コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » 富裕層の性格とは?努力した人と相続した人の違いを解説

富裕層の性格とは?努力した人と相続した人の違いを解説

    富裕層

    富裕層の性格的特徴とは何でしょうか。

    ドイツの研究チーム「The personality traits of self-made and inherited millionaires」による大規模な調査で明らかになりました。

    彼らは、一般の人々と比べて、リスクを恐れず、情緒的に安定し、新しいことに開かれた性格を持っているようです。

    特に、自分の力で富を築いた人は、相続で富を得た人よりも、こうした性格が顕著に表れていました。

    つまり、性格が経済的成功に影響を与えている可能性があるのです。

    また、富裕層の性格は、彼らの意思決定を通じて、社会全体にも影響を及ぼします。

    例えば、リスクを恐れない性格は、革新的な事業を生み出す原動力になる一方で、社会的な混乱を招く恐れもあります。

    富裕層の性格を理解することは、私たちの社会を分析する上で欠かせない視点と言えるでしょう。
    本記事では、富裕層の性格的特徴について、詳しく解説していきます。

    今回も、性格研究者で悪者図鑑著者のトキワ(@etokiwa999)が解説していきます。

    ※MBTI診断よりも科学的な性格診断は、こちらのHEXACO(ヘキサコ)診断!ビッグファイブに新しく1つの指標を追加して、性格のダークさ(サイコパスなど)がわかるようになりました。

    目次

    富裕層の性格特性とは?ドイツの大規模調査で明らかに

    ドイツの研究者が富裕層と一般の人の性格特性を比較

    研究者たちが、富裕層と一般の人々の性格特性を比較する大規模な調査を行いました。
    この研究は、富裕層の性格特性を理解することを目的としています。
    また、富裕層の中でも自力で富を築いた人と相続した人の性格特性の違いにも着目しました。
    研究チームは、以下の2つの大規模なサンプルを用いて分析を行いました。

    • 一般の人々のサンプル(23,721人)
    • 富裕層のサンプル(1,125人)

    この研究は、富裕層の性格特性を明らかにするだけでなく、その特性が社会に与える影響についても議論しています。彼らの性格特性を理解することは、彼らの意思決定や社会全体への影響を考える上で重要な知見となるでしょう。

    富裕層は個人資産100万ユーロ以上、ドイツ人口の上位1.6%

    富裕層のサンプルは、個人の純資産が100万ユーロ以上ある人々で構成されています。

    これはドイツ人口の上位1.6%に相当します。

    一方、一般の人々のサンプルは、富裕層以外の大多数の人々を代表しています。

    この2つのグループを比較することで、富裕層の性格特性の特徴が明らかになります。

    なお、純資産とは、個人が所有する資産の総額から、負債の総額を差し引いたものを指します。

    この研究では、個人レベルでの純資産を用いることで、より正確に富裕層を特定しています。

    一般の人のサンプルは23,721人、富裕層は1,125人

    この研究では、一般の人々のサンプルとして23,721人、富裕層のサンプルとして1,125人のデータを用いました。
    さらに、富裕層の中でも資産が500万ユーロ以上の人が190人、1000万ユーロ以上の人が61人含まれています。
    このように大規模なサンプルを用いることで、統計的に信頼性の高い結果が得られます。
    加えて、一般の人々と富裕層のサンプル数に大きな差があることから、両者の性格特性の違いが明確に示されると期待できます。
    十分なサンプル数を確保することは、信頼できる研究結果を得るために不可欠です。この研究は、大規模なサンプルを用いることで、富裕層の性格特性について説得力のある結論を導き出しています。

    富裕層は一般の人よりリスク許容度が高かった

    富裕層は一般の人よりもリスク許容度が高いことが明らかになりました。
    これは、富裕層がリスクを取る傾向が強いことを意味します。
    研究では、リスク許容度を測定するために、0から10までのスケールを用いて自己評価を行っています。
    その結果、富裕層のリスク許容度は一般の人に比べて有意に高いことが示されました(t(1252)=21.97, p<0.001; D=0.63)。
    リスク許容度の高さは、以下のような行動と関連しています。

