コンテンツへスキップ
ホーム » 性格診断メディア » ISTJ-T(管理者・慎重型)を論文10本以上で科学的に解説

ISTJ-T(管理者・慎重型)を論文10本以上で科学的に解説

    ISTJ-A、ISTJ-T、管理者、Logistician

    ISTJ-Tタイプって知っていますか?

    これは性格を表す指標の一つで、私たちの行動や考え方に大きな影響を与えています。

    この記事では、ISTJ-Tの人がどんな特徴を持っているのか、健康面や仕事、人間関係などについて詳しく解説します。

    自分や周りの人の性格をよく知ることで、より良いコミュニケーションや自己理解につながるかもしれません。

    ぜひ、自分や友達の性格と比べながら読んでみてください。

    今回も、性格研究者で悪者図鑑著者のトキワ(@etokiwa999)が解説していきます。

    ※MBTI診断よりも科学的な性格診断は、こちらのHEXACO(ヘキサコ)診断!ビッグファイブに新しく1つの指標を追加して、性格のダークさ(サイコパスなど)がわかるようになりました。

    ISTJ-T(管理者・慎重型)の科学的な背景

    MBTIの概要

    MBTIは性格を16タイプに分類する心理学の理論です。

    そもそもMBTIとは、マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケーター(Myers-Briggs Type Indicator)の略称です。

    MBTIでは、以下の4つの指標を組み合わせて性格を16タイプに分類します。

    つまり、MBTIでは自分の性格傾向を「ISTJ」や「ENFP」などの4文字で表現するのです。似ているものとしてとても有名な16personalitiesがありますが、これはMBTIとは違います。

    ビッグファイブの概要

    性格心理学において最も有力な特性理論の一つが「ビッグファイブ(Big Five)」です。

    ビッグファイブは、開放性誠実性外向性協調性神経症傾向の5つの特性を測定します。

    また、16personalitiesやMBTIはタイプ分類(例、外向的か内向的かのどちらか)を用いるのに対して、ビッグファイブが特性を連続的な数値で評価する(例、外向性3.5)点も大きな違いです。

    さらに、古くから研究されており、論文数も多く、学力や所得、脳や遺伝など、他の分野でも多くの研究が行われています。ビッグファイブの方が比較的、科学的な裏付けが強いと言えます。

    MBTI・ビッグファイブ・HEXACOの相関関係

    MBTIの4指標とビッグファイブの5因子には相関関係があります。

    この相関を示した代表的な研究に、「The relationship between the revised NEO-Personality Inventory and the Myers-Briggs Type Indicator」という論文があります。

    この論文によると、MBTIとビッグファイブの相関は以下の通りです。

    また、MBTIとビッグファイブを参考にして作られた16personalitiesでは、ビッグファイブの神経症傾向が「アイデンティティ」と呼ばれており、自信(Assertive)か、慎重(Turbulent)かで分類されています。

    一番右には比較的新しい性格診断である「HEXACO(ヘキサコ)」があります。ビッグファイブに1つ指標「正直・謙虚さ」を加えて改良されています。

    本記事ではこの相関関係に基づいて、16personalitiesの性格タイプを詳細に解説していきます。

    元々はビッグファイブやHEXACOの研究なので、MBTIや16personalitiesよりも科学的に性格を知りたい場合は、こちらのHEXACO性格診断を受けてみてください。

    ISTJ-T(管理者・慎重型)とは?

    ISTJ-Tは、ビッグファイブの低い外向性(I)、低い開放性(S)、低い協調性(T)、高い誠実性(J)、高い神経症傾向(T)を持つタイプです。特徴:

    • 強い責任感と完璧主義
    • 詳細への注意と正確性
    • 伝統と秩序への執着
    • 自己批判的な傾向
    • 不確実性へのストレス

    彼らは高い基準を設定し、それを達成するために懸命に努力します。しかし、自分の能力や決定に対して疑問を持つことも多いです。論理的思考と経験に基づいて判断しますが、新しい状況に適応するのに時間がかかることがあります。

    対人関係では、信頼性と一貫性を重視しますが、他者の期待に応えられないことへの不安も抱えています。変化や不確実性にストレスを感じやすいですが、それが成長の原動力にもなります。

    ISTJ-T(管理者・慎重型)を科学的に解説

    SとTの両方がある人と仲良くなりやすい

    ISTJ-Tタイプの人は、ビッグファイブにおける開放性が低く(S)、協調性が低い(T)傾向があります。そのため、同じようにSとTの特性を持つ人々と親和性が高いでしょう。

    ISTJ-Tの人は、現実的で論理的な思考を好み、事実や具体的な情報を重視します。同様の価値観を持つ人とコミュニケーションがスムーズになりやすく、共通の興味や話題を見つけやすいでしょう。

