コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » 男女の違いの原因は文化ではなく進化の結果!論文紹介

男女の違いの原因は文化ではなく進化の結果!論文紹介

    男女の違いの原因、進化

    男女の違いの原因は何でしょうか。性格の違いは、生まれつきのものなのでしょうか。

    それとも、社会や文化の影響なのでしょうか。実は、この問題について、ある興味深い研究が行われています。

    Why Can’t a Man Be More Like a Woman? Sex Differences in Big Five Personality Traits Across 55 Cultures」という論文では、世界55カ国、1万7千人以上を対象に、性格の男女差を調査しました。

    その男女差の大きさは国によって異なっていました。豊かで平等な社会ほど、性格の男女差が大きくなる傾向があったのです

    この結果は、一見すると逆説的に感じられます。なぜ、平等な社会ほど男女の性格の違いが際立つのでしょうか。

    この記事では、この研究で明らかになった性格の男女差の文化差について詳しく解説します。

    また、その原因について、社会的役割説や進化心理学の視点から考察します。男女の違いの原因に迫りましょう。

    目次

    男女の違いの原因:どの程度普遍的なのか

    多くの国で女性の方が神経症傾向、外向性、協調性、誠実性が高い

    世界55カ国、1万7千人以上を対象とした大規模な研究によると、多くの国で女性は男性よりも神経症傾向、外向性、協調性、誠実性が高いことが分かりました。

    これらの性格特性における男女差は、文化や国を越えて一定の傾向があるようです。

    ただし、性格の男女差の大きさは国によって異なります。

    つまり、性格の男女差には普遍的な側面もありますが、文化の影響も受けているのです。

    性格の男女差が最も顕著だったのは神経症傾向でした。

    調査した55カ国のうち49カ国で、女性の方が男性よりも有意に神経症傾向が高かったのです。

    このように性格の男女差は一定の普遍性がありますが、その差の大きさは文化によって異なるのです。

    普遍性と文化特殊性の両面があると言えるでしょう。

    性格の男女差は文化によって大きく異なる

    性格の男女差の大きさは、国や文化によって大きく異なることが分かりました。

    特に、豊かで健康的で平等主義的な社会ほど、性格の男女差が大きくなる傾向があったのです。
    例えば、人間開発指数が高い国ほど性格の男女差が大きくなっていました。
    人間開発指数とは、平均寿命、教育水準、経済水準を総合した指標です。
    逆に、貧しく健康状態が悪く、男女不平等な社会では、性格の男女差は小さくなる傾向がありました。
    このように、性格の男女差は普遍的に存在しますが、その差の大きさは文化によって大きく異なるのです。
    文化のあり方が、性格の男女差に影響を与えていると考えられます。

    男女の性格差が最も大きいのは神経症傾向

    性格の男女差が最も顕著だったのは、神経症傾向でした。
    神経症傾向とは、不安になりやすく、情緒が不安定になりやすい傾向のことです。
    調査した55カ国のうち49カ国で、女性の方が男性よりも有意に神経症傾向が高かったのです。
    特にモロッコとイスラエルでは、神経症傾向の男女差が非常に大きく、効果量dが0.80以上でした。
    効果量dは差の大きさを表す指標で、0.80以上だと「大きい」と判断されます。
    このように、神経症傾向における性格の男女差は、非常に大きいと言えるでしょう。
    一方で、バングラデシュ、タンザニア、エチオピアなど発展途上国では、神経症傾向の男女差はほとんどありませんでした。
    神経症傾向の男女差は、豊かで平等な社会ほど大きくなる傾向があるのです。

    開放性には一貫した男女差がない

    この特性は、知的好奇心や想像力、美的感受性などに関わる性格特性です。
    開放性については、一貫した男女差は見られませんでした。
    55カ国中37カ国では男性の方が高い開放性を示しましたが、18カ国では女性の方が高い開放性を示したのです。
    男女差が有意だったのは、男性の方が高かった国が8カ国、女性の方が高かった国が4カ国でした。
    このように、開放性には一定の男女差がないと言えます。
    これは、開放性の側面によって男女差の方向が異なるからだと考えられます。
    例えば、心情や感情への開放性は女性の方が高いですが、アイデアへの開放性は男性の方が高い傾向があります。
    開放性全体では、このような側面ごとの違いが相殺され、一貫した男女差が現れなかったのかもしれません。
    開放性は、他の4つの性格特性とは異なり、男女差が文化によって異なる傾向が見られました。

