コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » 論理学者 (INTP型):恋愛・相性・仕事・改善策など公式解説

論理学者 (INTP型):恋愛・相性・仕事・改善策など公式解説

    論理学者 INTP-A、論理学者 INTP-T、論理学者 Logician

    論理学者 (INTP)は、16personalities(16タイプ性格診断)という性格診断テストで分類される16タイプの一つです。

    論理学者 タイプは全人口の約3%と言われており、珍しいタイプと言えるでしょう。

    このタイプの特徴は、独創的な発想力と論理的思考力を持ち合わせていることです。

    物事の本質を見抜く洞察力と、常識にとらわれない創造力が強みと言えます。

    一方で、感情面のスキルが苦手なことが弱点です。

    恋愛や友人関係、子育てなどの面で、感情的なサポートが不足しがちです。

    また、コミュニケーション能力の低さがキャリアや仕事での課題となることがあります。

    論理学者 タイプがより良い人生を送るには、感情面のスキルを高め、コミュニケーション能力を磨き、実践力を養うことが大切です。

    この記事では、論理学者 タイプの特徴や傾向を詳しく解説すると共に、弱点を克服するための改善策を提案します。

    自分が論理学者タイプだと思う人はもちろん、その家族や友人、恋人がいる人にも参考になる内容です。

    ※この記事は16personalities公式サイトの英語ページの翻訳をもとに書かれています。

    今回も、性格研究者で悪者図鑑著者のトキワ(@etokiwa999)が解説していきます。

    ※MBTI診断よりも科学的な性格診断は、こちらのHEXACO(ヘキサコ)診断!ビッグファイブに新しく1つの指標を追加して、性格のダークさ(サイコパスなど)がわかるようになりました。

    目次

    論理学者 (INTP)の長所と短所

    論理学者(INTP)の長所

    このタイプの最大の長所は、分析力と創造力です。
    彼らは物事の本質を見抜く力に長けています。
    複雑な問題でも、論理的に分析し、解決策を導き出します。
    また、斬新なアイデアを生み出す創造力も持ち合わせています。
    論理学者 タイプは以下のような特徴があります。

    • 物事を多角的に捉える柔軟な思考力
    • 常識にとらわれない独創的な発想力
    • 未知の分野にも果敢に挑戦する好奇心

    さらに、論理学者タイプは誠実で正直な性格です。
    嘘をつくことを嫌い、真実を追求する姿勢を持っています。
    自分の信念に基づいて行動するため、周りに流されません。
    論理学者 タイプの長所は、問題解決や革新的な取り組みに役立ちます。
    分析力と創造力を活かして、社会に貢献することができるでしょう。

    論理学者 (INTP)の短所

    論理学者タイプの短所は、コミュニケーション能力の低さです。
    彼らは内向的で、人付き合いが苦手な傾向があります。
    自分の考えを言葉にするのが難しく、誤解を招くことがあります。
    また、感情表現が苦手なため、冷たい印象を与えてしまいます。
    論理学者タイプには以下のような特徴があります。

    • 社交的なイベントを避ける傾向
    • 他者の感情を理解しにくい
    • 自分の感情を言葉にするのが苦手

    加えて、論理学者タイプは実践力が弱いことが短所です。
    アイデアを実現するには、具体的な行動が必要不可欠です。
    しかし、彼らは行動を起こすのが苦手な傾向があります。
    時には完璧主義に陥り、なかなか前に進めなくなることも。
    論理学者タイプの短所を克服するには、コミュニケーション能力を高めることが大切です。
    感情表現や対人関係のスキルを身につけ、実践力を養うことで、より円滑に物事を進められるようになるでしょう。

    INTP(論理学者)のAとT

    INTP-A(自信型)

