コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » 睡眠の質を上げるには性格を変える!寝れない理由の心理学

睡眠の質を上げるには性格を変える!寝れない理由の心理学

    睡眠

    睡眠は私たちにとって、とても大切なものです。

    勉強や部活動などで忙しい毎日を送る中、質の高い睡眠をとることは、心身の健康を保つ上で欠かせません。

    しかし、最近の研究で、性格が睡眠の質に影響を与えることが明らかになってきました。

    アメリカの研究チームは、620人の高齢者を対象に、性格と睡眠の関係を調査し、「Personality Traits and the Subjective and Objective Experience of Sleep」という論文を発表しました。

    その結果、神経症傾向が高く、外向性と誠実性が低い人ほど、睡眠の質が低下することがわかったのです。
    この研究結果は、私たちにも当てはまるのでしょうか?

    性格と睡眠の関係について、もっと詳しく見ていきましょう。

    性格は生まれつきのものだと思われがちですが、実は環境の影響を受けて形成されるものです。

    つまり、意識的に行動を変えていくことで、性格を改善することができるのです。

    良質な睡眠を得るためには、自分の性格を知り、改善すべき点に取り組むことが大切だといえます。

    この記事では、性格が睡眠に与える影響について解説すると共に、性格改善のための具体的な方法をご紹介します。

    ぜひ最後までお読みいただき、良質な睡眠を手に入れるためのヒントを見つけてください。

    今回も、性格研究者で悪者図鑑著者のトキワ(@etokiwa999)が解説していきます。

    ※MBTI診断よりも科学的な性格診断は、こちらのHEXACO(ヘキサコ)診断!ビッグファイブに新しく1つの指標を追加して、性格のダークさ(サイコパスなど)がわかるようになりました。

    性格特性と睡眠の関連性

    性格特性が睡眠に与える影響

    この性格特性は睡眠の質に大きな影響を与えます。
    特に、神経症傾向、外向性、誠実性が重要です。
    これらの性格特性のバランスが悪いと、睡眠の質が低下してしまうのです。
    一方で、開放性と協調性は睡眠の質にあまり関係がないようです。
    性格特性はストレス対処法や生活習慣にも影響するため、間接的に睡眠に作用すると考えられています。
    したがって、良質な睡眠のためには、自分の性格特性を理解し、適切にコントロールすることが大切です。
    睡眠の質を高めるには、性格特性のバランスを整えることが有効なアプローチだといえるでしょう。

    神経症傾向の高さが睡眠の質を下げる

    神経症傾向が高いと、睡眠の質が低下しやすいです。
    これは、不安やストレスを感じやすい性格特性のことです。
    この傾向が強いと、寝つきが悪くなったり、夜中に目が覚めやすくなったりします。
    また、神経症傾向の高い人は、睡眠時無呼吸になるリスクも高いといわれています。
    神経症傾向は、以下のような特徴があります。

    • ネガティブな感情を抱きやすい
    • 不安や心配が多い
    • ストレスへの耐性が低い
    • リラックスしにくい

    このような性格の人は、睡眠の質を高めるために、ストレス管理やリラクゼーション法を身につけることが大切です。
    自分なりのストレス対処法を見つけ、実践していきましょう。
    神経症傾向をコントロールすることで、ぐっすりと眠れる夜を取り戻せるはずです。

    外向性の低さが睡眠の質を下げる

    外向性が低いと、睡眠の質が低下する可能性があります。
    これは、社交的で活発な性格特性のことです。
    この特性が低い人は、人付き合いが苦手で内向的な傾向があります。
    外向性の低さは、以下のような問題につながるかもしれません。

