コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » MBTIと友人関係:16タイプの傾向・問題点・改善策を公式解説

MBTIと友人関係:16タイプの傾向・問題点・改善策を公式解説

    MBTIと友人関係

    MBTIと友人関係は密接に関係しているのをご存知ですか?

    MBTIとは性格を16のタイプに分類する心理学の理論のことです。

    自分がどのタイプに当てはまるのか知ることで、自分の性格の特徴や友人関係のパターンを理解することができます。

    そして、自分や友人の特性を知り、お互いの違いを認め合いながら、より良い友人関係を築くことができます。

    この記事では、MBTIと友人関係の関係性について詳しく解説していきます。

    自分や友人の性格タイプを知って、より充実した友情を築くヒントを見つけてください。

    今回も、性格研究者で悪者図鑑著者のトキワ(@etokiwa999)が解説していきます。

    ※MBTI診断よりも科学的な性格診断は、こちらのHEXACO(ヘキサコ)診断!ビッグファイブに新しく1つの指標を追加して、性格のダークさ(サイコパスなど)がわかるようになりました。

    はじめに

    MBTIの概要

    MBTIは性格を16のタイプに分類する心理学の理論です。
    性格タイプは4つの指標の組み合わせで決まります。
    4つの指標とは以下の通りです。

    • 外向性(E)か内向性(I)
    • 感覚(S)か直感(N)
    • 思考(T)か感情(F)
    • 判断(J)か知覚(P)

    これらを組み合わせると、ENTJやISFPなど16通りの性格タイプができあがります。
    それぞれのタイプには特徴があり、強みと弱みがあるとされています。
    また、タイプによって興味や価値観、行動のパターンに違いがあるとされています。

    MBTIとビッグファイブの相関

    MBTIとビッグファイブには一定の相関関係があります。
    これは「The relationship between the revised NEO-Personality Inventory and the Myers-Briggs Type Indicator」という論文で示されています。
    具体的には以下のような相関が見られました。

    相関表EINSFTJP
    外向性強い正強い負
    開放性強い正強い負
    協調性強い負
    誠実性強い正強い負
    神経症傾向
    MBTIとビッグファイブの相関表

    つまり、MBTIの特性はビッグファイブの特性と一定の関連性を持っているのです。
    ただし完全に一致するわけではありません。
    MBTIとビッグファイブはそれぞれ独自の人格理論に基づいているためです。
    とはいえ、両者の相関関係を理解することで、人の性格をより多角的に捉えることができるでしょう。

    MBTIと友人関係の関係

    MBTIの16タイプはそれぞれ独特の友人関係の特徴を持っています。 例えば以下のような傾向があります。

    • 内向的なタイプ(I)は少人数の親しい友人を好む
    • 外向的なタイプ(E)は幅広い交友関係を楽しむ
    • 直感的なタイプ(N)は深い議論を好む
    • 現実的なタイプ(S)は一緒に活動することを好む
    • 論理的なタイプ(T)は知的な刺激を求める
    • 感情的なタイプ(F)は共感し合える関係を求める
    • 計画的なタイプ(J)は安定した関係を好む
    • 柔軟なタイプ(P)は自由な関係を好む

    もちろんこれはあくまで一般的な傾向であり、個人差は大きいです。 しかし自分や友人のMBTIタイプを知ることで、お互いの違いを理解し、受け入れやすくなるでしょう。

    それではそれぞれ詳細に紹介していきます!

    分析家の友人関係

    MBTIと友人関係:INTJ

    INTJは深く意味のある友人関係を求める傾向があります。
    彼らは表面的で気まぐれな付き合いを好みません。
    むしろ以下のような友人を求めます。

    • 知的好奇心が旺盛な人
    • 独創的なアイデアを持っている人
    • 自分の考えに挑戦してくれる人
    • 判断力があり正直な人

    INTJにとって理想的な友人関係とは、精神的な刺激とサポートを提供し合える関係です。
    彼らは感情的なサポートを求めることは少ないかもしれません。
    しかし問題解決のための論理的なアドバイスは喜んで提供してくれるでしょう。
    INTJと親密な友人関係を築くには、知的な好奇心と独立心、お互いを尊重する姿勢が欠かせません。

