コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » ISFJ-A(擁護者・自信型)を論文20本以上で科学的に解説

ISFJ-A(擁護者・自信型)を論文20本以上で科学的に解説

    ISFJ-A、ISFJ-T、擁護者、Defender

    ISFJ-Aタイプって知っていますか?

    これは性格を表す指標の一つで、私たちの行動や考え方に大きな影響を与えています。

    この記事では、ISFJ-Aの人がどんな特徴を持っているのか、健康面や仕事、人間関係などについて詳しく解説します。

    自分や周りの人の性格をよく知ることで、より良いコミュニケーションや自己理解につながるかもしれません。

    ぜひ、自分や友達の性格と比べながら読んでみてください。

    今回も、性格研究者で悪者図鑑著者のトキワ(@etokiwa999)が解説していきます。

    ※MBTI診断よりも科学的な性格診断は、こちらのHEXACO(ヘキサコ)診断!ビッグファイブに新しく1つの指標を追加して、性格のダークさ(サイコパスなど)がわかるようになりました。

    ISFJ-T(擁護者・自信型)の科学的な背景

    MBTIの概要

    MBTIは性格を16タイプに分類する心理学の理論です。

    そもそもMBTIとは、マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケーター(Myers-Briggs Type Indicator)の略称です。

    MBTIでは、以下の4つの指標を組み合わせて性格を16タイプに分類します。

    つまり、MBTIでは自分の性格傾向を「ISTJ」や「ENFP」などの4文字で表現するのです。似ているものとしてとても有名な16personalitiesがありますが、これはMBTIとは違います。

    ビッグファイブの概要

    性格心理学において最も有力な特性理論の一つが「ビッグファイブ(Big Five)」です。

    ビッグファイブは、開放性誠実性外向性協調性神経症傾向の5つの特性を測定します。

    また、16personalitiesやMBTIはタイプ分類(例、外向的か内向的かのどちらか)を用いるのに対して、ビッグファイブが特性を連続的な数値で評価する(例、外向性3.5)点も大きな違いです。

    さらに、古くから研究されており、論文数も多く、学力や所得、脳や遺伝など、他の分野でも多くの研究が行われています。ビッグファイブの方が比較的、科学的な裏付けが強いと言えます。

    MBTI・ビッグファイブ・HEXACOの相関関係

    MBTIの4指標とビッグファイブの5因子には相関関係があります。

    この相関を示した代表的な研究に、「The relationship between the revised NEO-Personality Inventory and the Myers-Briggs Type Indicator」という論文があります。

    この論文によると、MBTIとビッグファイブの相関は以下の通りです。

    また、MBTIとビッグファイブを参考にして作られた16personalitiesでは、ビッグファイブの神経症傾向が「アイデンティティ」と呼ばれており、自信(Assertive)か、慎重(Turbulent)かで分類されています。

    一番右には比較的新しい性格診断である「HEXACO(ヘキサコ)」があります。ビッグファイブに1つ指標「正直・謙虚さ」を加えて改良されています。

    本記事ではこの相関関係に基づいて、16personalitiesの性格タイプを詳細に解説していきます。

    元々はビッグファイブやHEXACOの研究なので、MBTIや16personalitiesよりも科学的に性格を知りたい場合は、こちらのHEXACO性格診断を受けてみてください。

    ISFJ-T(擁護者・自信型)とは?

    ISFJ-Aは、ビッグファイブの低い外向性(I)、低い開放性(S)、高い協調性(F)、高い誠実性(J)、低い神経症傾向(A)を持つタイプです。

    • 高い共感力と思いやり
    • 責任感と信頼性の強さ
    • 実践的なサポート能力
    • 自信に満ちた決断力
    • 伝統と調和の重視

    彼らは他者のニーズに敏感で、実際的な方法で支援することを得意とします。詳細に注意を払い、安定性と一貫性を重視します。

    対人関係では、思いやりと誠実さを大切にします。変化には慎重ですが、必要性を理解すれば適応します。ストレス耐性が高く、困難な状況でも落ち着いて対処できます。

    ISFJ-T(擁護者・自信型)を科学的に解説

    身体的健康がいい

    ISFJ-Aタイプは、身体的健康が比較的良好な傾向があります。これは、ビッグファイブの誠実性が高く(J)、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ISFJ-Aの人は、規則正しい生活習慣を保ち、ストレス管理も上手く行えることが多いです。これにより、全体的な健康状態が良好に保たれやすいのです。