    • 起業家精神
    • 株式保有
    • 投資行動

    ただし、過度なリスク許容度は、楽観的すぎる意思決定や、場合によっては損失にもつながる可能性があります。

    彼らのリスク許容度の高さは、経済的成功の要因の一つと考えられますが、同時に社会全体に影響を及ぼす可能性も秘めています。

    富裕層は一般の人より情緒的に安定していた

    富裕層は一般の人に比べて、情緒的に安定していることが明らかになりました。
    情緒的安定性は、ネガティブな感情を感じにくく、ストレスに強いことを意味します。
    研究では、神経症傾向の低さが情緒的安定性の指標として用いられました。
    その結果、富裕層は一般の人よりも神経症傾向が有意に低いことが示されました(t(1239)=−16.72, p<0.001; D=−0.50)。
    情緒的安定性の高さは、以下のような特徴と関連しています。

    • ストレス耐性
    • 冷静な判断力
    • 適応力

    情緒的に安定していることで、富裕層は困難な状況においても冷静に対処できると考えられます。この特性は、ビジネスや投資における意思決定に有利に働く可能性があります。

    彼らの情緒的安定性は、彼らの成功を支える重要な性格特性の一つと言えるでしょう。

    富裕層は一般の人より開放性が高かった

    富裕層は一般の人に比べて、開放性が高いことが明らかになりました。
    開放性とは、新しいアイデアや経験に対する好奇心や受容性を意味します。
    研究の結果、富裕層の開放性は一般の人よりも有意に高いことが示されました(t(1241)=10.99, p<0.001; D=0.33)。
    開放性の高さは、以下のような特徴と関連しています。

    • 創造性
    • 柔軟性
    • 多様性の受容

    開放性が高いことで、富裕層は新しい機会を積極的に探求し、変化に適応しやすいと考えられます。
    これは、イノベーションを生み出し、ビジネスを成長させる上で重要な特性です。
    また、多様な考えを受け入れることで、幅広いネットワークを構築することにもつながります。
    富裕層の開放性は、彼らの成功を後押しする重要な性格特性の一つと言えます。新しいアイデアや経験に対する好奇心が、富裕層の活躍の原動力となっているのかもしれません。

    富裕層は一般の人より外向的だった

    富裕層は一般の人に比べて、外向的であることが明らかになりました。
    外向性とは、社交的で活動的、積極的な特徴を示します。
    研究の結果、富裕層の外向性は一般の人よりも有意に高いことが示されました(t(1239)=7.29, p<0.001; D=0.22)。
    外向性の高さは、以下のような特徴と関連しています。

    • 社交性
    • リーダーシップ
    • 自己主張

    外向的な性格は、人脈を広げ、ビジネスチャンスを獲得する上で有利に働くと考えられます。
    また、自己主張することで、自分のアイデアを効果的に伝え、他者を巻き込むことができます。
    リーダーシップを発揮し、チームを導く能力も外向性と関連しています。
    富裕層の外向性は、彼らの成功を支える重要な性格特性の一つと言えるでしょう。積極的に人と交流し、自分の考えを伝える力が、富裕層の影響力の源泉となっているのかもしれません。

    富裕層は一般の人より誠実だった

    富裕層は一般の人に比べて、誠実であることが明らかになりました。
    誠実性とは、規律正しく、信頼できる特徴を示します。
    研究の結果、富裕層の誠実性は一般の人よりも有意に高いことが示されました(t(1242)=5.97, p<0.001; D=0.18)。
    誠実性の高さは、以下のような特徴と関連しています。

    • 責任感
    • 自己規律
    • 計画性

    誠実な性格は、目標に向かって着実に努力する姿勢につながります。
    また、自己規律を保ち、計画的に行動することで、長期的な成功を収めやすくなると考えられます。
    責任感の強さは、他者からの信頼を獲得する上でも重要です。
    富裕層の誠実性は、彼らの成功を支える重要な性格特性の一つと言えるでしょう。規律正しく、信頼される人物であることが、富裕層の地位を確立する鍵となっているのかもしれません。

    自力で富を築いた人と相続した人の性格特性の違い

    富裕層の中でも自力で富を築いた人と相続した人で性格特性が異なる

    富裕層の中でも、自力で富を築いた人と相続によって富を得た人では、性格特性に違いがあることが明らかになりました。
    この研究では、富裕層を以下の3つのグループに分類しています。

    • 自力で富を築いた人(self-made)
    • 相続によって富を得た人(inheritor)
    • 混合型・不明な人(mixed/unspecified)

