コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » 教師に向いてる性格とは?生徒に好かれやすい方法を解説

教師に向いてる性格とは?生徒に好かれやすい方法を解説

    教師、先生

    教師の性格が、教育の質に大きな影響を与えることが明らかになりました。

    アメリカの研究チームが、これまでに発表された論文をまとめて分析したところ、教師の性格特性と教育の効果や燃え尽き症候群との関連が見つかったのです。

    例えば、外向的で誠実な性格の教師は、生徒から高く評価される傾向がありました。

    また、情緒が安定している教師は、燃え尽き症候群になりにくいことも分かりました。

    この研究は、彼ら彼女らの性格を理解することの重要性を示唆しています。

    性格に合わせた指導法や、ストレス対処法を見出すことで、教育の質を高められるかもしれません。
    今回は、この研究の詳細を紹介します。

    論文のタイトルは「A Meta-Analysis of the Effects of Teacher Personality on Teacher Effectiveness and Burnout」です。

    彼ら彼女らの性格が、教育にどのように関わっているのか、一緒に探ってみましょう。

    今回も、性格研究者で悪者図鑑著者のトキワ(@etokiwa999)が解説していきます。

    ※MBTI診断よりも科学的な性格診断は、こちらのHEXACO(ヘキサコ)診断!ビッグファイブに新しく1つの指標を追加して、性格のダークさ(サイコパスなど)がわかるようになりました。

    教師の性格特性が教育の質に与える影響

    教師の性格を理解することの重要性

    彼ら彼女らの性格を理解することは、教育の質を向上させるために非常に重要です。
    性格特性は、教師の行動や意思決定に大きな影響を与えます。
    また、生徒との相互作用やクラス運営にも関連します。
    教師の性格を理解することで、以下のようなメリットがあります。

    • 教師の長所を活かした指導方法の開発
    • 教師の弱点を補うための支援やトレーニングの提供
    • 生徒との良好な関係構築の促進
    • 教師自身のストレス管理や自己理解の向上

    したがって、性格特性に着目し、その影響を明らかにすることは、教育現場の改善につながる可能性があります。
    性格を多面的に捉え、個々の特性を理解することが求められています。

    ビッグファイブモデルとは

    ビッグファイブモデルは、性格特性を5つの次元で捉える代表的な理論です。
    この5つの次元は、以下の通りです。

    1. 開放性:知的好奇心、創造性、柔軟性など
    2. 誠実性:責任感、計画性、忍耐力など
    3. 外向性:社交性、積極性、活発さなど
    4. 協調性:親切さ、共感性、協力的態度など
    5. 神経症傾向(情緒不安定性):不安、怒りっぽさ、気分の変動など

    これらの5つの次元は、個人差を幅広く捉えることができると考えられています。
    また、各次元は独立しているため、1人の人物が複数の特性を兼ね備えていることもあります。
    ビッグファイブモデルは、性格心理学において広く受け入れられており、多くの研究で用いられています。
    教師の性格を理解する上でも、このモデルは有用な枠組みになると期待されています。

    メタ分析の目的と方法

    メタ分析とは、複数の研究結果を統合し、全体的な傾向を明らかにする手法です。
    今回の研究では、教師の性格特性と教師の有効性・燃え尽き症候群との関連を調べるために、メタ分析が行われました。
    具体的には、以下のような手順で分析が進められました。

    1. 関連する研究論文の収集
    2. 各研究のデータを統一した形式に変換
    3. 統計的手法を用いた効果量の算出
    4. 効果量の統合と全体的な傾向の検討

    メタ分析によって、個々の研究では見えにくい全体像を明らかにすることができます。
    また、研究間の違いを考慮しながら、一般化可能な結論を導くことができます。
    教師の性格特性と教育における重要な要因との関連を広く検討するために、メタ分析は有効なアプローチだと言えるでしょう。

    分析に含まれた研究と対象者

    今回のメタ分析では、合計25件の研究が対象となりました。
    これらの研究は、以下のような基準で選定されました。

    • 教師の性格特性をビッグファイブモデルで測定している
    • 教師の有効性または燃え尽き症候群を測定している
    • 性格特性と有効性・燃え尽き症候群の関連を定量的に報告している

