コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » ESFP-T(エンターテイナー・慎重型)を論文20本で科学的に解説

ESFP-T(エンターテイナー・慎重型)を論文20本で科学的に解説

    ESFP-A、ESFP-T、エンターテイナー、Entertainer

    ESFP-Tタイプって知っていますか?

    これは性格を表す指標の一つで、私たちの行動や考え方に大きな影響を与えています。

    この記事では、ESFP-Tの人がどんな特徴を持っているのか、健康面や仕事、人間関係などについて詳しく解説します。

    自分や周りの人の性格をよく知ることで、より良いコミュニケーションや自己理解につながるかもしれません。

    ぜひ、自分や友達の性格と比べながら読んでみてください。

    今回も、性格研究者で悪者図鑑著者のトキワ(@etokiwa999)が解説していきます。

    ※MBTI診断よりも科学的な性格診断は、こちらのHEXACO(ヘキサコ)診断!ビッグファイブに新しく1つの指標を追加して、性格のダークさ(サイコパスなど)がわかるようになりました。

    ESFP-T(エンターテイナー・慎重型)の科学的な背景

    MBTIの概要

    MBTIは性格を16タイプに分類する心理学の理論です。

    そもそもMBTIとは、マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケーター(Myers-Briggs Type Indicator)の略称です。

    MBTIでは、以下の4つの指標を組み合わせて性格を16タイプに分類します。

    つまり、MBTIでは自分の性格傾向を「ISTJ」や「ENFP」などの4文字で表現するのです。似ているものとしてとても有名な16personalitiesがありますが、これはMBTIとは違います。

    ビッグファイブの概要

    性格心理学において最も有力な特性理論の一つが「ビッグファイブ(Big Five)」です。

    ビッグファイブは、開放性誠実性外向性協調性神経症傾向の5つの特性を測定します。

    また、16personalitiesやMBTIはタイプ分類(例、外向的か内向的かのどちらか)を用いるのに対して、ビッグファイブが特性を連続的な数値で評価する(例、外向性3.5)点も大きな違いです。

    さらに、古くから研究されており、論文数も多く、学力や所得、脳や遺伝など、他の分野でも多くの研究が行われています。ビッグファイブの方が比較的、科学的な裏付けが強いと言えます。

    MBTI・ビッグファイブ・HEXACOの相関関係

    MBTIの4指標とビッグファイブの5因子には相関関係があります。

    この相関を示した代表的な研究に、「The relationship between the revised NEO-Personality Inventory and the Myers-Briggs Type Indicator」という論文があります。

    この論文によると、MBTIとビッグファイブの相関は以下の通りです。

    また、MBTIとビッグファイブを参考にして作られた16personalitiesでは、ビッグファイブの神経症傾向が「アイデンティティ」と呼ばれており、自信(Assertive)か、慎重(Turbulent)かで分類されています。

    一番右には比較的新しい性格診断である「HEXACO(ヘキサコ)」があります。ビッグファイブに1つ指標「正直・謙虚さ」を加えて改良されています。

    本記事ではこの相関関係に基づいて、16personalitiesの性格タイプを詳細に解説していきます。

    元々はビッグファイブやHEXACOの研究なので、MBTIや16personalitiesよりも科学的に性格を知りたい場合は、こちらのHEXACO性格診断を受けてみてください。

    ESFP-T(エンターテイナー・慎重型)とは?

    ESFP-Tは、ビッグファイブの高い外向性(E)、低い開放性(S)、高い協調性(F)、低い誠実性(P)、高い神経症傾向(T)を持つタイプです。特徴:

    • 高い社交性と感受性
    • 自己懐疑と承認欲求
    • 他者への深い共感
    • 社会的評価への敏感さ
    • 内的な葛藤と自己探求

    彼らは現在の瞬間を楽しみ、周囲の人々と交流することに喜びを感じますが、自分の行動や決定に不安を抱くことも。

    実践的な経験を通じて学びますが、失敗への恐れから自己表現を躊躇することがあります。対人関係では、温かさと思いやりを持って接しますが、他者からの批判や拒絶に敏感です。

    変化や新しい経験に対してオープンですが、不確実性にストレスを感じやすいです。この内的葛藤が、継続的な自己理解と成長の原動力となります。

    ESFP-T(エンターテイナー・慎重型)を科学的に解説

    SとFの両方がある人と仲良くなりやすい

    ESFP-Tタイプの人は、感覚的(S)で感情的(F)な特徴を持っています。このため、同じくSとFの特徴を持つ人々と自然に親しくなりやすい傾向があります。ビッグファイブでは、開放性が低く(S)、協調性が高い(F)ことを示しています。