    MBTIと友人関係:INTP

    INTPは知的な刺激を与えてくれる友人を求める傾向があります。
    彼らは以下のような人と親密な関係を築きやすいでしょう。

    • 新しいアイデアに情熱を注ぐ人
    • 難解な問題に挑戦するのが好きな人
    • 既存の考え方に疑問を投げかける人
    • ユーモアのセンスがある人

    INTPにとって理想の友人関係とは、夜通し語り合える関係です。
    彼らは感情的なサポートには不慣れかもしれません。
    しかし論理的なアドバイスや独創的な視点は提供してくれるはずです。
    INTPと親密な関係を築くには、知的な好奇心と寛容さ、そしてユーモアのセンスが重要なカギとなるでしょう。

    MBTIと友人関係:ENTJ

    ENTJは個人的な成長とインスピレーションを友人関係に求める傾向があります。
    彼らは以下のような友人を求めます。

    • 情熱を共有できる人
    • 学び成長することを楽しむ人
    • 意味のある議論を好む人
    • 知的でクリティカルな人

    ENTJにとって理想的な友人関係とは、互いに成長を促し合える関係です。
    彼らは感情的な議論は避ける傾向がありますが、論理的な議論は大歓迎です。
    時には支配的で強引に感じられるかもしれません。
    しかしそれは友人のためを思ってのことなのです。
    ENTJと親密な関係を築くには、知性と野心、お互いを尊重する姿勢が必要不可欠でしょう。

    MBTIと友人関係:ENTP

    ENTPは知的な刺激と議論を友人関係に求める傾向があります。
    彼らは以下のような人と意気投合しやすいでしょう。

    • オリジナルなアイデアを持っている人
    • 議論好きで頭の回転が速い人
    • ユーモアのセンスがある人
    • 冒険心や好奇心が旺盛な人

    ENTPにとって理想の友人関係とは、知的な刺激とチャレンジに満ちた関係です。
    彼らは議論に負けることを恐れません。
    むしろ白熱した議論を通して学び成長できることを喜びます。
    感情表現は不得手かもしれませんが、ユーモアと機知に富んだ会話を楽しむことができるはずです。
    ENTPと親密な関係を築くには、知的好奇心とユーモア、そして挑戦的な姿勢が欠かせません。

    外交官の友人関係

    MBTIと友人関係:INFJ

    INFJは深く意味のある友人関係を求める傾向があります。
    彼らは以下のような友人を求めます。

    • 同じ理想や価値観を共有できる人
    • オーセンティックで正直な人
    • 互いの夢や目標を応援し合える人
    • 感情を分かち合える人

    INFJにとって理想的な友人関係とは、魂の通い合う関係です。
    彼らは感情的なつながりを大切にします。
    親しい友人に対しては、強い忠誠心と献身性を示すでしょう。
    表面的な付き合いは苦手ですが、深い絆で結ばれた友人関係は一生の宝物となります。
    INFJと親密な関係を築くには、オーセンティックで思慮深く、感情的なつながりを大切にする姿勢が求められます。

    MBTIと友人関係:INFP

    INFPは深く意味のある友人関係を求める傾向があります。
    彼らは以下のような人と親密な関係を築きやすいでしょう。

    • 同じ価値観や理想を共有できる人
    • 感情を分かち合える人
    • 想像力豊かで創造的な人
    • オーセンティックで思慮深い人

    INFPにとって理想の友人関係とは、お互いを深く理解し合える関係です。
    彼らは感情的なサポートを提供することを喜びます。
    親しい友人のためなら、どんなことでも喜んで手助けするでしょう。
    表面的な付き合いは苦手ですが、心の通った友人関係は生涯の宝物となります。
    INFPと親密な関係を築くには、感受性が高く想像力豊かで、オーセンティックであることが大切です。

