとめ、目標に向かって導く力となります。

    協調性や社交性は、多様な人々と協力して物事を進める上で欠かせません。

    計画性や時間管理能力は、効率的に仕事を進める上で必要不可欠です。

    非認知能力が重要な理由

    非認知能力が重要視される理由は、社会で生きていく上で必要な能力だからです。

    学校の成績だけでは測れない能力が、社会人として求められているのです。

    特に、現代社会は変化が激しく、予測不可能な時代だと言われています。

    そのような時代を生き抜くためには、柔軟な対応力や問題解決能力が求められます。

    これらの能力は、非認知能力と密接に関連しています。

    また、グローバル化が進む中で、多様な価値観を持つ人々とコミュニケーションを取る機会が増えています。

    異文化理解や言語能力だけでなく、相手の立場に立って考える力も必要とされています。

    さらに、AIやロボットの普及により、単純作業は機械に代替されつつあります。

    一方で、人間ならではの能力、例えば創造性や共感力、リーダーシップなどの重要性が高まっています。

    これらの能力は、非認知能力と深く関わっているのです。

    スウェーデンの研究で明らかになった貧困層の非認知能力の重要性

    徴兵データを用いた研究

    スウェーデンでは、徴兵時に非認知能力の評価が行われています。

    この評価データと、その後の収入や雇用状況を分析した研究があります。

    貧困層の非認知能力が収入アップに重要な役割を果たすことが研究の結果明らかになりました。

    具体的には、非認知能力が1標準偏差上昇すると、年収が下位10%に入る確率が4.7%ポイント低下したのです。

    この影響は、認知能力よりも大きいことが示されました。

    また、非認知能力は失業リスクの低下にも強く関連していることが分かりました。

    非認知能力が1標準偏差上昇すると、失業確率が3.3%ポイント低下したのです。

    一方、認知能力の影響は1.1%ポイントにとどまりました。

    この研究結果は、貧困層の非認知能力の重要性を示すものだと言えるでしょう。

    非認知能力を高めることが、貧困からの脱却につながる可能性があるのです。

    非認知能力評価の方法

    スウェーデンの徴兵では、心理学者による非認知能力の評価が行われています。

    この評価は、自己申告式の質問票によるものよりも精度が高いと考えられています。具体的には、徴兵の際に心理学者との面接が行われます。

    面接は約25分間で、心理学者が徴兵の性格や行動特性を評価します。評価の基準は、以下のような点が挙げられます。

    • 責任感や自立性
    • 社交性やコミュニケーション能力
    • 忍耐力や感情の安定性
    • 主体性や積極性

    これらの評価は、9段階の尺度で行われます。評価結果は、正規分布に近い形で分布しています。
    この評価方法は、自己申告式の質問票よりも、より深く個人の特性を捉えられると考えられています。
    また、面接官が直接観察することで、回答の信頼性も高まります。
    スウェーデンの研究では、この評価データを用いることで、非認知能力の重要性が明らかになったのです。

