コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » 外見・写真から分かる性格とは?マッチングアプリで活用

外見・写真から分かる性格とは?マッチングアプリで活用

    価値観、外見

    外見から性格が分かるって本当? この疑問に答える興味深い研究が行われました。

    Personality judgments based on physical appearance」という論文です。

    私たちは日常的に、人の外見から性格を推測しています。例えば、笑顔の人を見ると「明るい性格かな」と思ったり、きちんとした服装の人を見て「真面目そう」と感じたりします。

    でも、これって本当に当たっているのでしょうか?

    この研究では、全身写真を見ただけで、どれくらい正確に性格を判断できるかを調べました。結果は驚くべきものでした。

    この記事では、研究の詳細や結果、そしてその意味について分かりやすく解説します。外見と性格の不思議な関係を、一緒に探っていきましょう。

    今回も、性格研究者で悪者図鑑著者のトキワ(@etokiwa999)が解説していきます。

    ※MBTI診断よりも科学的な性格診断は、こちらのHEXACO(ヘキサコ)診断!ビッグファイブに新しく1つの指標を追加して、性格のダークさ(サイコパスなど)がわかるようになりました。

    外見から分かる意外な性格の特徴

    研究の背景と目的

    外見から性格が分かるのかという疑問が、この研究の出発点です。
    多くの人が、初対面の印象で相手の性格を推測します。
    しかし、その推測はどれほど正確なのでしょうか。
    この疑問に答えるため、研究者たちは実験を行いました。
    実験の目的は、外見だけで性格を判断できるか調べることです。
    具体的には、以下の点を明らかにしようとしました。

    • 写真だけで性格が分かるか
    • どの性格特性が外見から判断しやすいか
    • 表情や姿勢が判断に与える影響

    また、外見のどの部分が手がかりになるかも調べました。
    服装や髪型といった静的な要素と、表情や姿勢といった動的な要素を区別しました。
    これらの要素が、性格判断にどう影響するか検証しました。

    さらに、この研究は日常生活への応用も視野に入れています。
    第一印象の形成過程を理解することで、コミュニケーションの改善につながる可能性があります。
    つまり、外見と性格の関係を探ることで、人間関係の理解を深めることが究極の目的なのです。

    外見による判断の実験の方法と対象者

    この実験では、113人の大学生が対象となりました。
    研究者たちは、彼らの全身写真を2種類撮影しました。
    1枚目は表情や姿勢を指定した「標準化条件」の写真です。
    2枚目は自由に表情や姿勢を取らせた「自然条件」の写真です。
    これらの写真を、6人の観察者が見て性格を評価しました。
    評価の対象となった性格特性は10個ありました。
    例えば、以下のような特性が含まれています。

    • 外向性(社交的かどうか)
    • 誠実性(几帳面かどうか)
    • 開放性(新しいことに興味があるか)

    一方、実際の性格は別の方法で測定しました。
    本人による自己評価と、知人による評価を組み合わせました。
    これにより、より客観的な性格評価を得ることができました。

    このように、写真による判断と実際の性格を比較しました。
    その結果、外見だけでどれだけ正確に性格を判断できるか分かりました。
    この実験方法により、外見と性格の関係を科学的に検証できたのです。

    標準化条件と自然条件の違い

    実験では、2種類の写真を使い分けました
    それが「標準化条件」と「自然条件」です。
    標準化条件では、被写体の姿勢や表情を統一しました。
    具体的には、以下のような指示を出しました。

    • まっすぐカメラを見る
    • 表情を中立に保つ
    • 足を肩幅に開いて立つ
    • 手を体の横に自然に下ろす

    一方、自然条件では特に指示を出しませんでした。
    被写体は好きな姿勢や表情を取ることができました。
    この2つの条件を比べることで、何が分かったのでしょうか。

    まず、表情や姿勢が性格判断に与える影響が明らかになりました。
    また、どの程度自然な状態で観察するかの違いも分かりました。
    さらに、人が無意識に発する非言語的な手がかりの重要性も見えてきました。

