コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » 浮気・不倫をする旦那や妻の性格とは?調査方法や対策を解説

浮気・不倫をする旦那や妻の性格とは?調査方法や対策を解説

    浮気

    浮気性の人ってどんな特徴があるのでしょうか?恋愛をしていると、パートナーが浮気をしないか不安になることがありますよね。

    でも、浮気をする人には、ある共通の性格的特徴があることが分かっているんです。

    例えば、「Who is sexually faithful? Own and partner personality traits as predictors of infidelity」という研究では、浮気をする人は誠実性が低く、協調性に欠けていることが明らかになりました。

    また、パートナーの性格も浮気に影響することが分かっています。

    Personality, marital satisfaction, and probability of marital infidelity」という研究によると、神経症傾向やナルシシズム傾向の高い妻を持つ夫は、浮気をしやすいそうです。

    さらに、「The costs and benefits of the Dark Triad: Implications for mate poaching and mate retention tactics」という研究によると、マキャベリアニズムやサイコパシーなどのダークな性格の人も、リスクが高いと言われています。

    でも、お互いの性格を理解し合い、コミュニケーションを大切にすることで、浮気を防ぐことができるんです。

    今回は、浮気性の人の特徴や心理について、詳しく解説していきたいと思います。

    浮気性の人の性格的特徴

    浮気する人は誠実性が低い

    浮気する人は誠実性が低い傾向にあります。
    誠実性とは、秩序やルールを重視し、自分を律する性格特性のことです。
    この特性が低い人は、自制心が弱く、衝動的な行動をとりやすいのです。

    誠実性の低さが浮気につながる理由は以下の通りです。

    • rules: ルールを軽視しがち
    • temptation: 誘惑に弱い
    • planning: 計画性に欠ける

    つまり、誠実性の低い人は、社会的なルールや倫理観を軽んじる傾向があります。
    また、目先の欲求や誘惑に負けやすく、長期的な視点で行動することが苦手なのです。
    結果として、浮気という選択肢を取ってしまいやすいと考えられます。
    誠実性の高さは、浮気を防ぐ重要な性格特性だと言えるでしょう。

    協調性の低さも関連

    協調性の低さも、浮気に関連していることがわかっています。
    この特性は、他者への思いやりや協力的な姿勢を示す性格特性です。
    協調性が低い人は、自分の利益を優先し、他者の感情を軽視しがちなのです。

    具体的には、以下のような特徴が見られます。

    • selfish: 自分勝手な行動をとる
    • insensitive: 相手の気持ちに鈍感
    • uncooperative: 協力することを嫌う

    つまり、協調性の低い人は、パートナーの感情を考慮せず、自分の欲求を優先しがちです。
    また、円滑な人間関係を築くことが苦手で、トラブルを引き起こしやすいのです。
    こうした特徴が、浮気という行為につながっていくと考えられます。
    協調性の高さは、良好な夫婦関係を維持するための重要な要素だと言えるでしょう。

    情緒不安定な人は浮気しやすい

    情緒不安定な人は、浮気をしやすい傾向にあります。
    この特性は、感情のコントロールが難しく、気分の浮き沈みが激しい状態を指します。
    こうした人は、ストレスへの耐性が低く、衝動的な行動をとりがちなのです。

    情緒不安定さがこの行動につながる理由は以下の通りです。

    • mood swings: 気分の浮き沈みが激しい
    • impulsivity: 衝動的な行動をとりやすい
    • stress: ストレスに弱い

    つまり、情緒不安定な人は、一時的な感情に流されやすく、冷静な判断ができないことがあります。
    また、ストレスを感じると、それを発散するために極端な行動に走ることもあるのです。
    こうした特徴が、浮気という衝動的な行為を引き起こしやすいと考えられます。
    安定した情緒は、浮気を防ぐ上で重要な要素だと言えるでしょう。

    外向的な女性は浮気する可能性が高い

    外向的な女性は、浮気する可能性が高いことが明らかになっています。
    外向性とは、社交的で活発な性格特性を指します。
    外向的な女性は、人との交流を楽しみ、新しい刺激を求める傾向が強いのです。

    外向性が浮気につながる理由は以下の通りです。

    • sociable: 社交的で人と交流することを好む
    • adventurous: 冒険心が強く、新しいことに挑戦したがる
    • attention-seeking: 注目されることを望む

