コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » MBTIと仕事:全16タイプの傾向・問題点・改善策を公式解説

MBTIと仕事:全16タイプの傾向・問題点・改善策を公式解説

    MBTIと仕事

    MBTIと仕事の関係について知りたいと思ったことはありますか?

    MBTIとは性格タイプを16種類に分類する心理学の理論で、自分の特性を知るために活用されています。

    でも、MBTIは仕事選びやキャリア形成にも役立つって知っていましたか?

    自分の性格タイプを理解することで、得意な仕事や向いている職種が見えてくるんです。

    大切なのは、MBTIを参考にしつつ、自分の興味や価値観に合った仕事を見つけていくことです。

    将来のキャリアについて考えるとき、MBTIは自己分析の有効なツールの一つと言えるでしょう。

    この記事では、MBTIと仕事の関係について詳しく解説していきます。

    今回も、性格研究者で悪者図鑑著者のトキワ(@etokiwa999)が解説していきます。

    ※MBTI診断よりも科学的な性格診断は、こちらのHEXACO(ヘキサコ)診断!ビッグファイブに新しく1つの指標を追加して、性格のダークさ(サイコパスなど)がわかるようになりました。

    はじめに

    MBTIの概要

    MBTIは性格を16タイプに分類する心理学の理論です。

    そもそもMBTIとは、マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケーター(Myers-Briggs Type Indicator)の略称です。

    MBTIは、以下の4つの指標を組み合わせて性格を16タイプに分類します。

    • 外向性(Extraversion)か内向性(Introversion)
    • 感覚(Sensing)か直観(iNtuition)
    • 思考(Thinking)か感情(Feeling)
    • 判断(Judging)か知覚(Perceiving)

    つまり、MBTIでは自分の性格傾向を「ISTJ」や「ENFP」などの4文字で表現するのです。
    人はみな十人十色ですが、MBTIを活用すると自分の特徴を把握しやすくなるでしょう。
    加えて、他者の個性を理解する助けにもなります。

    MBTIとビッグファイブの相関

    MBTIの4指標とビッグファイブの5因子には相関関係があります。

    この相関を示した代表的な研究に、「The relationship between the revised NEO-Personality Inventory and the Myers-Briggs Type Indicator」という論文があります。

    この論文によると、MBTIとビッグファイブの相関は以下の通りです。

    相関表EINSFTJP
    外向性強い正強い負
    開放性強い正強い負
    協調性強い負
    誠実性強い正強い負
    神経症傾向
    MBTIとビッグファイブの相関表

    このようにMBTIの各指標は、ビッグファイブの特定の因子と関連性があるのです。
    両者の相関を理解しておくと、性格理解がより深まるでしょう。
    MBTIとビッグファイブを組み合わせれば、個性をマルチな視点で分析できます。

    MBTIと仕事の関係

    MBTIは仕事のパフォーマンスや適性を探る指標としても活用できます。
    なぜならMBTIの各タイプには、それぞれ特徴的な働き方があるからです。
    具体的には以下のような傾向が挙げられます。

    • 外向型(E)は対人関係を重視し、内向型(I)は自立して集中する
    • 感覚型(S)は事実を積み上げ、直観型(N)はビジョンを描く
    • 思考型(T)は論理的に決断し、感情型(F)は調和を大切にする
    • 判断型(J)は計画的に遂行し、知覚型(P)は柔軟に対応する

    もちろん、これらはあくまで一般論に過ぎません。
    しかしMBTIを参考にすれば、自分に合った仕事の進め方が見えてくるはずです。
    また、チームワークの向上にも役立つでしょう。
    MBTIを通じて互いの個性を尊重し合えば、より良い協力関係を築けるからです。

    分析家の仕事

    MBTIと仕事:INTJ

    INTJは戦略的でビジョナリーな性格のため、企画職に向いています。
    彼らは物事の本質を見抜く洞察力と、長期的な視野を持ち合わせています。
    そのため、以下のような仕事で力を発揮するでしょう。