    自力で富を築いた人は、起業家精神や自己雇用が富の主な源泉となっています。
    一方、相続によって富を得た人は、贈与、相続、結婚が富の主な源泉です。
    混合型・不明な人は、これらの特徴が混在しているか、明確でない人々を指します。
    研究の結果、自力で富を築いた人と相続によって富を得た人の間には、いくつかの性格特性の違いが見られました。この違いは、富の獲得方法と性格特性の関連性を示唆するものです。

    自力で富を築いた人は相続した人よりリスク許容度が高い

    自力で富を築いた人は、相続によって富を得た人よりも、リスク許容度が高いことが明らかになりました。
    研究の結果、自力で富を築いた人のリスク許容度は、相続によって富を得た人よりも有意に高いことが示されました。
    このことから、リスク許容度の高さが、自力での富の獲得に関連している可能性が示唆されます。
    リスク許容度の高い人は、以下のような特徴を持っていると考えられます。

    • 挑戦的な目標を設定する
    • 不確実な状況でも行動を起こす
    • 失敗を恐れずに新しいことに取り組む

    自力で富を築くためには、リスクを取る勇気と行動力が必要不可欠です。
    一方、相続によって富を得た人は、リスクを取る必要性が相対的に低いと考えられます。
    リスク許容度の違いは、富の獲得方法の違いを反映していると言えるでしょう。

    自力で富を築いた人は相続した人より情緒的に安定

    自力で富を築いた人は、相続によって富を得た人よりも、情緒的に安定していることが明らかになりました。
    研究の結果、自力で富を築いた人の神経症傾向は、相続によって富を得た人よりも有意に低いことが示されました。
    このことから、情緒的安定性の高さが、自力での富の獲得に関連している可能性が示唆されます。
    情緒的に安定した人は、以下のような特徴を持っていると考えられます。

    • ストレスに強い
    • 困難な状況でも冷静に対処できる
    • ネガティブな感情に振り回されにくい

    自力で富を築くためには、様々な困難や挫折に直面することが予想されます。
    そのような状況でも、情緒的に安定していることで、合理的な判断を下すことができると考えられます。
    一方、相続によって富を得た人は、自ら困難に立ち向かう必要性が相対的に低いと考えられます。
    情緒的安定性の違いは、富の獲得方法の違いを反映していると言えるでしょう。

    自力で富を築いた人は相続した人より開放的

    自力で富を築いた人は、相続によって富を得た人よりも、開放的であることが明らかになりました。
    研究の結果、自力で富を築いた人の開放性は、相続によって富を得た人よりも有意に高いことが示されました。
    このことから、開放性の高さが、自力での富の獲得に関連している可能性が示唆されます。
    開放性の高い人は、以下のような特徴を持っていると考えられます。

    • 新しいアイデアや経験に対して好奇心を持つ
    • 変化を受け入れ、適応することができる
    • 創造性やイノベーションを重視する

    自力で富を築くためには、新しい機会を積極的に探求し、変化に対応することが求められます。
    開放性の高さは、そのような挑戦的な環境に適応する上で有利に働くと考えられます。

    一方、相続によって富を得た人は、既存の枠組みの中で行動することが多いかもしれません。 開放性の違いは、富の獲得方法の違いを反映していると言えるでしょう。

    自力で富を築いた人は相続した人より外向的

    自力で富を築いた人は、相続によって富を得た人よりも、外向的であることが明らかになりました。

    研究の結果、自力で富を築いた人の外向性は、相続によって富を得た人よりも有意に高いことが示されました。 このことから、外向性の高さが、自力での富の獲得に関連している可能性が示唆されます。

    外向性の高い人は、以下のような特徴を持っていると考えられます。

    • 社交的で人脈を広げることができる
    • 自己主張が強く、リーダーシップを発揮しやすい
    • 積極的にコミュニケーションを取ることができる

    自力で富を築くためには、人との交流を通じて機会を見出し、自分のアイデアを効果的に伝える必要があります。 外向性の高さは、そのようなソーシャルスキルの向上に役立つと考えられます。

    一方、相続によって富を得た人は、人間関係の構築に頼る必要性が相対的に低いと考えられます。 外向性の違いは、富の獲得方法の違いを反映していると言えるでしょう。

    自力で富を築いた人は相続した人より誠実

    自力で富を築いた人は、相続によって富を得た人よりも、誠実であることが明らかになりました。

    研究の結果、自力で富を築いた人の誠実性は、相続によって富を得た人よりも有意に高いことが示されました。 このことから、誠実性の高さが、自力での富の獲得に関連している可能性が示唆されます。