    つまり、外向的な女性は、多くの人と活発に交流することで、浮気の機会が増えてしまうのです。
    また、新しい刺激を求める冒険心から、既存の関係に飽きてしまうこともあります。
    さらに、注目されたいという欲求が、浮気という行為を後押しする可能性もあるでしょう。
    外向性は女性の浮気と関連が深いことが、研究により示されています。

    パートナーの性格がリスクになる

    妻の性格が夫の浮気に影響する

    夫の浮気傾向は、妻の性格に大きく影響されることがわかっています。
    アメリカの研究チームが行った調査では、夫の浮気には妻の性格特性が強く関連していました。
    一方で、夫自身の性格は浮気とあまり関係がないという結果も示されたのです。

    妻の性格が夫の浮気に影響を与える理由は以下の通りです。

    • dissatisfaction: 妻の性格によって夫の不満が高まる
    • instability: 妻の情緒不安定さが夫の行動を不安定にする
    • communication: 妻との円滑なコミュニケーションが取れない

    つまり、妻の性格次第で、夫婦関係の質が大きく左右されるのです。
    妻の性格に問題があると、夫の不満が高まり、浮気という行為に走りやすくなります。
    また、妻の情緒不安定さは、夫の行動をも不安定にしてしまう可能性があるのです。
    妻の性格が原因で夫の浮気が引き起こされる可能性を、この研究は示唆しています。

    神経症傾向の高い妻は夫の浮気リスクを高める

    神経症傾向の高い妻は、夫の浮気リスクを高めることが明らかになっています。
    この特性は、不安やストレスを感じやすく、情緒が不安定になりがちな性格特性です。
    こうした妻を持つ夫は、浮気に走る可能性が高まるのです。

    神経症傾向の高い妻が夫の浮気リスクを高める理由は以下の通りです。

    • anxiety: 妻の不安が夫にも伝染する
    • emotional instability: 妻の情緒不安定さが夫を疲弊させる
    • dissatisfaction: 妻への不満が高まる

    つまり、神経症傾向の高い妻は、常に不安を抱えているため、夫にもそのストレスが伝染してしまうのです。
    また、妻の情緒の不安定さに振り回され、夫は疲弊してしまいます。
    こうした状況が続くと、夫は妻に対する不満を募らせ、浮気という選択肢を取ってしまう可能性があるのです。
    妻の神経症傾向の高さが、夫の浮気リスクを高める要因だと言えるでしょう。

    ナルシシズム傾向の高い妻も夫の浮気につながる

    ナルシシズム傾向の高い妻も、夫の浮気を引き起こす可能性が高いことがわかっています。
    この特性は、自己中心的で自己愛の強い性格特性を指します。
    ナルシシズム傾向の高い妻は、夫の浮気リスクを高めてしまうのです。

    この傾向の高い妻が夫の浮気につながる理由は以下の通りです。

    • self-centeredness: 妻の自己中心的な態度が夫を疎外する
    • lack of empathy: 妻に共感力が欠けている
    • unrealistic expectations: 妻の非現実的な期待が夫を圧迫する

    つまり、ナルシシズム傾向の高い妻は、自分のことしか考えておらず、夫の気持ちを理解しようとしません。
    また、共感力に欠けているため、夫の立場に立って物事を考えることができないのです。
    さらに、妻の非現実的な期待に応えようとして、夫は大きなプレッシャーを感じてしまいます。
    こうした状況が続くと、夫は妻に愛想を尽かし、浮気に走ってしまう可能性があるのです。

    保守的な妻も夫の浮気を招く

    保守的な妻も、夫の浮気を招いてしまう可能性があることが明らかになっています。
    伝統や慣習を重んじ、変化を好まない性格特性を「保守的」と呼びます。
    こうした性格の妻を持つ夫は、浮気に走りやすいのです。

    保守的な妻が夫の浮気を招く理由は以下の通りです。

    • resistance to change: 妻が変化を嫌う
    • lack of excitement: 妻との関係に刺激がない
    • different values: 妻との価値観の相違

    つまり、保守的な妻は、既存の関係性に固執し、新しいことを嫌います。
    そのため、夫婦関係が単調になり、刺激に欠けてしまうのです。
    また、保守的な妻は、夫との価値観の相違から、コミュニケーションがうまくいかないこともあります。
    こうした状況に不満を抱いた夫が、浮気という選択肢を取ってしまう可能性があるのです。
    妻の保守的な性格が、夫の浮気を招いてしまうリスクがあると言えるでしょう。