    • 経営戦略の立案
    • 新規事業の企画
    • 研究開発のプランニング

    ただし、INTJは自分の理想を追求するあまり、他者の意見を軽視しがちです。
    また、細かい作業や対人調整を煩わしく感じる傾向もあります。
    よって、彼らがより高いパフォーマンスを発揮するには、以下の環境が求められます。

    • 裁量権が与えられている
    • 独創的なアイデアが評価される
    • 雑務に追われることがない

    INTJは戦略立案のエキスパートです。
    自らのビジョンを描き、それを着実に実行に移すことを得意としています。
    周囲を巻き込みながら、大局的な視点から物事を統括できる点が彼らの強みだと言えるでしょう。

    MBTIと仕事:INTP

    INTPは論理的な思考力に秀でているため、研究職に適しています。
    彼らは複雑な問題に取り組むことを好み、斬新な発想で解決策を生み出します。
    具体的には、以下のような仕事が向いているでしょう。

    • 基礎研究や応用研究
    • システムエンジニアリング
    • データ分析や統計処理

    ただし、INTPは理論に没頭するあまり、現実的な制約を見落としがちです。
    また、人間関係の構築やコミュニケーションを疎かにしてしまう傾向もあります。
    したがって、彼らが能力を十分に発揮するには、以下のような環境が必要です。

    • 自由に探究できる時間がある
    • 専門性が求められている
    • 社交性をさほど必要としない

    INTPは理論構築のスペシャリストです。
    論理的な思考を駆使して、イノベーティブなソリューションを生み出すことができます。
    難解な課題に立ち向かい、その知見を体系化できる点が彼らの最大の武器と言えるでしょう。

    MBTIと仕事:ENTJ

    ENTJはリーダーシップに長けているため、管理職に向いています。
    彼らは高い目標を掲げ、周囲を巻き込みながらそれを達成します。
    特に、以下のような仕事で手腕を発揮するでしょう。

    • プロジェクトマネジメント
    • 組織改革の推進
    • 事業部門の責任者

    ただし、ENTJは効率を重視するあまり、部下の意見を軽視しがちです。
    また、他者の感情への配慮に欠ける面もあります。
    そのため、彼らがより良いマネジメントを行うには、以下の点に留意する必要があります。

    • メンバーの自主性を尊重する
    • 円滑なコミュニケーションを心がける
    • 成果主義に偏り過ぎない

    ENTJは組織をリードするカリスマ性を備えています。
    ビジョンを示し、メンバーをまとめ上げて、着実に成果を生み出すことができます。
    目標達成への強い意欲と、統率力が彼らの最大の強みだと言えるでしょう。

    MBTIと仕事:ENTP

    ENTPは革新的なアイデアを生み出す力に長けているため、企画職に適しています。
    彼らは常に新しい可能性を探求し、それを実現するための戦略を練ります。
    具体的には、以下のような仕事が向いているでしょう。

    • 新商品やサービスの開発
    • マーケティング戦略の立案
    • ベンチャー企業の経営

    ただし、ENTPはアイデアを出すことに夢中になるあまり、実行が疎かになりがちです。
    また、ルーティンワークや詳細な作業を苦手としている面もあります。
    したがって、彼らが能力を存分に発揮するには、以下のような環境が求められます。

    • 自由な発想が奨励されている
    • 実務は他者に任せられる
    • 変化の多いダイナミックな職場

    ENTPは革新的な企画を生み出すイノベーターです。
    枠にとらわれない発想力と、それを説得力をもって伝える能力が彼らの武器です。
    既成概念を覆すようなブレークスルーを起こせる点が、彼らの最大の魅力と言えるでしょう。

    外交官の仕事

    MBTIと仕事:INFJ

    INFJは洞察力と共感力に優れているため、カウンセラーに向いています。
    彼らは相手の内面を深く理解し、適切なアドバイスを与えることができます。
    特に、以下のような仕事で力を発揮するでしょう。

    • 心理カウンセリング
    • キャリアコンサルティング
    • 人材育成の企画・運営

    ただし、INFJは他者の感情に触れることに没頭するあまり、自分自身の健康管理がおろそかになりがちです。
    また、理想と現実のギャップにストレスを感じる面もあります。
    そのため、彼らがより良い仕事をするには、以下の点に注意が必要です。