    非認知能力が賃金に与える影響

    スウェーデンの研究では、非認知能力が賃金に与える影響が明らかになりました。

    非認知能力が1標準偏差上昇すると、賃金が約9%上昇したのです。

    一方、認知能力の1標準偏差上昇による賃金上昇は約5%でした。

    つまり、非認知能力の方が、認知能力よりも賃金に与える影響が大きかったのです。

    また、非認知能力は教育水準とは独立した影響を持っていることも分かりました。

    学歴をコントロールしても、非認知能力の賃金上昇効果は変わらなかったのです。

    これは、非認知能力が教育とは別の経路で賃金に影響を与えていることを示唆しています。

    例えば、コミュニケーション能力や協調性が高い人は、職場での評価が高まり、昇進しやすくなるのかもしれません。

    あるいは、忍耐力や計画性が高い人は、仕事の成果を上げやすく、賃金アップにつながるのかもしれません。

    いずれにせよ、非認知能力が賃金に与える影響は無視できないものだと言えるでしょう。

    非認知能力が失業リスクに与える影響

    スウェーデンの研究では、非認知能力が失業リスクにも大きな影響を与えていることが明らかになりました。

    非認知能力が1標準偏差上昇すると、失業確率が3.3%ポイント低下したのです。

    一方、認知能力の影響は1.1%ポイントにとどまりました。

    つまり、非認知能力の方が、失業リスクを下げる効果が大きかったのです。

    また、非認知能力が高い人は、失業期間も短くなることが分かりました。

    非認知能力が高い人は、新しい仕事を見つけやすいのかもしれません。

    あるいは、失業中も前向きな態度を維持し、再就職に向けて努力を続けられるのかもしれません。

    いずれにせよ、非認知能力が雇用の安定性に寄与していることは間違いありません。

    特に、貧困層にとって、雇用の安定性は重要な問題です。

    貧困層の非認知能力を高めることで、失業リスクを下げ、安定した収入を得られるようになるかもしれません。

    この研究結果は、貧困対策としての非認知能力育成の重要性を示唆しているのです。

    貧困層ほど非認知能力の影響が大きい

    貧困層ほど非認知能力の影響が大きいことがスウェーデンの研究では明らかになりました。

    具体的には、年収下位10%の人々にとって、非認知能力の影響が特に大きかったのです。

    非認知能力が1標準偏差上昇すると、年収下位10%に入る確率が4.7%ポイント低下しました。

    一方、認知能力の影響は小さく、0.2%ポイントの低下にとどまりました。

    この結果は、貧困層の非認知能力がいかに重要かを示しています。

    貧困層の人々は、学歴が低い傾向にあります。そのため、認知能力の高さだけでは、収入アップが難しいのかもしれません。

    しかし、非認知能力を高めることで、収入アップのチャンスが広がるのです。

    例えば、コミュニケーション能力や協調性が高ければ、サービス業での評価が高まるかもしれません。

    あるいは、忍耐力や計画性が高ければ、工場での仕事でも成果を上げられるかもしれません。

    非認知能力は、学歴に関わらず、誰もが伸ばせる能力なのです。

    貧困層の人々が非認知能力を高めることは、貧困脱却の第一歩となるでしょう。

    非認知能力が年収下位10%の確率を下げる

    スウェーデンの研究では、非認知能力が年収下位10%の確率を大きく下げることが明らかになりました。

    非認知能力が1標準偏差上昇すると、年収下位10%に入る確率が4.7%ポイント低下したのです。

    この影響は、認知能力の影響よりも大きなものでした。

    認知能力の1標準偏差上昇による確率の低下は、わずか0.2%ポイントだったのです。

    この結果は、貧困層にとって非認知能力がいかに重要かを示しています。

    非認知能力を高めることが、貧困からの脱却につながる可能性があるのです。

    例えば、自制心や忍耐力が高ければ、困難な状況でも諦めずに努力を続けられるでしょう。

    コミュニケーション能力や協調性が高ければ、職場での評価が高まり、昇進のチャンスが広がるかもしれません。

    非認知能力は、学歴や家庭環境に左右されにくい能力だと言えます。

    誰もが努力次第で伸ばせる能力なのです。

    貧困層の子供たちに非認知能力を身につけさせることは、貧困の連鎖を断ち切る手がかりとなるでしょう。

    職種によって必要とされる能力の違い

    スウェーデンの研究では、職種によって必要とされる能力が異なることも明らかになりました。
    具体的には、以下のような結果が得られています。

    • 高度な職種では、認知能力の重要性が高い
    • 管理職では、非認知能力の重要性が高い
    • 非熟練労働者では、非認知能力の重要性が高い

    これらの結果は、職種によって求められる能力が異なることを示しています。

    例えば、エンジニアやプログラマーなど、高度な専門知識を必要とする職種では、認知能力の高さが重視されます。

    一方、管理職では、部下とのコミュニケーションや、チームをまとめるリーダーシップが求められます。

    非熟練労働者の場合は、単純作業が中心となるため、認知能力よりも非認知能力の方が重要になるのです。

    つまり、どの職種でも非認知能力は重要ですが、特に管理職や非熟練労働者において重要度が高いと言えるでしょう。

    職種によって必要とされる能力が異なるということは、教育のあり方にも影響を与えます。

    それぞれの職種に応じた能力を育成することが、効果的な教育につながるのです。

    管理職で特に非認知能力が重視される理由

    スウェーデンの研究では、管理職で特に非認知能力が重視されることが明らかになりました。
    管理職に求められる能力として、以下のようなものが挙げられます。

    • 部下とのコミュニケーション能力
    • チームをまとめるリーダーシップ
    • 問題解決能力や柔軟性
    • 感情のコントロール力

    これらの能力は、いずれも非認知能力と深く関わっています。
    例えば、部下とのコミュニケーションには、相手の気持ちを汲み取る共感力が必要です。
    チームをまとめるリーダーシップには、目標に向かって人々を導く力が求められます。
    問題解決能力や柔軟性は、予測不可能な状況に対応する上で欠かせません。
    感情のコントロール力は、ストレスや困難に直面しても冷静さを保つ上で重要です。