    分析に含まれた研究の対象者は、総勢6,294名の教師でした。
    国別では、以下のような内訳となっています。

    • アメリカ:15件
    • オーストラリア:2件
    • カナダ:2件
    • その他の国:各1件(キプロス、イスラエル、ポーランド、ルーマニア、台湾、トルコ)

    サンプルサイズは研究によって異なり、16名から2,671名までの幅がありました。
    平均すると、1研究あたり約252名の教師が対象となっていました。
    分析には、多様な国や地域の教師が含まれており、一定の一般化可能性が期待できます。

    教師の有効性の定義と測定方法

    教師の有効性とは、教師が生徒に良い影響を与えている度合いを表す概念です。
    この研究では、以下の4つの指標で教師の有効性が測定されました。

    1. 教師に対する評価(例:生徒による授業評価)
    2. 生徒の学業的自己効力感(生徒自身が学業でどの程度うまくできるかという予期)
    3. 授業観察
    4. 生徒の学業成績

    これらの指標は、教師の有効性を多面的に捉えるために選ばれました。
    教師に対する評価は、生徒の主観的な視点から教師の効果を測定します。
    一方、授業観察や学業成績は、より客観的な指標と言えます。
    学業的自己効力感は、教師の影響を生徒の心理面から捉える指標です。

    教師の性格特性と教師の有効性の関係

    教師の誠実性と教師の有効性

    分析の結果、教師の誠実性は教師の有効性と正の関連があることが示されました。
    誠実性の高い教師は、以下のような特徴を持つと考えられます。

    • 責任感が強く、計画性がある
    • 粘り強く、忍耐力がある
    • 規律正しく、時間を有効に使える

    これらの特性は、授業準備や生徒対応、学級経営などに役立つでしょう。
    また、誠実な教師は生徒からの信頼を得やすいと推測されます。
    一方で、誠実性が極端に高すぎると、柔軟性に欠ける面もあるかもしれません。
    状況に応じて臨機応変に対応することも、教師には求められます。
    教師の誠実性は、多くの場面で有効性と結びついていると考えられます。ただし、バランスを保つことも大切だと言えるでしょう。

    教師の外向性と教師の有効性

    教師の外向性は、教師の有効性と最も強い正の関連を示しました。
    外向的な教師は、以下のような長所を持っていると考えられます。

    • 社交的で、生徒とのコミュニケーションが得意
    • 活発で、エネルギッシュに授業を進められる
    • 積極的に生徒を巻き込み、参加を促せる

    教師の仕事には、生徒との相互作用が不可欠です。
    外向性の高さは、そうした場面での円滑さにつながるのでしょう。
    また、外向的な教師は、生徒の興味を引きつける授業展開ができると推測されます。
    一方で、内向的な教師でも、生徒一人ひとりと深く向き合うことができるかもしれません。
    教師の外向性は総じて有効性を高める要因ですが、その度合いには個人差があると考えられます。
    外向的であることのメリットを生かしつつ、状況に応じた対応ができることが理想的でしょう。

    教師の情緒安定性と教師の有効性

    教師の情緒安定性も、教師の有効性と正の関連があることが示されました。
    情緒が安定している教師は、以下のような特徴を持つと考えられます。

    • ストレス耐性が高く、冷静に対応できる
    • 感情的な起伏が少なく、安定した態度で接することができる
    • 不安や怒りなどのネガティブな感情に振り回されにくい

    教師は日々、様々な問題や課題に直面します。
    そうした状況でも平静を保ち、適切に対処できることは重要です。
    また、教師の情緒の安定は、生徒に安心感を与えることにもつながります。
    一方で、感情を抑え過ぎてしまうと、生徒との距離が生まれる可能性もあります。
    程よい情緒の表現も、生徒との関係づくりには必要でしょう。

    教師の開放性と教師の有効性

    教師の開放性も、教師の有効性と正の関連があることが明らかになりました。
    開放性の高い教師は、以下のような特徴を持つと考えられます。

    • 知的好奇心が旺盛で、新しいことを取り入れようとする
    • 創造性豊かで、柔軟な発想ができる
    • 多様な考えを受け入れ、生徒の意見を尊重する

    教育現場では、常に新しい課題が生じます。
    そうした課題に対して、柔軟に対応できる力は重要でしょう。
    また、生徒の多様性を理解し、一人ひとりの可能性を引き出すことも求められます。
    開放性の高い教師は、そうした対応力を持っていると推測されます。
    ただし、安定性を維持することも必要です。
    度を超えた変化は、生徒に混乱を与える可能性があります。