    • 自分の心身のコンディションを整える
    • 目標設定を現実的なものにする
    • 一人で抱え込み過ぎない

    INFJは人の心の動きを読み取る達人です。
    相手の悩みに寄り添い、本質的な課題を見抜いて、解決に導くことができます。
    内面を見通す直感力と、それを言葉で表現する能力が彼らの最大の強みだと言えるでしょう。

    MBTIと仕事:INFP

    INFPは豊かな感受性と想像力を持っているため、クリエイティブな職種に適しています。
    彼らは自分の内なる思いを表現することに喜びを感じ、独自の世界観を作品に反映させます。
    具体的には、以下のような仕事が向いているでしょう。

    • 小説や脚本の執筆
    • デザインやイラストレーション
    • 映像制作やコンテンツ企画

    ただし、INFPは自分の理想を追求するあまり、締め切りや予算などの制約を軽視しがちです。
    また、他者からの評価に敏感なため、批判に過剰に反応してしまう傾向もあります。
    したがって、彼らが能力を十分に発揮するには、以下のような環境が必要です。

    • 創作の自由が保証されている
    • 自分のペースで進められる
    • 建設的なフィードバックがもらえる

    INFPは内面世界を表現するアーティストです。
    感性を研ぎ澄まし、心を揺さぶるような作品を生み出すことができます。
    型にはまらない発想力と、それを形にする表現力が彼らの最大の武器と言えるでしょう。

    MBTIと仕事:ENFJ

    ENFJは優れた調整力とリーダーシップを発揮するため、管理職に向いています。
    彼らはメンバーの個性を見抜き、それぞれの強みを引き出しながらチームを導きます。
    特に、以下のような仕事で手腕を振るうでしょう。

    • 営業チームのマネジメント
    • 人事部門の管理職
    • 教育機関の運営責任者

    ただし、ENFJは人間関係の調和を重視するあまり、自分の意見を押し殺しがちです。
    また、他者の期待に応えようとするあまり、自分自身の限界を超えて無理をしてしまう面もあります。
    そのため、彼らがより良いマネジメントを行うには、以下の点に留意する必要があります。

    • 自分の考えもはっきりと伝える
    • 適度に業務を委譲する
    • ワークライフバランスを保つ

    ENFJはチームを束ねるカリスマ性を備えています。
    メンバー一人一人の思いを汲み取り、それを全体の目標に統合することができます。
    対人関係の調整力と、目的を共有させる能力が彼らの最大の強みだと言えるでしょう。

    MBTIと仕事:ENFP

    ENFPは独創的なアイデアと行動力を持っているため、起業家に適しています。
    彼らは新しいビジネスチャンスを見つけ出し、それを具現化するために果敢に挑戦します。
    具体的には、以下のような仕事が向いているでしょう。

    • ベンチャー企業の経営
    • 新規事業の立ち上げ
    • コンサルティングファームでの活躍

    ただし、ENFPはアイデアを次々と出すことに夢中になるあまり、それを形にするための地道な作業を怠りがちです。
    また、ルーティンワークや細かい規則に縛られることを嫌う傾向もあります。
    したがって、彼らが能力を存分に発揮するには、以下のような環境が求められます。

    • 自由な発想が推奨されている
    • 実務をサポートしてくれる人がいる
    • 柔軟な働き方が認められている

    ENFPは斬新な発想で新しい価値を生み出すイノベーターです。 ワクワクするようなビジョンを描き、それを実現するための行動力が彼らの武器です。 固定概念にとらわれない柔軟な思考と、人を巻き込む発信力が、彼らの最大の魅力と言えるでしょう。

    番人の仕事

    MBTIと仕事:ISTJ

    ISTJは着実に責任を果たす誠実さを持っているため、経理や総務などの管理部門に向いています。 彼らはルールを守り、与えられた仕事を確実にこなすことを何より大切にします。 特に、以下のような仕事で力を発揮するでしょう。