    つまり、この2条件の比較により、外見のどの要素が性格判断に重要かが分かったのです。
    標準化条件と自然条件の違いは、実験結果の解釈に大きな影響を与えました。

    評価された10の性格特性

    実験では、10個の性格特性が評価されました
    これらの特性は、人の性格を総合的に捉えるために選ばれました。
    主な特性には以下のようなものがあります。

    • 外向性:社交的で活発かどうか
    • 協調性:他人と協力的かどうか
    • 誠実性:責任感があり几帳面かどうか
    • 情緒安定性:感情のコントロールができるか
    • 開放性:新しい経験に積極的かどうか

    また、これら5つの基本特性以外にも、以下が含まれました。

    • 好感度:人に好かれやすいか
    • 自尊心:自分を肯定的に評価しているか
    • 孤独感:孤独を感じやすいか
    • 宗教性:宗教的な信念を持っているか
    • 政治的立場:保守的か進歩的か

    これらの特性を評価することで、多面的な性格分析が可能になりました。
    外見からどの特性が判断しやすいか、比較することができたのです。
    結果として、外見と性格の関係をより詳細に理解することができました。

    観察者の役割と評価方法

    観察者は、写真を見て性格を判断する重要な役割を果たしました。
    実験では、6人の観察者が写真を評価しました。
    彼らは、被写体のことを全く知らない人たちでした。
    観察者は、10の性格特性それぞれについて評価しました。
    評価は7段階で行われ、1が「全く当てはまらない」、7が「非常に当てはまる」を意味します。

    観察者たちは、以下のような点に注意して評価しました。

    • 表情(笑顔かどうかなど)
    • 姿勢(リラックスしているかなど)
    • 服装(フォーマルかカジュアルかなど)
    • 全体的な印象(健康的に見えるかなど)

    各観察者は独立して評価を行い、お互いに相談はしませんでした。
    これにより、個人の主観的な判断を集めることができました。

    観察者の評価は、後で実際の性格評価と比較されました。
    この比較により、外見から性格をどれだけ正確に判断できるか分かりました。
    観察者の役割は、外見と性格の関係を科学的に検証する上で不可欠だったのです。

    外見による性格判断の正確性

    標準化条件での判断精度

    標準化条件では、5つの性格特性が正確に判断できました。
    これは、表情や姿勢を統一した写真でも、ある程度性格が分かるということです。
    具体的には、以下の特性が判断可能でした。

    特に外向性の判断精度が高く、相関係数は0.39でした。
    相関係数とは、2つの要素がどれだけ関連しているかを示す指標です。
    1に近いほど強い関連があり、0に近いほど関連が弱いことを意味します。

    一方で、以下の特性は正確に判断できませんでした。

    これらの結果から、いくつかのことが分かりました。
    まず、静的な外見だけでも、ある程度性格が推測できるということです。
    また、判断しやすい特性と難しい特性があることも明らかになりました。

    標準化条件での判断精度は、外見と性格の基本的な関係を示しています。
    表情や姿勢を抑えても、服装などから性格の手がかりが得られるのです。

    自然条件での判断精度

    自然条件では、10個中9個の性格特性が正確に判断できました。
    これは、標準化条件よりも多くの特性が判断可能だったことを意味します。
    具体的には、以下の特性が判断できました。

    • 外向性(相関係数0.42)
    • 協調性(相関係数0.20)
    • 開放性(相関係数0.35)
    • 好感度(相関係数0.28)
    • 自尊心(相関係数0.28)
    • 孤独感(相関係数0.23)
    • 宗教性(相関係数0.27)

    特に外向性の判断精度が高く、開放性も比較的正確でした。
    一方、誠実性は自然条件でも正確な判断が難しかったです。

    自然条件では、表情や姿勢などの動的な要素が加わりました。
    これにより、より多くの情報が得られ、判断精度が向上したと考えられます。
    例えば、笑顔は外向性や好感度の判断に役立ったかもしれません。