    教師の協調性と教師の有効性

    教師の協調性と教師の有効性の関連は、今回のメタ分析では有意な結果が得られませんでした。
    協調性の高い教師は、以下のような特徴を持つと考えられます。

    • 生徒の気持ちを理解し、共感することができる
    • 他の教師と協力し、チームワークを発揮できる
    • 親身になって生徒に接し、サポートできる

    これらの特性は、教育現場では重要だと考えられます。
    しかし、今回の分析では、協調性の効果は明確に示されませんでした。
    この結果の解釈には注意が必要です。
    サンプルの偏りや、測定方法の問題などが影響した可能性があります。
    また、協調性の効果は、他の要因と複雑に関連している可能性もあります。
    教師の協調性と有効性の関連については、さらなる研究が必要だと言えるでしょう。

    性格特性と教師の有効性の関連が示唆すること

    教師の性格特性は、教師の有効性に多面的な影響を及ぼすことが示唆されました。
    特に、以下の点が明らかになりました。

    • 外向性、誠実性、情緒安定性、開放性は、教師の有効性と正の関連がある
    • 中でも外向性の影響が最も強い
    • 協調性の影響は、今回の分析では明確ではなかった

    これらの結果は、教師の性格が教育の質に関わる重要な要因であることを示しています。
    ただし、性格特性はあくまで一つの側面に過ぎません。
    教師の知識や技能、経験なども、有効性に影響を与えると考えられます。
    また、性格特性の影響は、状況によって異なる可能性もあります。
    学校の特性や生徒の特徴などによって、求められる教師像は変化するかもしれません。
    教師の性格特性と有効性の関連は、複雑な問題だと言えます。一つ一つの特性の影響を理解しつつ、全体像を捉えていくことが大切でしょう。

    教師の性格特性と燃え尽き症候群の関係

    教師の燃え尽き症候群とは

    燃え尽き症候群とは、長期的なストレスによって心身が疲弊した状態を指します。
    教師の燃え尽き症候群は、以下のような特徴を持つと考えられています。

    • 感情の枯渇:生徒に共感したり、愛情を持って接したりすることが難しくなる
    • 脱人格化:生徒を物のように扱ったり、シニカルな態度を取ったりするようになる
    • 個人的達成感の低下:仕事の意義や価値を感じられなくなる

    教師は、日々の業務の中で多くのストレスに直面します。
    そのストレスが長期化すると、燃え尽き症候群に陥るリスクが高まります。
    燃え尽きた教師は、生徒に適切な教育を提供することが難しくなるでしょう。
    また、教師自身の心身の健康にも悪影響が及ぶと考えられます。
    教師の燃え尽き症候群は、教育の質を低下させる深刻な問題だと言えます。
    彼ら彼女らのストレスマネジメントや、サポート体制の整備が求められています。

    教師の情緒安定性と燃え尽き症候群

    教師の情緒安定性は、燃え尽き症候群と負の関連があることが示されました。
    つまり、情緒が安定している教師ほど、燃え尽きのリスクが低いと考えられます。

    情緒安定性の高い教師は、以下のような特徴を持つと推測されます。

    • ストレスに適切に対処できる
    • 感情の起伏に振り回されない
    • 困難な状況でも冷静さを保てる

    教師は、様々な要因からストレスを受けます。 例えば、生徒の問題行動への対応、保護者とのコミュニケーション、多忙な業務などです。

    こうしたストレスに耐え、適切に対処できる力は重要でしょう。 情緒安定性の高さは、ストレス対処能力の一つの指標と言えます。

    また、感情の安定は、生徒との良好な関係の維持にもつながると考えられます。 教師の情緒安定性は、燃え尽き症候群の予防に重要な役割を果たすと示唆されました。

    彼ら彼女らのメンタルヘルスを支える取り組みが求められています。

    教師の誠実性と燃え尽き症候群

    教師の誠実性も、燃え尽き症候群と負の関連があることが明らかになりました。 誠実性の高い教師は、以下のような特徴を持つと考えられます。

    • 責任感が強く、最後までやり遂げようとする
    • 計画性があり、効率的に業務を進められる
    • 規律正しく、自己管理ができる

    これらの特性は、教師の業務遂行に役立つでしょう。 一方で、誠実性が極端に高すぎると、完璧主義に陥るリスクがあります。 過度な責任感は、ストレスの原因になる可能性があります。