    ただし、これは一般的な傾向であり、個人差があることに注意が必要です。異なるタイプの人との交流も、新しい視点や経験をもたらす可能性があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    心理療法を受けると外向性が高くなり、神経症傾向が低くなる可能性がある

    ISTJ-Tタイプの人は、内向的(I)で神経症傾向が高い(-T)特徴があります。これは、ビッグファイブの外向性が低く、神経症傾向が高いことを示しています。

    心理療法を受けることで、ISTJ-Tの人は自己理解を深め、ストレス管理スキルを向上させる可能性があります。その結果、徐々に外向性が高まり、社交的な場面でより快適に過ごせるようになるかもしれません。

    また、神経症傾向の低下も期待できます。不安やストレスへの対処法を学ぶことで、感情の安定性が増すでしょう。

    ただし、個人の性格特性は比較的安定しているため、劇的な変化を期待するよりも、小さな進歩を積み重ねることが大切です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    感染対策でソーシャルディスタンスをちゃんととる

    ISTJ-Tタイプの人は、内向的(I)な性格特性を持ち、ビッグファイブでは外向性が低い傾向にあります。そのため、感染対策としてのソーシャルディスタンスを比較的容易に実践できる可能性が高いでしょう。

    ISTJ-Tの人は、一般的に他人との密接な接触を好まず、自分の個人的な空間を大切にします。この特性は、感染症の予防に役立つ行動と自然に一致します。

    また、慎重で責任感が強い傾向もあるため、ソーシャルディスタンスの重要性を理解し、真剣に取り組む可能性が高いでしょう。

    ただし、これは一般的な傾向であり、個人差があることに注意が必要です。状況に応じて適切な行動をとることが大切です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    感染対策で手洗いなどちゃんと行う

    ISTJ-Tタイプの人は、誠実性が高い(J)特徴を持ち、ビッグファイブでも誠実性が高い傾向にあります。この特性は、感染対策における手洗いなどの基本的な予防措置を確実に実行することにつながります。

    ISTJ-Tの人は、規則や手順を重視し、責任感が強い傾向があります。そのため、感染予防のガイドラインを真剣に受け止め、徹底的に実践する可能性が高いでしょう。

    また、細部に注意を払う傾向もあるため、手洗いの正しい方法や頻度にも気を配るでしょう。

    ただし、神経症傾向が高い(-T)ため、過度に心配しすぎないよう、バランスを取ることも大切です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    科学者に比較的多い、神経症傾向が低いとさらに多い

    ISTJ-Tタイプは、科学者に比較的多く見られる性格特性を持っています。内向的(I)で、論理的思考を好み(T)、計画的で体系的(J)な特徴は、科学的研究に適していると言えるでしょう。

    ビッグファイブでは、開放性が低く(S)、協調性が低く(T)、誠実性が高い(J)傾向があります。これらの特性は、詳細な観察、データ分析、そして研究の体系的な遂行に役立ちます。

    ただし、ISTJ-Tは神経症傾向が高い(-T)ため、ストレス管理が課題になる可能性があります。神経症傾向が低いISTJ-Aタイプは、さらに科学者に向いているかもしれません。

    科学者になるためには、これらの性格特性だけでなく、教育や経験、そして熱意も重要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    ライター・編集者、アーティスト・クリエイター、カウンセラー・セラピストに多い

    ISTJ-Tタイプの内向的(I)な特性は、ライター・編集者、アーティスト・クリエイター、カウンセラー・セラピストなどの職業と親和性があります。ビッグファイブでは外向性が低い傾向にあります。

    これらの職業は、集中力や内省的な思考を必要とすることが多く、ISTJ-Tの特性と合致します。例えば、ライターや編集者としては、細部に注意を払い、論理的に文章を組み立てる能力が活かせるでしょう。

    アーティストやクリエイターとしては、独自の視点や表現方法を深く追求できる可能性があります。

    カウンセラーやセラピストとしては、傾聴力や分析力を発揮し、クライアントの問題に体系的にアプローチできるでしょう。

    ただし、これらは一般的な傾向であり、個人の興味や能力、経験などが実際の職業選択に大きく影響します。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    追求しすぎる完璧主義

    ISTJ-Tタイプは、誠実性が高い(J)特徴を持ち、ビッグファイブでも誠実性が高い傾向にあります。この特性は、しばしば追求しすぎる完璧主義として現れることがあります。

    ISTJ-Tの人は、高い基準を設定し、細部にこだわる傾向があります。これは仕事や課題の質を高める上で有利ですが、行き過ぎると問題になることもあります。

    例えば、些細なミスを過度に気にしたり、締め切りぎりぎりまで作業を続けたりすることがあるでしょう。また、自分や他人に対して厳しすぎる要求をすることもあります。

    神経症傾向が高い(-T)ため、完璧を追求するあまりストレスや不安を感じやすい可能性もあります。

    バランスを取り、「十分に良い」状態を受け入れる柔軟性を身につけることが大切です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    ストレスから塩分・酸味・脂っこい食べ物を好む

