コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » ISTP型(巨匠):恋愛・相性・仕事・改善策など公式解説

ISTP型(巨匠):恋愛・相性・仕事・改善策など公式解説

    ISTP-A、ISTP-T、巨匠、Virtuoso

    ISTP(巨匠)は、16personalities(16タイプ性格診断)の中でも実践的で独立心の強い性格タイプとして知られています。

    彼らは、物事を論理的に分析し、問題解決に長けています。

    また、好奇心旺盛で、新しいことを学ぶことに喜びを感じる傾向があります。

    手先の器用さを活かして、何かを作り上げることにやりがいを感じるのもISTP(巨匠)の特徴です。

    一方で、ISTP(巨匠)は、感情表現が苦手な面もあります。

    そんなISTP(巨匠)の特徴や傾向を理解することは、自分自身を知る上でも、他者との関わり方を考える上でも重要なことです。

    この記事では、ISTP(巨匠)の長所と短所、恋愛や友人関係、子育てやキャリアなどの様々な側面について詳しく解説していきます。

    さあ、一緒にISTP(巨匠)の世界を探求していきましょう!

    今回も、性格研究者で悪者図鑑著者のトキワ(@etokiwa999)が解説していきます。

    ※MBTI診断よりも科学的な性格診断は、こちらのHEXACO(ヘキサコ)診断!ビッグファイブに新しく1つの指標を追加して、性格のダークさ(サイコパスなど)がわかるようになりました。

    ※この記事は16personalities公式サイトの英語ページの翻訳をもとに書かれています。

    ISTP(巨匠)の長所と短所

    ISTP(巨匠)の長所

    このタイプは、実践的で独立心が強いという長所を持っています。
    彼らは物事を論理的に分析し、問題解決に長けています。
    また、好奇心が旺盛で、新しいことを学ぶことを楽しみます。
    ISTP(巨匠)は、以下のような長所を持っています。

    • 実践的で合理的
    • 独立心が強く、自立している
    • 柔軟性があり、適応力が高い
    • 冷静沈着で、ストレス耐性が高い
    • 機械的な能力に優れている

    加えて、ISTP(巨匠)は、行動力があり、アイデアを実行に移すのが得意です。
    彼らは、現実的な問題解決能力を発揮し、困難な状況でもうまく対処できます。
    また、リスクを恐れずに新しいことに挑戦する勇気も持ち合わせています。
    ISTP(巨匠)は、その実践的な能力と独立心によって、様々な分野で活躍することができるでしょう。
    彼らの持つ長所を生かすことで、自分らしい人生を切り開いていけると言えます。

    ISTP(巨匠)の短所

    ISTP(巨匠)は、感情表現が苦手で、社交性に乏しいという短所を持っています。
    彼らは、自分の感情を表に出すことを避ける傾向があり、他者の感情を理解することも難しいです。
    また、細部へのこだわりが強く、融通が利かないことがあります。
    ISTP(巨匠)は、以下のような短所を持っています。

    • 感情表現が苦手で、冷たく見られがち
    • 社交的ではなく、人付き合いが苦手
    • 細部へのこだわりが強く、柔軟性に欠ける
    • 計画性が乏しく、先を見通せない
    • ルーティンワークを嫌う

    さらに、ISTP(巨匠)は、自分の興味のないことには無関心で、他者の意見を聞き入れないことがあります。
    彼らは、自分の世界に没頭しがちで、周囲との協調性に欠けることもあるでしょう。
    また、長期的な計画を立てることが苦手で、目先のことにとらわれがちです。
    ISTP(巨匠)は、自分の短所を理解し、改善していくことが大切です。
    感情面での成長と、他者への理解を深めることで、より良い人間関係を築いていけるはずです。

    ISTP(巨匠)のAとT

    ISTP-A(自信型)

    多才な職人。自信を持って複雑な問題に取り組み、実践的な解決策を見つけ出します。冷静沈着で、危機的状況下でも冷静に対応できます。

    好奇心旺盛で、物事の仕組みを理解することに興味があります。独立心が強く、自由を重視します。柔軟性があり、状況に応じて素早く適応します。

    リスクを恐れず、新しい経験を楽しみます。効率を重視し、無駄を嫌います。論理的思考と実践的スキルを組み合わせて問題を解決します。

    直接的なコミュニケーションを好み、言葉よりも行動で示すタイプです。現在に集中し、長期的な計画よりも即時の結果を重視します。

    詳細はこちらの記事をご覧ください。

    ISTP-T(慎重型)