    • 社会的な刺激が少なく、生活にメリハリがない
    • 運動不足になりやすい
    • ストレスを溜め込みやすい
    • 孤独感を感じやすい

    これらの問題は、睡眠の質の低下を招く恐れがあります。
    外向性を高めるためには、以下のようなことを心がけてみてください。

    • 趣味や習い事で、人との交流を持つ
    • 適度な運動を取り入れる
    • 気持ちを言葉にして表現する
    • 必要な時は、助けを求める

    外向性を高めることで、充実した社会生活を送れるようになり、良質な睡眠が得られるようになるでしょう。
    ただし、無理に外向的になろうとするのは逆効果です。
    自分のペースで、少しずつ外向性を高めていくことが大切です。

    誠実性の低さが睡眠の質を下げる

    誠実性が低いと、睡眠の質が低下しやすいです。
    これは、勤勉で計画的、自制心が強いという性格特性のことです。
    この特性が低い人は、怠惰で衝動的になりがちです。
    誠実性の低さは、以下のようなことにつながります。

    • 生活が不規則になる
    • 仕事や課題をためこみがち
    • 健康管理がおろそかになる
    • 目標を達成できない

    このような状態が続くと、ストレスが溜まり、睡眠の質が低下してしまいます。
    誠実性を高めるには、以下のようなことを実践してみましょう。

    • 規則正しい生活リズムを作る
    • ToDoリストを活用して、計画的に行動する
    • 締め切りを設けて、自己管理能力を高める
    • 達成可能な目標を立て、コツコツと取り組む

    誠実性を向上させることで、生活習慣が整い、心身ともに健康になれます。
    その結果、安定した睡眠が得られるようになるはずです。
    地道な努力が必要ですが、誠実性を高めることは人生全般においても役立つはずです。

    開放性と協調性は睡眠の質と関連性なし

    開放性と協調性は、睡眠の質にあまり関係がないようです。
    これは、知的好奇心が高く、新しいことに挑戦する性格特性のことです。
    また、協調性は、優しく思いやりがあり、人と協力するのが得意な性格特性を指します。
    これらの性格特性は、睡眠の質に直接的な影響を与えないと考えられています。
    ただし、他の性格特性との組み合わせによっては、間接的に睡眠に影響する可能性があります。
    例えば、開放性が高く、神経症傾向も高い人は、ストレスを感じやすいかもしれません。
    そのため、状況によっては、睡眠の質が低下する恐れがあります。
    一方、協調性が高く、外向性も高い人は、人間関係が良好で、ストレスが少ないかもしれません。
    それにより、睡眠の質が高まる可能性があります。
    このように、性格特性は複雑に絡み合っており、一概に判断することはできません。
    自分の性格特性を多角的に捉え、柔軟に対応することが重要だといえるでしょう。

    客観的データから見る性格特性と睡眠の関係

    アクチグラフを用いた睡眠の質の測定

    睡眠の質を客観的に測定する方法の一つに、アクチグラフがあります。
    アクチグラフは、手首に装着する小型の活動量計のことです。
    これを使うことで、睡眠中の体動を記録し、睡眠の状態を詳しく分析できます。
    アクチグラフでは、以下のようなデータを取得できます。

    • 入眠時間と起床時間
    • 睡眠時間の長さ
    • 中途覚醒の回数と時間
    • 睡眠の効率(睡眠時間÷就床時間)

    これらのデータを分析することで、睡眠の質を数値化し、客観的に評価できるのです。
    アクチグラフを使った睡眠研究では、性格特性との関連性も明らかになってきました。
    性格特性が睡眠に与える影響を、客観的なデータから解明できる点が、アクチグラフの大きな利点だといえます。
    ただし、アクチグラフには限界もあります。
    例えば、睡眠の深さや夢を見ているかどうかまでは分かりません。
    また、装着への慣れが必要な点も課題です。
    それでも、睡眠の質を客観的に測定できるアクチグラフは、非常に有用なツールだといえるでしょう。