    ESFP-Tの人は、具体的な経験を重視し、人々の感情に敏感です。このバランスのとれた性格により、幅広い人々と良好な関係を築くことができます。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    新しい友達を作る

    ESFP-Tタイプは、外向的(E)な性格を持っています。これは、ビッグファイブの外向性が高いことを示しています。

    ESFP-Tの人は、新しい人々と出会うことを楽しみ、積極的に友好的な関係を築こうとします。彼らは社交的で、エネルギッシュな性格のため、新しい環境でも容易に友達を作ることができます。

    人々と交流することで活力を得るESFP-Tは、常に新しい友情の機会を探しています。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    心理療法を受けると神経症傾向が低くなる可能性がある

    ESFP-Tタイプの「-T」は、16personalitiesで追加された要素で、神経症傾向が高いことを示しています。これは、ビッグファイブの神経症傾向が高いことと関連しています。

    ESFP-Tの人は、ストレスや不安を感じやすい傾向があります。しかし、心理療法を受けることで、これらの感情をより良く管理し、神経症傾向を軽減できる可能性があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    SNSの友人が多い

    ESFP-Tタイプは、外向的(E)な性格から、ソーシャルメディアでも活発に交流する傾向があります。これは、ビッグファイブの外向性の高さを反映しています。

    ESFP-Tの人々は、SNS上で多くの友人を持つ傾向があります。彼らは新しい人々とつながることを楽しみ、オンライン上でも積極的に交流します。

    SNSは、ESFP-Tにとって自己表現と社交の場となり、多くの友人関係を築く機会を提供します。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    SNSで近況や写真など投稿、特に感情的な投稿が多い

    ESFP-Tタイプは、外向的(E)で感情的(-T)な特徴を持ち、これがSNSでの行動に反映されます。ビッグファイブでは、外向性が高く、神経症傾向も高いことを示しています。

    ESFP-Tの人々は、SNS上で自分の生活や感情を積極的に共有する傾向があります。彼らは日常の出来事や写真を頻繁に投稿し、特に自分の感情を表現することを好みます。

    この傾向は、他者とつながりたい欲求と、感情を外に表現したい欲求の表れです。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    SNSをやる場合、でいいねや励ましのコメントなどでコミュニケーションをする

    ESFP-Tタイプは、外向的(E)で感情的(F)な特徴を持ち、これがSNSでのコミュニケーション方法に現れます。ビッグファイブでは、外向性と協調性が高いことを示しています。

    ESFP-Tの人々は、SNS上で積極的に他者と交流します。彼らは「いいね」をつけたり、励ましのコメントを書いたりすることで、温かいサポートを示す傾向があります。

    このような行動は、ESFP-Tの人々の社交性と共感性の表れであり、オンライン上でも良好な人間関係を築こうとする姿勢を示しています。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    ボランティアなど利他的な活動を行う

    ESFP-Tタイプは、外向的(E)で感情的(F)な特徴を持ち、これが利他的な活動への参加につながります。ビッグファイブでは、外向性と協調性が高いことを示しています。

    ESFP-Tの人々は、ボランティア活動など、他者を助ける活動に積極的に参加する傾向があります。彼らは人々と交流することを楽しみ、同時に他者の感情に敏感です。

    この組み合わせにより、ESFP-Tは社会貢献活動に喜びを見出し、コミュニティに積極的に関わろうとします。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    ストレスから塩分・酸味・脂っこい食べ物を好む

    ESFP-Tタイプの「-T」は、神経症傾向の高さを示しており、これがストレス時の食行動に影響します。ビッグファイブでは、神経症傾向が高いことを反映しています。

    ESFP-Tの人々は、ストレスを感じやすい傾向があり、そのような時に塩分、酸味、脂っこい食べ物を好む傾向があります。これらの食品は一時的な気分改善効果があるため、ストレス解消の手段として選ばれやすくなります。

    しかし、この傾向は健康上の問題につながる可能性があるため、注意が必要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    ファストフード、アイス、チョコ、ココアを好む

    ESFP-Tタイプは、外向的(E)な特徴を持ち、これが食の好みにも影響します。ビッグファイブでは、外向性が高いことを示しています。

    ESFP-Tの人々は、ファストフード、アイス、チョコレート、ココアなどの手軽で刺激的な食べ物を好む傾向があります。これらの食品は即座の満足感を提供し、社交の場でも共有しやすいものです。