    総じて、自然な状態の写真からより多くの性格特性が読み取れました。
    これは、人が無意識に発する非言語的な手がかりの重要性を示しています。
    自然条件での高い判断精度は、外見と性格の密接な関係を裏付けています。

    条件間の精度の違い

    自然条件の方が、全体的に判断精度が高くなりました。
    標準化条件と自然条件の間で、いくつかの違いが見られました。
    まず、正確に判断できた特性の数が増えました。
    標準化条件では5個だったのに対し、自然条件では9個になりました。

    また、判断精度を示す相関係数の平均値も上昇しました。
    標準化条件では0.14だったのが、自然条件では0.25になりました。
    特に以下の特性で、判断精度の向上が顕著でした。

    • 協調性
    • 開放性
    • 誠実性(ただし、統計的に有意ではない)
    • 孤独感

    これらの違いは、何を意味しているのでしょうか。
    自然な表情や姿勢が、より多くの情報を提供していると考えられます。
    特に、非言語的なコミュニケーションの手がかりが重要です。

    例えば、笑顔は協調性の判断に役立つかもしれません。
    また、リラックスした姿勢は情緒安定性を示唆するかもしれません。

    条件間の精度の違いは、外見の動的要素の重要性を示しています。
    人は無意識のうちに、多くの情報を外見を通じて発信しているのです。

    集団判断と個人判断の差

    集団で判断すると、個人よりも正確になることが分かりました。
    実験では、6人の観察者の判断を平均して「集団判断」としました。
    一方、各観察者の判断を個別に分析して「個人判断」としました。

    集団判断と個人判断の主な違いは以下の通りです。

    • 正確に判断できた特性の数
    • 集団判断:標準化条件で5個、自然条件で9個
    • 個人判断:標準化条件で1個、自然条件で4個
    • 判断精度(相関係数の平均)
    • 集団判断:標準化条件で0.14、自然条件で0.25
    • 個人判断:標準化条件で0.09、自然条件で0.17

    この結果から、いくつかのことが分かります。
    まず、複数の人の意見を合わせると、より正確になるということです。
    これは「集合知」と呼ばれる現象の一例と言えるでしょう。

    また、個人の判断でも、ある程度の正確さはあることが分かりました。
    特に自然条件では、個人でも4つの特性を正確に判断できています。

    集団判断と個人判断の差は、日常生活にも応用できる知見です。
    重要な判断をする際は、複数の意見を聞くことが有効かもしれません。

    最も正確に判断できる性格特性

    外向性が最も正確に判断できる性格特性でした。
    この結果は、標準化条件でも自然条件でも同じでした。
    外向性の判断精度を示す相関係数は以下の通りです。

    • 標準化条件:0.39
    • 自然条件:0.42

    他の特性と比べても、外向性の判断精度は突出していました。
    なぜ外向性が判断しやすいのでしょうか。
    理由としては、以下のようなことが考えられます。

    • 表情や姿勢に表れやすい
    • 服装や髪型などの選択に影響する
    • 社会的な場面で目立ちやすい特性である

    外向性に次いで判断しやすかった特性は以下の通りです。

    • 開放性(自然条件で相関係数0.35)
    • 自尊心(両条件で約0.27)
    • 宗教性(両条件で約0.25)