    • 経理事務や会計処理
    • 総務や人事の実務
    • 品質管理や安全管理

    ただし、ISTJは慣れ親しんだやり方を変えることを嫌う傾向があります。 また、融通が利かない面があるため、臨機応変な対応が苦手です。 そのため、彼らがより良い仕事をするには、以下の点に注意が必要です。

    • 変化を前向きに捉える
    • 状況に応じて柔軟に対処する
    • 他者の意見にも耳を傾ける

    ISTJは着実に職責を全うする堅実な働き手です。 コツコツと積み上げる地道な努力と、約束を守り抜く責任感が彼らの最大の強みです。 正確無比な仕事ぶりと、揺るぎない誠実さが、彼らの仕事ぶりの真骨頂だと言えるでしょう。

    MBTIと仕事:ISFJ

    ISFJは献身的にサポートする姿勢を持っているため、医療や福祉の分野に適しています。 彼らは相手の立場に立って考え、手厚いケアを提供することにやりがいを感じます。 具体的には、以下のような仕事が向いているでしょう。

    • 看護師や介護士
    • 保育士や幼稚園教諭
    • 医療事務や受付

    ただし、ISFJは他者のために尽くすことに没頭するあまり、自分自身の健康管理がおろそかになりがちです。 また、自分の意見を主張することが苦手なため、ストレスを溜め込んでしまう傾向もあります。 したがって、彼らが能力を十分に発揮するには、以下のような環境が必要です。

    • 適度に休息がとれる
    • 上司や同僚に相談できる
    • 自分の感情を表現できる

    ISFJは人のために尽くすことに喜びを感じるサポーター気質の持ち主です。 相手の細かいニーズにも気づき、それに応えようとする優しさが彼らの武器です。 献身的な姿勢と、気配りの行き届いたサービスが、彼らの最大の魅力と言えるでしょう。

    MBTIと仕事:ESTJ

    ESTJは組織運営に高い能力を発揮するため、管理職に向いています。 彼らは目標達成のためにメンバーを導き、着実に成果を上げることを重視します。 特に、以下のような仕事で手腕を振るうでしょう。

    • 営業部門の管理職
    • 製造現場の責任者
    • プロジェクトリーダー

    ただし、ESTJは効率を追求するあまり、メンバーの意見を軽視しがちです。 また、融通の利かない頑固さがあるため、変化への対応が遅れる面もあります。 そのため、彼らがより良いマネジメントを行うには、以下の点に留意する必要があります。

    • メンバーの自主性を尊重する
    • 臨機応変に方針を変更する
    • 多様な意見に耳を傾ける

    ESTJは組織の生産性を高める優れたマネージャーです。 目標に向けてメンバーを牽引し、着実に結果を出すことができます。 リーダーシップと実行力、そして安定感が彼らの最大の強みだと言えるでしょう。

    MBTIと仕事:ESFJ

    ESFJは優れた対人スキルを活かせる営業職に適しています。 彼らは相手の要望をくみ取り、それに応えようと誠実に努力します。 具体的には、以下のような仕事が向いているでしょう。

    • 店頭販売やサービス業
    • 不動産営業や保険営業
    • 営業事務や秘書

    ただし、ESFJは人間関係の調和を重視するあまり、自分の意見を押し殺しがちです。 また、相手の要求に応えようとするあまり、自分自身の限界を超えて無理をしてしまう面もあります。 したがって、彼らが能力を存分に発揮するには、以下のような環境が求められます。

    • 自分の考えも率直に言える
    • 適度に業務量を調整できる
    • 上司や同僚に相談できる

    ESFJは人当たりの良さを武器に営業成績を上げるセールスパーソンです。 相手のニーズを汲み取り、それに真摯に応えようとする姿勢が彼らの強みです。 お客様に寄り添う親身さと、信頼関係を築く丁寧さが、彼らの最大の魅力と言えるでしょう。

    探検家の仕事

    MBTIと仕事:ISTP

    ISTPは器用さと現場力を発揮できる専門職に向いています。 彼らは状況を瞬時に判断し、適切な行動をとることができます。 特に、以下のような仕事で力を発揮するでしょう。