    この食の好みは、ESFP-Tの活動的で楽しみを求める性格と関連しています。ただし、健康面での配慮も必要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    比較的、悪い睡眠になる

    ESFP-Tタイプは、知覚型(P)で神経症傾向が高い(-T)特徴を持ち、これが睡眠の質に影響を与えることがあります。ビッグファイブでは、誠実性が低く(P)、神経症傾向が高い(-T)ことを示しています。

    ESFP-Tの人々は、柔軟で自由な生活スタイルを好む傾向があり、規則正しい就寝時間を設けにくいことがあります。また、神経症傾向の高さから、不安やストレスが睡眠の質を低下させる可能性があります。

    これらの要因により、ESFP-Tは比較的睡眠の質が悪くなりやすい傾向があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    喫煙をしやすい

    ESFP-Tタイプは、外向的(E)で神経症傾向が高い(-T)特徴を持ち、これが喫煙行動に影響を与えることがあります。ビッグファイブでは、外向性が高く、神経症傾向も高いことを示しています。

    ESFP-Tの人々は、社交的な場面で喫煙を始めやすい傾向があります。また、神経症傾向の高さから、ストレス解消の手段として喫煙を選択しやすくなる可能性があります。

    外向性とストレスへの脆弱性の組み合わせが、ESFP-Tの喫煙リスクを高める要因となっています。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    ギャンブルをしやすい

    ESFP-Tタイプは、知覚型(P)で神経症傾向が高い(-T)特徴を持ち、これがギャンブル行動に影響を与えることがあります。ビッグファイブでは、誠実性が低く(P)、神経症傾向が高い(-T)ことを示しています。

    ESFP-Tの人々は、刺激や新しい経験を求める傾向があり、これがギャンブルへの興味につながる可能性があります。また、神経症傾向の高さから、ストレス解消やスリルを求めてギャンブルに走りやすくなることがあります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    ネット依存になりやすい

    ESFP-Tタイプは、知覚型(P)で神経症傾向が高い(-T)特徴を持ち、これがインターネット使用行動に影響を与えることがあります。ビッグファイブでは、誠実性が低く(P)、神経症傾向が高い(-T)ことを示しています。

    ESFP-Tの人々は、柔軟で自由な生活スタイルを好み、オンラインの刺激的なコンテンツに引き付けられやすい傾向があります。また、神経症傾向の高さから、ストレス解消や気分転換のためにインターネットを過度に利用する可能性があります。

    これらの要因が組み合わさり、ESFP-Tはネット依存のリスクが高くなる可能性があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    男性の場合、浮気される夫になりやすい

    ESFP-Tタイプの「-T」は、神経症傾向の高さを示しており、これが人間関係に影響を与えることがあります。ビッグファイブでは、神経症傾向が高いことを反映しています。

    ESFP-Tの男性は、感情的な変動が大きく、パートナーの需要に十分に応えられない場合があります。また、不安や自信の欠如が関係の安定性に影響を与える可能性があります。

    これらの要因により、ESFP-T男性は、パートナーが他に情緒的な繋がりを求めるリスクが高くなる可能性があります。ただし、これは一般的な傾向であり、個人差があることに注意が必要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    早期死亡しやすい

    ESFP-Tタイプは、知覚型(P)で神経症傾向が高い(-T)特徴を持ち、これが健康と寿命に影響を与える可能性があります。ビッグファイブでは、誠実性が低く(P)、神経症傾向が高い(-T)ことを示しています。

    ESFP-Tの人々は、計画性が低く、衝動的な行動をとりやすい傾向があります。また、高い神経症傾向はストレスや不安を増加させ、健康に悪影響を与える可能性があります。

    これらの要因が組み合わさることで、健康的な生活習慣の維持が難しくなり、結果として早期死亡のリスクが高まる可能性があります。ただし、個人の努力や環境によってこの傾向は変わりうります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    右翼権威主義RWAの思想を持ちやすい

    ESFP-Tタイプの感覚型(S)の特徴は、特定の政治的傾向と関連する可能性があります。ビッグファイブでは、開放性が低いことを示しています。

    ESFP-Tの人々は、具体的で現実的な思考を好む傾向があり、これが伝統的な価値観や既存の社会構造を支持する傾向につながることがあります。そのため、右翼権威主義(RWA)の思想を持ちやすい可能性があります。