    また、柔軟性が低いと、変化への適応が難しくなるかもしれません。 教師の誠実性は、バランスを保つことが大切だと言えます。

    適度な誠実性は、燃え尽きのリスクを下げる効果があると考えられます。 ただし、極端に高すぎる誠実性は、逆効果になる可能性もあるでしょう。

    教師の外向性と燃え尽き症候群

    教師の外向性と燃え尽き症候群の関連は、今回のメタ分析では有意ではありませんでした。 ただし、外向性の高い教師は、以下のようなメリットを持つと考えられます。

    • 社交的で、同僚とのコミュニケーションが円滑
    • 活発で、エネルギッシュに業務を遂行できる
    • 積極的に問題解決に取り組める

    これらの特徴は、ストレス対処に役立つ可能性があります。 外向的な教師は、周囲のサポートを得やすいかもしれません。

    また、問題に立ち向かう積極性は、燃え尽きの予防につながるでしょう。 ただし、外向性の影響は、状況によって異なる可能性があります。

    例えば、過度な社交性は、業務の効率性を下げるリスクもあります。 教師の外向性と燃え尽き症候群の関連については、さらなる研究が必要だと言えます。

    状況に応じた適度な外向性が、望ましいと考えられます。

    教師の協調性と燃え尽き症候群

    教師の協調性と燃え尽き症候群の関連も、今回のメタ分析では有意ではありませんでした。 ただし、協調性の高い教師は、以下のようなメリットを持つと考えられます。

    • 同僚と協力し、サポートし合える
    • 生徒の気持ちを理解し、共感的に接することができる
    • 保護者とも良好な関係を築ける

    これらの特徴は、教師のストレス軽減に役立つ可能性があります。 周囲との良好な関係は、ソーシャルサポートの源泉になるでしょう。

    また、生徒や保護者との信頼関係は、教師の働きがいにつながると考えられます。 ただし、協調性が極端に高すぎると、自己犠牲的になるリスクもあります。

    自分の健康を犠牲にしてまで、他者に尽くすことは望ましくありません。 教師の協調性と燃え尽き症候群の関連については、更なる検討が必要です。

    適度な協調性が、教師の心身の健康につながると考えられます。

    教師の開放性と燃え尽き症候群

    教師の開放性と燃え尽き症候群の関連も、今回のメタ分析では明確ではありませんでした。 ただし、開放性の高い教師は、以下のようなメリットを持つと考えられます。

    • 新しいアイデアを取り入れ、創造的な教育ができる
    • 多様な価値観を受け入れ、柔軟に対応できる
    • 自己研鑽に積極的で、成長し続けられる

    これらの特徴は、教師のモチベーション維持に役立つ可能性があります。 常に新しいことにチャレンジできる環境は、教師の働きがいにつながるでしょう。

    また、多様性の受容は、ストレスの軽減につながるかもしれません。 ただし、開放性が極端に高すぎると、安定性を欠くリスクもあります。

    一貫性のない教育は、生徒に混乱を与える可能性があります。 教師の開放性と燃え尽き症候群の関連については、さらなる研究が求められます。

    状況に応じた適度な開放性が、望ましいと考えられます。

    性格特性と燃え尽き症候群の関連が示唆すること

    教師の性格特性は、燃え尽き症候群のリスクに関連することが示唆されました。 特に、以下の点が明らかになりました。

    • 情緒安定性と誠実性の高さは、燃え尽きのリスクを下げる
    • 外向性、協調性、開放性の影響は、今回の分析では明確ではなかった

    これらの結果は、教師の性格が燃え尽き症候群の予防に関わる要因であることを示しています。 ただし、性格特性はあくまで一つの側面に過ぎません。

    ストレスの原因や、周囲のサポート体制なども、燃え尽きのリスクに影響すると考えられます。 また、性格特性の影響は、状況によって異なる可能性もあります。

    教師の置かれた環境や、求められる役割などによって、ストレス要因は変化するでしょう。 教師の性格特性と燃え尽き症候群の関連は、複雑な問題だと言えます。

    個々の特性の影響を理解しつつ、包括的な視点でアプローチすることが大切です。

    教師の性格評価における他者評価の重要性

    自己評価と他者評価の違い

    教師の性格を評価する際、自己評価と他者評価では結果が異なる可能性があります。 自己評価は、以下のような特徴を持つと考えられます。