    • 機械修理や設備保全
    • スポーツトレーナーやアスリート
    • パイロットや運転手

    ただし、ISTPはマニュアル通りの仕事を嫌う傾向があります。 また、単調な作業や細かい規則に縛られることを好みません。 そのため、彼らがより良い仕事をするには、以下の点に注意が必要です。

    • 自由度の高い環境で働く
    • 新しいスキルを身につける機会がある
    • ルーティンワークは最小限にする

    ISTPは状況判断力と行動力に優れた実践型の人材です。 瞬時の判断と、状況に応じた柔軟な対応が彼らの最大の強みです。 現場での機転の利かせ方と、器用な問題解決スキルが、彼らの仕事ぶりの真骨頂だと言えるでしょう。

    MBTIと仕事:ISFP

    ISFPは感性を活かせるクリエイティブな職種に適しています。 彼らは五感を研ぎ澄まし、独自の美的センスを表現することにやりがいを感じます。 具体的には、以下のような仕事が向いているでしょう。

    • アーティストやミュージシャン
    • デザイナーやスタイリスト
    • フローリストや園芸家

    ただし、ISFPは自分の好きなことに没頭するあまり、締め切りなどの約束事を軽視しがちです。 また、人前に出ることや自己アピールが苦手なため、才能を発揮する機会を逃してしまう面もあります。 したがって、彼らが能力を十分に発揮するには、以下のような環境が必要です。

    • 自分のペースで制作できる
    • プレッシャーの少ない職場
    • 才能を認めてくれる人がいる

    ISFPは感性を研ぎ澄ませる芸術家タイプです。 美的センスと独創性を武器に、唯一無二の作品を生み出すことができます。 自由な発想力と、それを形にする表現力が、彼らの最大の魅力と言えるでしょう。

    MBTIと仕事:ESTP

    ESTPは交渉力と行動力を発揮できる営業職に向いています。 彼らは相手の心理を巧みに捉え、タイミングよく提案することができます。 特に、以下のような仕事で力を発揮するでしょう。

    • 法人営業や営業企画
    • 不動産仲介や金融営業
    • セールスエンジニア

    ただし、ESTPは目先の利益を追求するあまり、長期的な視点を欠きがちです。 また、リスクを恐れずに行動するため、時に軽率な判断をしてしまう面もあります。 そのため、彼らがより良い仕事をするには、以下の点に注意が必要です。

    • 将来の展望を持って行動する
    • 慎重に判断を下す
    • 周囲の意見にも耳を傾ける

    ESTPは交渉の達人として営業成績を上げるセールスパーソンです。 相手の心理を読み取り、巧みに話を進める交渉術が彼らの最大の強みです。 機転の利いた提案力と、果敢に行動に移す実行力が、彼らの仕事ぶりの真骨頂だと言えるでしょう。

    MBTIと仕事:ESFP

    ESFPはコミュニケーション力を活かせるサービス業に適しています。 彼らは人と接することが好きで、相手を楽しませることにやりがいを感じます。 具体的には、以下のような仕事が向いているでしょう。

    • 販売員やショップ店員
    • エンターテイナーやパフォーマー
    • イベントプランナーやウェディングプランナー

    ただし、ESFPは目先の楽しさを追求するあまり、将来のキャリアプランを立てることを怠りがちです。 また、几帳面な作業や単調な業務を嫌う傾向もあります。 したがって、彼らが能力を存分に発揮するには、以下のような環境が求められます。

    • 活気のある職場
    • 自分のアイデアを実行できる
    • 長期的なキャリア支援がある

    ESFPは人を楽しませることが得意なエンターテイナー気質の持ち主です。 明るく快活な人柄と、場を盛り上げるコミュニケーション力が彼らの武器です。 人懐っこい笑顔と、サービス精神旺盛な姿勢が、彼らの最大の魅力と言えるでしょう。

    最後にまとめ

    MBTIは自分の性格特性を理解するための有益な指標ですが、あくまで一つの目安に過ぎません。
    16タイプに分類されるとはいえ、同じタイプの中にも個人差があることを忘れてはいけません。
    また、MBTIの結果に縛られ過ぎるのも賢明ではありません。
    大切なのは、MBTIを通じて自分自身と向き合い、長所を伸ばしていくことです。
    同時に、苦手な面についても克服する努力を怠らないことが重要でしょう。