    多才な職人ですが、自己疑念を抱きやすい傾向があります。複雑な問題に取り組む能力がありますが、自分の解決策の有効性を疑うことも。

    冷静沈着ですが、プレッシャーに弱いと感じることがあります。好奇心旺盛ですが、一つのことに集中し続けるのが難しいと感じることも。

    独立心が強いですが、他人の意見に影響されやすいこともあります。柔軟性がある一方で、変化に適応できるか不安に思うことがあります。

    リスクを取ることに躊躇し、失敗を恐れることもあります。効率を重視しますが、完璧を求めるあまり進捗が遅れることがあります。

    ISTP(巨匠)の恋愛関係の傾向と改善策

    恋愛の傾向

    ISTP(巨匠)は、恋愛において独立心が強く、束縛されることを嫌う傾向があります。
    彼らは、パートナーとの関係性よりも、自分の自由を優先しがちです。
    また、感情表現が苦手なため、愛情を言葉で伝えることが難しいでしょう。
    ISTP(巨匠)の恋愛の特徴として、以下のようなことが挙げられます。

    • 独立心が強く、束縛されることを嫌う
    • 感情表現が苦手で、愛情を言葉で伝えるのが難しい
    • 現実的で合理的なアプローチを取る
    • 相手との関係性よりも、自分の自由を優先しがち
    • ルーティンを嫌い、刺激的な関係を求める

    加えて、ISTP(巨匠)は、恋愛においても問題解決に焦点を当てがちで、感情的なアプローチを取ることが少ないです。
    彼らは、パートナーとの関係性を実用的に捉える傾向があり、ロマンチックな雰囲気を演出するのが苦手かもしれません。
    また、マンネリを嫌うため、長期的な関係を維持するのが難しいこともあるでしょう。
    ISTP(巨匠)は、恋愛において自分の独立心を尊重しつつ、パートナーとの絆を深めることが大切です。
    感情表現の方法を学び、相手の気持ちに寄り添うことで、より良い関係性を築いていけるはずです。

    恋愛で問題になる時と改善策

    ISTP(巨匠)は、恋愛において感情表現の苦手さから、パートナーとの溝を生じさせてしまうことがあります。
    彼らは、相手の感情を理解することが難しく、共感性に欠けると見なされがちです。
    また、独立心の強さゆえに、パートナーとの関係性を軽視してしまうこともあるでしょう。
    ISTP(巨匠)が恋愛で直面する問題として、以下のようなことが挙げられます。

    • 感情表現が苦手で、パートナーとの溝を生じさせてしまう
    • 独立心が強すぎて、パートナーとの関係性を軽視してしまう
    • ルーティンを嫌うあまり、安定した関係を築けない
    • 現実的すぎるアプローチで、ロマンチックさに欠ける
    • 自分の興味のないことには無関心で、パートナーとの共通点を見出せない

    これらの問題を改善するためには、ISTP(巨匠)が感情面での成長を遂げることが不可欠です。
    自分の感情を言語化する練習をしたり、パートナーの気持ちを汲み取る努力をしたりすることが大切でしょう。
    また、パートナーとのコミュニケーションを大切にし、お互いの理解を深めることも重要です。
    さらに、束縛し合わない程度に、安定した関係性を築くことを心がけましょう。
    ISTP(巨匠)が自分の短所を克服し、パートナーとの絆を深めることで、より充実した恋愛が実現するはずです。
    感情表現の苦手さを乗り越え、相手に寄り添う努力を続けることが、良好な関係性を築く鍵となるでしょう。

    ISTP(巨匠)の友人関係の傾向と改善策

    友人関係の傾向

    ISTP(巨匠)は、友人関係において独立心が強く、束縛されることを嫌う傾向があります。
    彼らは、自分の自由を尊重してくれる友人を好み、深い関わりを求めません。
    また、感情的な話題を避ける傾向があり、表面的な付き合いを好むでしょう。
    ISTP(巨匠)の友人関係の特徴として、以下のようなことが挙げられます。