    また、彼らは自己管理能力が高く、健康に関する情報にも敏感です。定期的な健康診断や適度な運動を心がける傾向があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    健康行動をする

    ISFJ-Aタイプは、健康的な行動を積極的に取る傾向があります。これは、ビッグファイブの協調性(F)と誠実性(J)が高いことと関連しています。

    彼らは、自分自身の健康だけでなく、周りの人々の健康にも気を配ります。バランスの取れた食事、適度な運動、十分な睡眠など、健康的なライフスタイルを維持することに努めます。

    また、ISFJ-Aは予防医学にも関心が高く、定期的な健康チェックや予防接種なども欠かしません。彼らの慎重で思いやりのある性格が、健康行動の実践につながっているのです。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    SとFの両方がある人と仲良くなりやすい

    ISFJ-Aタイプは、感覚的(S)で感情的(F)な特徴を持つ人々と特に仲良くなりやすい傾向があります。これは、ビッグファイブの開放性が低く(S)、協調性が高い(F)特徴と関連しています。

    ISFJ-Aの人は、現実的で実践的な考え方を持ちつつ、感情面での共感力も高いです。そのため、同じように現実志向で感情豊かな人々と自然と親和性が高くなります。

    彼らは、相手の気持ちを理解し、実際的なサポートを提供することが得意です。このバランスの取れた特性が、人間関係の構築と維持に役立っているのです。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    友達関係の質が高い

    ISFJ-Aタイプは、友人関係の質が高い傾向があります。これは、ビッグファイブの協調性(F)と誠実性(J)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ISFJ-Aの人は、思いやりがあり、誠実で、安定した性格を持っています。彼らは友人に対して忠実で、信頼できる存在となります。

    また、良い聞き手であり、友人の悩みや喜びを共有することができます。彼らの温かさと信頼性が、長続きする深い友情を築くのに役立っているのです。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    カップル満足度が高い

    ISFJ-Aタイプは、カップルとしての満足度が高い傾向があります。これは、ビッグファイブの協調性(F)と誠実性(J)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ISFJ-Aの人は、思いやりがあり、献身的で、安定した性格を持っています。彼らはパートナーのニーズに敏感で、関係性を大切にします。

    また、彼らの誠実さと責任感は、信頼関係の構築に役立ちます。感情的な安定性も高いため、関係性の中でのストレス管理も上手です。

    これらの特徴が、長期的で満足度の高いカップル関係を築くのに貢献しているのです。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    比較的、学力が高くなりやすい

    ISFJ-Aタイプは、比較的学力が高くなりやすい傾向があります。これは、ビッグファイブの協調性(F)と誠実性(J)が高い特徴と関連しています。

    ISFJ-Aの人は、責任感が強く、計画的に物事を進める能力に優れています。彼らは学習に対して真面目で、課題や宿題を確実にこなします。

    また、彼らの協調性の高さは、グループ学習や教師との良好な関係構築にも役立ちます。細部への注意力も高いため、テストや試験でのミスも少ない傾向があります。

    これらの特性が、全体的な学力の向上につながっているのです。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    宗教的な義務や戒律を重視

    ISFJ-Aタイプは、宗教的な義務や戒律を重視する傾向があります。これは、ビッグファイブの開放性が低く(S)、協調性(F)と誠実性(J)が高い特徴と関連しています。

    ISFJ-Aの人は、伝統や既存の価値観を尊重する傾向があります。宗教的な教えや習慣を大切にし、それらを日常生活に取り入れようとします。

    また、彼らの責任感の強さと誠実さは、宗教的な義務を果たすことにも表れます。コミュニティの一員としての役割も重視し、宗教的な活動に積極的に参加することが多いです。

    これらの特徴が、宗教的な義務や戒律を重視する姿勢につながっているのです。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    SNSをやる場合、でいいねや励ましのコメントなどでコミュニケーションをする