    論理的で創造的な思考家。自信を持って複雑な理論を探求し、新しいアイデアを生み出します。客観的な分析を好み、既存の概念に疑問を投げかけることを恐れません。

    独立心が強く、自由な思考を大切にします。社会的な規範よりも、論理的な一貫性を重視します。好奇心旺盛で、幅広い分野に興味を持ちます。

    問題解決を楽しみ、独創的なアプローチを取ります。理論的な議論を好みますが、実践面でのフォローアップが苦手なこともあります。

    詳細はこちらの記事をご覧ください。

    INTP-T(慎重型)

    論理的で創造的な思考家ですが、自己疑念を抱きやすい傾向があります。複雑な理論を探求することを好みますが、自分のアイデアの価値を疑うことも。

    客観的な分析を重視しますが、完璧を求めるあまり決断を先延ばしにすることがあります。独立心が強く、自由な思考を大切にしますが、他人の意見に影響されやすいこともあります。

    好奇心旺盛で幅広い分野に興味を持ちますが、一つのことに集中し続けるのが難しいと感じることも。問題解決を楽しみますが、失敗を恐れて行動を躊躇することがあります。

    論理学者 (INTP)の恋愛関係の傾向と改善策

    論理学者 の恋愛の傾向

    論理学者タイプは恋愛において、知的な刺激を求める傾向があります。
    単なる見た目や肉体的な魅力だけでは満足できません。
    パートナーとの深い議論や意見交換を通して、精神的な結びつきを重視します。
    また、論理学者タイプは独立心が強いため、束縛されることを嫌います。
    自由な時間や空間を大切にし、自分のペースで行動したいと考えています。
    論理学者タイプの恋愛傾向には以下のような特徴があります。

    • 知性や創造性に惹かれる
    • 感情表現が苦手で、愛情を伝えるのが難しい
    • 一人の時間を大切にする

    その一方で、論理学者タイプは恋愛において受け身になりがちです。
    自分から積極的にアプローチするのが苦手で、相手からの働きかけを待つことが多いでしょう。
    また、感情表現が苦手なため、パートナーとの意思疎通に困難を感じることもあります。
    論理学者タイプが恋愛関係を築くには、自分の感情に向き合い、表現する練習が必要です。
    相手の気持ちを理解しようと努力することで、より深い絆を結ぶことができるでしょう。

    論理学者 が恋愛で問題になる時と改善策

    論理学者タイプが恋愛で問題を抱えるのは、コミュニケーション不足が原因であることが多いです。
    感情表現が苦手なため、パートナーとの意思疎通がうまくいかないのです。
    相手の気持ちを理解しようとせず、自分の論理を押し通してしまうことがあります。
    また、論理学者タイプは一人の時間を大切にするあまり、パートナーとの時間を疎かにしてしまうこともあります。
    恋愛で問題が生じる原因には以下のようなものがあります。

    • 自分の感情を言葉にできない
    • 相手の気持ちを考えずに行動してしまう
    • 一緒に過ごす時間が少ない

    これらの問題を改善するには、コミュニケーションのスキルを磨くことが大切です。
    自分の感情を言葉にする練習を積み重ねましょう。
    また、相手の気持ちを汲み取る努力も必要です。
    パートナーとの時間を大切にし、二人で楽しく過ごす工夫をしてみてください。
    論理学者タイプが恋愛関係を改善するには、感情面でのスキルアップが不可欠です。
    コミュニケーションを大切にし、パートナーとの絆を深めることで、より良い関係を築くことができるでしょう。

    論理学者 (INTP)の友人関係の傾向と改善策

    論理学者 の友人関係の傾向

    論理学者タイプは友人関係において、知的な刺激を求める傾向があります。
    単なる遊び友達ではなく、深い議論ができる相手を好みます。
    豊かな知識と独創的な発想を持つ友人と交流することで、論理学者タイプは刺激を受けます。
    また、彼らは社交的なイベントよりも、少人数での交流を好む傾向があります。
    大勢の中では疲れてしまうため、気の合う友人と静かに過ごす時間を大切にします。
    論理学者タイプの友人関係の特徴には以下のようなものがあります。