    これらの能力は、認知能力だけでは身につけることが難しいのです。 非認知能力を高めることで、管理職としての資質を磨くことができるでしょう。

    また、管理職は部下の手本となる存在でもあります。 管理職自身が高い非認知能力を持つことで、部下の非認知能力の育成にもつながるのです。

    管理職には、高い専門性だけでなく、優れた非認知能力が求められています。 非認知能力を重視した管理職の育成が、組織の成功につながると言えるでしょう。

    認知能力と非認知能力の比較

    先行研究で認知能力が重視された理由

    従来、認知能力の重要性が強調されてきました。 その理由は、以下のようなものが考えられます。

    • 学力テストで測定しやすい
    • 教育の成果として捉えやすい
    • 職業選択や収入との関連が明確

    認知能力は、学力テストなどで測定することができます。

    そのため、教育の成果として捉えやすく、政策立案にも活用しやすいのです。

    また、認知能力の高さが、職業選択や収入に直結するというイメージがありました。 高い学歴を持つ人ほど、高収入を得ているという現実もあります。

    しかし、近年、非認知能力の重要性が注目されるようになってきました。 認知能力だけでは、社会で求められる能力を十分に捉えきれないのです。

    非認知能力も含めた、より総合的な能力の評価が必要とされているのです。 先行研究で認知能力が重視された背景には、測定の容易さや教育政策との親和性があったと言えるでしょう。

    しかし、非認知能力の重要性を考慮に入れることで、より適切な能力評価が可能になるのです。

    非認知能力の影響を考慮することの重要性

    スウェーデンの研究では、非認知能力の影響を考慮することの重要性が浮き彫りになりました。

    従来の研究では、非認知能力の影響を適切に考慮してこなかったのです。 そのため、認知能力の重要性が過大評価されてきた可能性があります。

    例えば、認知能力が高い人ほど収入が高いという結果が得られても、それは非認知能力の影響を含んでいるかもしれません。 認知能力と非認知能力には正の相関関係があるため、非認知能力の影響を考慮しないと、認知能力の効果が過大に推定されてしまうのです。

    スウェーデンの研究では、非認知能力の影響を考慮することで、認知能力の効果が小さくなることが示されました。

    非認知能力の影響を取り除くと、認知能力の収入への影響は約40%も低下したのです。 この結果は、非認知能力の影響を考慮することの重要性を示しています。

    認知能力と非認知能力の両方を適切に評価することで、より正確な能力評価が可能になるでしょう。 非認知能力の重要性を認識し、その育成に力を入れることが求められています。

    認知能力と非認知能力の賃金上昇効果の違い

    スウェーデンの研究では、認知能力と非認知能力の賃金上昇効果の違いが明らかになりました。

    非認知能力の方が、認知能力よりも賃金上昇効果が大きかったのです。 具体的には、以下のような結果が得られています。

    • 非認知能力が1標準偏差上昇すると、賃金が約9%上昇
    • 認知能力が1標準偏差上昇すると、賃金が約5%上昇

    この結果は、非認知能力の重要性を示すものだと言えます。 特に、教育水準の影響を取り除いた場合、非認知能力の効果は認知能力の約1.7倍にもなりました。

    つまり、同じ学歴の人でも、非認知能力が高い人ほど賃金が高くなる傾向があるのです。 これは、非認知能力が職場で高く評価されていることを示唆しています。 コミュニケーション能力や協調性、リーダーシップなどの非認知能力は、仕事の成果に直結するからでしょう。

    また、非認知能力は、どの職種でも重要とされる汎用的な能力だと言えます。 高度な専門知識を必要とする職種では認知能力が重視されますが、非認知能力は全ての職種で必要とされるのです。

    認知能力と非認知能力は、どちらも重要な能力ですが、賃金上昇効果という点では非認知能力の方が大きいと言えるでしょう。

    非認知能力を高めることの意義

    非認知能力向上が貧困脱却に役立つ可能性

    スウェーデンの研究から、非認知能力の向上が貧困脱却に役立つ可能性が示唆されています。

    貧困層ほど、非認知能力の影響が大きいことが明らかになったのです。

    非認知能力が1標準偏差上昇すると、年収下位10%に入る確率が4.7%ポイント低下しました。 この影響は、認知能力よりも大きなものでした。

    貧困層の非認知能力を高めることで、収入アップが期待できるでしょう。

    例えば、自制心や忍耐力を身につけることで、困難な状況でも諦めずに努力を続けられるようになります。

    コミュニケーション能力や協調性を高めることで、職場での評価が上がり、昇進のチャンスが広がるかもしれません。 非認知能力は、学歴や家庭環境に左右されにくい能力だと言えます。