    夫の情緒不安定さは妻の浮気につながる

    夫の情緒不安定さは、妻の浮気につながることが明らかになっています。

    情緒不安定な夫を持つ妻は、浮気に走る可能性が高まるのです。

    夫の情緒不安定さが妻の浮気につながる理由は以下の通りです。

    • emotional instability: 夫の情緒不安定さが妻を疲弊させる
    • lack of support: 夫からの支えが得られない
    • dissatisfaction: 夫への不満が高まる

    つまり、情緒不安定な夫は、妻に大きなストレスを与えてしまいます。
    また、夫自身が感情のコントロールで精一杯なため、妻を支えることができないのです。
    こうした状況が続くと、妻は夫に対する不満を募らせ、浮気という選択肢を取ってしまう可能性があります。
    夫の情緒不安定さが、妻の浮気リスクを高める要因だと言えるでしょう。

    夫婦の相性と浮気の関係

    不仲な夫婦は浮気のリスクが高い

    不仲な夫婦は、浮気のリスクが高いことが明らかになっています。
    夫婦仲が悪いと、お互いに不満を抱え、ストレスを感じやすくなります。
    こうした状況では、浮気という選択肢を取ってしまう可能性が高まるのです。

    不仲な夫婦が浮気のリスクを高める理由は以下の通りです。

    • lack of communication: コミュニケーション不足
    • emotional distance: 夫婦の心理的な距離
    • unmet needs: ニーズが満たされない

    つまり、不仲な夫婦は、お互いの気持ちを伝え合うことができず、コミュニケーション不足に陥ります。
    また、心理的な距離が生まれ、夫婦としての絆が薄れていくのです。
    こうした状況では、夫婦のニーズが満たされず、不満が高まっていきます。
    そして、その不満を解消するために、浮気という選択肢を取ってしまう可能性があるのです。
    夫婦仲の良し悪しが、浮気のリスクを左右する重要な要因だと言えるでしょう。

    パートナーの協調性と誠実性の高さが浮気を防ぐ

    パートナーの協調性と誠実性の高さは、浮気を防ぐ効果があることがわかっています。
    協調性の高いパートナーは、相手の気持ちを理解し、思いやりを持って接することができます。
    また、誠実性の高いパートナーは、責任感が強く、誠実に行動しようとします。

    パートナーの協調性と誠実性が浮気を防ぐ理由は以下の通りです。

    • empathy: 相手の気持ちを理解できる
    • responsibility: 責任感が強い
    • loyalty: 誠実で loyal

    つまり、協調性の高いパートナーは、相手の立場に立って物事を考えることができるため、相手のニーズを理解しようとします。

    また、誠実性の高いパートナーは、責任感が強く、誠実に行動しようとするため、浮気という選択肢を取りにくいのです。

    こうしたパートナーを持つ人は、安心して関係を築くことができ、浮気のリスクが低くなります。
    パートナーの協調性と誠実性の高さが、浮気を防ぐ重要な要因だと言えるでしょう。