    MBTIと友人関係:ENFJ

    ENFJは意味のある友人関係を求める傾向があります。
    彼らは以下のような友人を求めます。

    • 同じ理想や価値観を共有できる人
    • 知的好奇心が旺盛な人
    • 感情的につながれる人
    • 成長意欲が高い人

    ENFJにとって理想的な友人関係とは、お互いに成長を促し合える関係です。
    彼らは友人を助けることに大きな喜びを感じます。
    感情的なサポートも論理的なアドバイスも惜しみなく提供してくれるでしょう。
    幅広い交友関係を持ちますが、最も大切にするのは深い絆で結ばれた親しい友人です。
    ENFJと親密な関係を築くには、思慮深さと感受性の高さ、お互いを尊重する姿勢が欠かせません。

    MBTIと友人関係:ENFP

    ENFPは刺激的で意味のある友人関係を求める傾向があります。
    彼らは以下のような人と意気投合しやすいでしょう。

    • 好奇心旺盛で想像力豊かな人
    • 感情豊かでオープンマインドな人
    • ユーモアのセンスがある人
    • 人生を心から楽しむ人

    ENFPにとって理想の友人関係とは、一緒に人生の喜びや可能性を探求できる関係です。
    彼らは友人と過ごす時間を心から楽しみます。
    感情的なサポートも創造的なアイデアも惜しみなく提供してくれるはずです。
    自由奔放に見えて、実は友人に対して強い忠誠心を持っています。
    ENFPと親密な関係を築くには、好奇心と感受性、そしてユーモアのセンスが重要なカギとなるでしょう。

    番人の友人関係

    MBTIと友人関係:ISTJ

    ISTJは伝統的で誠実な友人関係を求める傾向があります。
    彼らは以下のような友人を求めます。

    • 責任感が強く信頼できる人
    • 同じ価値観や信念を共有できる人
    • 一緒に活動を楽しめる人
    • 論理的で現実的な考え方ができる人

    ISTJにとって理想的な友人関係とは、お互いに信頼し頼りになる関係です。
    彼らは友人との約束を忠実に守ります。
    困ったときには実践的なサポートを惜しみなく提供してくれるでしょう。
    感情表現は苦手かもしれませんが、行動で友情を示してくれます。
    ISTJと親密な関係を築くには、誠実さと責任感、そして現実的な考え方が欠かせません。

    MBTIと友人関係:ISFJ

    ISFJは思慮深く献身的な友人関係を求める傾向があります。
    彼らは以下のような人と親密な関係を築きやすいでしょう。

    • 誠実で信頼できる人
    • 同じ価値観や理想を共有できる人
    • 感情を分かち合える人
    • サポーティブで思いやりのある人

    ISFJにとって理想の友人関係とは、お互いを深く理解し合える関係です。
    彼らは友人のためなら何でも喜んで手助けします。
    感情的なサポートも実践的なアドバイスも惜しみなく提供してくれるはずです。
    表面的な付き合いは苦手ですが、信頼できる友人関係は一生の宝物となります。
    ISFJと親密な関係を築くには、誠実さと思いやり、そして感情的なつながりを大切にする姿勢が求められます。

    MBTIと友人関係:ESTJ

    ESTJは強い信念と伝統的な価値観に基づいた友人関係を求める傾向があります。
    彼らは以下のような友人を求めます。

    • 責任感が強く信頼できる人
    • 同じ価値観や信念を共有できる人
    • 一緒にアクティブに活動できる人
    • 論理的で現実的な考え方ができる人

    ESTJにとって理想的な友人関係とは、お互いに信頼し尊重し合える関係です。
    彼らは友人との約束を忠実に守り、困ったときには実践的なサポートを惜しみなく提供します。
    議論好きで時に強引に感じられるかもしれません。
    しかしそれは友人を思ってのことなのです。
    ESTJと親密な関係を築くには、誠実さと責任感、お互いを尊重する姿勢が欠かせません。