    ISTJ-Tタイプは、神経症傾向が高い(-T)特徴があり、ビッグファイブでも神経症傾向が高い傾向にあります。この特性は、ストレス時の食行動に影響を与える可能性があります。

    ストレスを感じると、ISTJ-Tの人は塩分、酸味、脂っこい食べ物を好む傾向があるかもしれません。これらの食品は一時的に気分を向上させる効果がありますが、長期的には健康上の問題につながる可能性があります。

    例えば、ポテトチップスやピザ、酸っぱいお菓子などに手が伸びやすくなるかもしれません。

    このような食行動は、ストレス対処の一形態ですが、より健康的な方法でストレスに対処することが大切です。運動や瞑想、趣味の時間など、別のストレス解消法を見つけることをおすすめします。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    健康に気を付けて野菜、乳製品、ナッツ類を好む、神経症傾向が低いとさらに健康に気を付ける

    ISTJ-Tタイプは、誠実性が高い(J)特徴を持ち、ビッグファイブでも誠実性が高い傾向にあります。この特性は、健康的な食生活への関心として現れることがあります。

    ISTJ-Tの人は、計画的で責任感が強いため、健康に気を付けた食事選択をする傾向があるでしょう。野菜、乳製品、ナッツ類など、栄養価の高い食品を好む可能性が高いです。

    これらの食品は、ビタミン、ミネラル、良質なタンパク質や脂肪を含み、全体的な健康維持に役立ちます。

    ただし、ISTJ-Tは神経症傾向が高い(-T)ため、健康に対して過度に心配しすぎる可能性もあります。神経症傾向が低いISTJ-Aタイプは、よりリラックスした態度で健康的な習慣を維持できるかもしれません。

    バランスの取れた食生活と適度な運動が、長期的な健康維持には重要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    男性の場合、浮気される夫になりやすい

    ISTJ-Tタイプの男性は、神経症傾向が高い(-T)特徴があり、これが人間関係に影響を与える可能性があります。ビッグファイブでは神経症傾向が高く、外向性が低い傾向にあります。

    この性格特性により、ISTJ-T男性は感情表現が苦手だったり、パートナーの感情的なニーズに気づきにくかったりする可能性があります。また、内向的な性格から、コミュニケーションや社交的な活動を避ける傾向もあるかもしれません。

    これらの要因が、パートナーとの間に感情的な距離を生み出し、結果として浮気のリスクを高める可能性があります。

    ただし、これは一般的な傾向であり、個人の価値観や行動、関係性の質によって大きく異なります。健全な関係を築くには、オープンなコミュニケーションと相互理解が重要です。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    右翼権威主義RWAや、社会的支配志向性SDOの思想を持ちやすい

    ISTJ-Tタイプは、開放性が低く(S)、協調性が低い(T)特徴があり、これらの特性が特定の政治的思想と関連する可能性があります。ビッグファイブでも同様の傾向が見られます。

    右翼権威主義(RWA)の思想は、伝統的な価値観や既存の権威を重視する傾向と関連しています。ISTJ-Tの人は、秩序や規則を重んじる傾向があるため、このような思想に共感しやすいかもしれません。

    社会的支配志向性(SDO)は、社会的階層や不平等を受け入れる傾向を示します。ISTJ-Tの論理的思考や現実主義的な側面が、この考え方と親和性を持つ可能性があります。

    ただし、これらは一般的な傾向であり、個人の経験や価値観、教育などによって大きく異なります。また、政治的信念は複雑で多面的なものであり、単一の性格特性だけで決定されるものではありません。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    マインドフルネスを行うと神経症傾向が低くなる

    ISTJ-Tタイプは、神経症傾向が高い(-T)特徴があり、ビッグファイブでも神経症傾向が高い傾向にあります。マインドフルネスの実践は、この特性を改善する可能性があります。

    マインドフルネスは、現在の瞬間に意識を向け、判断せずに受け入れる心の状態を指します。ISTJ-Tの人にとって、この実践は特に有益かもしれません。

    例えば、不安や心配が強い時に、マインドフルネスを通じて思考のパターンを認識し、より客観的に状況を見ることができるようになるかもしれません。

    また、ISTJ-Tの計画性や細部への注意力は、マインドフルネスの習慣化に役立つ可能性があります。

    定期的なマインドフルネス実践により、ストレス管理能力が向上し、全体的な精神的ウェルビーイングが改善される可能性があります。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    情動焦点型コーピングを行う