    一方、最も判断が難しかった特性は誠実性でした。
    誠実性は両条件でも正確な判断ができませんでした。

    これらの結果は、性格特性によって外見への表れ方が異なることを示しています。
    外向性のような目に見えやすい特性は判断しやすく、内面的な特性は難しいのです。

    外見のどこから性格を読み取るのか

    静的な要素と動的な要素

    外見は静的な要素と動的な要素に分けられます
    静的な要素は、変化しにくい外見の特徴を指します。

    例えば、以下のようなものが該当します。

    • 服装のスタイル
    • 髪型
    • 体型
    • アクセサリーの選択

    一方、動的な要素は変化する外見の特徴です。 具体的には、次のようなものが挙げられます。

    • 表情
    • 姿勢
    • ジェスチャー
    • 視線の動き

    研究では、これらの要素が性格判断にどう影響するか調べました。 結果、両方の要素が重要であることが分かりました。

    静的な要素は、その人の長期的な傾向を反映します。 例えば、服装の選択は開放性と関連があるかもしれません。 動的な要素は、その場の状況や感情を表します。 笑顔は外向性や協調性の手がかりになる可能性があります。

    つまり、性格を判断する際は両方の要素を考慮する必要があります。 静的要素と動的要素を組み合わせることで、より正確な判断ができるのです。

    服装から分かる性格

    服装は、その人の性格を反映する重要な手がかりです。 研究では、服装と性格の関連性がいくつか明らかになりました。 例えば、以下のような傾向が見られました。

    • おしゃれな服装:外向性が高い
    • 独特な服装:開放性が高い
    • きちんとした服装:誠実性が高い

    服装の選択は、その人の価値観や好みを表します。 そのため、性格特性との関連が強いと考えられます。

    また、服装のスタイルだけでなく、以下の点も重要です。

    • 色の選択
    • ブランドの好み
    • アクセサリーの使い方
    • 清潔感

    例えば、明るい色を好む人は外向的な傾向があるかもしれません。 一方、シンプルな服装を好む人は誠実性が高い可能性があります。

    ただし、服装だけで性格を完全に判断することはできません。 文化や状況など、他の要因も考慮する必要があります。 また、人は意図的に服装を選ぶこともあるため注意が必要です。

    服装は性格を知る一つの手がかりにすぎません。 他の要素と合わせて総合的に判断することが大切です。

    表情が伝える内面

    表情は、その人の内面を最も直接的に伝える要素です。 研究では、表情と性格の間に強い関連が見られました。 特に、以下のような傾向が明らかになりました。

    • 笑顔:外向性、協調性、好感度が高い
    • 真剣な表情:誠実性が高い
    • リラックスした表情:情緒安定性が高い

    表情は、その場の感情だけでなく、長期的な性格特性も反映します。 例えば、よく笑う人は一般的に外向的だと判断されやすいのです。

    また、表情には以下のような要素があります。

    • 口の形
    • 目の動き
    • 眉の位置
    • 額のしわ

    これらの細かな要素が組み合わさって、全体的な印象を作ります。 例えば、目を大きく開いている人は好奇心旺盛に見えるかもしれません。

    ただし、表情は意図的にコントロールすることも可能です。 そのため、一時的な表情だけで性格を判断するのは危険です。 長期的な傾向や他の要素と合わせて考える必要があります。

    表情は内面を映す鏡のようなものです。 しかし、その解釈には慎重さが求められるのです。

    姿勢と性格の関係

    姿勢は、その人の自信や態度を反映する重要な要素です。 研究では、姿勢と性格の間にいくつかの関連が見られました。 具体的には、以下のような傾向が明らかになりました。

    • まっすぐな姿勢:自信が高い、外向的
    • リラックスした姿勢:情緒が安定している
    • 前かがみの姿勢:内向的、自信が低い可能性

    姿勢は、その人の心理状態を無意識に表現しています。 例えば、自信のある人は自然と背筋が伸びるものです。

    また、姿勢には以下のような要素があります。

    • 背中の曲がり具合
    • 肩の開き方
    • 頭の位置
    • 手足の置き方

    これらの要素が組み合わさって、全体的な印象を作り出します。 例えば、腕を組んでいる人は防御的に見えるかもしれません。

    ただし、姿勢は状況によっても変化します。 疲れているときや緊張しているときは、普段と異なる姿勢になることもあります。 そのため、一時的な姿勢だけで性格を判断するのは適切ではありません。

