コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » 日本人は真面目ではない、すごく不安で性格が悪い

日本人は真面目ではない、すごく不安で性格が悪い

    ダークテトラッド、性犯罪者

    こんにちは、トキワです。

    突然ですが、私自身、社会問題の当事者でした。

    貧困家庭育ちやいじめなどの経験があります。そのため20代はずっと社会問題の研究をしてきており、「悪者図鑑」という本の出版にまで至りました。

    悪者図鑑は「人間にどんな悪い影響があれば悪者になるのか」という研究成果なのですが、30代になってたまたま教育業界にくるようになり、現在は「良い影響」も調べています。

    いわゆる「才能(遺伝)と努力(環境)どっちが大事?」という問題ですが、調べたことですごく色々分かってきて楽しかったです。

    特に面白いと感じたものの一つに「性格(Personality)」があります。

    性格診断というと16personalitiesのMBTIが有名ですが、学術的にはそこまで信頼されていません。信頼されているのがビッグファイブです。

    ビッグファイブとは言葉の通り、性格を5つの要素で表現します。

    • Openness    :開放性(好奇心、美的感性、想像力)
    • Conscientiousness:誠実性(責任感、ルール)
    • Extraversion   :外向性(社交性、自己主張、反対は内向性)
    • Agreeableness  :協調性(思いやり、敬意、信用)
    • Neuroticism   :神経症傾向(不安、抑うつ、情緒不安定)

    今回はその性格の国際比較を紹介しますが、やっぱり日本に住んでいる以上、「日本人の性格」に焦点を当てていきます。

    「日本人ってやっぱり~~だよね」というイメージが色々覆されたので紹介していきます。

    日本人は真面目じゃないし協調性もない、陰キャで不安症

    では早速、日本人のビッグファイブから紹介していきます。参考にしている論文はこちらです。56か国、約1万8千人を対象に調査されています。以下、詳細は解説記事をご覧ください。

    概要を紹介すると、、、

    1つ目の外向性(Extraversion)は、平均より下の内向的な性格です。内向的だから「陰キャ」と表現していますが、内向的なことの良さはこちらをご覧ください。

    2つ目、協調性(Agreeableness)です。「和を以て貴しとなす」「空気を読む」の文化だとよく言われますが、実際のところは平均よりもかなり低くでています。

    あれ、じゃあ日本は何で他人に合わせてるのでしょうか?

    3つ目、神経症傾向(Neuroticism)。これがなかなかの衝撃だったのですが、日本は国際比較でダントツ1位です。日本人の大多数はすごく不安を感じています!

    おそらく人と違うことをして何か言われるのが不安だったり、だからコロナ後もずっとマスクをつけていたり、治安がいいのも「何となく変な人を排除」があるからだったりするのかもしれません。

    4つ目は、誠実性(Conscientiousness)です。こちらも国際比較でダントツの最下位で、「日本人は真面目」というイメージも、ただ実は不安なだけだったというのが分かりました。

    最後が開放性(Openness)で、こちらは香港とほぼ同じ値で、最下位です。アニメや漫画など創造性豊かな国民かと思えば、純粋な知的好奇心は実はかなり低いことが分かります。

    つまりまとめると、日本人は、真面目ではなく、協調性もなく、新しいものに興味ももたず、ただただ内向的で不安症な国民性なのです。

    都道府県ごとの分析・調査も行われています(論文)。いわゆる県民性ですが、地方のほうが不安傾向にあり、都会のほうが外向的・知的好奇心・誠実というのが分かりますが、県によっても違います。

    さらに神経症傾向&勤勉性と、内向性&外向性でまとめた図が以下です。51か国、1万2千人以上に自分がよく知っている他人を評価した結果となっています。この調査でも日本は「真面目ではなく、内向的で、不安」というのが分かります。

    ただ生物の進化の過程で、こういう性格になった側面ももちろんあるでしょう。例えば日本は地震や台風といった自然災害の影響を受けやすい場所に位置しており、それらを対策するために不安を感じやすくなったのかもしれません。

    不安で、自尊感情も、自己肯定感も、幸福度も低い

    この日本人の不安は他の調査では別の形で表れています。詳細は以下の記事で説明していますが、日本人の「自分をどれだけ愛せているかを測る指標」である自尊感情は年々下がっています。

    そして、不安や自尊感情よりも有名なのが、日本人の「自己肯定感」です。日本財団の18歳意識調査で「誇れる個性」や「憂鬱」などでネガティブな結果となっています。

    さらに、これも有名ですが、World Happiness Report 2023(世界幸福度レポート)でも日本は比較的低い順位であり、2023年は47位となっています。

    性格は遺伝要因もありますが、環境要因もあり、だいたい半々です(以下参考)。つまり不安などネガティブな感情が高まっているのは環境の影響もあるということです。環境については最後に紹介します。

    日本人は、不真面目だけじゃなく、優しくもない

    性格研究のなかに「ダークトライアド」と呼ばれるものがあります。これは自己愛症(ナルシシズム)、権謀術数主義(マキャベリズム)、精神病質(サイコパシー)の3つのことです。

    • ナルシシズム
      • 成長・発達の過程において他者に向けられるようになる愛情や愛着が、自分自身にだけ向いているような状態がナルシズムであり、誇大性・高い自尊心・エゴイズム・共感の欠如などの特徴
    • マキャベリズム
      • 対人操作・搾取・道徳観に対する冷笑的無視・自己中心・欺瞞・超合理的思考に基づく行動などの特徴がある。
    • サイコパシー
      • 継続的な反社会的行動・衝動性・利己主義・無反省という特徴がある。

    この国際比較を行った研究がありますが、アメリカ、オーストラリア、ブラジル、ハンガリー、ロシア、そして日本で比較すると、マキャベリアニズムとサイコパシーはもっとも高いことが分かっています。

    最後に

    いかがでしたでしょうか?

    私自身、小さい頃からずっと友達ができませんでした。

    しかし、大学生のときに海外留学にいき、そこで「あれ、日本人より比較的ポジティブで優しい人が多いのでは?」と感じました。

    その時は主観的な感想で終わってましたが、性格心理学の研究を見てみると、日本人の性格の悪さがしっかり検証されているではありませんか。

    皆さんも日本人と付き合うときは注意しましょう。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。言語IQ124。