    ISFJ-Aタイプは、SNSを利用する際、「いいね」や励ましのコメントなどでコミュニケーションを取る傾向があります。これは、ビッグファイブの協調性が高い(F)特徴と関連しています。

    ISFJ-Aの人は、思いやりがあり、他人の感情に敏感です。SNS上でも、他者を支援し、励ますことを大切にします。

    彼らは、直接的な自己表現よりも、他者の投稿に対して肯定的な反応を示すことで自分の存在を示すことが多いです。「いいね」ボタンやポジティブなコメントを通じて、温かさと支持を表現します。

    この特徴は、オンライン上でも調和的な関係性を築く助けとなっています。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    感染対策でソーシャルディスタンスをちゃんととる

    ISFJ-Aタイプは、感染対策としてソーシャルディスタンスをしっかりと保つ傾向があります。これは、ビッグファイブの内向性が高い(I)特徴と関連しています。

    ISFJ-Aの人は、慎重で責任感が強い性格です。彼らは自分自身の健康だけでなく、周囲の人々の健康にも配慮します。

    感染症の流行時には、専門家や当局の指示に従い、適切な距離を保つことを重視します。彼らの内向的な性質も、ソーシャルディスタンスを維持することをより自然にしています。

    また、他者への思いやりの心から、感染拡大を防ぐための行動を積極的に取ります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    感染対策で手洗いなどちゃんと行う

    ISFJ-Aタイプは、感染対策として手洗いなどの基本的な衛生習慣をしっかりと実践する傾向があります。これは、ビッグファイブの誠実性が高い(J)特徴と関連しています。

    ISFJ-Aの人は、責任感が強く、細部に注意を払う性格です。感染予防のための手洗い、消毒、マスク着用などの対策を確実に行います。

    彼らは、自分自身の健康だけでなく、周囲の人々の健康も考慮に入れて行動します。専門家の助言や公衆衛生のガイドラインを真剣に受け止め、実践します。

    この誠実で慎重な姿勢が、感染対策の徹底につながっているのです。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    一定数チームにいるとチームのバランスが良くなる、外向的な人と一緒にいるとなおよし

    ISFJ-Aタイプが一定数チームにいると、チームのバランスが良くなる傾向があります。これは、ビッグファイブの協調性(F)と誠実性(J)が高い特徴と関連しています。

    ISFJ-Aの人は、思いやりがあり、責任感が強く、細やかな気配りができます。彼らはチーム内の調和を保ち、メンバー間の橋渡し役となることが多いです。

    また、彼らの実務能力の高さと信頼性は、チームの安定性に貢献します。外向的な人と組むことで、さらにバランスの取れたチーム構成となります。

    ISFJ-Aの内向的な性質と外向的な人の活発さが互いを補完し、多様な視点とアプローチを生み出すのです。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    仕事ができる、パフォーマンスが高い

    ISFJ-Aタイプは、仕事のパフォーマンスが高い傾向があります。これは、ビッグファイブの誠実性が高く(J)、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ISFJ-Aの人は、責任感が強く、細部に注意を払い、計画的に仕事を進める能力に優れています。彼らは期限を守り、高品質な成果を出すことに注力します。

    また、彼らの感情的な安定性は、ストレスの多い状況下でも冷静に対処する助けとなります。チームワークにも優れ、同僚との良好な関係を築きながら効率的に働きます。

    これらの特徴が、全体的な仕事のパフォーマンスの高さにつながっているのです。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    スポーツ選手に比較的多い

    ISFJ-Aタイプは、スポーツ選手の中に比較的多く見られる傾向があります。これは、ビッグファイブの協調性(F)と誠実性(J)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ISFJ-Aの人は、責任感が強く、チームワークに優れています。彼らは練習に真面目に取り組み、コーチや仲間の指示に従順です。