    MBTIと友人関係:ESFJ

    ESFJは社交的で面倒見の良い友人関係を求める傾向があります。
    彼らは以下のような人と親密な関係を築きやすいでしょう。

    • 思いやりがあり誠実な人
    • 同じ価値観や理想を共有できる人
    • 感情的なつながりを大切にする人
    • 一緒に楽しい時間を過ごせる人

    ESFJにとって理想の友人関係とは、お互いを思いやり支え合える関係です。
    彼らは友人のために時間と労力を惜しみません。
    感情的なサポートも実践的な助言も喜んで提供してくれるはずです。
    社交的で幅広い交友関係を持ちますが、本当に大切なのは親しい友人との絆です。
    ESFJと親密な関係を築くには、思いやりと誠実さ、感情的なつながりを大切にする姿勢が求められます。

    探検家の友人関係

    MBTIと友人関係:ISTP

    ISTPは気楽で束縛のない友人関係を求める傾向があります。
    彼らは以下のような友人を求めます。

    • 一緒に楽しい活動ができる人
    • 自由奔放で冒険心のある人
    • 議論好きでユーモアのセンスがある人
    • 自立心が高く束縛しない人

    ISTPにとって理想的な友人関係とは、お互いの自由を尊重し合える関係です。 彼らは自発的に行動するのが好きなので、友人にも柔軟性を求めます。

    共通の興味や活動を通じて絆を深めるのが得意です。 感情的な議論は苦手かもしれませんが、ユーモアを交えた知的な会話は楽しめるはずです。

    ISTPと親密な関係を築くには、自由奔放さと独立心、そしてユーモアのセンスが欠かせません。

    MBTIと友人関係:ISFP

    ISFPは自由奔放で受容的な友人関係を求める傾向があります。 彼らは以下のような人と親密な関係を築きやすいでしょう。

    • オープンマインドで偏見がない人
    • 感情豊かで思いやりのある人
    • 創造性やユニークさを認めてくれる人
    • 一緒に楽しい時間を過ごせる人