    • 自分自身をよく理解している
    • 内面的な特性を把握できる
    • 状況に応じた変化を反映できる

    一方、他者評価は、以下のような特徴を持つと考えられます。

    • 客観的な視点から評価できる
    • 行動面の特性を捉えやすい
    • 複数の評価者の意見を統合できる

    自己評価と他者評価は、それぞれ長所と短所を持っています。 自己評価は、本人の内面を理解する上で重要な情報源です。

    ただし、自己評価には、バイアスがかかるリスクもあります。 例えば、社会的に望ましい回答をする傾向や、自己像と実際の行動にずれがある場合などです。

    他者評価は、そうしたバイアスを軽減できる可能性があります。

    ただし、他者評価も完璧ではありません。 評価者の主観や、限られた情報に基づく判断である可能性があります。

    教師の性格評価では、自己評価と他者評価を組み合わせることが望ましいと考えられます。

    他者評価の方がより強い関連を示した理由

    今回のメタ分析では、他者評価の方が教師の有効性や燃え尽き症候群とより強い関連を示しました。 この結果は、以下のような理由によると考えられます。

    • 他者評価の方が、教師の実際の行動をよく反映している
    • 自己評価には、バイアスがかかっている可能性がある
    • 他者評価は、複数の視点からの情報を統合している

    教師の有効性や燃え尽きは、教師の行動と密接に関連します。 他者評価は、そうした行動面の特性を捉えやすいと考えられます。

    例えば、生徒との相互作用や、同僚とのコミュニケーションなどです。 一方、自己評価は、内面的な特性を反映している可能性があります。

    しかし、内面と行動のずれがある場合、自己評価の予測力は下がるかもしれません。 また、自己評価には、社会的望ましさなどのバイアスがかかるリスクがあります。

    他者評価は、そうしたバイアスを軽減できる可能性があります。 教師の性格と重要なアウトカムの関連を検討する際は、他者評価を活用することが有用だと示唆されました。

    教師の性格特性と教育段階の関係

    分析対象の教育段階

    今回のメタ分析では、以下の教育段階の教師が対象となりました。

    • 初等教育:幼稚園、小学校
    • 中等教育:中学校、高校
    • 高等教育:大学、専門学校

    分析に含まれた研究の内訳は、以下の通りです。

    • 初等教育:6件
    • 中等教育:2件
    • 高等教育:8件

    各教育段階の特徴は、以下のように考えられます。

    • 初等教育:生徒の発達段階が低く、基礎的な学習が中心
    • 中等教育:生徒の自立性が高まり、専門的な学習が始まる
    • 高等教育:生徒の自律性が高く、高度な専門教育が行われる

    教育段階によって、教師に求められる役割や資質は異なる可能性があります。 例えば、初等教育では、生徒の心身の発達を支える役割が重要になるでしょう。

    一方、高等教育では、専門知識の伝達や研究指導が中心になると考えられます。 教師の性格特性と教育段階の関連を検討することは、教師の適性を理解する上で重要だと言えます。

    教育段階による関連の強さの違いがみられなかった理由

    今回のメタ分析では、教師の性格特性と教師の有効性・燃え尽き症候群の関連の強さに、教育段階による明確な違いは見られませんでした。 この結果は、以下のような理由によると考えられます。

    • サンプルサイズが十分でなく、検出力が低かった可能性がある
    • 各教育段階の中でも、学校や生徒の特性にばらつきがある
    • 教師の性格特性の影響は、教育段階を超えて一貫している可能性がある

    今回の分析に含まれた研究の数は、各教育段階で限られていました。 特に、中等教育を対象とした研究は2件のみでした。 サンプルサイズが小さいと、有意な差を検出することが難しくなります。

    また、同じ教育段階の中でも、学校や生徒の特性は多様です。 そうしたばらつきが、教育段階による違いを見えにくくしている可能性があります。

    さらに、教師の性格特性の影響は、教育段階に関わらず一貫している可能性も考えられます。 例えば、情緒安定性の高さは、どの教育段階でも教師の有効性を高める要因になるかもしれません。

