コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » 引っ越しの性格ごとの特徴解説!理由・準備・引っ越し先

引っ越しの性格ごとの特徴解説!理由・準備・引っ越し先

    引っ越し

    引っ越しを考えたことはありますか?新しい環境に憧れる人もいれば、慣れ親しんだ場所を離れたくない人もいるでしょう。

    でも、なぜそんな気持ちの違いが生まれるのでしょうか?

    実は、引っ越したいと思うかどうかには、その人の性格が大きく関係しているんです。

    最近の研究「日本における転居願望と Big Five パーソナリティの関連」で、そんな興味深い結果が明らかになりました。

    この記事では、その研究結果を分かりやすく解説します。引っ越しを望む人にはどんな特徴があるのか、逆に今の場所に留まりたい人はどんな性格なのか。

    さあ、あなたはどんなタイプ?一緒に探っていきましょう!

    今回も、性格研究者で悪者図鑑著者のトキワ(@etokiwa999)が解説していきます。

    ※MBTI診断よりも科学的な性格診断は、こちらのHEXACO(ヘキサコ)診断!ビッグファイブに新しく1つの指標を追加して、性格のダークさ(サイコパスなど)がわかるようになりました。

    引っ越しをしたい人の性格特性とは?

    新しいことが好きな人が望む

    新しいものや経験を好む人ほど、引っ越しを望む傾向があります。

    これは「開放性」という性格特性と関係しています。

    開放性が高い人には、次のような特徴があります:

    • 好奇心が強い
    • 新しい考えに興味を持つ
    • 冒険を楽しむ

    このような人は、環境の変化を歓迎します。

    引っ越しは、新しい場所で生活するチャンスです。

    そのため、開放性の高い人にとって魅力的に映ります。

    新しい街や人々との出会いが楽しみなのです。

    一方、開放性が低い人は、慣れた環境を好みます。

    変化を望まず、現状維持を選ぶ傾向があります。

    つまり、新しいことへの好奇心が強いほど、引っ越しを考える可能性が高くなるのです。

    これは日本だけでなく、世界共通の傾向のようです。

    まじめで几帳面な人は引っ越しを避ける

    几帳面で責任感の強い人は、引っ越しを避ける傾向があります。

    これは「誠実性」という性格特性と関係しています。

    誠実性が高い人には、次のような特徴があります:

    • 計画的である
    • 規律を守る
    • 慎重である

    このような人は、安定した生活を好みます。

    引っ越しは、生活の大きな変化を意味します。

    そのため、誠実性の高い人には不安要素となります。

    慣れた環境や人間関係を大切にする傾向があるのです。

    また、引っ越しには多くの手続きが必要です。

    これを面倒に感じる可能性も高いでしょう。

    一方、誠実性が低い人は、変化を気にしません。

    新しい環境にも柔軟に適応できるのです。

    つまり、まじめで几帳面な性格の人ほど、現在の住まいに留まる可能性が高くなります。

    この傾向は、日本の研究で特に顕著に見られました。

    外交的な性格は関係ない?

    外交的な性格と引っ越し願望には、関連が見られませんでした。

    これは意外な結果かもしれません。

    外交的な人は、新しい人間関係を築くのが得意です。

    そのため、引っ越しを望むと予想されていました。

    しかし、研究結果はその予想を覆しました。

    外交的な人の特徴には、次のようなものがあります:

    • 社交的である
    • エネルギッシュである
    • 活発である

    これらの特徴は、確かに新環境に適応しやすそうです。

    しかし、現在の人間関係を大切にする面もあります。

    そのため、簡単には引っ越しを決められないのでしょう。

    一方、内向的な人も同様に関連が見られません。

    つまり、外交的かどうかは、引っ越し願望に影響しないのです。

    これは、日本特有の結果かもしれません。

    海外の研究では、異なる結果も報告されています。

    日本では、人間関係よりも生活環境の変化を重視する傾向があるようです。

    協調性の高さも影響しない

    他人と協調する性格も、引っ越し願望には関係ありません。

    これは「協調性」という性格特性のことです。

    協調性が高い人には、次のような特徴があります:

    • 思いやりがある
    • 他人を信頼する
    • 協力的である

    このような人は、周囲との関係を大切にします。

    そのため、引っ越しを避けると予想されていました。

    しかし、研究結果はその予想と異なりました。

    協調性の高さは、引っ越し願望に影響しないのです。

    これには、いくつかの理由が考えられます。

    まず、協調性が高い人は新しい環境にも適応できます。

    また、現在の人間関係を大切にする一方で、新しい出会いも歓迎するでしょう。

    つまり、協調性の高さだけでは、引っ越し願望は決まらないのです。

    この結果も、日本特有の傾向かもしれません。

    海外の研究では、協調性と引っ越し願望に関連が見られることもあります。

    日本では、人間関係以外の要因が引っ越し願望に強く影響している可能性があります。

    不安になりやすい人との関連は?

    不安になりやすい性格と引っ越し願望には、関連が見られませんでした。

    これは「神経症傾向」という性格特性のことです。

    神経症傾向が高い人には、次のような特徴があります:

    • 心配性である
    • ストレスを感じやすい
    • 感情の起伏が激しい

    このような人は、現在の環境に不満を感じやすいです。

    そのため、引っ越しを望むと予想されていました。

    しかし、研究結果はその予想と異なりました。

    神経症傾向の高さは、引っ越し願望に影響しないのです。

    これには、日本特有の事情が関係しているかもしれません。

    日本では、引っ越しに伴うストレスが大きいと考えられています。

    そのため、不安になりやすい人でも、引っ越しを避ける傾向があるのです。

    つまり、現在の環境への不満と引っ越しへの不安が相殺されているのかもしれません。

    この結果も、日本の特徴を表しています。

    海外の研究では、神経症傾向と引っ越し願望に関連が見られることもあります。

    日本では、引っ越しに対する心理的なハードルが高い可能性があります。

    引っ越し願望に影響するその他の要因

    年齢が若いほど引っ越したがる

    若い人ほど、引っ越しを望む傾向があります。

    これには、いくつかの理由が考えられます。

    まず、若い人は新しい経験を求めがちです。

    また、仕事や学業のために引っ越す機会も多いでしょう。

    若い人の特徴には、次のようなものがあります:

    • チャレンジ精神がある
    • 柔軟性がある
    • 将来の可能性を追求する

    これらの特徴が、引っ越し願望につながるのです。

    一方、年齢が上がるにつれ、安定を求める傾向があります。

    家族や仕事など、生活基盤が固まってくるからです。

    また、長年住み慣れた場所への愛着も強くなります。

    そのため、年齢が高くなると引っ越し願望は低くなります。

    ただし、これは一般的な傾向であり、個人差もあります。

    年齢に関わらず、新しい環境を求める人もいるでしょう。

    逆に、若くても現在の環境に満足している人もいます。

    つまり、年齢は引っ越し願望に影響する一つの要因ですが、絶対的なものではありません。

    女性の方が引っ越しを望む傾向

    女性の方が男性よりも、引っ越しを望む傾向があります。

    これは、興味深い研究結果の一つです。

    女性が引っ越しを望む理由には、次のようなものがあります:

    • キャリアアップの機会を求める
    • 生活環境の改善を望む
    • 新しい経験への期待が大きい

    また、女性は環境の変化に適応しやすいとも言われています。

    これが、引っ越し願望の高さにつながっているのかもしれません。

    一方、男性の方が引っ越しを望まない傾向にあります。

    これには、日本の社会的背景も関係しているでしょう。

    例えば、男性は転職が少ない傾向があります。

    また、地元志向が強い人も多いようです。

    ただし、これも一般的な傾向であり、個人差があります。

    性別だけで引っ越し願望が決まるわけではありません。

    他の要因との組み合わせで、願望の強さは変わってきます。

    例えば、キャリア志向の強い男性は引っ越しを望むかもしれません。

    逆に、地元愛の強い女性は現状維持を選ぶこともあるでしょう。

    教育レベルが高いと引っ越し願望も高まる

    学歴が高い人ほど、引っ越しを望む傾向があります。

    これには、いくつかの理由が考えられます。

    まず、高学歴者は転職の機会が多い傾向にあります。

    また、キャリアアップのために転勤も多いでしょう。

    高学歴者の特徴には、次のようなものがあります:

    • 知的好奇心が強い
    • チャレンジ精神がある
    • グローバルな視点を持つ

    これらの特徴が、引っ越し願望につながるのです。

    さらに、高学歴者は経済的余裕がある場合も多いです。

    そのため、引っ越しのコストを負担しやすいのです。

    一方、学歴が低い人は地元志向が強い傾向があります。

    地元の人間関係や仕事を大切にする人が多いのです。

    ただし、これも一般的な傾向であり、例外もあります。

    学歴に関わらず、新しい環境を求める人もいるでしょう。

    逆に、高学歴でも現在の環境に満足している人もいます。

    つまり、教育レベルは引っ越し願望に影響する一つの要因ですが、決定的なものではありません。

    地元を離れている人は引っ越しに積極的

    地元以外に住んでいる人は、引っ越しを望む傾向があります。

    これは、意外な結果かもしれません。

    しかし、理由を考えると納得できる部分もあります。

    地元を離れている人の特徴には、次のようなものがあります:

    • 環境の変化に慣れている
    • 新しい場所への適応力がある
    • チャレンジ精神がある

    これらの特徴が、さらなる引っ越しへの意欲につながるのです。

    また、地元を離れた経験が、視野を広げることもあります。

    新しい地域への興味が湧きやすくなるのです。

    一方、地元に住み続けている人は引っ越しを避ける傾向にあります。

    慣れ親しんだ環境や人間関係を大切にしたいからです。

    ただし、これも一般的な傾向であり、例外もあります。

    地元を離れていても、今の場所に満足している人もいるでしょう。

    逆に、地元住まいでも新天地を求める人もいるはずです。

    つまり、地元を離れているかどうかは、引っ越し願望に影響する一つの要因です。

    しかし、他の要因との組み合わせで、願望の強さは変わってきます。

    持ち家がない人は引っ越しを考えやすい

    賃貸住宅に住む人の方が、引っ越しを望む傾向があります。

    これは、直感的にも理解しやすい結果でしょう。

    賃貸住宅に住む人の特徴には、次のようなものがあります:

    • 生活の柔軟性がある
    • 引っ越しの経験が豊富
    • 住環境の変更が比較的容易

    これらの特徴が、引っ越し願望につながるのです。

    また、賃貸住宅は契約期間があります。

    更新時に、引っ越しを検討する機会が自然と生まれます。

    一方、持ち家の人は引っ越しを避ける傾向にあります。

    家の購入には大きな投資が必要だからです。

    また、地域との繋がりも強くなりがちです。

    そのため、簡単には引っ越しを決められません。

    ただし、これも一般的な傾向であり、例外もあります。

    賃貸住宅でも長期居住を望む人はいるでしょう。

    逆に、持ち家を売却して新天地へ向かう人もいます。

    つまり、住居の所有形態は引っ越し願望に影響する一つの要因です。

    しかし、他の要因との組み合わせで、願望の強さは変わってきます。

    都会よりも地方に住む人の方が引っ越したい

    地方に住む人の方が、都会の人より引っ越しを望む傾向があります。

    これは、意外な結果かもしれません。

    しかし、理由を考えると納得できる部分もあります。

    地方に住む人が引っ越しを望む理由には、次のようなものがあります:

    • より良い就職機会を求める
    • 都会の便利さに憧れる
    • 新しい経験への期待が大きい

    また、地方では若者の人口流出が問題になっています。

    これも、地方住民の引っ越し願望の高さを示しています。

    一方、都会に住む人は引っ越しを避ける傾向にあります。

    都会の生活には、多くの利点があるからです。

    例えば、仕事の機会や娯楽施設が豊富です。

    また、交通の便も良く、生活が便利です。

    ただし、これも一般的な傾向であり、例外もあります。

    都会でストレスを感じ、田舎暮らしを望む人もいるでしょう。

    逆に、地方に満足し、そのまま住み続けたい人もいます。

    つまり、居住地が都会か地方かは、引っ越し願望に影響する一つの要因です。

    しかし、個人の価値観や生活スタイルによって、願望の強さは変わってきます。

    今の住環境に不満がある人は引っ越したがる

    現在の住環境に満足していない人ほど、引っ越しを望みます。

    これは、直感的にも理解しやすい結果でしょう。

    住環境への不満には、様々な要因があります:

    • 家賃や住宅ローンが高い
    • 通勤・通学時間が長い
    • 騒音や空気の質に問題がある
    • 近隣との人間関係がうまくいかない

    これらの問題を解決する手段として、引っ越しを考えるのです。

    特に、複数の不満が重なると引っ越し願望は強くなります。

    一方、現在の住環境に満足している人は、引っ越しを避けます。

    「今のままで十分」という気持ちが強いからです。

    また、慣れ親しんだ環境を手放したくない気持ちもあるでしょう。

    ただし、環境への満足度だけが引っ越し願望を決めるわけではありません。

    例えば、仕事の都合で満足な環境でも引っ越す人もいます。

    逆に、不満はあっても様々な理由で引っ越せない人もいるでしょう。

    つまり、住環境への満足度は引っ越し願望に大きく影響します。

    しかし、他の要因との兼ね合いで最終的な決断が下されるのです。

    日本人の引っ越し願望の特徴

    日本人の約14%が引っ越したいと思っている

    研究によると、日本人の約14%が引っ越したいと考えています。

    これは、予想以上に低い数字かもしれません。

    具体的には、3,925人中543人が引っ越しを望んでいました。

    この結果から、いくつかのことが分かります:

    • 大多数の日本人は現状に満足している
    • 引っ越しへの心理的ハードルが高い
    • 日本社会の安定志向が強い

    14%という数字は、決して小さくはありません。

    しかし、海外と比べるとかなり低いのです。

    例えば、イギリスでは約30%が引っ越しを望んでいます。

    この差には、日本特有の事情が関係しているでしょう。

    例えば、終身雇用の文化や地元志向の強さです。

    また、引っ越しにかかるコストや手間も要因の一つです。

    ただし、この14%という数字も時代とともに変化する可能性があります。

    働き方改革やリモートワークの普及で、状況は変わるかもしれません。

    つまり、日本人の引っ越し願望は現時点では比較的低いのです。

    しかし、社会の変化とともに、この傾向も変わっていく可能性があります。

    海外と比べて引っ越し願望が低い理由

    日本人の引っ越し願望が海外よりも低い理由がいくつかあります。

    まず、日本特有の文化的背景が挙げられます:

    • 地元や故郷を大切にする心情
    • 長期的な人間関係を重視する傾向
    • 安定志向が強い国民性

    これらが、引っ越しへの抵抗感につながっているのです。

    また、日本の雇用システムも影響しています。

    終身雇用の文化が根強く残っているからです。

    転職が少ないため、引っ越しの機会も自然と減ります。

    さらに、日本の住宅事情も関係しているでしょう。

    引っ越しにかかるコストが高いのです。

    例えば、敷金や礼金、仲介手数料などがあります。

    これらの負担が、引っ越しへのハードルを上げています。

    教育システムの違いも要因の一つです。

    日本では、転校を避けたい親が多いのです。

    子どもの学業や友人関係への影響を心配するからです。

    ただし、これらの傾向も徐々に変化しつつあります。

    働き方改革やグローバル化の影響で、価値観も多様化しています。

    つまり、現時点では日本の引っ越し願望は低いのです。

    しかし、今後は海外との差が縮まる可能性もあります。

    日本では引っ越しが大きな決断と考えられている

    日本では、引っ越しが人生の大きな転機だと捉えられています。

    これは、日本特有の考え方かもしれません。

    引っ越しを重大視する理由には、次のようなものがあります:

    • 人間関係の変化への不安
    • 新しい環境への適応への懸念
    • 経済的負担への心配

    日本人は、長期的な人間関係を大切にする傾向があります。

    そのため、引っ越しで関係が切れることを恐れるのです。

    また、新しい環境に馴染めるか不安に思う人も多いです。

    日本社会では、「空気を読む」ことが求められます。

    新しい場所では、それが難しくなるかもしれません。

    経済面での不安も大きいでしょう。

    引っ越しには、予想以上にお金がかかるのです。

    これらの要因が、引っ越しを大きな決断にしています。

    ただし、この考え方にも変化の兆しが見られます。

    特に若い世代は、引っ越しをチャンスと捉える傾向があります。

    新しい経験への期待が、不安を上回ることもあるのです。

    つまり、日本では引っ越しは依然として大きな決断です。

    しかし、その捉え方は徐々に変化しつつあるのです。

    人間関係よりも生活環境の変化を求めている

    日本人の引っ越し願望は、人間関係よりも生活環境の改善が目的です。

    これは、興味深い研究結果の一つです。

    生活環境の改善を求める理由には、次のようなものがあります:

    • より良い仕事や学校への近さ
    • 住宅の質や広さの向上
    • 自然環境や景観の良さ
    • 生活の利便性の向上

    これらの要因が、引っ越し願望の主な動機となっているのです。

    一方、新しい人間関係を求めての引っ越しは少ないようです。

    これには、日本の文化的背景が関係しているでしょう。

    日本人は既存の人間関係を大切にする傾向があります。

    そのため、人間関係のために引っ越すことは少ないのです。

    また、引っ越し後の人間関係構築に不安を感じる人も多いです。

    これも、人間関係を理由に引っ越さない要因となっています。

    ただし、この傾向にも変化の兆しが見られます。

    特に若い世代は、新しい出会いを求めて引っ越す人もいます。

    また、リモートワークの普及で、住む場所の選択肢が増えています。

    つまり、現在の日本人は生活環境改善のために引っ越しを考えます。

    しかし、今後は人間関係も含めた多様な理由で引っ越す人が増えるかもしれません。

    引っ越しのストレスを避けたい人も多い

    多くの日本人が、引っ越しに伴うストレスを避けたがっています。

    これは、引っ越し願望が低い一因となっています。

    引っ越しのストレス要因には、次のようなものがあります:

    • 荷物の梱包や運搬の手間
    • 新生活の準備にかかる時間と労力
    • 各種手続きの煩わしさ
    • 慣れない環境への適応

    これらのストレスが、引っ越しへの抵抗感につながるのです。

    特に、仕事や家事で忙しい人にとっては大きな負担です。

    また、引っ越し後の不安も無視できません。

    新しい環境に馴染めるか心配な人も多いのです。

    さらに、経済的なストレスも重要な要因です。

    引っ越しには予想以上にお金がかかるからです。

    これらのストレスを考えると、現状維持を選ぶ人が多くなります。

    ただし、ストレスの捉え方には個人差があります。

    前向きに捉え、新生活への期待が勝る人もいるでしょう。

    また、引っ越しサービスの充実で、負担は軽減されつつあります。

    つまり、引っ越しのストレスは多くの人にとって障壁となっています。

    しかし、その克服方法も徐々に整いつつあるのです。

    この研究から分かること

    性格特性が引っ越し願望に影響する

    個人の性格特性が、引っ越し願望に大きな影響を与えています。

    これは、この研究の重要な発見の一つです。

    特に影響が大きかった性格特性は以下の2つです:

    • 新しいことへの好奇心(開放性)
    • まじめで几帳面な性格(誠実性)