    神経症傾向が高いと睡眠時無呼吸と睡眠の断片化が増加

    神経症傾向が高い人は、睡眠時無呼吸のリスクが高いことが分かっています。
    睡眠時無呼吸とは、睡眠中に呼吸が止まってしまう病気のことです。
    神経症傾向の高い人は、この睡眠時無呼吸を起こしやすいのです。
    また、神経症傾向が高いと、睡眠の断片化も増加します。
    睡眠の断片化とは、睡眠中に何度も目が覚めてしまう状態のことを指します。
    睡眠が細切れになってしまうため、熟睡感が得られにくくなります。
    神経症傾向が高い人に、睡眠時無呼吸や睡眠の断片化が多いのは、以下のような理由が考えられます。

    • ストレスを感じやすく、交感神経が優位になりがち
    • 呼吸や心拍が乱れやすい
    • 些細な刺激で目が覚めてしまう
    • リラックスして眠りにつくのが難しい

    このように、神経症傾向の高さが、睡眠の質の低下につながってしまうのです。
    アクチグラフを使った研究でも、これらの関係性が裏付けられています。
    神経症傾向の高い人は、睡眠の問題を抱えやすいといえるでしょう。
    睡眠の質を高めるには、神経症傾向をコントロールすることが重要だと考えられます。

    外向性と誠実性の低さも質の低下と関連

    外向性と誠実性が低い人も、睡眠の質が低下しやすいことが分かっています。
    アクチグラフを使った研究によると、外向性の低い人は中途覚醒が多い傾向があります。
    一方、誠実性の低い人は、睡眠時間が短くなりがちです。
    外向性の低さと睡眠の質の関係は、以下のように説明できます。

    • 社会的な刺激が少ないため、生活にメリハリがつきにくい
    • ストレス発散の機会が少なく、ストレスを溜め込みやすい
    • 人との交流が少ないため、孤独感を感じやすい

    その結果、睡眠の質が低下し、中途覚醒が増えてしまうのです。
    一方、誠実性の低さと睡眠時間の短さの関係は、次のような理由が考えられます。

    • 計画性がなく、生活リズムが不規則になりがち
    • 怠惰な傾向があり、睡眠を後回しにしやすい
    • 衝動的な行動が多く、夜更かしをしがち

    こうした生活習慣の乱れが、睡眠時間の短縮につながってしまうのです。
    アクチグラフを用いた研究は、性格特性と睡眠の質の関係を客観的に示してくれます。
    外向性と誠実性を高めることが、良質な睡眠を得るための鍵となるでしょう。

    睡眠時間の長さと性格特性に関連性なし

    性格特性と睡眠時間の長さには、明確な関連性がないことが分かっています。
    アクチグラフを使った研究では、性格特性が睡眠時間の長さに与える影響は小さいようです。
    つまり、性格特性によって、睡眠時間が長くなったり短くなったりすることはないといえます。
    ただし、誠実性が低い人は、睡眠時間が短くなる傾向があるという報告もあります。
    これは、誠実性の低さが生活リズムの乱れにつながるためだと考えられます。
    しかし、全体的に見ると、性格特性と睡眠時間の長さに強い関連性はないようです。
    睡眠時間の長さは、むしろ以下のような要因に影響されると考えられています。

    • 年齢(加齢とともに睡眠時間は短くなる傾向あり)
    • 生活環境(光や騒音などの影響を受ける)
    • 仕事や家事の量(忙しいと睡眠時間が短くなりがち)
    • 体調(病気やストレスで睡眠時間が変化する)

    このように、睡眠時間の長さは、性格特性以外の要因に左右されやすいのです。
    ただし、性格特性は睡眠の質に影響を与えるため、間接的に睡眠時間に作用する可能性はあります。
    睡眠時間の長さを適正に保つには、生活習慣や環境を整えることが大切だといえるでしょう。

    誠実性の高さは早寝と就寝時間のばらつきの少なさと関連

    誠実性の高い人は、早寝の傾向があり、就寝時間のばらつきも少ないことが分かっています。
    アクチグラフを使った研究によると、誠実性の高い人は以下のような特徴があります。