    また、彼らの感情的な安定性は、プレッシャーの高い状況下でも冷静にパフォーマンスを発揮する助けとなります。細部への注意力も高いため、技術の向上や戦術の理解に長けています。

    これらの特性が、スポーツ選手として成功する要因となっているのかもしれません。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    ライター・編集者、アーティスト・クリエイター、カウンセラー・セラピストに多い

    ISFJ-Aタイプは、ライター・編集者、アーティスト・クリエイター、カウンセラー・セラピストなどの職業に多く見られる傾向があります。これは、ビッグファイブの内向性が高い(I)特徴と関連しています。

    ISFJ-Aの人は、内面的な豊かさと深い洞察力を持っています。これは、ライターや編集者として物事を深く掘り下げる能力につながります。

    また、彼らの創造性と細やかな感性は、アーティストやクリエイターとしての才能を引き出します。

    さらに、彼らの共感力と人への理解の深さは、カウンセラーやセラピストとして人々を支援する上で大きな強みとなります。

    これらの特性が、これらの職業での活躍につながっているのです。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    追求しすぎる完璧主義

    ISFJ-Aタイプは、時として追求しすぎる完璧主義の傾向がある場合があります。これは、ビッグファイブの誠実性が高い(J)特徴と関連しています。

    ISFJ-Aの人は、責任感が強く、高い基準を持っています。彼らは物事を正確に、完璧に行おうとする傾向があります。

    この完璧主義は、質の高い仕事や成果を生み出す原動力となりますが、時として過度になることがあります。自分や他人に対して非現実的な期待を持ってしまうこともあるでしょう。

    ISFJ-Aの人は、完璧を目指すことと現実的な目標設定のバランスを取ることが大切です。自分の限界を認識し、「十分に良い」状態を受け入れる柔軟性を持つことが重要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    甘い飲み物を控える

    ISFJ-Aタイプは、甘い飲み物を控える傾向がある場合があります。これは、ビッグファイブの協調性が高い(F)特徴と関連しています。

    ISFJ-Aの人は、健康や周囲の人々のことを考える傾向があります。甘い飲み物の過剰摂取が健康に及ぼす影響を理解し、自制心を発揮して控えめに飲むことができます。

    また、彼らは社会的な規範や健康的なライフスタイルの重要性を認識しています。そのため、砂糖の摂取量を減らすなど、健康的な選択をする傾向があります。

    ただし、これは個人差があり、全てのISFJ-Aが甘い飲み物を控えるわけではありません。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    健康に気を付けて野菜、乳製品、ナッツ類を好む

    ISFJ-Aタイプは、健康に気を付けて野菜、乳製品、ナッツ類を好む傾向があります。これは、ビッグファイブの誠実性が高い(J)特徴と関連しています。

    ISFJ-Aの人は、責任感が強く、自分の健康管理に真剣に取り組みます。栄養バランスの良い食事の重要性を理解し、積極的に健康的な食品を取り入れようとします。

    野菜、乳製品、ナッツ類は栄養価が高く、健康維持に役立つ食品です。ISFJ-Aの人は、これらの食品の利点を認識し、日々の食生活に取り入れる傾向があります。

    また、彼らの計画性の高さは、バランスの取れた食事を継続的に実践することにも役立ちます。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    右翼権威主義RWAの思想を持ちやすい

    ISFJ-Aタイプは、右翼権威主義(RWA)の思想を持ちやすい傾向がある場合があります。これは、ビッグファイブの開放性が低い(S)特徴と関連しています。

    ISFJ-Aの人は、伝統や既存の社会構造を尊重する傾向があります。彼らは安定性と秩序を重視し、急激な変化や不確実性を好まない場合があります。

    このような特性が、時として権威や伝統的な価値観への強い支持につながることがあります。ただし、これは個人の背景や経験、教育などの要因によっても大きく影響を受けます。

    重要なのは、この傾向が必ずしも全てのISFJ-Aに当てはまるわけではないということです。個人の価値観や信念は多様であり、一般化は避けるべきです。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    いじめに関与しない