    姿勢は無意識のうちに内面を表現する「身体言語」の一つです。 しかし、その解釈には注意深さが必要なのです。

    健康的な見た目の意味

    健康的な見た目は、複数の性格特性と関連していることが分かりました。 研究では、健康的に見える人は以下の傾向があることが示されました。

    • 外向性が高い
    • 情緒が安定している
    • 自尊心が高い

    健康的な見た目とは、具体的に以下のような特徴を指します。

    • 肌の艶がよい
    • 目が輝いている
    • 姿勢がよい
    • 活力がある様子

    これらの特徴は、その人の生活習慣や心理状態を反映しています。 例えば、運動習慣のある人は自然と姿勢がよくなります。 また、ストレスの少ない人は肌の状態がよくなりやすいのです。

    健康的な見た目は、以下のような印象も与えます。

    • 信頼できる
    • 活動的である
    • 前向きである

    ただし、健康的な見た目だけで性格を完全に判断することはできません。 遺伝的な要因や、意図的なケアによる影響もあるからです。

    健康的な見た目は、その人の内面的な健康状態を表す一つの指標です。 しかし、他の要素と合わせて総合的に判断することが重要です。

    外見と性格の関係から分かること

    第一印象の形成プロセス

    第一印象は、わずか数秒で形成されることが分かっています。 この研究結果は、そのプロセスをより詳しく示しています。 第一印象の形成には、以下のような要素が関わっています。

    • 外見の静的要素(服装、髪型など)
    • 動的要素(表情、姿勢など)
    • 観察者の経験や先入観

    これらの要素が、瞬時に処理されて印象が作られるのです。

    第一印象の形成プロセスは、大まかに以下の流れになります。

    1. 視覚情報の取り込み
    2. 特徴の抽出(笑顔、姿勢など)
    3. 過去の経験との照合
    4. 性格特性の推測
    5. 全体的な印象の形成

    このプロセスは、ほとんど無意識のうちに行われます。 そのため、私たちは自分が何を基準に判断したのか、はっきりと説明できないことも多いのです。

    ただし、この第一印象は必ずしも正確ではありません。 偏見や先入観が影響することもあります。 また、その場の状況によっても変わる可能性があります。

    第一印象の形成プロセスを理解することは、人間関係を築く上で重要です。 初対面の印象に惑わされずに、相手を理解しようとする姿勢が大切なのです。

    外見を通じた性格の表出

    人は無意識のうちに、外見を通じて性格を表現しています。 この研究結果は、その具体的なメカニズムを示しています。 性格が外見に表れる主な経路は以下の通りです。

    • 服装や髪型の選択
    • 表情や姿勢の傾向
    • 身だしなみへの注意度

    これらは、その人の内面的な特性を反映しているのです。

    例えば、以下のような関連が見られました。

    • 外向的な人:明るい色の服を好む傾向
    • 開放的な人:個性的な服装を選ぶ傾向
    • 誠実な人:きちんとした身だしなみを心がける傾向

    また、長年の習慣が外見に影響を与えることもあります。 例えば、よく笑う人は、自然と目尻にしわができやすいのです。

    ただし、この性格の表出は完全に自動的なものではありません。 状況や目的に応じて、意識的に外見を変えることも可能です。 また、文化や社会的規範の影響も受けます。

    外見を通じた性格の表出を理解することで、以下のようなメリットがあります。

    • 自己理解の深化
    • 他者理解の促進
    • コミュニケーションの改善

    性格は外見に表れますが、それは複雑で多面的なプロセスなのです。

    自己表現としての外見

    外見は、自己表現の重要な手段の一つです。 この研究は、人々が外見をどのように使って自己表現しているかを示しています。 自己表現の主な方法には以下のようなものがあります。