    男女の違いの原因は何か

    社会的役割説では性格の男女差の文化差を説明できない

    社会的役割理論は、男女の違いの原因を説明できないことが分かりました。

    これは、男女の性格の違いは、社会的な役割の違いによって生じるという考え方です。
    しかし、今回の研究では逆の結果が得られました。
    つまり、男女の社会的役割の差が小さい国ほど、性格の男女差が大きかったのです。
    伝統的な社会では男女の役割分担が明確ですが、そのような社会では性格の男女差は小さくなっていました。
    一方、男女平等が進んだ社会では、性格の男女差が大きくなる傾向があったのです。
    このように、社会的役割理論では性格の男女差の文化差を説明できないことが明らかになりました。
    性格の男女差を生み出す原因は、他にあると考えられます。

    ジェンダー平等が高い国ほど性格の男女差は大きい

    ジェンダー平等の程度が高い国ほど、性格の男女差が大きくなることが分かりました。

    今回の研究では、8つのジェンダー平等指標を用いて分析を行いました。

    • ジェンダー・エンパワーメント指数(GEM)
    • ジェンダー開発指数(GDI)
    • 男女の所得比
    • 専門職・技術職に就く女性の割合
    • 男女の喫煙率の差
    • 男女の就学率の差

    など、様々な側面からジェンダー平等の程度を測定しました。
    その結果、これらの指標が高い国ほど、つまりジェンダー平等が進んでいる国ほど、性格の男女差が大きくなっていたのです。
    この結果は、社会的役割理論とは反対の結果です。
    ジェンダー平等が進むと、性格の男女差は小さくなるのではなく、逆に大きくなるのです。
    ジェンダー平等の程度が、性格の男女差に影響を与えていることが明らかになりました。

    性格の測定方法の問題でもない

    性格の男女差の文化差は、性格の測定方法の問題では説明できないことが分かりました。

    例えば、文化によって質問項目への反応の仕方が異なり、それが見かけ上の男女差を生み出している可能性があります。
    しかし、今回の研究ではこの可能性を検討し、否定しました。
    具体的には、以下のような指標を用いて分析を行いました。

    • 質問項目への一貫した回答の程度(内的整合性)
    • 肯定的な項目と否定的な項目への反応の違い
    • 項目内容に関係なく「はい」と答える傾向(同意バイアス)

    その結果、これらの指標は性格の男女差とある程度関連していましたが、人間開発指数の影響を統制すると、ほとんど関連がなくなったのです。
    つまり、性格の測定方法の問題は、性格の男女差の文化差の原因ではないと考えられます。
    性格の男女差の文化差は、測定方法の問題では説明できないのです。

    人間開発指数が高い国ほど性格の男女差は大きい

    人間開発指数が高い国ほど、性格の男女差が大きくなることが分かりました。

    これは、平均寿命、教育水準、経済水準を総合した指標です。
    言い換えれば、長寿で健康的な生活が保障され、教育を受ける機会が平等に与えられ、経済的に豊かな国ほど、性格の男女差が大きくなるのです。
    実際、今回の研究では、以下のような指標と性格の男女差の関連を検討しました。

    • 一人当たりのGDP
    • 平均寿命
    • 教育を受けている人の割合
    • ジニ係数(所得格差の指標)

    その結果、これらの指標は性格の男女差と有意な正の相関を示しました。
    つまり、社会の発展と性格の男女差の拡大は密接に関連しているのです。
    社会の発展に伴って、性格の男女差が大きくなる傾向があると言えるでしょう。