    誠実性の高い人は、以下のような特徴を持っていると考えられます。

    • 規律正しく、計画的に行動することができる
    • 責任感が強く、他者からの信頼を獲得しやすい
    • 倫理観を持ち、正直に行動することができる

    自力で富を築くためには、目標に向かって着実に努力し、他者からの信頼を獲得することが重要です。 誠実性の高さは、そのような行動様式を支える基盤となると考えられます。

    一方、相続によって富を得た人は、自ら規律を保つ必要性が相対的に低いと考えられます。 誠実性の違いは、富の獲得方法の違いを反映していると言えるでしょう。

    自力で富を築いた人の誠実性の高さは、彼らの成功を後押しする重要な性格特性の一つと考えられます。

    一般の人の中でも自力で成功した人は富裕層に似た性格特性

    一般の人の中で自力で成功した人は富裕層の性格特性に近い

    自力で成功した人は、富裕層に似た性格特性を持っていることが明らかになりました。

    この研究では、一般の人々のサンプルの中から、自力で成功した人を特定し、その性格特性を分析しました。 その結果、一般の人の中の自力で成功した人は、以下のような特徴を示しました。

    • リスク許容度が高い
    • 情緒的に安定している
    • 開放性が高い
    • 外向的である
    • 誠実である

    これらの特徴は、富裕層の性格特性と共通しています。 つまり、一般の人の中でも、自力で成功した人は、富裕層に似た性格特性を持っていると言えます。

    この結果は、性格特性が自力での成功に関連している可能性を示唆しています。

    一般の人の中でも、富裕層に似た性格特性を持つ人は、自力で成功を収める可能性が高いのかもしれません。ただし、性格特性だけでなく、その他の要因も成功に影響を与えると考えられます。

    ただし富裕層の自力で成功した人ほど顕著ではない

    一般の人の中の自力で成功した人は、富裕層に似た性格特性を持っていましたが、その特徴は富裕層の自力で成功した人ほど顕著ではありませんでした。

    研究の結果、一般の人の中の自力で成功した人の性格特性は、富裕層の自力で成功した人と比べると、以下のような違いが見られました。

    • リスク許容度がやや低い
    • 情緒的安定性がやや低い
    • 開放性がやや低い
    • 外向性がやや低い
    • 誠実性がやや低い

    これらの違いは、一般の人と富裕層の間にある、資産や教育、能力などの差を反映していると考えられます。

    つまり、富裕層の自力で成功した人は、より優れた環境や資源を活用することで、性格特性をより効果的に発揮できるのかもしれません。

    一方、一般の人の中の自力で成功した人は、限られた環境や資源の中で、性格特性を活かして成功を収めていると考えられます。

    ただし、一般の人の中でも自力で成功した人の存在は、性格特性と成功の関連性を示唆するものです。性格特性は、自力での成功を後押しする重要な要因の一つと言えるでしょう。

    富裕層の中でもリスク許容度が高い人ほど裕福だった

    富裕層の中でも、特にリスク許容度が高い人ほど、より裕福であることが明らかになりました。

    この研究では、富裕層の中でも特に自力で富を築いた人に着目し、彼らの性格特性と資産の関係を分析しました。 その結果、以下のようなことが示されました。

    • リスク許容度が高いほど、資産が多い傾向がある
    • 他の性格特性よりも、リスク許容度が資産と強く関連している

    つまり、富裕層の中でも、リスク許容度の高さが、より高い経済的成功につながっていると考えられます。

    リスク許容度の高い人は、チャンスを積極的に掴み、大胆な投資を行うことで、資産を増やすことができるのかもしれません。

    また、リスク許容度の高さは、起業家精神とも関連していると考えられます。 新しいビジネスを立ち上げるには、一定のリスクを取る必要がありますが、そのリスクを受け入れる姿勢が、成功の鍵となる可能性があります。

    この結果は、リスク許容度が経済的成功の重要な要因であることを示唆しています。ただし、過度なリスク追求は、失敗のリスクも高めることに注意が必要です。

    富裕層の性格特性が社会に与える影響

    富裕層は政治や社会に大きな影響力を持つ

    彼ら彼女らは、政治や社会に大きな影響力を持っています。 彼らは、以下のような手段を通じて、自分たちの考えを広め、社会をリードしています。

    • 財団やロビー活動を通じた政策提言
    • メディアキャンペーンを通じた世論形成
    • 投資家や雇用主としての経済的影響力

    富裕層は、自分たちの経済力を活用して、政治家や政策立案者に働きかけを行います。 また、メディアを通じて自分たちのアイデアを広め、社会の価値観に影響を与えることができます。