    つまり、貧困層の子供たちでも、非認知能力を高めることで、貧困からの脱却が可能になるのです。

    幼少期からの非認知能力の育成が、貧困の連鎖を断ち切る鍵となるでしょう。

    学校教育だけでなく、家庭や地域社会が連携して、子供たちの非認知能力を育てていくことが求められています。

    子供の頃からの非認知能力育成の重要性

    非認知能力は、子供の頃から育成することが重要だと考えられています。

    幼少期は、人格形成の重要な時期だからです。 この時期に、自制心や忍耐力、社交性などの非認知能力を身につけることで、その後の人生に大きな影響を与えるでしょう。

    例えば、自制心を持って計画的に行動する習慣を身につけることで、学力の向上にもつながります。 また、社交性を高めることで、友人関係の構築や集団行動がスムーズになるでしょう。

    これらの能力は、大人になってからも役立つ汎用的な能力なのです。 子供の頃からの非認知能力の育成には、家庭の役割が大きいと言えます。

    親が手本を示し、子供に非認知能力の大切さを伝えていくことが重要です。 また、学校教育においても、非認知能力の育成を重視するカリキュラムが求められるでしょう。

    学力だけでなく、非認知能力も評価の対象とすることで、より総合的な能力の育成が可能になります。

    子供の頃から非認知能力を育成することは、将来の成功につながる重要な投資なのです。

    不利な境遇の人々の地位向上に非認知能力が果たす役割

    非認知能力は、不利な境遇の人々の地位向上に大きな役割を果たすと考えられています。

    貧困層の子供たちは、教育の機会に恵まれない傾向があります。

    そのため、認知能力の面で不利になりがちです。 しかし、非認知能力は、家庭環境や教育の質に左右されにくい能力だと言えます。

    貧困層の非認知能力を高めることで、社会的な地位の向上が期待できるのです。 例えば、自制心や計画性を身につけることで、学力の向上につながるかもしれません。

    コミュニケーション能力や協調性を高めることで、就職のチャンスが広がるでしょう。 非認知能力は、学歴や家庭環境に関わらず、誰もが伸ばせる能力なのです。

    不利な境遇の人々が非認知能力を高めることは、社会的な不平等の解消につながります。

    非認知能力は、個人の可能性を引き出す鍵となる能力の一つだと言えます。

    非認知能力を高めるための方法

    高める方法は色々考えられます。 具体的には、以下のようなアプローチが挙げられるでしょう。

    • 家庭での働きかけ
    • 学校教育での取り組み
    • 地域社会での活動

    家庭では、親が手本となって非認知能力の大切さを伝えていくことが重要です。

    例えば、自制心を持って計画的に行動する姿を見せたり、コミュニケーションの取り方を教えたりすることが効果的でしょう。

    学校教育では、非認知能力の育成を重視したカリキュラムの導入が求められます。 グループワークや発表活動などを通じて、協調性やリーダーシップを養う機会を設けることが大切です。

    また、地域社会での活動も非認知能力の育成に役立ちます。 ボランティア活動やスポーツ、文化活動などを通じて、様々な人々と交流することで、社交性や協調性を高められるでしょう。

    非認知能力は、生涯にわたって伸ばしていくことができる能力です。 家庭、学校、地域社会が連携して、非認知能力の育成に取り組むことが重要だと言えます。

    学校教育における非認知能力育成の取り組み

    学校教育では、非認知能力の育成を重視した取り組みが求められています。 具体的には、以下のような方法が考えられるでしょう。

    • グループワークや発表活動の導入
    • 協調性やリーダーシップを養う機会の提供
    • 自制心や計画性を高める指導
    • 非認知能力の評価の導入

    グループワークや発表活動を通じて、コミュニケーション能力や協調性を養うことができます。

    また、リーダーを務める機会を設けることで、リーダーシップを発揮する力を伸ばせるでしょう。 自制心や計画性は、学習面でも重要な役割を果たします。 計画を立てて学習に取り組む習慣を身につけさせることで、学力の向上にもつながります。

    さらに、非認知能力を評価の対象とすることで、その重要性を子供たちに伝えることができるでしょう。 テストの点数だけでなく、日々の行動や態度も評価することで、非認知能力の育成を促せます。