    • 就寝時間が早い
    • 毎日の就寝時間のばらつきが小さい
    • 規則正しい睡眠リズムを維持している

    誠実性の高い人は、計画的で規則正しい生活を送る傾向があります。
    そのため、毎日決まった時間に寝るという習慣が身についているのです。
    また、誠実性の高い人は、自制心が強く、夜更かしを避ける傾向もあります。
    その結果、早寝早起きの生活リズムが定着し、安定した睡眠が得られるようになります。
    このように、誠実性の高さが良質な睡眠につながっているのです。
    一方、誠実性の低い人は、就寝時間が遅くなりがちで、ばらつきも大きいことが報告されています。

    これは、誠実性の低さが以下のような問題を引き起こすためだと考えられます。

    • 計画性がなく、生活リズムが不規則になる
    • 怠惰な傾向があり、夜更かしをしがち
    • 衝動的な行動が多く、就寝時間が安定しない

    こうした生活習慣の乱れが、睡眠の質の低下につながってしまうのです。 アクチグラフを用いた研究は、誠実性と睡眠の関係を如実に示してくれます。

    規則正しい生活リズムを身につけることが、良質な睡眠を得るための重要なポイントだといえるでしょう。 誠実性を高め、計画的に行動することで、安定した睡眠リズムを手に入れましょう。

    性格特性以外の要因が睡眠に与える影響

    BMIの高さが睡眠の質を下げる可能性

    BMIの高さは、睡眠の質の低下と関連があることが分かっています。

    これは、Body Mass Indexの略で、体重と身長から算出する肥満度の指標です。 BMIが高いということは、体重が過多である状態を意味します。

    肥満は、以下のような睡眠の問題を引き起こす可能性があります。

    • 睡眠時無呼吸症候群のリスクが高まる
    • いびきが多くなり、眠りが浅くなる
    • 体の痛みやだるさで眠りにくくなる
    • 寝返りが打ちにくく、中途覚醒が増える

    このように、肥満が睡眠の質の低下につながってしまうのです。 また、肥満は生活習慣病のリスクも高めるため、睡眠以外の健康面でも悪影響を及ぼします。

    適正な体重を維持することが、良質な睡眠を得るための重要な条件だといえるでしょう。 BMIを下げるには、以下のような生活習慣の改善が有効です。

    • バランスの取れた食事を心がける
    • 適度な運動を継続的に行う
    • ストレス管理に努める
    • 十分な睡眠をとる

    肥満の解消は容易ではありませんが、地道な努力を続けることが大切です。 適正な体重を目指して、生活習慣の見直しに取り組んでいきましょう。

    疾患負荷が睡眠の質に悪影響を与える

    疾患負荷が高いと、睡眠の質が低下する可能性があります。

    これは、持病の数や重症度を表す指標のことです。 疾患負荷が高い人は、以下のような睡眠の問題を抱えやすいといわれています。

    • 病気の症状で眠りにくくなる
    • 痛みや不快感で目が覚めやすい
    • 投薬の副作用で睡眠が妨げられる
    • 病気への不安やストレスで眠れない

    このように、疾患負荷の高さが睡眠の質の低下をもたらしてしまうのです。 特に、慢性的な痛みを伴う病気や、呼吸器系の病気は、睡眠への悪影響が大きいと報告されています。

    また、がんや心疾患など、生命に関わる病気の場合は、精神的な負担も大きくなります。 そのため、不眠症に陥るリスクが高まるのです。 疾患負荷を軽減するには、以下のようなことが大切だと考えられます。

    • 医師の指示に従い、適切な治療を受ける
    • 生活習慣の改善に努める
    • ストレス管理の方法を身につける
    • 家族や友人、医療従事者に相談する