    • 服装のスタイル選択
    • ヘアスタイルやメイクの工夫
    • アクセサリーの使用
    • 姿勢や表情の調整

    これらを通じて、人は自分の個性や価値観を表現しているのです。

    例えば、以下のような自己表現が見られました。

    • 独創的な人:個性的な服装を好む
    • 社交的な人:明るい色を選ぶ傾向
    • 真面目な人:フォーマルな服装を好む

    また、外見を通じた自己表現には以下のような目的があります。

    • アイデンティティの確立
    • 所属集団との一体感
    • 他者との差別化

    ただし、自己表現としての外見には制限もあります。 社会的規範や状況によって、選択肢が限られることもあるのです。

    外見を通じた自己表現を理解することで、以下のような効果が期待できます。

    • 自己理解の促進
    • 他者とのコミュニケーション改善
    • 社会的関係の構築

    単なる見た目としての「外見」ではなく、自己を表現する重要な手段なのです。

    外見による印象操作の可能性

    人は外見を操作して、意図的に印象を変えることができます。 この研究結果は、そのメカニズムと効果を示しています。 印象操作の主な方法には以下のようなものがあります。

    • 服装のスタイル変更
    • 表情や姿勢の調整
    • アクセサリーの選択
    • メイクやヘアスタイルの工夫

    これらを通じて、望ましい印象を作り出すことが可能なのです。

    例えば、以下のような印象操作が効果的だと分かりました。

    • 真面目に見せたい:フォーマルな服装を選ぶ
    • 親しみやすく見せたい:笑顔を心がける
    • 自信があるように見せたい:姿勢を正す

    ただし、印象操作には以下のような注意点があります。

    • 過度の操作は不自然に感じられる
    • 長期的には維持が難しい
    • 状況によっては効果が薄い

    また、印象操作は倫理的な問題を含むこともあります。 自分の本質を隠すことは、人間関係に悪影響を及ぼす可能性があるのです。

    印象操作の可能性を理解することで、以下のような活用が考えられます。

    • ビジネス場面での自己演出
    • 社会的スキルの向上
    • 自信の獲得

    外見による印象操作は強力なツールですが、使い方には注意が必要です。

    研究結果の日常生活への応用

    この研究結果は、日常生活のさまざまな場面で応用できます。 具体的には、以下のような活用方法が考えられます。

    • 自己理解の深化
    • 他者とのコミュニケーション改善
    • 社会的関係の構築
    • 職場での印象管理

    例えば、自分の外見が与える印象を意識することで、以下のような効果が期待できます。

    • 面接での好印象獲得
    • 人間関係のスムーズな構築
    • 自信の向上

    ただし、研究結果の応用には以下のような注意点もあります。

    • 個人差を考慮する必要がある
    • 文化的背景による違いがある
    • 過度の一般化は避けるべき

    また、この知識を悪用しないことも重要です。 相手の外見だけで判断せず、多面的に理解する姿勢が大切です。

    研究結果を日常生活に活かすことで、以下のような利点があります。

    • 対人関係の質の向上
    • 自己表現力の強化
    • 社会的スキルの向上

    外見と性格の関係を理解することは、より豊かな人間関係を築く一助となるのです。

    最後に

    この研究から、私たちは外見から思った以上に多くのことが分かるということが明らかになりました。

    特に、自然な表情や姿勢をしている写真からは、驚くほど正確に性格を判断できるのです。

    しかし、これは「見た目で人を判断してもいい」ということではありません。

    むしろ、私たちが無意識のうちに多くの情報を発信していることを理解し、お互いをより深く理解するきっかけにすべきです。

    ただし、外見を操作して印象を変えようとする際は、自然さと誠実さを失わないよう注意が必要です。

    結局のところ、外見は性格を知る一つの手がかりに過ぎません。本当の人間理解には、時間をかけて相手と関わり、多面的に理解しようとする姿勢が大切です。

    この研究結果を、より良い人間関係を築くためのヒントとして活用してみてはいかがでしょうか。

    ※この記事は以下の「性格とは何か-より良く生きるための心理学」で紹介された論文をもとに書いています。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。