    • 知的好奇心が旺盛な友人を求める
    • 一対一の交流を好む
    • 社交的なイベントは苦手

    その一方で、論理学者タイプは友人関係において受け身になりがちです。
    自分から積極的に友人を誘うことが少なく、相手からの働きかけを待つことが多いでしょう。
    また、感情表現が苦手なため、友人との意思疎通に困難を感じることもあります。
    論理学者タイプが良好な友人関係を築くには、自分から積極的に行動することが大切です。
    感情表現のスキルを磨き、友人との絆を深めることで、より充実した交流ができるでしょう。

    論理学者 が友人関係で問題になる時と改善策

    論理学者タイプが友人関係で問題を抱えるのは、コミュニケーション不足が原因であることが多いです。
    感情表現が苦手なため、友人との意思疎通がうまくいかないのです。
    自分の考えを押し通してしまい、相手の気持ちを考慮しないことがあります。
    また、論理学者タイプは一人の時間を大切にするあまり、友人との交流を疎かにしてしまうこともあります。
    友人関係で問題が生じる原因には以下のようなものがあります。

    • 自分の感情を伝えられない
    • 相手の気持ちを理解しようとしない
    • 友人と過ごす時間が少ない

    これらの問題を改善するには、コミュニケーションのスキルを磨くことが大切です。
    自分の感情を言葉にする練習を積み重ねましょう。
    また、相手の気持ちを汲み取る努力も必要です。
    友人との時間を大切にし、一緒に楽しく過ごす工夫をしてみてください。
    論理学者タイプが友人関係を改善するには、感情面でのスキルアップが不可欠です。
    コミュニケーションを大切にし、友人との絆を深めることで、より良い関係を築くことができるでしょう。

    論理学者 (INTP)の子育ての傾向と改善策

    論理学者 の子育ての傾向

    論理学者タイプは子育てにおいて、子どもの自主性を尊重する傾向があります。
    子どもの興味関心を大切にし、自由に探求することを奨励します。
    また、知的好奇心を刺激するような環境を整えることを心がけるでしょう。
    論理学者タイプは子どもに対して、論理的に物事を説明することを好みます。
    感情的な叱咤激励よりも、冷静に道理を説くことを大切にします。
    論理学者タイプの子育ての特徴には以下のようなものがあります。

    • 子どもの自主性を尊重する
    • 知的好奇心を刺激する環境を整える
    • 論理的に物事を説明する

    その一方で、論理学者タイプは子育てにおいて感情面のサポートが苦手な傾向があります。
    子どもの気持ちを汲み取ることが難しく、情緒的な支援が不足しがちです。
    また、子育てに関する社会的なルールや慣習にとらわれずに、自分なりのやり方を貫くことがあります。
    論理学者タイプが良好な子育てを行うには、感情面でのスキルアップが必要です。
    子どもの気持ちに寄り添い、情緒的なサポートを提供することが大切でしょう。

    論理学者 が子育てで問題になる時と改善策

    論理学者タイプが子育てで問題を抱えるのは、感情面のサポートが不足していることが原因だと考えられます。
    子どもの気持ちを汲み取ることが苦手で、情緒的なケアが十分ではないのです。
    また、社会的なルールや慣習にとらわれずに、独自の子育て方針を貫くことで、周囲と衝突することもあります。
    子育てで問題が生じる原因には以下のようなものがあります。

    • 子どもの感情を理解しようとしない
    • 情緒的なサポートが不足している
    • 社会的なルールや慣習を無視する

    これらの問題を改善するには、感情面でのスキルアップが不可欠です。
    子どもの気持ちに寄り添い、共感することを心がけましょう。
    また、社会的なルールや慣習を尊重することも大切です。
    必要に応じて、周囲の意見を取り入れるようにしてください。
    論理学者タイプが子育ての問題を改善するには、感情面でのサポート力を高めることが重要です。
    子どもの気持ちを理解し、情緒的なケアを提供することで、より良い子育てができるでしょう。