    教師の性格特性と教育段階の関連については、さらなる研究が必要だと言えます。より大規模なサンプルでの検討が求められています。

    本研究の意義と今後の展望

    教師の人格理解の重要性

    本研究は、教師の性格特性が有効性や燃え尽き症候群に関連することを示しました。

    この結果は、彼ら彼女らの人格を理解することの重要性を示唆しています。 教師の性格特性は、以下のような点で教育の質に影響を与えると考えられます。

    • 教師と生徒の相互作用の質
    • 教師の指導スタイルや教育方針
    • 教師のストレス対処能力や精神的健康

    教師の性格を理解することで、長所を生かした指導や、弱点を補うための支援が可能になります。

    また、彼ら彼女ら自身の自己理解を深めることも期待できます。 自分の性格特性を知ることで、より効果的な指導法や、ストレス対処法を見出せるかもしれません。

    彼ら彼女らの人格理解は、教育の質を高める上で重要な意味を持つと言えるでしょう。

    教師の性格特性に着目し、その影響を明らかにした本研究の意義は大きいと考えられます。

    教師の評価や研修への示唆

    本研究の結果は、教師の評価や研修のあり方にも示唆を与えます。 まず、教師の評価においては、性格特性を考慮することが有用だと考えられます。

    ただし、性格特性はあくまで一つの側面に過ぎません。 教師の知識や技能、経験なども重要な評価の観点でしょう。 性格特性を評価に取り入れる際は、以下のような点に留意が必要です。

    • 性格特性は、状況によって変化する可能性がある
    • 性格特性の影響は、他の要因と複雑に関連している
    • 性格特性の評価には、自己評価と他者評価を組み合わせることが望ましい

    また、教師の研修においても、性格特性を考慮することが有用だと考えられます。 例えば、以下のような取り組みが考えられます。

    • 教師自身の性格特性を理解するためのワークショップ
    • 性格特性に応じた指導スキルの訓練
    • ストレス対処法や感情制御法の習得支援

    性格特性に応じた、きめ細かな研修プログラムが求められます。 本研究の知見を活用することで、教師の評価や研修の質を高められる可能性があります。

    教師の人格理解に基づく、効果的な教師支援の方法を探ることが期待されます。

    今後の研究の方向性

    本研究は、教師の性格特性と教師の有効性・燃え尽き症候群の関連を明らかにしました。 しかし、今回のメタ分析には、いくつかの限界もあります。

    まず、分析に含まれた研究の数が限られていました。 特に、教育段階別の分析では、十分なサンプルサイズが確保できませんでした。

    また、多くの研究が欧米諸国で行われたものであり、文化的な偏りがある可能性があります。 今後は、以下のような方向性で研究を発展させることが期待されます。

    • より大規模なサンプルを対象とした研究の実施
    • 多様な文化圏での研究の蓄積
    • 性格特性と他の要因の交互作用の検討
    • 縦断的な研究デザインによる因果関係の解明

    教師の性格特性と教育におけるアウトカムの関連は、複雑な問題だと考えられます。 様々な要因が絡み合っている可能性があります。

    そうした複雑な関連性を明らかにするには、多角的なアプローチが必要でしょう。 質的な研究や、実験的な研究なども有用だと考えられます。

    教師の性格特性に関する研究は、まだ発展途上の領域だと言えます。今後のさらなる研究の蓄積が期待されています。

    最後に

    以上、教師の性格と教育の関連についての研究を紹介しました。

    この研究は、教師の性格が教育の質に大きな影響を与えることを示唆しています。

    特に、外向性や誠実性、情緒安定性の高さは、教師の効果を高め、燃え尽き症候群のリスクを下げる可能性があります。

    一方で、性格はあくまで一つの要因に過ぎません。

    教師の知識や技能、経験なども重要です。

    また、性格の影響は状況によって変化するかもしれません。

    教師の性格を理解することは、教育の質を高めるために役立つでしょう。

    しかし、性格だけにとらわれるのではなく、多面的な視点を持つことが大切です。

    教師一人ひとりの個性を生かしながら、生徒に最適な教育を提供していくことが求められます。

    教師の性格と教育の関連については、まだ明らかになっていない部分も多くあります。

    今後のさらなる研究の発展が期待されています。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。