    • 独立心が強く、束縛されることを嫌う
    • 感情的な話題を避け、表面的な付き合いを好む
    • 実践的な活動を通じて、友人関係を深める
    • 自分の興味のある分野で、同じ趣味を持つ友人を見つける
    • 社交的ではないが、必要な時には頼れる存在になる

    さらに、ISTP(巨匠)は、グループでの活動よりも、一対一の関係を好む傾向があります。
    彼らは、友人とのつながりを実用的に捉え、必要以上に深入りすることを避けるでしょう。
    また、自分の興味のある分野で、同じ趣味を持つ友人を見つけることを好みます。
    ISTP(巨匠)は、友人関係において自分の独立心を尊重しつつ、適度な絆を築くことが大切です。
    感情面での理解を深め、友人との協調性を高めることで、より良い関係性を築いていけるはずです。

    友人関係で問題になる時と改善策

    ISTP(巨匠)は、友人関係において感情的な交流を避ける傾向から、表面的な付き合いに終始してしまうことがあります。
    彼らは、友人の感情を理解することが難しく、共感性に欠けると見なされがちです。
    また、独立心の強さゆえに、友人との約束を軽視してしまうこともあるでしょう。
    ISTP(巨匠)が友人関係で直面する問題として、以下のようなことが挙げられます。

    • 感情的な交流を避けるあまり、表面的な付き合いに終始してしまう
    • 独立心が強すぎて、友人との約束を軽視してしまう
    • 社交性の低さから、新しい友人を作るのが難しい
    • 自分の興味のないことには無関心で、友人との共通点を見出せない
    • 人の気持ちを理解することが苦手で、友人との衝突が起こりやすい

    これらの問題を改善するためには、ISTP(巨匠)が感情面での理解を深めることが重要です。
    友人との会話の中で、感情的な話題にも触れる機会を持つことが大切でしょう。
    また、友人との約束を尊重し、信頼関係を築くことも重要です。
    さらに、自分の興味のない分野にも関心を持ち、友人との共通点を見出す努力をしましょう。
    ISTP(巨匠)が自分の短所を克服し、友人との絆を深めることで、より充実した友人関係が実現するはずです。
    感情面での理解を深め、友人に寄り添う努力を続けることが、良好な関係性を築く鍵となるでしょう。

    ISTP(巨匠)の子育ての傾向と改善策

    子育ての傾向

    ISTP(巨匠)は、子育てにおいて実践的なアプローチを取る傾向があります。
    彼らは、子どもの自立心を尊重し、過度な干渉を避けるでしょう。
    また、ルールや規則よりも、状況に応じた柔軟な対応を好みます。
    ISTP(巨匠)の子育ての特徴として、以下のようなことが挙げられます。

    • 実践的なアプローチを取り、子どもの自立心を尊重する
    • ルールや規則よりも、状況に応じた柔軟な対応を好む
    • 子どもとの活動を通じて、絆を深める
    • 感情的な交流は苦手だが、必要な時には支えになる
    • 子どもの興味関心に合わせて、学びの機会を提供する

    さらに、ISTP(巨匠)は、子どもとの活動を通じて、絆を深めることを好みます。
    彼らは、一緒に何かを作ったり、体を動かしたりすることで、子どもとのつながりを実感するでしょう。
    また、子どもの興味関心に合わせて、学びの機会を提供することも大切にします。
    ISTP(巨匠)は、子育てにおいて自分の強みを生かしつつ、感情面での理解を深めることが重要です。
    子どもの気持ちに寄り添い、適切な支援を提供することで、より良い親子関係を築いていけるはずです。

    子育てで問題になる時と改善策

    ISTP(巨匠)は、子育てにおいて感情的な交流を避ける傾向から、子どもとの心の通い合いが不足してしまうことがあります。
    彼らは、子どもの感情を理解することが難しく、共感性に欠けると見なされがちです。
    また、独立心の強さゆえに、子どもの気持ちを軽視してしまうこともあるでしょう。
    ISTP(巨匠)が子育てで直面する問題として、以下のようなことが挙げられます。

    • 感情的な交流を避けるあまり、子どもとの心の通い合いが不足してしまう
    • 独立心が強すぎて、子どもの気持ちを軽視してしまう
    • ルールや規則に縛られず、一貫性のない子育てをしてしまう
    • 子どもの感情を理解することが苦手で、適切なサポートができない
    • 自分の興味のないことには無関心で、子どもとの共通の話題を見出せない