    MBTIはキャリア選択の参考にもなりますが、適職を決める絶対的な基準ではありません。
    むしろ、自分の興味や価値観、スキルなどを総合的に考慮する必要があります。
    その上で、MBTIの特徴を活かせる職種を探してみるのも一つの方法です。
    ただし、どんな仕事でも完璧にマッチすることはありません。
    大切なのは、自分なりの働き方を模索し、キャリアを切り拓いていくことではないでしょうか。

    最後に、MBTIはあなた自身を見つめ直すためのツールです。
    結果に一喜一憂するのではなく、自分の特性を冷静に分析してみましょう。
    そして、その理解を土台に、自分らしいキャリアと人生を描いていくことが何より重要なのです。

    補足

    16personalitiesの悪いところ「科学的な裏付けが弱い」

    16personalities(16タイプ性格診断)は、科学的根拠の面で課題を抱えていると言えます。

    まず、査読付き論文の数が少なく、学術的な裏付けが不足しています。

    また、統計処理の方法にも疑問が残ります。

    特性を連続的な数値ではなくタイプに分類している点も、科学的な妥当性の観点から問題視されています。

    さらに、性格と学力や収入、脳機能、遺伝的要因などとの関連性についても、十分なエビデンスが提示されていないのが現状です。

    16personalitiesの良いところ「回答数(データ)が多く有名」

    一方で、16personalities(16タイプ性格診断)には大きな利点もあります。

    1つ目は、膨大な回答データを蓄積している点です。 多くの人々が16personalitiesの診断に参加しているため、データの信頼性はもしかしたら高いかもしれません。

    また、韓国のアイドルが回答し広めていたり、恋愛マッチングアプリでも注目されていたりするなど、一般の人々にかなり浸透しています。

    この点は、16personalities性格診断が他の性格診断に比べて有利な点と言えるでしょう。

    16personalitiesと他の性格診断との違い「MBTI」

    16personalities(16タイプ性格診断)は、MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)とビッグファイブをベースにして作られています。

    厳密には16personalitiesとMBTIは別物なのです。

    MBTIは、ユングの心理学的類型論を基に開発された性格診断ツールです。

    16personalitiesはMBTIの4つの指標(E外向-I内向S感覚-N直観T思考-F感情J判断-P知覚)を採用しつつ、アイデンティティ(AとT)という指標の追加、独自の質問項目・評価基準を設けています。

    ただし、二分法の根拠の乏しさなど、16personalities同様の科学的な裏付けの弱さを抱えています。

    16personalitiesと他の性格診断との違い「ビッグファイブ」

    ビッグファイブ(Big Five)は、性格心理学において最も有力な特性理論の一つです。

    ビッグファイブは、開放性、誠実性、外向性、協調性、神経症傾向の5つの特性を測定します。

    また、ビッグファイブが特性を連続的な数値で評価する(例、外向性3.5)のに対し、16personalitiesやMBTIはタイプ分類(例、外向的か内向的かのどちらか)を用いる点も大きな違いです。

    さらに古くから研究されており、論文数も多く、学力や所得、脳や遺伝など、他の分野でも多くの研究が行われています。ビッグファイブの方が比較的、科学的な裏付けが強いと言えます。

    参考としてビッグファイブの4つの要素とMBTIの相関関係を示した論文も存在します。

    16personalitiesと他の性格診断との違い「HEXACO」

    HEXACO(HEXACO Personality Inventory)は、ビッグファイブを拡張した6次元の性格モデルです。

    HEXACOは、正直-謙虚さ、情動性、外向性、協調性、誠実性、開放性の6つの特性を測定します。

    ビッグファイブに正直-謙虚さの次元を加えることで、性格のダークさ(と明るさ)など、より広範な性格特性を捉えようとしています。

    こちらもビッグファイブ同様、16personalitiesやMBTIと比べて論文の数が多いなど科学的な裏付けが比較的強いと言えます。

    こちらからHEXACO性格診断を受けることができます!より科学的な方法で自分の性格を知ってみましょう。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。