    ISFJ-Aタイプは、いじめに関与しない傾向が強いです。これは、ビッグファイブの協調性(F)と誠実性(J)が高く、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ISFJ-Aの人は、思いやりがあり、他人の感情に敏感です。彼らは調和を重視し、他者を傷つけることを避けようとします。

    また、彼らの強い道徳観と責任感は、いじめのような反社会的行動を抑制する要因となります。他者の痛みを理解し、共感する能力が高いため、いじめの加害者になることは稀です。

    さらに、彼らの感情的な安定性は、ストレスや不満をいじめという形で発散する必要性を低減させます。

    むしろ、ISFJ-Aの人々は、いじめの被害者を支援したり、仲裁役として行動したりする可能性が高いでしょう。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    比較的、自尊感情が高い

    ISFJ-Aタイプは、比較的自尊感情が高い傾向があります。これは、ビッグファイブの誠実性が高く(J)、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ISFJ-Aの人は、責任感が強く、自分の義務をしっかりと果たす傾向があります。この真面目さと信頼性は、自己評価の高さにつながります。

    また、彼らの感情的な安定性は、ストレスや不安をうまく管理し、自信を維持する助けとなります。他者への思いやりと支援的な態度も、自己価値感を高める要因となっています。

    ただし、完璧主義的な傾向がある場合、時として自己批判につながることもあるため、バランスを取ることが重要です。

    総じて、ISFJ-Aの人々は、自分の長所を認識し、自己を肯定的に捉える傾向があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    冷静なリスク管理を行う

    ISFJ-Aタイプは、冷静なリスク管理を行う傾向があります。これは、ビッグファイブの誠実性が高く(J)、神経症傾向が低い(-A)特徴と関連しています。

    ISFJ-Aの人は、慎重で責任感が強い性格です。彼らは状況を注意深く分析し、潜在的なリスクを特定することに長けています。

    また、彼らの感情的な安定性は、プレッシャーの下でも冷静な判断を下す助けとなります。過度に感情的になることなく、論理的にリスクを評価することができます。

    ISFJ-Aの人々は、急激な変化や不確実性を好まないため、リスクを最小限に抑えるための計画を立てることを好みます。

    ただし、過度に慎重になりすぎて機会を逃すこともあるため、適度なリスクテイキングとのバランスを取ることが重要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    シュワルツの価値観:博愛、調和、伝統、安全

    ISFJ-Aタイプは、シュワルツの価値観理論において、博愛、調和、伝統、安全を重視する傾向があります。これらの価値観は、ビッグファイブの内向性(I)、感覚(S)、感情(F)、判断(J)の特徴と関連しています。

    博愛:ISFJ-Aの人々は、他者への思いやりと支援を大切にします。彼らは周囲の人々の幸福に関心を持ち、助け合いを重視します。

    調和:彼らは人間関係や社会の調和を重んじます。対立を避け、平和的な解決策を求める傾向があります。

    伝統:ISFJ-Aは既存の価値観や習慣を尊重します。文化的な継続性や社会の安定を大切にします。

    安全:彼らは個人と社会の安全を重視します。リスクを最小限に抑え、安定した環境を求める傾向があります。

    これらの価値観は、ISFJ-Aの行動や決定に大きな影響を与えています。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    最後に

    ISFJ-Aタイプの人は、思いやりがあって責任感が強い性格です。彼らは健康に気を使い、友達や恋人との関係も大切にします。

    勉強も真面目に取り組むので、成績が良い傾向があります。

    チームワークが得意で、スポーツ選手にも多いタイプです。仕事では細かいところまで注意を払い、高い成果を出すことができます。

    ただし、完璧を求めすぎることもあるので、時には力を抜くことも大切です。

    このタイプの人は、周りの人を支える力が強いです。でも、自分自身のケアも忘れずに。バランスの取れた生活を送ることで、ISFJ-Aの良さがもっと輝くはずです。

    紹介した傾向は、元々ビッグファイブやHEXACOの研究なので、MBTIや16personalitiesよりも科学的に性格を知りたい場合は、こちらのHEXACO性格診断を受けてみてください。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。