    学校教育において非認知能力の育成に力を入れることは、子供たちの将来の成功につながります。

    知識や技能だけでなく、非認知能力も身につけさせることが、学校教育の重要な役割だと言えるでしょう。

    家庭での非認知能力育成のポイント

    家庭は、子供の非認知能力育成に大きな影響を与えます。 親の関わり方次第で、子供の非認知能力は大きく伸びるでしょう。 非認知能力を育成するための家庭でのポイントとして、以下のようなことが挙げられます。

    • 手本を示すこと
    • 褒めて伸ばすこと
    • コミュニケーションを大切にすること
    • 自立心を育てること

    まず、親自身が非認知能力を発揮する姿を見せることが大切です。

    自制心を持って計画的に行動したり、他者と協調したりする姿は、子供にとって良い手本となるでしょう。 また、子供の良い行動を褒めて伸ばすことも重要です。

    努力を認め、達成感を味わわせることで、子供の自信とやる気を高められます。 コミュニケーションを大切にすることで、子供の社交性を養うことができるでしょう。

    親子の会話を通じて、言葉の使い方や相手の気持ちを考える力を伸ばせます。 さらに、子供の自立心を育てることも大切です。

    子供の意見を尊重し、自分で考えて行動する機会を与えることで、主体性を高められるでしょう。 家庭での非認知能力の育成は、子供の人格形成に大きな影響を与えます。

    親の働きかけ次第で、子供の可能性を大きく引き出すことができるのです。

    まとめ:貧困層の非認知能力を高めることの重要性

    非認知能力が貧困層の収入アップに重要な役割を果たす

    スウェーデンの研究から、貧困層の非認知能力が彼らの収入アップに重要な役割を果たすことが明らかになりました。

    非認知能力が1標準偏差上昇すると、年収下位10%に入る確率が4.7%ポイント低下したのです。 この影響は、認知能力よりも大きなものでした。

    貧困層の非認知能力を高めることで、収入アップが期待できるでしょう。

    例えば、自制心や忍耐力を身につけることで、困難な状況でも諦めずに努力を続けられるようになります。コミュニケーション能力や協調性を高めることで、職場での評価が上がり、昇進のチャンスが広がるかもしれません。

    非認知能力は、学歴や家庭環境に左右されにくい能力だと言えます。

    つまり、貧困層の子供たちでも、非認知能力を高めることで、貧困からの脱却が可能になるのです。非認知能力の育成は、貧困対策としても重要な意味を持っています。

    貧困層の非認知能力を高めることが、格差是正につながるでしょう。

    貧困脱却のためには非認知能力の向上が鍵となる

    スウェーデンの研究は、貧困脱却のためには非認知能力の向上が鍵となることを示唆しています。

    貧困層の子供たちは、教育の機会に恵まれない傾向があります。

    そのため、認知能力の面で不利になりがちです。 しかし、非認知能力は家庭環境や教育の質に左右されにくい能力だと言えます。

    つまり、貧困層の子供たちでも、非認知能力を高めることで、貧困からの脱却が可能になるのです。 自制心や計画性、コミュニケーション能力などの非認知能力は、学歴や家庭環境に関わらず、誰もが伸ばせる能力です。

    これらの能力を高めることで、貧困層の子供たちも、社会で活躍するチャンスを掴めるでしょう。 貧困の連鎖を断ち切るためには、非認知能力の育成に力を入れることが求められています。

    家庭、学校、地域社会が連携して、子供たちの非認知能力を高める取り組みを進めていく必要があります。 非認知能力の向上は、貧困脱却の鍵を握っているのです。

    最後に

    以上のように、非認知能力は、貧困脱却のカギを握る重要な能力だと言えるでしょう。
    貧困層の非認知能力を高めることが、将来の収入アップにつながることが今回の研究で分かりました。

    非認知能力は、学歴や家庭環境に左右されにくい能力です。

    つまり、貧困層の子供たちも、努力次第で伸ばせる能力だということ。

    自制心を持ってコツコツと努力を重ねる習慣や、コミュニケーション力を高める訓練は、誰にでもできるはずです。

    大切なのは、子供たちの非認知能力を育む環境を整えること。

    家庭では、親が手本を見せながら、非認知能力の大切さを伝えていくことが求められます。

    学校でも、グループワークやディスカッションの機会を設けるなど、非認知能力を伸ばす工夫が必要でしょう。

    貧困の連鎖を断ち切るためには、社会全体で非認知能力の育成に取り組むことが欠かせません。

    子供たちの可能性を引き出し、誰もが活躍できる社会を目指すことが、今、求められているのです。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。言語IQ124。