    男女の違いの原因:違いの拡大は主に男性の性格の変化

    男女の性格差の拡大は、主に男性の性格が変化することによって生じていることが分かりました。

    今回の研究では、神経症傾向、外向性、協調性、誠実性の4つの性格特性の平均値と、人間開発指数との関連を、男女別に検討しました。

    その結果、人間開発指数と有意な相関があったのは、男性の性格特性の平均値だったのです。

    つまり、社会が発展するにつれて、男性の性格特性が大きく変化しているのです。

    一方、女性の性格特性の平均値は、人間開発指数とあまり関連がありませんでした。

    言い換えれば、社会の発展に伴う性格の変化は、主に男性に生じているのです。

    このことから、男女の性格差の拡大は、主に男性の性格が女性から離れていくことによって生じていると考えられます。

    伝統的社会では男性も女性的な性格特性を持っていますが、社会が発展するにつれて、男性は女性とは異なる性格特性を持つようになるのかもしれません。

    進化心理学は男女の違いの原因をどう説明するか

    男女の違いの原因:「性選択圧」

    進化心理学は、性選択圧が男女の性格の違いを生み出したと考えています。

    性選択圧とは、異性からより好まれる形質が次世代に受け継がれやすくなる進化の圧力のことです。
    進化心理学では、男女で性選択圧が異なるため、男女で異なる性格が進化したと考えるのです。
    具体的には、以下のようなことが考えられています。

    • 男性は複数のパートナーを持つことで子孫を増やせるため、リスクを取る性格が有利だった
    • 女性は子育てに時間がかかるため、慎重で協調的な性格が有利だった
    • 男性は狩猟や闘争に関わることが多かったため、身体能力や支配性が重視された
    • 女性は育児や交流会に関わることが多かったため、共感性や言語能力が重視された

    このように、男女で異なる性選択圧が働いた結果、男女で異なる性格が進化したと考えられています。
    性選択圧は文化を超えて働くため、男女の性格差には一定の普遍性があると考えられます。

    男性はリスクを取り、女性は養育的になるよう進化した

    子孫を残すためにリスクを取る性格へと男性は進化し、女性は子育てに有利な養育的な性格へと進化したと考えられています。

    男性は複数のパートナーを持つことで子孫を増やせるため、リスクを取ってでも交尾相手を増やそうとする性格が進化したのです。
    一方、女性は妊娠・出産・育児に時間がかかるため、じっくりと子育てに向いた養育的な性格が進化したと考えられています。
    このように性選択圧の性差により、男女で異なる性格が進化したのです。
    男女の性格差は、このような進化の産物だと考えることができます。
    ただし、これはあくまで進化心理学の仮説であり、実証が必要です。
    また、現代社会では必ずしも当てはまらない場合もあるでしょう。
    進化心理学は男女の性格差を説明する一つの視点ですが、だからと言って性差を正当化するものではありません。

    男女の違いの原因:狩猟採集社会では性格の男女差が大きかった

    狩猟採集社会では、男女の役割分担が明確で、性格の男女差が大きかったと考えられています。

    男性は狩猟を担当し、女性は採集を担当することが多かったようです。
    このような役割分担は、それぞれに有利な性格の進化を促したと考えられます。
    例えば、以下のようなことが考えられます。

    • 狩猟には身体能力やリスクテイキング、空間認知力が重要であり、男性的な性格が有利だった
    • 採集には体力よりも忍耐力や協調性、言語能力が重要であり、女性的な性格が有利だった
    • 男性は集団間の闘争に関わることが多く、攻撃性や支配性が必要とされた
    • 女性は育児や集団内の調整に関わることが多く、共感性や調停能力が必要とされた

    このように、狩猟採集社会での役割分担が、性格の男女差を進化させたと考えられます。

    当時の環境では、性格の男女差が適応的だったのかもしれません。 現代社会とは異なる適応環境だったことを考慮する必要があります。

    ただし、これはあくまで仮説であり、狩猟採集社会の実態は多様だったと考えられています。 一概に性格の男女差が大きかったとは言えないでしょう。

    また、現代の狩猟採集民の性格を調べる必要もあります。

    男女の違いの原因:農耕社会になると性格の男女差は抑制された

    農耕社会になると、狩猟採集社会ほどの性格の男女差は見られなくなったと考えられています。

    男女の役割分担が狩猟採集社会ほど明確ではなくなります。

    例えば、農作業は男女共同で行われることが多かったようです。 このため、農耕社会では男女の性格が似てくる傾向があったと考えられます。

    また、農耕社会では社会構造が複雑になり、狩猟採集社会とは異なる適応が必要になります。 例えば、以下のような変化が生じたと考えられます。

    • 財産の継承が重要になり、男女の経済力の差が小さくなった
    • 家父長制が広まり、男性の支配性が抑制された
    • 宗教の影響で性の二重基準が生まれ、女性の性的抑圧が強まった