    開放性が高い人ほど、引っ越しを望む傾向があります。

    新しい環境や経験を求めるからです。

    一方、誠実性が高い人は引っ越しを避ける傾向にあります。

    安定や計画性を重視するためです。

    これらの特性は、生まれつきの部分もあります。

    しかし、経験によって変化する可能性もあります。

    つまり、性格特性は固定的なものではないのです。

    また、他の要因との組み合わせも重要です。

    例えば、年齢や家族構成、職業なども影響します。

    さらに、社会的な背景も無視できません。

    日本特有の文化や価値観も、大きく関わっています。

    この研究結果は、引っ越しを考える人への示唆にもなります。

    自分の性格特性を知ることで、決断の参考になるでしょう。

    ただし、性格特性だけで全てが決まるわけではありません。

    総合的に判断することが、賢明な選択につながるのです。

    日本特有の引っ越しに対する考え方がある

    日本には、引っ越しに関する独特の考え方があります。

    これは、この研究から見えてきた興味深い点です。

    日本特有の考え方には、次のようなものがあります:

    • 引っ越しを大きな人生の転機と捉える
    • 現状維持を好む傾向が強い
    • 人間関係よりも生活環境の改善を重視する

    これらの特徴は、日本の文化や社会構造と深く関連しています。

    例えば、終身雇用の文化が引っ越しを抑制しています。

    また、地元や故郷を大切にする心情も影響しているでしょう。

    さらに、「出る杭は打たれる」という考え方も関係しています。

    これが、現状維持志向につながっているのです。

    一方で、生活環境の質を重視する傾向も見られます。

    これは、日本人の細やかさや完璧主義の表れかもしれません。

    ただし、こうした考え方も徐々に変化しつつあります。

    グローバル化や価値観の多様化が進んでいるからです。

    特に若い世代では、新しい価値観が生まれています。

    引っ越しをチャンスと捉える人も増えているのです。

    この研究結果は、日本社会の特徴を浮き彫りにしています。

    同時に、今後の変化の可能性も示唆しているのです。

    つまり、日本の引っ越し観は独特ですが、変化の兆しもあるのです。

    引っ越しを考えている人へのアドバイス

    引っ越しを考えている人には、いくつかのアドバイスがあります。

    この研究結果を踏まえ、以下のポイントを押さえましょう:

    • 自分の性格特性を理解する
    • 引っ越しの目的を明確にする
    • メリットとデメリットを冷静に比較する
    • 長期的な視点で考える

    まず、自分の性格をよく知ることが大切です。

    新しいことが好きな人なら、引っ越しはプラスになるでしょう。

    反対に、安定を好む人は慎重に検討する必要があります。

    次に、なぜ引っ越したいのかを明確にしましょう。

    漠然とした不満ではなく、具体的な理由が必要です。

    例えば、キャリアアップや生活環境の改善などです。

    そして、引っ越しのメリットとデメリットを比較します。

    新しい機会と、失うものを天秤にかけるのです。

    最後に、長期的な視点で考えることが重要です。

    一時的な気分で決めるのではなく、将来を見据えましょう。

    また、引っ越し後の適応期間も考慮に入れてください。

    慣れるまでに時間がかかる場合もあるのです。

    さらに、経済的な面も忘れずに検討しましょう。

    引っ越しには予想以上にお金がかかることがあります。

    ただし、これらの点を考慮しても迷う場合があります。

    その時は、信頼できる人に相談するのも良いでしょう。

    客観的な意見が、決断の助けになることもあるのです。

    つまり、引っ越しは慎重に、しかし前向きに考えましょう。

    自分にとって最適な選択ができるよう、よく検討することが大切です。

    最後に

    さて、ここまで引っ越し願望と性格の関係について見てきました。

    新しいことが好きな人ほど引っ越しを望み、几帳面な人ほど今の場所に留まりたがる傾向があることが分かりましたね。

    でも、これはあくまで傾向であって、絶対的なものではありません。

    自分の性格を知ることは大切ですが、それだけで引っ越すかどうかを決めるべきではないでしょう。

    大切なのは、自分の目標や価値観をしっかり見つめること。そして、引っ越しのメリットとデメリットを冷静に比較することです。

    将来、進学や就職で引っ越しを考えることがあるかもしれません。

    その時は、この記事で学んだことを思い出してください。自分の性格を理解しつつ、長期的な視点で判断することが大切です。

    ※この記事は以下の「性格とは何か-より良く生きるための心理学」で紹介された論文をもとに書いています。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。