    これらの問題を改善するためには、ISTP(巨匠)が感情面での理解を深めることが不可欠です。
    子どもとの会話の中で、感情的な話題にも触れる機会を持つことが大切でしょう。
    また、子どもの気持ちを尊重し、共感的な態度を心がけることも重要です。
    さらに、一定のルールを設けつつ、状況に応じた柔軟な対応を取ることを意識しましょう。
    ISTP(巨匠)が自分の短所を克服し、子どもとの絆を深めることで、より充実した子育てが実現するはずです。

    ISTP(巨匠)のキャリアの傾向と改善策

    キャリアの傾向

    ISTP(巨匠)は、キャリアにおいて実践的で独立志向の強い傾向があります。
    彼らは、自分の手で何かを作り上げることにやりがいを感じ、自由に仕事を進められる環境を好むでしょう。
    また、ルーティンワークよりも、変化に富んだ仕事を好む傾向があります。
    ISTP(巨匠)のキャリアの特徴として、以下のようなことが挙げられます。

    • 実践的で手先の器用さを活かせる仕事を好む
    • 自由に仕事を進められる環境を好む
    • ルーティンワークよりも、変化に富んだ仕事を好む
    • 独立して働くことを好み、自分のペースで仕事を進める
    • 問題解決能力を活かせる仕事で力を発揮する

    さらに、ISTP(巨匠)は、独立して働くことを好み、自分のペースで仕事を進めることを大切にします。
    彼らは、チームワークよりも個人の力を発揮できる仕事を好むでしょう。
    また、問題解決能力を活かせる仕事で、その力を存分に発揮することができます。
    ISTP(巨匠)は、キャリアにおいて自分の強みを生かしつつ、計画性を高めることが重要です。
    長期的な視点を持ち、着実にスキルアップを図ることで、より充実したキャリアを築いていけるはずです。

    キャリアで問題になる時と改善策

    ISTP(巨匠)は、キャリアにおいて計画性の低さから、長期的な目標を見失ってしまうことがあります。
    彼らは、目先の問題解決に集中するあまり、将来のビジョンを描くことが難しいでしょう。
    また、独立志向が強すぎて、チームワークを軽視してしまうこともあるかもしれません。
    ISTP(巨匠)がキャリアで直面する問題として、以下のようなことが挙げられます。

    • 計画性の低さから、長期的な目標を見失ってしまう
    • 独立志向が強すぎて、チームワークを軽視してしまう
    • ルーティンワークを嫌うあまり、安定したキャリアを築けない
    • 自分の興味のない分野には無関心で、スキルアップの機会を逃してしまう
    • 実践的すぎるあまり、理論的な学びを疎かにしてしまう

    これらの問題を改善するためには、ISTP(巨匠)が計画性を高め、長期的な視点を持つことが大切です。
    自分のキャリアビジョンを明確にし、そのために必要なスキルを着実に身につけていくことが重要でしょう。
    また、チームワークの大切さを理解し、協調性を高めることも必要です。
    さらに、自分の興味のない分野にも関心を持ち、幅広い知識を身につける努力をしましょう。
    ISTP(巨匠)が自分の短所を克服し、バランスの取れたスキルセットを身につけることで、より充実したキャリアが実現するはずです。
    計画性を高め、チームワークを大切にする姿勢を持つことが、キャリアアップの鍵となるでしょう。

    ISTP(巨匠)の仕事の傾向と改善策

    仕事の傾向

    ISTP(巨匠)は、仕事において実践的で効率的なアプローチを取る傾向があります。
    彼らは、問題解決に長け、迅速な行動力を発揮するでしょう。
    また、自分のペースで仕事を進められる環境を好み、自由度の高い仕事スタイルを好みます。
    ISTP(巨匠)の仕事の特徴として、以下のようなことが挙げられます。

    • 実践的で効率的なアプローチを取る
    • 問題解決に長け、迅速な行動力を発揮する
    • 自分のペースで仕事を進められる環境を好む
    • 自由度の高い仕事スタイルを好む
    • 手先の器用さを活かせる仕事で力を発揮する