    ただし、これは一般的な傾向であり、個人の経験や教育、環境によって大きく異なる可能性があります。政治的信念は複雑で、単一の性格特性だけで決まるものではありません。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    はい、続けさせていただきます。

    マインドフルネスを行うと神経症傾向が低くなる

    ESFP-Tの人々は、不安やストレスを感じやすい傾向がありますが、マインドフルネスの実践が効果的な対策となる可能性があります。マインドフルネスは、現在の瞬間に意識を向け、判断せずに受け入れる心の状態を育成します。

    この実践により、ESFP-Tは感情をより良く管理し、ストレスに対する反応を和らげることができます。結果として、神経症傾向が低下し、より安定した精神状態を維持できる可能性があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    情動焦点型コーピングを行う

    ESFP-Tタイプの「-T」は、神経症傾向の高さを示しており、これがストレス対処方法に影響します。ビッグファイブでは、神経症傾向が高いことを反映しています。

    ESFP-Tの人々は、ストレスに直面した際に、情動焦点型コーピングを行う傾向があります。これは、ストレスによって引き起こされる感情に焦点を当て、それを管理しようとする方法です。

    例えば、友人との会話、音楽鑑賞、運動などを通じて気分を改善しようとします。この方法は短期的な気分改善には効果的ですが、問題の根本的な解決には至らないこともあります。

    神経症傾向の高さからリスクへのバイアスを持ってしまう

    ESFP-Tタイプの「-T」は、神経症傾向の高さを示しており、これがリスク認識に影響を与えます。ビッグファイブでは、神経症傾向が高いことを反映しています。

    ESFP-Tの人々は、不安や心配が強いため、状況のリスクを過大評価する傾向があります。この傾向は、新しい経験や機会に対して過度に慎重になったり、必要以上に心配したりする結果につながることがあります。

    このリスクへのバイアスは、意思決定や行動に影響を与え、時として成長や経験の機会を逃す原因となる可能性があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    日本の東北に多い

    ESFP-Tタイプは、知覚型(P)で神経症傾向が高い(-T)特徴を持ち、これが地域的な分布と関連する可能性があります。ビッグファイブでは、誠実性が低く(P)、神経症傾向が高い(-T)ことを示しています。

    日本の東北地方では、ESFP-Tタイプの人々が比較的多く見られる傾向があるようです。この地域性は、文化的背景や環境要因、歴史的な影響など、様々な要素が絡み合った結果かもしれません。

    ただし、これは統計的な傾向であり、個人差が大きいことに注意が必要です。また、性格タイプと地域の関連性については、さらなる研究が必要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    シュワルツの価値観:快楽、博愛

    ESFP-Tタイプは、外向的(E)、感覚的(S)、感情的(F)、知覚的(P)な特徴を持ち、これがシュワルツの価値観理論における快楽と博愛の重視につながります。

    ESFP-Tの人々は、人生を楽しみ、喜びを追求する傾向があります。これは「快楽」の価値観と一致します。同時に、他者との良好な関係を重視し、思いやりを持って接する傾向があります。これは「博愛」の価値観を反映しています。

    これらの価値観は、ESFP-Tの社交的で感情豊かな性格特性と密接に関連しています。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    投資行動:群衆行動

    ESFP-Tタイプは、外向的(E)で神経症傾向が高い(-T)特徴を持ち、これが投資行動に影響を与えることがあります。ビッグファイブでは、外向性が高く、神経症傾向も高いことを示しています。

    ESFP-Tの人々は、社交的で他者の意見や行動に敏感です。投資の場面では、この特性が「群衆行動」として現れやすくなります。つまり、周囲の投資家の動向に影響されやすく、流行の投資に飛びつきやすい傾向があります。

    また、神経症傾向の高さから、市場の変動に過剰に反応し、感情的な判断を下しやすくなる可能性があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    最後に

    ESFP-Tタイプの人は、社交的で感情豊かな性格の持ち主です。

    新しい友達を作るのが得意で、SNSでも活発に交流します。人を助けることが好きで、ボランティア活動にも積極的です。

    ただし、ストレスを感じやすく、それが食べ物の好みや睡眠の質に影響することがあります。また、喫煙やギャンブル、ネット依存などのリスクも高めです。

    紹介した傾向は、元々ビッグファイブやHEXACOの研究なので、MBTIや16personalitiesよりも科学的に性格を知りたい場合は、こちらのHEXACO性格診断を受けてみてください。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。