    このような社会の変化により、男女の性格差は抑制された可能性があります。

    ただし、農耕社会にも多様性があり、一概には言えません。 時代や地域によって、状況は異なっていたでしょう。

    男女の違いの原因:現代社会では再び性格の男女差が拡大した

    現代社会では、再び性格の男女差が拡大していると考えられています。

    農耕社会よりもむしろ狩猟採集社会に近い側面があると指摘されています。 例えば、以下のような点が挙げられます。

    • 自由恋愛が一般的になり、性選択圧が再び高まった
    • ジェンダー平等の影響で、男女の役割分担が曖昧になった
    • 個人主義の影響で、個人の性格が重視されるようになった

    このような現代社会の特徴は、狩猟採集社会に近いと言えます。 そのため、現代社会では性格の男女差が再び拡大している可能性があります。

    ただし、現代社会はあくまで狩猟採集社会に近いだけであり、完全に同じではありません。 現代社会特有の適応も必要とされているでしょう。

    また、文化によっても状況は異なります。 一概に性格の男女差が拡大しているとは言えないかもしれません。

    男女の身長や血圧と性格の共通点

    豊かな国ほど身長や血圧の男女差も大きい

    身長や血圧の男女差も、豊かな国ほど大きくなる傾向があります。

    例えば、先進国では男性の方が女性よりも平均身長が高いですが、途上国ではその差は小さくなります。 血圧についても同様の傾向が見られます。

    先進国では男性の方が女性よりも血圧が高いですが、途上国ではその差は小さくなるのです。 このように身体的な男女差は、社会の発展度合いと関連していると考えられます。

    豊かな国では、男女の身体的な違いがより顕著に表れるのかもしれません。

    貧しい国では、男女ともに十分な栄養を取れないため、身体的な男女差が小さくなるのかもしれません。

    身長や血圧の男女差は、環境要因の影響を受けていると考えられます。

    制約の少ない環境では生得的な男女差が現れやすい

    身長や血圧の男女差は、遺伝的な要因と環境的な要因の両方の影響を受けていると考えられています。

    遺伝的な要因は、性染色体の違いや性ホルモンの影響などが考えられます。 一方、環境的な要因は、栄養状態や社会的ストレスなどが考えられます。

    豊かな国では、環境的な制約が少ないため、遺伝的な男女差が表れやすいと考えられます。 例えば、十分な栄養が得られる環境では、遺伝的に決まっている身長の男女差が表れやすくなります。

    一方、貧しい国では環境的な制約が大きいため、遺伝的な男女差が表れにくくなると考えられます。

    栄養不足などのストレスにさらされると、遺伝的な男女差は抑制されてしまうのです。

    このように、制約の少ない環境では、生得的な男女差が表れやすいと言えます。

    男女の性格差も同様のパターンを示す

    性格の男女差も、身長や血圧の男女差と同様のパターンを示していると考えられます。

    つまり、豊かで平等な社会ほど、性格の男女差が大きくなる傾向があるのです。

    これは、制約の少ない環境では、生得的な性格の男女差が表れやすいためだと考えられます。 貧しい社会では、男女とも厳しい環境にさらされるため、性格の男女差は抑制されます。