    ISTJ-Tタイプは、神経症傾向が高い(-T)特徴があり、ビッグファイブでも神経症傾向が高い傾向にあります。このため、ストレス対処法として情動焦点型コーピングを行う可能性が高いです。

    情動焦点型コーピングは、ストレスによって生じた感情を調整することに重点を置く対処法です。ISTJ-Tの人は、問題そのものよりも、問題によって引き起こされた感情に対処しようとするかもしれません。

    例えば、リラックス法を用いたり、友人に気持ちを打ち明けたり、ストレスフルな状況を別の視点から見ようとしたりすることがあるでしょう。

    ただし、ISTJ-Tの論理的思考(T)と計画性(J)を活かし、問題焦点型コーピングも併用することで、より効果的にストレスに対処できる可能性があります。

    バランスの取れたアプローチが、長期的なストレス管理には重要です。

    比較的、冷静なリスク管理を行おうとするが、神経症傾向の高さからリスクへのバイアスを持ってしまう

    ISTJ-Tタイプは、誠実性が高く(J)、神経症傾向も高い(-T)特徴があります。ビッグファイブでも同様の傾向が見られ、これらがリスク管理の方法に影響を与えます。

    ISTJ-Tの人は、計画性と細部への注意力から、比較的冷静にリスクを評価し管理しようとする傾向があります。論理的思考(T)も、客観的なリスク分析に役立ちます。

    しかし、神経症傾向の高さ(-T)が、リスクに対するバイアスを生む可能性があります。例えば、リスクを過大評価したり、最悪のシナリオに固執したりすることがあるかもしれません。

    これにより、過度に慎重になりすぎたり、機会を逃したりする可能性があります。

    バランスの取れたリスク管理には、客観的なデータ分析と直感的な判断の両方が重要です。また、他者の意見を聞くことで、自身のバイアスに気づくきっかけになるかもしれません。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    日本の北陸や中国地方に多い

    ISTJ-Tタイプは、内向的(I)で思考型(T)、さらに神経症傾向が高い(-T)特徴があります。これらの特性が、日本の北陸や中国地方の文化や環境と親和性がある可能性があります。

    北陸や中国地方は、比較的穏やかで伝統を重んじる地域として知られています。ISTJ-Tの内向的な性質は、このような落ち着いた環境と相性が良いかもしれません。

    また、これらの地域では、勤勉さや責任感が重視される傾向があり、ISTJ-Tの誠実性の高さ(J)とマッチする可能性があります。

    神経症傾向の高さ(-T)は、これらの地域の気候(長い冬や雨季など)と関連があるかもしれません。

    ただし、これは一般的な傾向であり、個人差や時代による変化もあります。また、性格形成には様々な要因が影響するため、地域性だけで決定されるものではありません。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    シュワルツの価値観:安全

    ISTJ-Tタイプは、保守的で秩序を重んじる傾向(SJ)があり、これはシュワルツの価値観理論における「安全」の価値と強く結びついています。

    ISTJ-Tの人にとって、安全性や安定性は非常に重要な価値観となる可能性が高いです。これは個人的な安全だけでなく、社会や国家レベルの安全も含みます。

    例えば、ISTJ-Tの人は以下のような傾向を示すかもしれません:

    • 規則や法律を厳守する
    • リスクを最小限に抑えようとする
    • 伝統的な価値観や慣習を重視する
    • 社会の秩序や調和を大切にする

    ただし、安全を重視するあまり、新しい経験や変化を避けがちになる可能性もあります。バランスを取り、適度に新しいことにチャレンジすることも大切です。

    個人の価値観は複雑で多面的なものであり、他の要因も影響することを忘れないでください。

    詳しくはこちらの記事をご覧ください。

    最後に

    ISTJ-Tタイプの人は、慎重で責任感が強く、計画性があります。でも、ストレスや不安も感じやすい特徴があります。

    この性格の人は、細かいことに気を配り、ルールを守るのが得意です。健康にも気を使い、感染対策もしっかりできるでしょう。

    ただ、完璧を求めすぎたり、変化を苦手に感じたりすることもあります。

    紹介した傾向は、元々ビッグファイブやHEXACOの研究なので、MBTIや16personalitiesよりも科学的に性格を知りたい場合は、こちらのHEXACO性格診断を受けてみてください。

    tokiwa eisuke

    ライター 兼 編集長:トキワエイスケ @etokiwa999
    株式会社SUNBLAZE代表。子どもの頃、貧困・虐待家庭やいじめ、不登校、中退など社会問題当事者だったため、社会問題を10年間研究し自由国民社より「悪者図鑑」出版。その後も社会問題や悪者が生まれる決定要因(仕事・教育・健康・性格・遺伝・地域など)を在野で研究しており、社会問題の発生予測を目指している。凸凸凸凹(WAIS-Ⅳ)。