    優しさと誠実さがパートナーの浮気を防止

    優しさと誠実さは、パートナーの浮気を防止する効果があることが明らかになっています。

    優しいパートナーは、相手を思いやり、大切にします。 また、誠実なパートナーは、嘘をつかず、約束を守ろうとします。

    優しさと誠実さがパートナーの浮気を防止する理由は以下の通りです。

    • care: 相手を大切にする
    • honesty: 嘘をつかない
    • commitment: 約束を守る

    つまり、優しいパートナーは、相手のことを第一に考え、相手を大切にします。

    そのため、浮気をするようなことは考えられないのです。 また、誠実なパートナーは、嘘をつくことを嫌い、約束を守ろうとします。

    こうした態度は、浮気を防止する上で非常に重要な要素だと言えるでしょう。 パートナーの優しさと誠実さが、浮気のリスクを下げる効果があると考えられています。

    ダークな性格と浮気の関連

    マキャベリアニズム傾向の高い人は浮気しやすい

    マキャベリアニズム傾向の高い人は、浮気しやすいことが明らかになっています。

    この特性は、自分の目的のためには手段を選ばない性格特性を指します。

    こうした人は、自分の欲求を満たすために、浮気という選択肢を取ってしまうのです。

    マキャベリアニズム傾向の高い人が浮気しやすい理由は以下の通りです。

    • manipulation: 他者を操作する
    • deception: 嘘をつく
    • selfishness: 自分勝手

    つまり、マキャベリアニズム傾向の高い人は、他者を操作し、嘘をつくことを平気で行います。

    また、自分の利益を優先するため、パートナーの気持ちを考慮しないのです。

    こうした特徴が、浮気という行為を引き起こしやすくしていると考えられます。

    マキャベリアニズム傾向の高さは、浮気のリスクを高める重要な要因だと言えるでしょう。

    サイコパシー傾向も浮気と関連がある

    サイコパシー傾向も、浮気と関連があることがわかっています。

    この特性は、共感性に欠け、衝動的で反社会的な行動をとる性格特性を指します。 こうした傾向が強い人は、浮気に走りやすいのです。

    サイコパシー傾向が浮気と関連がある理由は以下の通りです。

    • lack of empathy: 共感性の欠如
    • impulsivity: 衝動的な行動
    • antisocial behavior: 反社会的な行動

    つまり、サイコパシー傾向の高い人は、他者の気持ちを理解することができません。

    また、衝動的に行動するため、浮気という選択肢を取ってしまう可能性が高いのです。 さらに、反社会的な行動をとる傾向があるため、社会的なルールを軽視しがちです。

    こうした特徴が、浮気という行為を引き起こしやすくしていると考えられます。 サイコパシー傾向の高さは、浮気のリスクを高める重要な要因だと言えるでしょう。

    ナルシシズム傾向の強い人も浮気リスクが高い

    ナルシシズム傾向の強い人も、浮気のリスクが高いことが明らかになっています。

    この特性は、自己愛が強く、他者を軽視する性格特性を指します。 こうした傾向が強い人は、浮気に走りやすいのです。

    ナルシシズム傾向の強い人が浮気リスクが高い理由は以下の通りです。

    • sense of entitlement: 特権意識
    • need for admiration: 賞賛欲求
    • lack of empathy: 共感性の欠如

    つまり、ナルシシズム傾向の強い人は、自分は特別な存在だと考えており、特権意識を持っています。

    そのため、自分の欲求を満たすために、浮気という選択肢を取ってしまうのです。 また、常に他者から賞賛されることを求めるため、複数のパートナーを持とうとします。

    さらに、他者の気持ちを理解することができないため、パートナーを傷つけることを平気で行います。

    こうした特徴が、浮気のリスクを高めていると考えられます。

    ダークな性格の人は短期的な恋愛を繰り返す

    マキャベリアニズム、サイコパシー、ナルシシズムなどのダークな性格の人は、短期的な恋愛を繰り返す傾向があります。

    こうした人は、長期的な関係を築くことが苦手で、次々と新しいパートナーを探すのです。

    ダークな性格の人が短期的な恋愛を繰り返す理由は以下の通りです。

    • lack of commitment: コミットメントの欠如
    • need for excitement: 刺激の追求
    • inability to form deep bonds: 深い絆を築くことができない

    つまり、ダークな性格の人は、一つの関係にコミットすることが苦手です。

    また、常に新しい刺激を求めるため、飽きっぽい性格をしているのです。 さらに、他者と深い絆を築くことができないため、長期的な関係を維持することが難しいのです。

    こうした特徴が、短期的な恋愛を繰り返す原因になっていると考えられます。

    ダークな性格の人は、浮気のリスクが高いだけでなく、安定した関係を築くことが難しいと言えるでしょう。

    浮気されやすい人の特徴

    情緒不安定な人は浮気されやすい

    情緒不安定な人は、浮気されやすいことが明らかになっています。

    この特性は、感情のコントロールが難しく、気分の浮き沈みが激しい状態を指します。 こうした人は、パートナーから浮気される可能性が高いのです。

    情緒不安定な人が浮気されやすい理由は以下の通りです。

    • emotional dependency: 感情的な依存
    • insecurity: 不安感
    • mood swings: 気分の浮き沈み

    つまり、情緒不安定な人は、パートナーに感情的に依存しがちです。

    そのため、パートナーの行動に一喜一憂し、不安感を抱えてしまうのです。

    また、気分の浮き沈みが激しいため、パートナーとの関係が安定しません。 こうした特徴が、パートナーの浮気を引き起こしやすくしていると考えられます。

    情緒不安定な人は、浮気されるリスクが高いと言えるでしょう。

    自分のことしか考えない人のパートナーは浮気のリスク大

    自分のことしか考えない人のパートナーは、浮気のリスクが高いことがわかっています。 自己中心的な人は、他者の気持ちを考慮せず、自分の欲求を優先します。 こうした人とパートナーになると、浮気される可能性が高まるのです。