    病気と上手に付き合いながら、質の高い睡眠を得る工夫が求められます。 疾患負荷の影響を最小限に抑え、安眠を手に入れるための取り組みを続けましょう。

    ストレス認知が高いと睡眠の質が低下

    ストレス認知が高いと、睡眠の質が低下しやすいことが分かっています。

    これは、ストレスをどの程度感じているかという主観的な評価のことです。 ストレス認知が高い人は、以下のような睡眠の問題を抱えやすいといわれています。

    • 頭の中が忙しくて寝付けない
    • 些細なことで目が覚めてしまう
    • 睡眠中も緊張感が続き、熟睡できない
    • 眠りが浅く、寝ても疲れがとれない

    このように、ストレス認知の高さが睡眠の質の低下につながってしまうのです。 ストレスを感じやすい人は、交感神経が優位になりがちです。

    そのため、リラックスして眠りにつくことが難しくなるのです。 また、ストレスは身体にも悪影響を及ぼします。

    例えば、胃腸の不調や頭痛、肩こりなどの症状が現れやすくなります。 これらの不調も、睡眠の妨げになってしまいます。 ストレス認知を下げるには、以下のようなことが有効だと考えられます。

    • ストレス解消法を見つける(運動、瞑想、趣味など)
    • 時間管理を工夫し、余裕を持って行動する
    • 睡眠環境を整える(温度、光、騒音など)
    • リラックスする時間を設ける

    ストレスをコントロールすることが、良質な睡眠を得るための重要なカギだといえるでしょう。 自分なりのストレス対処法を身につけ、心身の健康を保つように心がけましょう。

    抑うつ症状も睡眠の質を下げる要因

    抑うつ症状は、睡眠の質の低下に大きく関わっています。

    これは、気分の落ち込みや意欲の減退、集中力の低下などを指します。 これらの症状は、うつ病の特徴的な症状でもあります。 抑うつ症状がある人は、以下のような睡眠の問題を抱えやすいといわれています。

    • 寝つきが悪く、中途覚醒が多い
    • 早朝に目が覚めてしまう
    • 睡眠時間が極端に長くなったり短くなったりする
    • 寝ても疲れやだるさが取れない

    このように、抑うつ症状が睡眠の質の低下をもたらしてしまうのです。 抑うつ症状がある人は、脳内の神経伝達物質のバランスが崩れていると考えられています。

    そのため、睡眠をコントロールする機能が上手く働かなくなるのです。 また、抑うつ症状は自己肯定感の低下や絶望感を伴うことが多いです。

    このようなネガティブな感情も、睡眠の妨げになってしまいます。 抑うつ症状を和らげるには、以下のようなことが大切だと考えられます。

    • 早めに専門家に相談し、適切な治療を受ける
    • 規則正しい生活リズムを心がける
    • ストレス対処法を身につける
    • 周囲の人に支えてもらう

    抑うつ症状は、放置すると悪化する恐れがあります。 早期発見・早期対処を心がけ、良質な睡眠を取り戻すための取り組みを始めましょう。

    性格特性は他の要因を介して間接的に睡眠に影響か

    性格特性は、他の要因を介して間接的に睡眠に影響を与えている可能性があります。

    例えば、神経症傾向の高い人はストレスを感じやすく、ストレスが睡眠の質を下げるのです。 また、外向性の低い人は運動不足になりがちで、運動不足が睡眠の質の低下につながります。

    誠実性の低い人は生活が不規則になりやすく、不規則な生活習慣が睡眠に悪影響を及ぼします。 このように、性格特性は他の要因と複雑に絡み合っているのです。

    ストレス、運動、生活習慣などは、睡眠の質に直接的な影響を与える重要な要因です。

    しかし、これらの要因は性格特性にも左右されます。 つまり、性格特性が間接的に睡眠に作用しているといえるのです。 性格特性から睡眠の質を予測することは容易ではありません。

    ストレスの感じやすさ、運動習慣、生活の規則性など、複数の要因を総合的に考える必要があります。 ただし、性格特性を知ることで、睡眠の質を高めるためのヒントが得られるかもしれません。

    自分の性格特性を理解し、苦手な部分をカバーする工夫を考えてみるのも一案です。 性格特性は変化しにくい面もありますが、意識的に改善することは可能だといわれています。