    論理学者 (INTP)のキャリアの傾向と改善策

    論理学者 のキャリアの傾向

    論理学者タイプはキャリアにおいて、独創的なアイデアを生かせる仕事を好む傾向があります。
    常識にとらわれない発想力を発揮し、革新的な取り組みを行うことを得意とします。
    また、専門的な知識やスキルを深く追求することに喜びを感じるでしょう。
    論理学者タイプは自由度の高い職場環境を好みます。
    自分のペースで仕事を進められることを重視し、細かな指示や管理を嫌います。
    論理学者タイプのキャリアの特徴には以下のようなものがあります。

    • 独創的なアイデアを生かせる仕事を好む
    • 専門的な知識やスキルを追求する
    • 自由度の高い職場環境を好む

    その一方で、論理学者タイプはキャリアにおいてコミュニケーション能力の低さが課題となることがあります。
    自分の考えを伝えることが苦手で、周囲との意思疎通に困難を感じるのです。
    また、実践力が弱いことも弱点だと言えるでしょう。
    アイデアを実行に移すまでに時間がかかってしまうことがあります。
    論理学者タイプがキャリアを成功させるには、コミュニケーション能力を高めることが大切です。
    自分の考えを分かりやすく伝える練習を積むことで、周囲との協力関係を築くことができるでしょう。

    論理学者 がキャリアで問題になる時と改善策

    論理学者 がキャリアで問題を抱えるのは、コミュニケーション能力の低さが原因であることが多いです。
    自分の考えを的確に伝えることが難しく、周囲との意思疎通がうまくいかないのです。
    また、実践力の弱さから、アイデアを実行に移すまでに時間がかかってしまうこともあります。
    キャリアで問題が生じる原因には以下のようなものがあります。

    • 自分の考えを分かりやすく伝えられない
    • 周囲との協力関係を築くのが苦手
    • アイデアを実行に移すまでに時間がかかる

    これらの問題を改善するには、コミュニケーション能力を高めることが重要です。
    自分の考えを論理的に整理し、分かりやすく伝える練習を積みましょう。
    また、周囲の意見にも耳を傾け、協力関係を築くことが大切です。
    アイデアを実行に移す際は、具体的な計画を立てることを心がけてください。
    論理学者 がキャリアの問題を改善するには、コミュニケーション能力のアップが不可欠です。

    自分の考えを的確に伝え、周囲と協力しながら仕事を進めることで、より充実したキャリアを築くことができるでしょう。

    論理学者 (INTP)の仕事の傾向と改善策

    論理学者 の仕事の傾向

    論理学者タイプは仕事において、独創的なアイデアを生み出すことを得意とします。

    常識にとらわれない発想力を発揮し、革新的な取り組みを行うことができるでしょう。 また、専門的な知識やスキルを深く追求することに喜びを感じます。

    論理学者タイプは自由度の高い職場環境を好む傾向があります。 自分のペースで仕事を進められることを重視し、細かな指示や管理を嫌います。

    論理学者タイプの仕事の特徴には以下のようなものがあります。

    • 独創的なアイデアを生み出すことが得意
    • 専門的な知識やスキルを追求する
    • 自由度の高い職場環境を好む

    その一方で、論理学者タイプは仕事においてコミュニケーション能力の低さが課題となることがあります。 自分の考えを伝えることが苦手で、同僚との意思疎通に困難を感じるのです。