    一方、豊かな社会では、そのような制約がないため、生得的な性格の違いが表れやすくなるのです。

    このように考えると、性格の男女差も、身長や血圧の男女差と同じメカニズムで生じている可能性があります。

    つまり、遺伝的な要因と環境的な要因の相互作用によって、性格の男女差が決まっているのかもしれません。

    ただし、これはあくまで仮説であり、検証が必要です。

    性格の男女差の起源を考える手がかりになる

    身長や血圧の男女差と性格の男女差の類似性は、性格の男女差の起源を考える上で重要な手がかりになります。

    身長や血圧の男女差には、遺伝的な要因が関わっていると考えられています。

    そして、その遺伝的な男女差は、豊かな環境では表れやすく、貧しい環境では表れにくいと考えられています。

    性格の男女差も同様のパターンを示すことから、性格の男女差にも遺伝的な要因が関わっている可能性が高いと言えます。

    つまり、性格の男女差は、身体的な男女差と同じように、遺伝と環境の相互作用で生じているのかもしれません。

    これは、性格の男女差を理解する上で重要な視点だと考えられます。

    ただし、身体的な男女差と性格の男女差が完全に同じメカニズムで生じているとは限りません。

    性格はより複雑な形質であり、単純に遺伝と環境の相互作用で決まるわけではないでしょう。 今後さらなる研究が必要です。

    男女の違いの原因についてのまとめ

    性格には一定の男女差がある

    性格には一定の男女差があることが分かっています。

    特に、女性は男性よりも神経症傾向、外向性、協調性、誠実性が高い傾向があります。

    この傾向は、多くの国で共通して見られます。 ただし、男女差の大きさは国によって異なります。 また、開放性については一貫した男女差は見られません。

    このように、性格の男女差には普遍性と多様性の両面があると言えます。

    性格の男女差は、文化を超えて存在しますが、その表れ方は文化によって異なるのです。

    性格の男女差を理解するには、生物学的な要因と文化的な要因の両方を考慮する必要があります。

    男女の違いの原因:豊かで平等な社会ほど違いが大きい

    性格の男女差は、豊かで平等な社会ほど大きくなる傾向があります。

    これは、一見逆説的な結果です。 性差が大きい社会では、男女の役割分担が明確で、性格の男女差も大きいように思えます。

    しかし、実際には逆の傾向が見られたのです。 男女平等が進んだ社会ほど、性格の男女差が拡大していました。

    これは、平等な社会では、男女の生得的な性格の違いが表れやすいためだと考えられます。

    一方、男女不平等な社会では、男女の性格は似通ってくるのかもしれません。 このように、性格の男女差は、社会の状況と密接に関わっていると言えます。

    男女の違いの原因:性選択圧である可能性がある

    男女の違いの原因は、進化の過程で形作られた可能性があります。

    進化心理学では、性選択圧が男女の違いの原因を生み出したと考えられています。

    つまり、男女で異なる性選択圧が働いた結果、男女で異なる性格が進化したというのです。

    例えば、男性はリスクを取る性格が、女性は養育的な性格が有利だったのかもしれません。

    このような性選択圧は文化を超えて働くため、性格の男女差には普遍性があると考えられます。 ただし、これはあくまで仮説であり、検証が必要です。

    また、現代社会では必ずしも当てはまらない場合もあるでしょう。 性選択圧は男女の違いの原因を説明する一つの視点ですが、それですべてを説明できるわけではありません。

    身長や血圧の男女差と同様のパターンを示す

    性格の男女差は、身長や血圧の男女差と同様のパターンを示します。

    つまり、豊かな社会ほど男女差が大きくなる傾向があるのです。 これは、制約の少ない環境では、生得的な男女差が表れやすいためだと考えられています。

    身長や血圧の男女差には、遺伝的な要因が関わっていると考えられています。 性格の男女差も同様に、遺伝と環境の相互作用で生じている可能性があります。

    この類似性は、性格の男女差の起源を考える上で重要な手がかりになります。

    ただし、性格はより複雑な形質であり、単純に遺伝と環境の相互作用で決まるわけではないでしょう。

    性格の男女差のメカニズムを解明するには、さらなる研究が必要です。

    男女の性格差の研究は性差の起源の理解に役立つ

    男女の性格差の研究は、男女差の起源を理解する上で重要な意味を持ちます。

    性格は、行動や適応に直結する重要な特性です。 性格の男女差を理解することは、男女の行動の違いを理解することにつながります。

    また、性格の男女差の文化差を調べることで、男女差の生物学的基盤と文化の影響を分離して考えることができます。

    これは、男女差の起源を考える上で重要な視点です。 男女差を生物学的決定論に陥ることなく、また文化決定論に陥ることなく理解するには、性格の男女差の研究が役立つでしょう。

    ただし、性格の男女差の研究は、まだ発展途上の分野です。 今後のさらなる研究の蓄積が期待されます。

    性格の男女差の理解は、男女共同参画社会の実現にも寄与すると考えられます。

    ※この記事は以下の本に掲載された論文を参考に執筆しています。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。言語IQ124。