    性格特性を見つめ直しながら、睡眠の質の向上を目指していきましょう。

    良質な睡眠のための性格改善法

    神経症傾向を下げるリラクゼーション法

    神経症傾向の高さは、睡眠の質の低下に大きく関わっています。

    この神経症傾向を下げるには、リラクゼーション法の実践が有効だといわれています。 リラクゼーション法とは、心身の緊張をほぐし、リラックスした状態を作り出す技法のことです。

    代表的なリラクゼーション法には、以下のようなものがあります。

    • 腹式呼吸法
    • 漸進的筋弛緩法
    • 自律訓練法
    • マインドフルネス瞑想

    これらの技法を習得し、日常的に実践することが大切です。 例えば、就寝前に腹式呼吸を行うだけでも、リラックス効果が期待できます。

    また、ヨガや太極拳などの運動も、リラクゼーション効果が高いといわれています。 無理のない範囲で、継続的に行うことをおすすめします。

    リラクゼーション法は、神経症傾向を下げるだけでなく、ストレス対処能力も高めてくれます。 ストレス対処能力が高まれば、ストレスによる睡眠の質の低下を防ぐことができるでしょう。

    自分に合ったリラクゼーション法を見つけ、毎日の習慣にしていくことが大切です。 心身の緊張をほぐし、安らかな眠りを手に入れるための第一歩を踏み出しましょう。

    外向性を高めるコミュニケーション訓練

    外向性の低さは、睡眠の質の低下につながる可能性があります。

    この外向性を高めるには、コミュニケーション訓練が効果的だと考えられています。 コミュニケーション訓練とは、人との関わり方を学ぶ練習のことです。

    外向性の低い人は、人付き合いが苦手で、社会的な交流が少ない傾向があります。 そのため、コミュニケーション能力を高めることが重要だといえます。

    コミュニケーション訓練には、以下のようなものがあります。

    • アサーション・トレーニング(自己表現の練習)
    • ソーシャルスキル・トレーニング(対人関係の技術を学ぶ)
    • グループワーク(集団での協調性を高める)
    • ロールプレイング(様々な場面を想定した練習)

    これらの訓練を通じて、自分の思いを伝える力や、人の気持ちを理解する力を養うことができます。

    また、安心して人と関われるようになり、社交性も高まっていくでしょう。 外向性が高まれば、以下のようなメリットが期待できます。

    • 人との交流が増え、ストレス発散の機会が増える
    • 社会的な刺激を受けて、生活にメリハリがつく
    • サポートを得やすくなり、孤独感が和らぐ
    • 適度な運動をする機会が増える

    これらのメリットは、いずれも睡眠の質の向上につながります。

    誠実性を高める目標設定とタイムマネジメント術

    誠実性の低さは、睡眠の質の低下を招く恐れがあります。

    この誠実性を高めるには、目標設定とタイムマネジメントの習慣を身につけることが有効だと考えられています。

    目標設定とは、自分の目指すべき方向性を明確にし、具体的な目標を立てることです。 タイムマネジメントとは、限られた時間を有効に活用するための時間管理の技術のことです。 誠実性の低い人は、怠惰で計画性に乏しい傾向があります。