    さらに、投資家や雇用主として、企業の意思決定に直接的な影響力を持っています。 このように、富裕層は、政治、経済、社会のあらゆる側面に大きな影響力を持っていると言えます。

    彼らの考えや行動が、社会全体の方向性を左右する可能性があります。

    富裕層の性格特性は彼らの意思決定に影響し、社会全体に影響する

    富裕層の性格特性は、彼らの意思決定に影響を与え、その結果、社会全体にも影響を及ぼします。 例えば、以下のような影響が考えられます。

    • リスク許容度の高さは、大胆な投資や事業展開につながる
    • 開放性の高さは、イノベーションや新しいアイデアの導入を促進する
    • 外向性の高さは、人脈形成やコミュニケーションを通じた影響力の拡大につながる

    富裕層のリスク許容度の高さは、新しい事業への投資や、チャレンジングなプロジェクトの推進につながります。

    これらの取り組みは、経済の活性化や技術革新を促進する可能性があります。 また、開放性の高さは、新しいアイデアや多様な価値観を受け入れる土壌を作ります。 これは、社会の変化や発展に寄与すると考えられます。

    さらに、外向性の高さは、人脈形成やコミュニケーションを通じて、富裕層の影響力を拡大します。 彼らのアイデアや価値観は、より広く社会に浸透していくことになります。

    このように、富裕層の性格特性は、彼らの意思決定を通じて、社会全体に影響を与えていると言えます。

    富裕層のリスク許容度の高さは経済的成功に有利だが、社会的には不利益になる可能性も

    富裕層のリスク許容度の高さは、経済的成功には有利に働きますが、社会全体にとっては不利益になる可能性もあります。 リスク許容度の高い富裕層は、以下のような行動を取る傾向があります。

    • ハイリスク・ハイリターンの投資を好む
    • 新しいビジネスに積極的に取り組む
    • 既存のルールや慣習に縛られない独自の判断を下す

    これらの行動は、イノベーションを生み出し、経済の活性化につながる可能性があります。 実際、多くの成功したスタートアップは、リスクを恐れない起業家によって生み出されてきました。

    しかし、過度なリスク追求は、社会全体にとって不利益になる可能性もあります。 例えば、以下のような問題が考えられます。

    • ハイリスクな投資が失敗した場合の経済的損失
    • 規制を無視した事業展開による社会的混乱
    • 富裕層と一般の人々の間の格差拡大

    リスクを適切にコントロールできない場合、経済的な失敗や社会的な混乱を招く恐れがあります。

    また、富裕層のリスク追求が成功した場合でも、その利益が広く社会に分配されない可能性があります。

    これは、富裕層と一般の人々の間の格差を拡大し、社会の分断を招く恐れがあります。

    富裕層のリスク許容度の高さは、諸刃の剣と言えます。経済的成功を促進する一方で、社会的な不利益をもたらす可能性もあるのです。

    富裕層のリスク追求が社会に与える影響を注意深く見守る必要があるでしょう。

    最後に

    以上、富裕層の性格的特徴について見てきました。

    彼らは、一般の人々と比べて、リスクを恐れず、情緒的に安定し、新しいことに開かれた性格を持っています。

    特に、自分の力で富を築いた人は、相続で富を得た人よりも、こうした性格が顕著に表れていました。

    この結果は、性格が経済的成功に影響を与えている可能性を示唆しています。

    つまり、富裕層に特徴的な性格を持つ人は、自らの力で富を築きやすいのかもしれません。

    ただし、性格だけでなく、教育や環境など、他の要因も成功に影響を与えると考えられます。

    また、富裕層の性格は、社会全体にも影響を及ぼします。

    彼らのリスクを恐れない決断は、イノベーションを生み出す原動力になる一方で、社会的な混乱を招く恐れもあります。

    富裕層の影響力の大きさを考えると、彼らの性格を理解することは、とても重要だと言えるでしょう。

    私たちは、富裕層の性格的特徴を踏まえた上で、より良い社会のあり方を考えていく必要があります。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。