    また、実践力が弱いことも弱点だと言えるでしょう。 アイデアを実行に移すまでに時間がかかってしまうことがあります。

    論理学者タイプが仕事で成果を上げるには、コミュニケーション能力を高めることが大切です。

    自分の考えを分かりやすく伝える練習を積むことで、同僚との協力関係を築くことができるでしょう。

    仕事で問題になる時と改善策

    論理学者タイプが仕事で問題を抱えるのは、コミュニケーション能力の低さが原因であることが多いです。

    自分の考えを的確に伝えることが難しく、同僚との意思疎通がうまくいかないのです。

    また、実践力の弱さから、アイデアを実行に移すまでに時間がかかってしまうこともあります。 仕事で問題が生じる原因には以下のようなものがあります。

    • 自分の考えを分かりやすく伝えられない
    • 同僚との協力関係を築くのが苦手
    • アイデアを実行に移すまでに時間がかかる

    これらの問題を改善するには、コミュニケーション能力を高めることが重要です。

    自分の考えを論理的に整理し、分かりやすく伝える練習を積みましょう。

    また、同僚の意見にも耳を傾け、協力関係を築くことが大切です。 アイデアを実行に移す際は、具体的な計画を立てることを心がけてください。

    論理学者タイプが仕事の問題を改善するには、コミュニケーション能力のアップが不可欠です。

    自分の考えを的確に伝え、同僚と協力しながら仕事を進めることで、より高い成果を上げることができるでしょう。

    論理学者 (INTP)の相性のいいタイプ

    論理学者 の相性がいいタイプ、Nが含まれている人

    論理学者タイプと相性が良いのは、直観力(N)を持つ人です。

    直観力とは、物事の本質を直感的に理解する能力のことを指します。

    論理学者タイプは論理的思考を得意とするため、直観力を持つ人と組むことで、物事を多角的に捉えることができます。

    具体的には、以下のようなタイプの人と相性が良いでしょう。

    • ENTP(発明家)
    • INFJ(提唱者)
    • INTJ(建築家)

    ENTPは創造力と柔軟性に優れており、論理学者タイプと共に革新的なアイデアを生み出すことができます。

    INFJは洞察力と共感力を持ち合わせており、論理学者タイプの感情面をサポートしてくれるでしょう。

    INTJは戦略的思考に長けており、論理学者タイプのアイデアを現実的な計画に落とし込むことができます。

    直観力を持つ人とのコンビネーションは、論理学者タイプの強みを最大限に発揮することができるでしょう。

    相性がいいタイプ、Tが含まれている人

    INTPと相性が良いのは、論理的思考(T)を持つ人です。

    論理的思考とは、物事を客観的に分析し、合理的な結論を導き出す能力のことを指します。 INTPは独創的なアイデアを生み出すことが得意ですが、そのアイデアを実行に移すのが苦手な傾向があります。

    論理的思考を持つ人と組むことで、アイデアを現実的な形にすることができるでしょう。 具体的には、以下のようなタイプの人と相性が良いでしょう。

    • ENTJ(指揮官)
    • ESTJ(管理者)
    • ISTJ(管理者)

    ENTJは戦略的思考と実行力に優れており、INTPのアイデアを実現するための計画を立てることができます。

    ESTJは組織力と効率性に長けており、INTPの斬新な発想を現実的なプロジェクトに落とし込むことができるでしょう。

    ISTJは正確性と信頼性に優れており、INTPのアイデアを着実に形にすることができます。 論理的思考を持つ人とのコンビネーションは、INTPのアイデアを実現するための力になってくれるでしょう。

    論理学者 (INTP)のまとめ

    論理学者 タイプは独創的な発想力と論理的思考力を持ち合わせた個性的なタイプです。

    物事の本質を見抜く洞察力と、常識にとらわれない創造力が強みと言えるでしょう。

    一方で、感情面のスキルが苦手なことが弱点です。 恋愛や友人関係、子育てなどの面で、感情的なサポートが不足しがちです。

    また、コミュニケーション能力の低さがキャリアや仕事での課題となることがあります。

    論理学者 タイプがより良い人生を送るには、以下のようなポイントを意識することが大切です。

    • 感情面のスキルを高める
    • コミュニケーション能力を磨く
    • 実践力を養う

    感情面のスキルを高めるには、自分の感情に向き合うことから始めましょう。

    感情を言葉にする練習を積み重ねることで、徐々に感情表現が上手くなっていくでしょう。 コミュニケーション能力を磨くには、自分の考えを論理的に整理し、分かりやすく伝える練習が有効です。