    自分のことしか考えない人のパートナーが浮気のリスクが高い理由は以下の通りです。

    • lack of consideration: 思いやりの欠如
    • prioritizing own needs: 自分のニーズを優先
    • neglect of partner’s feelings: パートナーの気持ちを無視

    つまり、自分のことしか考えない人は、パートナーの気持ちを考慮しません。

    そのため、パートナーのニーズを満たすことができず、関係が悪化するのです。 また、自分の欲求を優先するあまり、パートナーの気持ちを無視してしまいます。

    こうした状況に不満を抱いたパートナーが、浮気という選択肢を取ってしまう可能性があります。 自己中心的な人とパートナーになることは、浮気のリスクを高める要因だと言えるでしょう。

    保守的すぎる人も浮気されやすい

    保守的すぎる人も、浮気されやすいことが明らかになっています。

    こうした性格の人は、パートナーから浮気される可能性が高いのです。

    保守的すぎる人が浮気されやすい理由は以下の通りです。

    • resistance to change: 変化への抵抗
    • lack of excitement: 刺激の欠如
    • inflexibility: 柔軟性のなさ

    つまり、保守的すぎる人は、既存の関係性に固執し、新しいことを嫌います。

    そのため、パートナーとの関係が単調になり、刺激に欠けてしまうのです。 また、柔軟性に欠けるため、パートナーのニーズに合わせることができません。

    こうした状況に不満を抱いたパートナーが、浮気という選択肢を取ってしまう可能性があります。 保守的すぎる性格は、浮気されるリスクを高める要因だと言えるでしょう。

    まとめ:浮気を防ぐためには

    お互いの性格を理解し合うことが大切

    浮気を防ぐためには、お互いの性格を理解し合うことが大切です。

    性格の不一致が、浮気のリスクを高める要因になることがわかっています。 そのため、パートナーの性格を理解し、受け入れることが重要なのです。

    お互いの性格を理解し合うために大切なことは以下の通りです。

    • communication: コミュニケーションを取る
    • acceptance: 相手の性格を受け入れる
    • compromise: 歩み寄る

    つまり、パートナーとのコミュニケーションを通じて、お互いの性格を理解し合うことが大切です。

    また、相手の性格をありのままに受け入れ、尊重することが重要なのです。

    さらに、お互いに歩み寄り、折り合いをつけることが必要不可欠です。

    こうした努力を続けることで、浮気のリスクを下げることができるでしょう。

    お互いの性格を理解し合うことは、浮気を防ぐ上で非常に重要だと言えます。

    コミュニケーションを大切にして良好な関係を保つ

    コミュニケーションを大切にして、良好な関係を保つことも浮気を防ぐ上で重要です。

    浮気のリスクを高める要因の一つとして「コミュニケーション不足」が考えられています。

    そのため、パートナーとの対話を大切にし、良好な関係を維持することが必要不可欠なのです。

    コミュニケーションを大切にするために重要なことは以下の通りです。

    • regular conversations: 定期的な会話
    • active listening: 積極的な傾聴
    • expressing feelings: 感情の表現

    つまり、パートナーと定期的に会話を交わし、お互いの近況を共有することが大切です。

    また、相手の話に耳を傾け、積極的に傾聴することが重要なのです。 さらに、自分の感情を素直に表現し、相手の感情を受け止めることが必要不可欠です。

    こうしたコミュニケーションを通じて、パートナーとの絆を深めることができるでしょう。

    コミュニケーションを大切にし、良好な関係を保つことは、浮気を防ぐ上で非常に重要だと言えます。

    最後に

    浮気性の人には、ある共通の性格的特徴があることが分かりましたね。

    誠実性が低く、協調性に欠けている人は、浮気をしやすい傾向にあります。

    また、情緒不安定な人や外向的な女性も、浮気のリスクが高いと言えるでしょう。

    でも、パートナーの性格も浮気に大きな影響を与えることが明らかになりました。

    神経症傾向やナルシシズム傾向の高い妻を持つ夫は、浮気をしやすいんです。

    さらに、マキャベリアニズムやサイコパシーなどのダークな性格の人も、浮気のリスクが高いと言われています。

    ただ、こうした性格的特徴があるからといって、必ず浮気をするわけではありません。

    お互いの性格を理解し合い、コミュニケーションを大切にすることで、浮気を防ぐことができるんです。

    定期的に会話を交わし、相手の話に耳を傾け、感情を素直に表現することが重要ですね。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。言語IQ124。