    ISFPにとって理想の友人関係とは、お互いの個性を認め合える関係です。 彼らは友人の感情に敏感で、サポーティブな姿勢を見せます。

    アドバイスは控えめですが、そばにいて寄り添ってくれるでしょう。 束縛は苦手ですが、心の通った友人関係は一生の宝物となります。

    ISFPと親密な関係を築くには、受容力と感受性、そして自由を尊重する姿勢が求められます。

    MBTIと友人関係:ESTP

    ESTPは刺激的で楽しい友人関係を求める傾向があります。 彼らは以下のような人と意気投合しやすいでしょう。

    • 冒険心や好奇心が旺盛な人
    • ユーモアのセンスがある人
    • 行動力があり自発的な人
    • 議論好きでストレートな物言いをする人

    ESTPにとって理想の友人関係とは、一緒に刺激的な体験ができる関係です。 彼らは友人と過ごす時間を心から楽しみます。

    リスクを恐れない姿勢や機知に富んだ会話で周りを魅了するでしょう。 感情的な議論は苦手ですが、ためらいなく本音で語り合える友人を尊重します。

    ESTPと親密な関係を築くには、行動力とユーモア、そしてストレートな物言いを楽しめる姿勢が大切です。

    MBTIと友人関係:ESFP

    ESFPは自由奔放で楽観的な友人関係を求める傾向があります。 彼らは以下のような人と親密な関係を築きやすいでしょう。

    • ポジティブで人生を楽しむ人
    • 感情豊かで共感力のある人
    • 自発的で好奇心旺盛な人
    • ユーモアのセンスがある人

    ESFPにとって理想の友人関係とは、一緒に人生の喜びを分かち合える関係です。 彼らは友人と一緒に過ごす時間を何よりも大切にします。

    感情的なサポートも楽しいアイデアも惜しみなく提供してくれるはずです。 時に衝動的で気まぐれに見えるかもしれません。

    しかし友人を思う気持ちは誰にも負けません。 ESFPと親密な関係を築くには、ポジティブさと共感力、そして自由奔放さを楽しむ姿勢が欠かせません。

    最後にまとめ

    MBTIの16タイプはそれぞれ独自の友人関係の特徴を持っています。

    分析家は知的な刺激を求め、外交官は感情的なつながりを大切にします。 番人は信頼と責任を重んじ、探検家は自由と刺激を求めます。

    しかしどのタイプも、心から信頼できる友人を求めているのは同じです。

    MBTIを理解することで、自分や友人の特性を知ることができます。 お互いの違いを認め合い、強みを生かし合うことが大切でしょう。

    時には衝突することもあるかもしれません。 しかしそれもお互いを理解し合うためのステップなのです。

    理想の友人関係は一朝一夕には築けません。 時間をかけてお互いを知り、信頼を積み重ねていくことが必要不可欠です。

    MBTIはそのための指針となってくれるでしょう。 自分らしく、相手らしい付き合い方を見つけていってください。

    友情は人生を豊かにしてくれる大切な宝物です。 MBTIを手がかりに、かけがえのない友人関係を築いていきましょう。

    きっと、あなたの人生はもっと充実したものになるはずです。

    補足

    16personalitiesの悪いところ「科学的な裏付けが弱い」

    16personalities(16タイプ性格診断)は、科学的根拠の面で課題を抱えていると言えます。

    まず、査読付き論文の数が少なく、学術的な裏付けが不足しています。

    また、統計処理の方法にも疑問が残ります。

    特性を連続的な数値ではなくタイプに分類している点も、科学的な妥当性の観点から問題視されています。

    さらに、性格と学力や収入、脳機能、遺伝的要因などとの関連性についても、十分なエビデンスが提示されていないのが現状です。

    16personalitiesの良いところ「回答数(データ)が多く有名」

    一方で、16personalities(16タイプ性格診断)には大きな利点もあります。

    1つ目は、膨大な回答データを蓄積している点です。 多くの人々が16personalitiesの診断に参加しているため、データの信頼性はもしかしたら高いかもしれません。

    また、韓国のアイドルが回答し広めていたり、恋愛マッチングアプリでも注目されていたりするなど、一般の人々にかなり浸透しています。

    この点は、16personalities性格診断が他の性格診断に比べて有利な点と言えるでしょう。

    16personalitiesと他の性格診断との違い「MBTI」

    16personalities(16タイプ性格診断)は、MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)とビッグファイブをベースにして作られています。

    厳密には16personalitiesとMBTIは別物なのです。

    MBTIは、ユングの心理学的類型論を基に開発された性格診断ツールです。

    16personalitiesはMBTIの4つの指標(E外向-I内向S感覚-N直観T思考-F感情J判断-P知覚)を採用しつつ、アイデンティティ(AとT)という指標の追加、独自の質問項目・評価基準を設けています。

    ただし、二分法の根拠の乏しさなど、16personalities同様の科学的な裏付けの弱さを抱えています。

    16personalitiesと他の性格診断との違い「ビッグファイブ」

    ビッグファイブ(Big Five)は、性格心理学において最も有力な特性理論の一つです。

    ビッグファイブは、開放性、誠実性、外向性、協調性、神経症傾向の5つの特性を測定します。

    また、ビッグファイブが特性を連続的な数値で評価する(例、外向性3.5)のに対し、16personalitiesやMBTIはタイプ分類(例、外向的か内向的かのどちらか)を用いる点も大きな違いです。

    さらに古くから研究されており、論文数も多く、学力や所得、脳や遺伝など、他の分野でも多くの研究が行われています。ビッグファイブの方が比較的、科学的な裏付けが強いと言えます。

    参考としてビッグファイブの4つの要素とMBTIの相関関係を示した論文も存在します。

    16personalitiesと他の性格診断との違い「HEXACO」

    HEXACO(HEXACO Personality Inventory)は、ビッグファイブを拡張した6次元の性格モデルです。

    HEXACOは、正直-謙虚さ、情動性、外向性、協調性、誠実性、開放性の6つの特性を測定します。

    ビッグファイブに正直-謙虚さの次元を加えることで、性格のダークさ(と明るさ)など、より広範な性格特性を捉えようとしています。

    こちらもビッグファイブ同様、16personalitiesやMBTIと比べて論文の数が多いなど科学的な裏付けが比較的強いと言えます。

    こちらからHEXACO性格診断を受けることができます!より科学的な方法で自分の性格を知ってみましょう。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。