    そのため、目標を持ち、時間を管理する習慣をつけることが大切だといえます。 目標設定のポイントは以下の通りです。

    • 達成可能な目標を設定する
    • 目標を具体的に定義する
    • 期限を決める
    • 目標を細分化し、小さな目標を立てる

    一方、タイムマネジメントのポイントは以下の通りです。

    • 優先順位をつける
    • ToDoリストを活用する
    • スケジュール管理を行う
    • 重要な仕事に集中する時間を確保する

    これらの習慣を身につけることで、計画的で規則正しい生活を送れるようになります。 その結果、生活リズムが整い、良質な睡眠が得られるようになるでしょう。

    また、目標に向かって努力することで、達成感や自己肯定感が高まります。 これらのポジティブな感情も、睡眠の質の向上につながります。

    性格改善と並行して生活習慣の見直しを

    性格は、行動パターンや習慣に大きな影響を与えます。 そのため、性格の改善だけでは、十分な効果が得られない可能性があります。

    生活習慣の見直しを同時に行うことで、相乗効果が期待できるのです。 睡眠の質を高めるための生活習慣としては、以下のようなものが挙げられます。

    • 規則正しい生活リズムを作る
    • 適度な運動を取り入れる
    • バランスの取れた食事を心がける
    • 快適な睡眠環境を整える
    • リラックスする時間を設ける

    これらの習慣を身につけることで、心身の健康が促進されます。 その結果、睡眠の質の向上にもつながるのです。 例えば、神経症傾向が高い人は、ストレスを感じやすい傾向があります。

    この場合、リラクゼーション法の実践と並行して、ストレスを溜めない生活習慣を身につけることが重要です。

    具体的には、趣味の時間を設けたり、友人と会話を楽しんだりするなど、ストレス発散の機会を増やすことが考えられます。

    このように、性格の改善と生活習慣の見直しを同時に行うことで、より効果的に睡眠の質を高めることができるのです。

    性格の改善には時間がかかりますが、生活習慣の見直しは比較的取り組みやすいでしょう。

    まずは生活習慣の改善から始め、徐々に性格の改善にも取り組んでいくのが賢明だと考えられます。 自分のペースで、着実に理想の自分に近づいていきましょう。

    性格は変えられる!睡眠改善への第一歩

    性格は生まれつきのものだと思われがちですが、実は変えることができます。

    性格は、環境の影響を受けて形成されるものだからです。 つまり、意識的に行動を変えていくことで、性格を改善していくことが可能なのです。

    睡眠の質の向上を目指すなら、性格改善に取り組むことが重要だといえるでしょう。 性格改善への第一歩は、自分の性格を知ることから始まります。

    自分の長所と短所を把握し、改善すべき点を明確にしましょう。 そして、少しずつでも良いので、改善に向けた行動を始めることが大切です。

    例えば、神経症傾向が高い人は、リラクゼーション法を日課にしてみるのも一案です。

    外向性の低い人は、コミュニケーション能力を高めるための本を読んだり、セミナーに参加したりするのも効果的でしょう。

    誠実性の低い人は、目標設定とタイムマネジメントの習慣化に取り組むことをおすすめします。 一朝一夕には性格は変わりませんが、地道な努力を重ねることで、必ず変化が現れるはずです。

    性格改善は、睡眠の質の向上だけでなく、人生全般の質の向上にもつながります。

    より良い自分になるために、今日から一歩を踏み出してみませんか。 性格は変えられる。その可能性を信じて、前進し続けることが大切です。

    理想の自分を目指して、性格改善への取り組みを始めましょう。 良質な睡眠を手に入れ、充実した人生を送るための鍵は、自分の手の中にあるのです。

    最後に

    性格と睡眠の関係について理解できたでしょうか。

    神経症傾向が高く、外向性と誠実性が低い人は、睡眠の質が低下しやすいことが明らかになりました。

    また、性格以外にも、BMIの高さや疾患負荷、ストレス、抑うつ症状などが睡眠に影響を与えることがわかりました。

    しかし、性格は変えられます。

    自分の性格を知り、改善すべき点に取り組むことが大切なのです。

    神経症傾向が高い人は、リラクゼーション法を実践してみましょう。

    外向性の低い人は、コミュニケーション能力を高めるトレーニングに挑戦してみてください。

    誠実性の低い人は、目標設定とタイムマネジメントの習慣化がおすすめです。

    性格改善と並行して、生活習慣の見直しも忘れずに行いましょう。

    規則正しい生活リズム、適度な運動、バランスの取れた食事、快適な睡眠環境づくりなどが効果的です。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。