    さらに、ISTP(巨匠)は、手先の器用さを活かせる仕事で、その力を存分に発揮することができます。
    彼らは、何かを作り上げたり、修理したりすることに喜びを感じるでしょう。
    また、現場で直接問題解決に当たることを好み、机上の仕事よりも実践的な仕事を好む傾向があります。
    ISTP(巨匠)は、仕事において自分の強みを生かしつつ、コミュニケーション能力を高めることが重要です。
    チームの一員としての役割を果たし、周囲との協力関係を築くことで、より良い仕事環境を作っていけるはずです。

    仕事で問題になる時と改善策

    ISTP(巨匠)は、仕事においてコミュニケーション能力の低さから、チームワークがうまくいかないことがあります。
    彼らは、独立志向が強く、他者との協調性に欠ける面があるでしょう。
    また、ルーティンワークを嫌うあまり、継続的な仕事に取り組むことが難しいこともあるかもしれません。
    ISTP(巨匠)が仕事で直面する問題として、以下のようなことが挙げられます。

    • コミュニケーション能力の低さから、チームワークがうまくいかない
    • 独立志向が強すぎて、他者との協調性に欠ける
    • ルーティンワークを嫌うあまり、継続的な仕事に取り組むことが難しい
    • 感情的な対人関係を避けるあまり、職場の人間関係が希薄になる
    • 自分の興味のない仕事には無関心で、モチベーションが上がらない

    これらの問題を改善するためには、ISTP(巨匠)がコミュニケーション能力を高め、チームワークの大切さを理解することが不可欠です。
    自分の意見を伝えるだけでなく、他者の意見にも耳を傾ける姿勢を持つことが重要でしょう。
    また、ルーティンワークも仕事の一部であることを受け入れ、継続的に取り組む努力が必要です。
    さらに、職場の人間関係を大切にし、感情的な交流にも積極的に参加することを心がけましょう。
    ISTP(巨匠)が自分の短所を克服し、協調性を高めることで、より充実した仕事環境が実現するはずです。

    ISTP(巨匠)の相性のいいタイプ

    相性がいいタイプ、Sが含まれている人

    ISTP(巨匠)は、同じくSが含まれているタイプ、つまり感覚の傾向が強い人たちとの相性が良いと言えます。
    SはSensing(感覚)の略で、現実的で実際的な情報処理を好む傾向を表しています。
    ISTP(巨匠)と相性の良いSタイプとして、以下のようなタイプが挙げられます。

    • ESTP(起業家):行動力があり、柔軟性に富む
    • ESFP(エンターテイナー):明るく社交的で、楽しいことが好き
    • ISFP(冒険家):自由奔放で、感性豊か
    • ISTJ(管理者):堅実で責任感が強い

    これらのタイプは、ISTP(巨匠)と同じく現実的で実際的なアプローチを好み、手を動かすことが得意です。
    一緒に何かを作ったり、体を動かしたりすることで、絆を深めることができるでしょう。
    また、お互いのペースを尊重し合える関係性を築くことができます。
    ISTP(巨匠)は、これらのSタイプと一緒に過ごすことで、自分らしさを発揮しつつ、充実した時間を過ごせるはずです。

    相性がいいタイプ、Tが含まれている人

    ISTP(巨匠)は、同じくTが含まれているタイプ、つまり思考を重視する人たちとの相性も良いと言えます。

    TはThinking(思考)の略で、論理的で客観的な判断を好む傾向を表しています。 ISTP(巨匠)と相性の良いTタイプとして、以下のようなタイプが挙げられます。

    • INTJ(建築家):戦略的思考に長け、独立心が強い
    • ENTJ(指揮官):リーダーシップがあり、効率を重視する
    • INTP(論理学者):分析力に優れ、新しいアイデアを生み出す
    • ESTJ(幹部):組織力があり、実務能力に長けている

    これらのタイプは、ISTP(巨匠)と同じく論理的思考を重視し、感情に流されにくい特徴があります。 一緒に問題解決に取り組んだり、アイデアを出し合ったりすることで、刺激的な関係性を築くことができるでしょう。

    また、お互いの論理的な考え方を尊重し合える関係性を築くことができます。 ISTP(巨匠)は、これらのTタイプと一緒に過ごすことで、自分の思考力を磨きつつ、充実した時間を過ごせるはずです。