    また、相手の意見にも耳を傾け、協力関係を築くことが大切です。 実践力を養うには、アイデアを実行に移す際に、具体的な計画を立てることを心がけましょう。

    論理学者タイプが自分の強みを生かしつつ、弱点を克服することで、より充実した人生を送ることができるでしょう。

    補足

    16personalitiesの悪いところ「科学的な裏付けが弱い」

    16personalities(16タイプ性格診断)は、科学的根拠の面で課題を抱えていると言えます。

    まず、査読付き論文の数が少なく、学術的な裏付けが不足しています。

    また、統計処理の方法にも疑問が残ります。

    特性を連続的な数値ではなくタイプに分類している点も、科学的な妥当性の観点から問題視されています。

    さらに、性格と学力や収入、脳機能、遺伝的要因などとの関連性についても、十分なエビデンスが提示されていないのが現状です。

    16personalitiesの良いところ「回答数(データ)が多く有名」

    一方で、16personalities(16タイプ性格診断)には大きな利点もあります。

    1つ目は、膨大な回答データを蓄積している点です。 多くの人々が16personalitiesの診断に参加しているため、データの信頼性はもしかしたら高いかもしれません。

    また、韓国のアイドルが回答し広めていたり、恋愛マッチングアプリでも注目されていたりするなど、一般の人々にかなり浸透しています。

    この点は、16personalities性格診断が他の性格診断に比べて有利な点と言えるでしょう。

    16personalitiesと他の性格診断との違い「MBTI」

    16personalities(16タイプ性格診断)は、MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)とビッグファイブをベースにして作られています。

    厳密には16personalitiesとMBTIは別物なのです。

    MBTIは、ユングの心理学的類型論を基に開発された性格診断ツールです。

    16personalitiesはMBTIの4つの指標(E外向-I内向S感覚-N直観T思考-F感情J判断-P知覚)を採用しつつ、アイデンティティ(AとT)という指標の追加、独自の質問項目・評価基準を設けています。

    ただし、二分法の根拠の乏しさなど、16personalities同様の科学的な裏付けの弱さを抱えています。

    16personalitiesと他の性格診断との違い「ビッグファイブ」

    ビッグファイブ(Big Five)は、性格心理学において最も有力な特性理論の一つです。

    ビッグファイブは、開放性、誠実性、外向性、協調性、神経症傾向の5つの特性を測定します。

    また、ビッグファイブが特性を連続的な数値で評価する(例、外向性3.5)のに対し、16personalitiesやMBTIはタイプ分類(例、外向的か内向的かのどちらか)を用いる点も大きな違いです。

    さらに古くから研究されており、論文数も多く、学力や所得、脳や遺伝など、他の分野でも多くの研究が行われています。ビッグファイブの方が比較的、科学的な裏付けが強いと言えます。

    参考としてビッグファイブの4つの要素とMBTIの相関関係を示した論文も存在します。

    16personalitiesと他の性格診断との違い「HEXACO」

    HEXACO(HEXACO Personality Inventory)は、ビッグファイブを拡張した6次元の性格モデルです。

    HEXACOは、正直-謙虚さ、情動性、外向性、協調性、誠実性、開放性の6つの特性を測定します。

    ビッグファイブに正直-謙虚さの次元を加えることで、性格のダークさ(と明るさ)など、より広範な性格特性を捉えようとしています。

    こちらもビッグファイブ同様、16personalitiesやMBTIと比べて論文の数が多いなど科学的な裏付けが比較的強いと言えます。

    こちらからHEXACO性格診断を受けることができます!より科学的な方法で自分の性格を知ってみましょう。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。