    ISTP(巨匠)のまとめ

    ISTP(巨匠)は、実践的で独立心の強い性格タイプです。

    彼らは、問題解決能力に長け、手を動かすことが得意です。

    また、自由度の高い環境を好み、自分のペースで物事を進めることを大切にします。

    一方で、感情表現が苦手で、人との深い関わりを避ける傾向があります。

    恋愛や友人関係においては、独立心を尊重しつつ、適度な絆を築くことが重要です。

    感情面での理解を深め、相手に寄り添う努力を続けることが、良好な関係性を築く鍵となるでしょう。

    子育てやキャリア、仕事においては、自分の強みを生かしつつ、弱点を克服することが求められます。

    計画性を高め、コミュニケーション能力を磨くことで、より充実した人生を送ることができるはずです。

    ISTP(巨匠)は、SタイプやPタイプとの相性が良いと言えます。

    現実的で実際的なアプローチを好むSタイプと、柔軟性と可能性を大切にするPタイプとは、相性抜群でしょう。

    ISTP(巨匠)が自分の個性を理解し、長所を伸ばしつつ、短所を克服していくことで、より充実した人生を送ることができるはずです。

    自分らしさを大切にしながら、周囲との調和を図ることが、人生の質を高める鍵となるでしょう。

    補足

    16personalitiesの悪いところ「科学的な裏付けが弱い」

    16personalities(16タイプ性格診断)は、科学的根拠の面で課題を抱えていると言えます。

    まず、査読付き論文の数が少なく、学術的な裏付けが不足しています。

    また、統計処理の方法にも疑問が残ります。

    特性を連続的な数値ではなくタイプに分類している点も、科学的な妥当性の観点から問題視されています。

    さらに、性格と学力や収入、脳機能、遺伝的要因などとの関連性についても、十分なエビデンスが提示されていないのが現状です。

    16personalitiesの良いところ「回答数(データ)が多く有名」

    一方で、16personalities(16タイプ性格診断)には大きな利点もあります。

    1つ目は、膨大な回答データを蓄積している点です。 多くの人々が16personalitiesの診断に参加しているため、データの信頼性はもしかしたら高いかもしれません。

    また、韓国のアイドルが回答し広めていたり、恋愛マッチングアプリでも注目されていたりするなど、一般の人々にかなり浸透しています。

    この点は、16personalities性格診断が他の性格診断に比べて有利な点と言えるでしょう。

    16personalitiesと他の性格診断との違い「MBTI」

    16personalities(16タイプ性格診断)は、MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)とビッグファイブをベースにして作られています。

    厳密には16personalitiesとMBTIは別物なのです。

    MBTIは、ユングの心理学的類型論を基に開発された性格診断ツールです。

    16personalitiesはMBTIの4つの指標(E外向-I内向S感覚-N直観T思考-F感情J判断-P知覚)を採用しつつ、アイデンティティ(AとT)という指標の追加、独自の質問項目・評価基準を設けています。

    ただし、二分法の根拠の乏しさなど、16personalities同様の科学的な裏付けの弱さを抱えています。

    16personalitiesと他の性格診断との違い「ビッグファイブ」

    ビッグファイブ(Big Five)は、性格心理学において最も有力な特性理論の一つです。

    ビッグファイブは、開放性、誠実性、外向性、協調性、神経症傾向の5つの特性を測定します。

    また、ビッグファイブが特性を連続的な数値で評価する(例、外向性3.5)のに対し、16personalitiesやMBTIはタイプ分類(例、外向的か内向的かのどちらか)を用いる点も大きな違いです。

    さらに古くから研究されており、論文数も多く、学力や所得、脳や遺伝など、他の分野でも多くの研究が行われています。ビッグファイブの方が比較的、科学的な裏付けが強いと言えます。

    参考としてビッグファイブの4つの要素とMBTIの相関関係を示した論文も存在します。

    16personalitiesと他の性格診断との違い「HEXACO」

    HEXACO(HEXACO Personality Inventory)は、ビッグファイブを拡張した6次元の性格モデルです。

    HEXACOは、正直-謙虚さ、情動性、外向性、協調性、誠実性、開放性の6つの特性を測定します。

    ビッグファイブに正直-謙虚さの次元を加えることで、性格のダークさ(と明るさ)など、より広範な性格特性を捉えようとしています。

    こちらもビッグファイブ同様、16personalitiesやMBTIと比べて論文の数が多いなど科学的な裏付けが比較的強いと言えます。

    こちらからHEXACO性格診断を受けることができます!より科学的な方法で自分の性格を知ってみましょう。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。